カウンター
  • 81今日の閲覧数:
  • 1056昨日の閲覧数:
アーカイブ
カテゴリー
2019年11月7日 木曜日

青空の入間航空祭で見せてくれた機体たち

前回の記事に続き、青空の下で開催された過去の入間の飛行展示の様子です。
この写真も、画像をクリックすると拡大した写真が表示されます。

まずは航空自衛隊入間基地のメインの機種、C-1輸送機です。
大型の輸送機にもかかわらず離発着距離の短さや軽快な飛行性能が特徴で、航空祭でも迫力ある飛行展示を披露してくれました。

青空入間航空祭

青空入間航空祭

編隊を組んで、前方からライトを点けて進入してくる姿は迫力満点です。

青空入間航空祭

こちらは2018年に見せてくれた限定機、歌舞伎バージョンです。

青空入間航空祭

青空入間航空祭

ブルーインパルスと同型機のT-4練習機もかっこいいですね。
ブルーインパルスと違って装備品があるところが凄いです。

青空入間航空祭

青空入間航空祭

たまたま撮れた「月に飛ぶT-4」。 ピンぼけなのが残念です。

青空入間航空祭

こちらも前方ライトバージョン。

青空入間航空祭

同じT-4でもこちらは赤白バージョン、レッドドルフィンです。

青空入間航空祭

その他の機種

青空入間航空祭

今ではここでしか見られない国産プロペラ機です。

青空入間航空祭

帰投していく姿は音と共に迫力満点。

青空入間航空祭

青空入間航空祭


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2019年11月5日 火曜日

過去の入間航空祭で青空に飛んだブルーインパルス

今年の入間航空祭はあいにくの曇り空となってしまい、撮影した写真も雲を背景としたものになってしまいました。
そこで過去に私が撮った「抜けるような青空の元で華麗に飛び回ったブルーインパルスの雄姿」をご覧ください。

撮影した年代としては2009年から昨年の2018年までのものです。

※すべての写真はクリックすると拡大して再生します。

最初は演技をする前に滑走路で止まってしたブルーインパルスです。

青空のブルーインパルス

青空のブルーインパルス

入間基地の滑走路を移動しているところです。

青空のブルーインパルス

ここかたいよいよ真っ青な空を自由に飛び回る姿です。

青空のブルーインパルス

青空のブルーインパルス

青空のブルーインパルス

青空のブルーインパルス

青空のブルーインパルス

青空のブルーインパルス

青空のブルーインパルス

青空のブルーインパルス

ハートに矢が射られています。

青空のブルーインパルス

青空のブルーインパルス

青空のブルーインパルス

青空のブルーインパルス

青空のブルーインパルス

青空のブルーインパルス

青空のブルーインパルス

青空のブルーインパルス

青空のブルーインパルス

青空のブルーインパルス

青空のブルーインパルス

青空のブルーインパルス

青空のブルーインパルス

次回はブルーインパルス以外の青空バックの飛行機たちです。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2019年11月4日 月曜日

2019年航空自衛隊入間基地の航空祭

都心から一番近い航空祭、それが毎年11月3日に航空自衛隊入間基地で開催される「入間航空祭」です。
毎年20万人近い人出で観光バスで来るツアーも催されるほどで、基地の中はもちろん、ここに来るための西武線の車内や基地の外で見る観客などで混雑しているので、入間航空祭ならぬ別名「人間航空祭」とも言われています。

今年は事前の天気予報でお昼頃から雨という予報もあり、航空自衛隊の発表では入場数は125,000人と例年より大幅に少なかったようです。
実際には雨は降らず地上展示、展示飛行なども行われました。

私もこの航空祭を見るようになってから14年ほど経ちます。 はじめは入間基地まで行って中で見学していたのですが年を追うごとに人出がすごくなりここ数年は基地まで行かず、別の場所で見学するようになりました。

今年も飛行展示の様子を写真に収めました。

オープニンフライトはブルーインパルスと同じT-4とU-4です。

そして今となっては珍しいプロペラ機のYS-11FCです。

そのあとはヘリコプターのUH-60Jが飛行します。

そしてT-4の飛行と続きます。

前面から見るとライトが見えて脚を出して迫ってくる様子は迫力があります。

そしてC-1です。 輸送機とはいえ抜群の飛行性能があり離発着の距離が短くて済むのも有名です。
ほぼ真横になるような旋回飛行は圧巻です。

C-1からの陸上自衛隊の空挺団により降下の様子は毎年見ていますがすばらしいです。 最初に一人だけ降下して様子を確認した後、順次20人の隊員が降下する様は空中に漂うクラゲのようです。

そしてメインはなんといってもブルーインパルスです。

編隊がぴったりと揃った瞬間です。

あれれ今年は派手な旋回飛行や、空中にハートや星型を描く演目は省略されて、低いところをまっすぐ飛ぶローパスばかりとなりました。 曇り空のため省略されてしまったようです。
航空祭に訪れるほとんどの方が、この迫力あるブルーインパルスの演技飛行を見たかったと思うのでとても残念です。

ちなみに入間航空祭では毎年、前日にほぼ同じような内容で事前練習が行われます。 今年も11月2日は晴天に恵まれたのでこの日にスモークをたいて飛んでいた様子がこちらです。
やはりブルーインパルスには青空が似合いますね。

ブルーインパルスで一応のプログラムが終了しますが、その後入間基地以外から来た機が帰投していきます。
特に大型ジェット機は音も迫力あり速度も早いのでカメラを準備していないと撮影チャンスを逃してしまいます。

今年は天候に恵まれませんでしたのであまりいい写真は撮れなかったのが残念です。
次のこのブログの記事で、以前撮影た「青空に飛ぶブルーインパルス」の写真を公開します。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2018年11月3日 土曜日

入間航空祭2018飛行展示紹介Vol2

航空自衛隊入間基地で開催された入間航空祭、午後部の飛行展示の紹介です。
午後はいよいよブルーインパルスの登場です。
大勢の入場者の方がこの飛行展示を見たくてやってくるのでしょう。

ほぼ定刻通り13時半を少し過ぎた頃にブルーインパルスが飛び立ちました。

午前中は雲も少なく一面の青空でしたが午後からは少し雲が出てきました。
それでも大きな青い空に白いスモークが映えますね。

頭上高く急上昇した後、急激に反転すると翼端に白い軌跡が残ります。

こういう角度での進入風景は迫力あります。

ハートを描いているところですが、ビミョウにズレているようですけど。
今回はハートに矢をいるところもうまくいかなかったようです。

写真で見るとかなる接近しているようですが、一番端だけ離れているように見えます。

でもやっぱりさすがです。

ブルーインパルスの演目の最中にドクターヘリが飛んでいました。

そのせいかどうかわかりませんが、今回はファイブスター(星形)は描かれませんでした。



 

ブルーインパルスの飛行展示が終わると、他の基地から来ていた機が帰還していきました。

F-2やF-15Jも帰っていきましたが、突然であまりの速さに撮影が追いつきませんでした。

C-1の後継機、C-2も帰っていきます。

60周年記念の入間基地航空祭もおわりになりました。

ネットをチェックすると基地内から帰るお客さんでかなりの混雑だったようです。 お疲れさまでした。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




入間航空祭2018飛行展示紹介Vol1

今日11月3日に航空自衛隊入間基地で行われた入間航空祭、午前の部の紹介です。
昨年の入場者数は21万人だったとかですが、過去には30万人超えの年もあったようですが、いずれにしても凄い人出で身動きも取れない状況になります。
以前は何度か入間基地まで出向いて基地の中で見物していましたが、最近は基地まで行かないようになりました。
今年も入間基地から離れた場所で見物しました。
そのため基地内で行われている展示は当然見られませんし、飛行展示も基地で見た時に迫力ある映像になるように飛行しています。

最初は「T-4とU-4のオープニングフライト」です。

続いては「U-125とYS-11FC]のフライトです。

民間機では国産飛行機であるYS-11の姿は見られなくなりました、入間基地では今でもプロペラ機がゆっくりと飛行しています。

そして「U-125AとUH-60J、CH-47J」の飛行です。

マニアに人気のCH-47Jチヌークです。

入間基地のメイン機、輸送機のC-1(チャーリーワン)です。

陸上自衛隊により空挺降下ですが、最初に一人だけ降下して風の状態などを確認しています。

おや、あの赤と白に塗装された機体は。。。

空挺降下が本格的に始まりました。

C-1が三機、一番上は先ほどの赤白機です。

そうです、これが埼玉県入間基地の60周年記念塗装の「歌舞伎C-1機」です。
今回の入間航空祭の一番の目玉機でしょう。

午前の部、最後は「T-47機」による飛行展示です。

赤白はレッドドルフィンと呼ばれる視認性重視の練習機です。

T-4二機にによる飛行ですが機体間の距離は非常に近いですね。

T-47機による迫力あり飛行です。

このT-4による飛行の最中にさらに上空を大韓航空とみられる民間航空機が飛行していました。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2017年11月3日 金曜日

入間航空祭2017の最高の飛行演技

今日11月3日は入間航空祭です。

晴れの特異日と言われているこの日、少し前までの天気予報では雨まじりでしたが、なんと雲のない快晴の中で飛行演技を見ることができました。


 


 

航空自衛隊の基地の中は混雑必須なので今回も、基地の外での見学となりました。

そこで不便になるのが「いつ飛行機が飛び立つのがわからない」ということ。

基地にいれば飛行機の離陸準備がわかってカメラの準備、ココロの準備?が出来ますが外だと無理。

でも今は便利な世の中になって、ネット動画でライブ配信してくれているところがあるんですね。

これを見ていれば「おっ、そろそろ飛行機が来るな」とわかるんです。


 

最初の頃のプログラムはヘリコプターによるものです。

そして10時頃になってT4練習機がやってきます。


 


 

ブルーインパルスと同型機なのでかなり飛行を見せてくれます。

下の機体は上の写真と比べると翼下の弾倉の装備が違いますね。


 


 


 

一通りの演技を終えたT4の着陸の様子もネットでチェック出来ます。


 

10時40分頃からは入間基地のメイン機体、C1が飛び立っていきました。

こちらはYS-11FCとU-125です。


 

今日も米軍機とのツーショットが撮れました。


 


 


 

11時15分過ぎ、さきほど飛び立ったC1がライトを輝かしながら編隊を組んでやってきました。


 

この機体を見るたびにサンダーバード2号を思い浮かべます。

あんな重いものが飛ぶんですよね。


 

そしてその一機から陸自の空挺降下が始まりました。


 


 


 


 

ここまでが午前の部で昼休みをはさんで午後の部、いよいよブルーインパルスの登場です。


 


 


 

真っ青な大空に白いスモークで描く最高の演技です。


 


 


 


 


 


 

昨日の前日練習では見られなかった「ハートに矢」も完璧。


 


 


 

大空に描くスターマークも最高です。


 


 


 

これで一通りのプログラムは終わりましたが、実はマニアの間では入間航空祭の一番の見どころはブルーインパルスの演技ではなく、他にあると言われています。

それがF-15J戦闘機の帰投です。


 


 

そしてもう一機、F-2の帰投も見逃せませんね。


 


 


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2017年11月2日 木曜日

入間航空祭2017前日練習

明日11月3日に航空絵自衛隊入間基地で開催される入間航空祭を前に、前日の飛行訓練が行われました。

雲ひとつない快晴、とはいかず薄雲りの天気でしたがまずまずの飛行日和でしょう。

朝は予定より早い8時に飛び立ったT4練習機からスタートです。


 


 

今では見る事が珍しくなった国産プロペラ機YS-11です。


 

アメリカ空軍の飛行機も飛んでいます。


 

9時20分過ぎにブルーインパルスが入間基地にやってきました。


 

まっすぐで長い飛行機雲ははるか上空を飛ぶ旅客機です。


 

彩雲が出ていたので飛行機と一緒に撮りたかったのですがうまくいかず残念。


 

1時45分過ぎになってようやくブルーインパルスが飛行し始めました。


 


 


 


 


 


 


 


 


 

今回は諸事情によりスモークで描くプログラムは無し。

明日の本番の天気と内容が気になりますね。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2015年11月3日 火曜日

青空にブルーインパルスが飛んだ入間航空祭2015

昨日の雨が嘘のようにやんで真っ青な天気に恵まれた今日、11月3日は航空自衛隊入間基地で「入間航空祭」が行われました。


 

朝のうちはまだ陽が出ていないなか、霧が立ちこめていましたが9時前にはすっきり晴れ渡りました。

多少風は強かったものの最高の航空祭日よりとなりました。

いつもは入間基地まで行って中で見学する事が多かったのですが、来場者数32万人と史上最高の人出と言われた2013年に行って以来、躊躇してしまいました。

今年は基地の中には行かず、近場で見学することにしました。

(※ 追 記
   入間基地の発表によると「入場者数は約20万人でした(27.11.3)」との事です。
   一昨年の2/3以下とは思ったより少なかったんですね)

あらかじめパンフレットで飛行展示される時間をチェックしておきました。


 


 

撮影に使ったカメラはCanon EOS kiss x7 と同じくkiss x2 を買った時に同時購入したWズームレンズキットの50-250mmという入門用望遠ズームです。

今回は2,000枚ほど撮影した中から、まあこれはいいかなっていう写真を選んでいっぱい載せちゃいました。

最初はYS-11FCです。

国内の旅客機ではもう見かけなくなった国産プロペラ機です。

ゆっくり静かに飛んでいました。

割と近い位置でのんびり飛んでくれたのでハッキリ写っています。


 


 

次はU-125です。


 

そしてブルーインパルスと同型機のT-4。

離陸してまもない時なのでまだ車輪を格納している途中です。

その下の写真と比べると違いがわかりますね。


 

偶然、月と一緒に写った写真です。

ねらった訳ではなく連写した中の一枚です。


 

スモークではないですが旋回するときに煙の軌跡が残ります。


 

ぼんやりですが、搭乗員の方も見えています。


 

U-4です。

このスマートな機体と比べるとYS-11がやけにずんぐりむっくりに見えてしまいます。


 

そして入間基地の主力機、C-1、チャーリーワンです。

編隊飛行も迫力ありますが、


 

車輪格納前です。


 

大きな機体にもかかわらずかなり小回りも効きますし離発着の距離が短くて済む優れた機体です。


 

よくここまで傾けられます。

あつ、バイクのコーナリングでも同じ事ですね。


 


 

そして陸自空挺降下が始まりました。

機体横のドアから降りていますが、以前は後方下から降りていたような気がしたのですが私の記憶違いでしょうか。


 

上空もかなり風が強かったのでしょうけど一直線に並んで安定して降下してきました。


 


 

再びU-4の登場です。


 

 

ここまでが午前中のプログラムで、午後からいよいよブルーインパルスです。

1時半過ぎ、青空にブルーインパルスが舞い上がります。

ここからは解説は不要でしょう。

カッコイイ飛行風景の写真をご覧ください。


 


 


 


 


 


 

同じような写真がまだまだ続きます。


 


 


 


 

大空に描いたハートとそれを貫く矢、うまく撮れませんでした。


 


 


 


 


 


 


 


 

等間隔に狭い距離できれいに並んでいる高度な操縦テクニックですね。


 


 


 

星形も大きすぎてカメラに収まりません。


 

背面飛行の写真ですが、これって普通に撮って逆さまに掲載しても同じに見えちゃいませんか?

まあよく見れば飛んでる下の方(機体では上部)に陽があたらず陰になっているので判別できます。


 


 


 


 


 

最後に飛行しているブルーインパルスのアップです。

搭乗員の方、手を振ってくれないかな、、、って無理ですね。


 

最高の天気、青空をバックに気持ちよさそうに飛ぶ飛行機をみているだけでワクワクしちゃいました。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2015年10月27日 火曜日

11月3日の入間航空祭の来場者32万人てどれくらいすごいの?

もうじき入間航空祭が開催されますね

毎年11月3日は航空自衛隊入間基地の航空祭が開催されます。

首都圏から一番近い航空自衛隊基地でブルーインパルスも飛行するイベントなので年々来場者が増加しつづけ、過去最高の来場者数は2013年のなんと32万人でした。

実際には基地内ではなく周辺の公園や路上などで見学する人もいるのでさらに多くの方が入間の空を見上げていることになります。

参考までに2000年以降の来場者数は、

2000年 第33回入間航空祭 7万人
2001年  中 止(米国で発生した9.11テロにより全自衛隊基地の警戒レベルが上がった為)
2002年 第34回入間航空祭 21万人
2003年 第35回入間航空祭 8万人
2004年 第36回入間航空祭 18万人
2005年 第37回入間航空祭 15万人
2006年 第38回入間航空祭 22万人
2007年 第39回入間航空祭 22.5万人
2008年 第40回入間航空祭 23万人
2009年 第41回入間航空祭 22万人
2010年 第42回入間航空祭 28万人
2011年 第43回入間航空祭 17万人
2012年 第44回入間航空祭 22万人
2013年 第45回入間航空祭 32万人
2014年 第46回入間航空祭 29万人

この32万人という入場者数ですが、ちょっと他の施設での人数と比べてみました。

一日あたりの最高入場者数でいうと、

 ・明治神宮      :105万人(三が日の参拝客315万人より)
 ・隅田川花火大会   :95万人(見物客)
 ・大阪万博(1970)  :84万人

 ・コミックマーケット :20万人(三日間で59万人より)
 ・東京ディズニーランド:7~8万人(混雑時推計)
 ・東京ゲームショウ  :7万人(四日間で27万人より)
 ・東京ドーム     :5万人(収容人数)

コミケより多く、ディズニーランドの4、5倍と聞くとこれがいかに凄い人数かわかりますね。

 

入間基地には大規模な駐車場はありませんので、数少ない隣の公園の駐車場は朝から満杯になってしまいます。

さらに観光バスのツアーもあるので周辺道路の混雑ぶりは必須です。

入間基地の会場内も売店やトイレには長い行列が出来、これだけの人が集まるので脚立やレジャーシート、飲酒など禁止されていることを巡って年々トラブルが増えています。

 

その32万人が訪れたという2013年11月3日の入間基地の混雑状況を写真でご覧ください。

まず、これは入間基地正門の様子です。

開演は9時なのですが、一時間前ですでにこの状態です。

奥の方のやぐらのあたりがゲートになるのですがまだ開いていなくかなりの時間待ってました。


 

滑走路へ向かう人の波。

空いていれば正門から滑走路まで1km弱なので7、8分程度なのですが15分以上掛かりました。


 

お昼前の滑走路です。

まだ余裕があります。


 

これは仮設トイレの行列です。

男性用でも20人待ち程度、女性の方はこの左手にさらに50mくらい列が出来ていました。


 

ブルーインパルス離陸前の様子です。

はるか前に駐機していますが人が多すぎて近づけません。

最前列は朝から場所を確保しておかないと無理です。


 

すべてのプログラムが終了して帰る人人人。

これを見ると入間航空祭じゃなくて「人間」航空祭と言われるのもわかります。


 

入間基地の中に西武線の線路と踏切があるため、臨時列車が増発されているから余計に人の流れが途切れます。


 

ようやく正門まで戻ってきました。

空いていれば7、8分、朝は15分、帰りは40分以上掛かりました。

これでもプログラムの最後の方は滑走路の出口付近に移動していたのでマシでしたが、滑走路奥にいたら確実に1時間以上掛かるでしょうね。

正門外にはツアーバスが待っていてガイドさんが立っていますが、集合時間に間に合うかどうか心配です。


 

 

地元の人やマニアの一部では、ブルーインパルスの飛行展示を見るのに、11月3日の当日ではなくほぼ同じ演目で飛行する前日の2日に基地の近くや自宅近くで見学しています。

今年は前日が平日の月曜日ですから多少少ないでしょう。

まあ、ほんとのマニアは仕事を休んででも前日、当日と二日間参加しますよね。

昨年は一昨年より一割弱減っていますが、さて今年はどれくらいになるんでしょうね。

 

おまけで今まで私が撮影した入間航空祭の写真を掲載します。

大きなバズーカ砲のような高倍率望遠レンズを使えばもっと鮮明な写真が撮れるのでしょうけど、お手軽な200から250mmのズームレンズでもこの程度には撮影出来ますよ。

EOS x7

 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

 

ここでちょっとブルーインパルスの動画をご覧ください。

ピントが甘くブレていますが、雰囲気は伝わるかな。



 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2015年4月25日 土曜日

入間基地のランウェイウォークと基地内一周トラック搭乗体験に行ってきました。

 
3月に応募していた航空自衛隊入間基地の滑走路を歩くランウェイウォークにめでたく当選したので行ってきました。

今年はさらに抽選で、入間基地内をトラックに乗って一周してもらえる体験搭乗にもダブル当選したのでこれも楽しんできました。

応募総数1,710通、応募人数4,648人で実際に参加したのは約1,500人だったそうです。

朝、8時40分過ぎ、入間基地に到着です。


 

今年の受付はとてもスムーズですぐに駐車場にクルマを停め、滑走路までの送迎バスに乗れました。


 

バスに乗ってから30分ほどして出発です。


 

これがW当選したハガキとパンフレットです。


 

入り口近くではお昼のカレーの準備をしています。


 

大鍋に肉を入れかきまぜるのはスコップです、おお豪快!


 

受付でIDカードをもらいますが、体験搭乗に当選した人はストラップが黄色でしたのでちょびっと優越感(笑;


 

今年のパネル展示にはパトレーバーが載っていました。

そういえば数日前に実物大イングラムが来て、C-1の前でのデッキアップしたんですよね。

出来れば今日、見たかったです。


 

航空自衛隊のマスコット、ピクルス王子とパセリちゃん。

私も間に入って写真を撮ってもらったのですが、こちらの男の子の方がかわいいですね。


 

航空自衛隊中部音楽隊による演奏です。


 

ここで今回まわった入間基地内のルートを、GPSロガーで記録したものをご覧ください。

入間基地外周をぐるっと回っている赤い線が、体験搭乗した大型輸送車でまわったコースです。

マウスで拡大縮小、移動出来ますし、吹き出しをクリックすると写真も出てきます。

 



 

滑走路に向かって右手奥に待機している輸送車で体験搭乗します。

当選者は50名ということで三台に分かれて乗り込みます。


 

シートにクッションやシートベルトはありません。


 

でもそんな事は気にならないくらい、皆さんワクワク顔です。


 

東京ディズニーランドのジャングルクルーズではないですが、軽妙は口調の隊員の解説付きです。


 

航空祭の時にはいっぱいの人がフェンス越しに離着陸を見るために集まる豊岡病院前を通過中。


 

ここが滑走路の南端になります。

写真撮影用に停まってくださいました。


 

こんな景色、やっぱり陸のジャングルクルーズ?


 

結構民家に近いところまであるんですね。


 

狭山市役所の脇です。


 

先日の広島空港で有名になった「誘導灯?」のあたり。


 

木の下に犬小屋がありますが、歩哨犬用だそうです。


 

一周約7キロ20分ほどでしたが、普段なら絶対に通れないところを回ってとても楽しかったです。

こんなイベントは毎年続けて欲しいですね。


 

二号車も戻ってきました。

うーん、はたから見ると開拓地に赴く肉体労働者の送迎トラックのような気がするのは私だけでしょうか。


 

消防隊のマスクを着けているこの方、吉本所属でガスマスクを着けたミリタリー好きの芸人さん、らんまるぽむぽむタイプαさんですよね。


 

この消防車が最新式だそうで、ディズニーアニメのプレーンズにも登場しているとか。

それにしても写真を撮っているのが三人とも女性の方なんですね。


 

これにも乗ってみたいですね。


 

売店の方も賑わってきました。

私もお土産をちょこと購入しました。


 


 

ランウェイウォークが始まる前に、基地の日の丸の方を向いて国歌斉唱です。

これは今年から始まったのでしょう。


 

入間基地司令のあいさつ、堅苦しい挨拶ではなくなかなかユニークで笑いを誘っていました。


 

ウォーキング開始です。

滑走路に移動します。


 


 

サイポンそら君も一緒に歩きます。

暑そう、でも今日はそんなに日差しもなくてちょうどいい気候だったようです。


 

先頭はこの横断幕です。

2015のところだけ毎年差し替えているのかな?


 

ずーーーーと後まで延々と続きます。


 

高圧放水車による放水、滑走路が水浸しです。


 

こちらが北の端です。

17番表示されています。


 

さっき体験搭乗で見た誘導灯です。


 

滑走路に来るとみなさんこのポーズをやりたくなりますよね。


 


 

この方は具合が悪くて横になっているのではないようです。

超ローアングルからの撮影中でしょう。


 

滑走路往復で約4キロですが、ところどころにこういった表示をしてくれていました。


 

みなさん、思い思いの自分のペースで歩いています。


 

着陸の時のタイヤの摩耗痕でしょう。


 

こちらが南端、35番表示です。


 

この先の公園に続く誘導灯。


 

折り返し地点の少し先で、あと1.6キロ、ガンバレ!自分。


 

民族大移動中。


 


 

同じYS-11でも少しずつ形が違うんですね。


 


 

やったぁ、あと200m、ラストスパート。


 

ゴールで待っていてくれたのはこの方たちと。。。


 

カレーライスです。

1時間ほど歩き続けたのでお腹ぺこぺこです。


 

落ち着いたところで地上展示の車両や航空機を見学します。

航空祭だと人が多くてゆっくり見られませんが、ランウェイウォークならゆったりしています。


 

上に登らせてもらってみるとこんな感じです。


 


 


 

人気のT-4も、そんなに並ばずに見られました。


 


 

入間基地のメイン機体、チャーリーワン


 


 


 

中の椅子にすわってみましたが、座り心地は割とよかったです。

もっと垂直に立っているかと思ったら割と後に倒れていました。


 

こちらはご存じチヌーク。

アメリカの機体は部族の愛称を付けるので、アパッチなども同じです。


 

機体の中は暖房はあるけど冷房はないそうです。

上空に上がれば外はマイナス何十度、夏でも冷房はいらないそうです。


 

メカ好きおじさんとしては、メーターがいっぱい並んだ操縦席や、


 

こういう配管、配線むきだしはたまりませんね。


 

外では入間修武太鼓が力強くなっていました。


 

IDカードの番号での抽選、今回もハズレです。


 


 


 

演目も終了し、そろそろ皆さん撤収のようです。


 

そしてこちらも。。。


 

おや、またカレーライスの写真です。

ランウェイウォークが全員終了してカレーも行き渡ったようですが、まだ余っていたんですね。

そんな訳で、ついフラフラと。。。。(笑;


 

出口に向かっていたところに見送ってくださったのでカメラを向けたところ、しっかりポーズをしてくれました。

そうなるとブログに載せない訳にはいきませんね。


 

最後に警備犬に訓練展示を見学しました。

爆発物などの発見や、


 

不審者への攻撃はいつ見ても迫力あります。


 

最後にパック3(さん)のお見送りです。

この少し前、隊員さんがパック3に注意されていました。

どうやらパック3の方が先輩のようです。

この方たち、かなりノリが良かったですね。


 

帰りも駐車場までの送迎バスで送ってくれます。


 

今回もらったクリアファイルやシールです。


 

 

今年は暑くも寒くもなく歩いていてちょうどいい感じでほどよく汗をかいたし、なにより基地内一周の体験搭乗という楽しみがあったので最高に一日でした。

入間基地のみなさん、ありがとうございました。

最後に少しだけですが動画をご覧ください。

 


 

 

 ※ 走行ルートを記録するなら「GPSロガー」がお勧めです。

 


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




プロフィール


プロフィール写真
メカ好きおじさん

・44年前に原付、中型二輪取得
・CB50で東北一周ソロで野宿旅
・250ccで四国・九州3週間5万円の野宿旅
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロードに戻る
・KAWASKI2ストを最後にバイクを降りる
・16年のブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCに奥さんとタンデム中
・2012年から北海道タンデムツーリング6回


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村


ツイッター、やってます!
twitterlogo