カウンター
  • 1305今日の閲覧数:
  • 1345昨日の閲覧数:
アーカイブ
カテゴリー
2011年12月26日 月曜日

Linux(CentOS)の自宅サーバでライブカメラを構築する ~motionによる動態検知編

せっっかく構築したライブカメラですが、fswebcamだと静止画しか記録出来ません。

常時監視する為には、定期的に静止画を保存する必要があります。

1分毎に保存した場合、1日分で 60枚/時×24時間=1,440枚にもなります。

1枚の静止画のサイズが15KBとして1日で22MB、1年で8GBになります。

これだけの枚数、容量だとチェックも保存するディスクにも負担となります。

どうせなら、画面の中に動きのあった時だけ記録して、しかもそれが連続した動画として見られれば最高です。

こういった事を実現してくれるソフトが、フリーソフトでもあります。

「motion」というのがそれです。

ところが、私の環境ではmotionのインストールで行き詰まっています。

今までやった事です。

こちらのサイトで最新バージョンを確認します。
http://www.lavrsen.dk/foswiki/bin/view/Motion/ConfigFileOptions

「Downloads」で落とします。
http://www.lavrsen.dk/foswiki/bin/view/Motion/DownloadFiles

事前準備「Preparation For Install」
http://www.lavrsen.dk/foswiki/bin/view/Motion/PrepareInstall

Library RPM Packages Debian Packages
libm, libresolv, libdl, libpthread, libc, ld-linux, libcrypt, and libnsl glibc and glibc-devel libc6 , libc6-dev ,libglib1.2
libjpeg libjpeg and libjpeg-devel libjpeg62 and libjpeg62-dev ( optional libjpeg-mmx-dev )
libz zlib and zlib-devel zlib1g and zlib1g-dev

libavcodec, libavformat ffmpeg and ffmpeg-devel or install from source libavcodec-dev libavcodec0d libavformat-dev libavformat0d (*)

# yum install motion

# rpm -ivh motion-3.2.11-1.i386.rpm

# tar zxvf motion-3.2.12.tar.gz
./configure
make

インストールに失敗します。

エラー: 依存性の欠如:
libavcodec.so.51 は motion-3.2.11-1.i386 に必要とされています
libavformat.so.51 は motion-3.2.11-1.i386 に必要とされています
libavutil.so.49 は motion-3.2.11-1.i386 に必要とされています
libpq.so.5 は motion-3.2.11-1.i386 に必要とされています

が無いと言われます。

RPM Fusionのレポジトリをインストールしていない場合はインストールを済ませます。
rpmfusion リポジトリを追加します

# rpm -ivh http://download1.rpmfusion.org/free/fedora/rpmfusion-free-release-stable.noarch.rpm http://download1.rpmfusion.org/nonfree/fedora/rpmfusion-nonfree-release-stable.noarch.rpm
その後、
# yum install motion

rpmfusion-free-release-5-0.1.noarch.rpm

rpmfusion-nonfree-release-5-0.1.noarch.rpm

をいれようとしますが、こちらもうまくいきません。

動態検知によるライブカメラ構築は、以前からやってみたかった事なので、ぜひ実行したいのですが。。。今のところ、解決策が見あたりません。

もうしばらく、 楽しんで 苦労してみます。 苦笑;

  


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2011年12月16日 金曜日

外出先からAndroidスマホで自宅サーバにSSH接続

最近は、自宅サーバでブログの為のwebサイトやメールサーバ、FTPサーバのほかに、外出時の留守宅(バイクとクルマ)監視用のライブカメラの運用とかなりいろんな事をやっています。

特に外出時のライブカメラについては、今までLinuxとWindowsの二基の自宅サーバでやっていたものを、Linux一基に統合したのでとても便利になりました。

外出時にいつでも自宅(駐車場等)の様子が確認出来るのは、便利ですし安心出来ますね。

でもそんな時に限って自宅サーバが不調になる事があります。

以前は固定ドメインで運用していたのですが、現在は訳あって動的ドメイン運用になってしまったので、ドメイン系のトラブルだとお手上げですが、それ以外であれば自宅サーバにSSHやVNC等でアクセスしてリモート操作すれば、状況を把握したり、原因を究明したり、あるいは対応出来る事が多いのです。

今使っている、ドコモのXperia acro も同じLinuxのAndorid系OSのスマートフォンなので、これにソフトを入れて使っています。

私が使ってイルのは「ConnectBot」という、スマホでは定番的なSSHソフトです。

https://market.android.com/details?id=org.connectbot&feature=search_result#?t=W251bGwsMSwxLDEsIm9yZy5jb25uZWN0Ym90Il0.

下記のサイトがわかりやすいですね。

http://www.yuriko.net/arc/2009/10/27/connectbot/

http://octoba.net/archives/20100105-connect-bot-android-320.html

文字のサイズだけは、デフォルトの10pから16pくらいには変更しておかないと、オジサンには辛いですね。

【補足】
文字サイズは、スマホのボリュームボタンのアップ・ダウンで大きくしたり、小さくしたり出来ました。

これを使って自宅サーバにアクセスしています。

connectbot01.png

以前は、自宅サーバにトラブルがあると帰宅するまで対応出来ませんでしたけど、これなら昼休みや通勤時に対処出来ます。

これを使うためには、エディターは「vi」操作になれる事が必要ですね。

VNCを導入して画面操作するのいいですが、狭いスマホでは限界がありそうです。

便利になりましたね。

 


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2010年8月22日 日曜日

postfixで特定のアドレス、ドメインからのメールを受信拒否するには

このブログには、右カラムのプロフィール欄に私のメールアドレスを載せています。
注) あまりに売り込みの迷惑メールが多く、拒否リストに載せても別のアドレス、ドメインから送りつけられてくるので、メールアドレスの公開を一時中止しましたが、不便なので復活させました。

コメント以外でご意見や質問をいただくのに役立っています。

でも最近、このメアド宛にサーバ関連の分析やSEO対策、はてはwebサイト構築等の売り込みメールが多く寄せられるようになってきました。

この手のメールには、「送信不要」「受信拒否」等の返信アドレスが記載されている事がありますが、ここに返信するって事は、「こういう迷惑メールを見てますよ」「このメアドは生きていますよ」と伝えるようで、かえって別の迷惑メールを増やすだけです。

プロバイダで運用しているメールソフトだと、そこに迷惑メール排除のフィルター機能が付いている事がありますが、自宅サーバで運用している私の場合には、自分で設定しなければなりません。

そこで今回は、自宅サーバ運用で、postfixでメールサーバを構築している場合の、「特定メールからの受信拒否方法」を、覚え書きとして書いておきます。

1.postfixの設定ファイルに記述する。
ルート権限でファイルを立ち上げます。
私はサーバで gedit でテキストを記述しますが、SSH等では vi でももちろん構いません。

# gedit /etc/postfix/main.cf

このファイルの最後に以下の文を追加します。

smtpd_sender_restrictions = reject_unknown_sender_domain reject_non_fqdn_sender hash:/etc/postfix/reject_list

2.拒否したいアドレスのリストを作成する。

# gedit /etc/postfix/reject_list
kyohi@iranai.net REJECT
yamete@iranai.co.jp REJECT
meiwaku.net REJECT

こんな感じで改行しながら複数のアドレスを記述して保存します。
三行目の「meiwaku.net」はこのドメインから送られてくるアドレスをすべて受信拒否します。
gmail.com や nifty.com や yahoo.co.jp といったフリーメール系が迷惑メールによく使われています。

3.拒否リストをDB化する。
ルート権限のまま、

/usr/sbin/postmap /etc/postfix/reject_list

4.postfixをリロードする。
ルート権限のまま、

/usr/sbin/postfix reload

以上で設定は終了です。

実際に自分の携帯メアドを登録してやってみました。
見事に受信拒否され、送信エラーで返ってきました。
もちろん自宅サーバのメールは受信されていません。

これで勝手に送りつけてくる迷惑メールの受信をせずに済みます。

やってみれば割りと簡単な操作で出来そうです。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2010年1月3日 日曜日

Postfixでのメール転送設定

自宅サーバーに関するまったくの個人的な備忘録です。

LinuxのPostfixを使ったメールサーバで、
サーバに登録しているユーザ宛に届いたメールを他に転送する方法です。

実際の使用例としては、
自宅サーバで運用しているブログあてにコメントやトラックバックが届いた時に
登録してあるメール(例えばblog@greenleaf.ddo.jp)を
携帯電話に転送して、外出先でも内容を把握したりします。

設定する方法は、
postfix/aliasesを使う方法と、.forwardで設定する方法がありますが、
簡単な「.forward」で行う方法の備忘録です。

■今回の例では、
blog@greenleaf.ddo.jp 宛のアドレスに来たメールを、
携帯電話のメアド、例えば keitai@docomo.ne.jp に転送する方法を例示します。

転送したいサーバのユーザデレクトリィ(上記の例では「blog」ユーザ)の直下に
「.forward」ファイルを作ります。
これはテキストファイルでなく、頭に「.」が付いたファイルです。

root権限でviやgeditエディタを使って、例えば
[root@******]# gedit /home/blog/.forward
と入力し、新たにファイルを作ります。

Windowsマシンでは「.forward」というファイルは新規作成出来ませんが、
LinuxならOKです。

書き込む内容は、
blog,(転送先のメールアドレス)
(今回の例では、
   blog,keitai@docomo.ne.jp となります)
これだけです。
最初の(バックラッシュ=¥)blogは、ループを防ぎつつ転送元にメールを残す為です。

複数の転送先を設定したい時は、「,」で区切って記載します。
例えば、
blog,keitai@docomo.ne.jp,keitai2@au.ne.jp,keitai3@softbank.ne.jp

あとはこのファイルが動作するように権限を変更します。

[root@*****]# chown blog.blog /home/blog/.forward
[root@*****]# chmod 600 /home/blog/.forward
と権限設定すればOKです。

これだけの作業で、blog@greenleaf.ddo.jp に来たメールが
外出先の携帯電話のメール keitai@docomo.ne.jp に転送され、
確認する事が出来ます。

私の自宅サーバの場合、自鯖あてに届いたメールが数秒程度の時間差で
すぐに転送されるので非常に重宝しています。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2009年11月11日 水曜日

CentOS5.4のバージョンアップはどうしようかな

このブログを運用している自宅サーバーパソコンには、
OSとしてLinuxのCentOS5.3を入れてあります。
それまで長年使用していたFedoraに比べると、
安定しているし軽いので満足しています。
さすがにレンタルサーバの導入事例が多いだけの事はあります。

このバージョンアップ版(CentOS 5.4)が10月21日からリリースされていました。
一時、CentOSは開発者関係にいろいろあったようですが、
RHLのアップデートに多少の遅れ程度で、こちらもアップされました。

今回の注目はやはりKVM(Kernel-based Virtual Machine)。
いままでのXenという仮想技術から今後はKVMが主流になるらしいです。。

ほかにもかなりの数のパッケージのアップデートがされているようです。

# yum install update で自動的にアップデートされるようですが、
ただしCentOS 5.4上でVMwareを動かす場合に特殊な対応が必要等、
問題もあるようですので、
今回はバージョンアップを見送ります。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2009年6月11日 木曜日

Movable Type4.25に切り替え中

前のエントリーに書いたように、
過去のブログ記事をすべて統合して公開しているのですが、
その結果、記事の数が900件、コメントが2300件以上と大きなものになって
記事を出力したテキストデータが3.6MBと巨大なものになってしまいました。

このサイズになると、過去データをチェックしながら統合しようとすると、
今まで使っていたブログソフト、Movable Type3.38では、
一度にこのサイズのテキストファイルを読み込めず、
4、5つに分割しなければならなくなりました。

実際に作業してみたのですが、
過去記事データの読み込み、再構築にかなり手間取るため、
この機会にMovable Typeのバージョンアップをする事にしました。

バージョン4は2007年7月にリリースされ、
その時は私も試しに導入してみたのですが、
あまりの動作の重さに閉口して、運用を断念したものです。
その後、2008年8月に4.2、
そして現行最新版のMT4.25が2009年3月にリリースされました。

今回はこの最新版に移行しました。

作業手順は今までと同じで、
・自宅サーバ(Linux:CentOS5)のデータベース環境を整える。
 (MySQLで移行用ブログのデータベースを作成しておく)
・Six ApartのサイトからMT4.25の個人ライセンス版をダウンロードする。
・サーバにzipファイルをアップし、適当な階層に解凍する。
・mt-config.cgiを編集する。
 (ドメイン名入力、mt-staticのコメントアウト、データベースの設定)
・mt-check.cgiを走らせた後、mt.cgiでログインする。
・あとはブログの環境設定をして、過去記事のインポート-再構築を行ないました。

Movable Type 4のウリの一つは「再構築が速い」というはずだったのに、
実際は、記事のインポート-再構築に30分以上かかってしまいました。
MT3.38でもそれほど劇的に違うとは思えなかったのですが。。。
ダイナミックパブリシングにするという方法もありますが、
使えなくなるプラグインがあるのも困りモノです。

今現在、まだデザイン等は調節中でこれから変更します。
一時的に表示できない事があるかもしれませんが、
あらかじめご了承ください。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2009年5月2日 土曜日

Fedora から CentOS へ

このブログは自宅に設置しているサーバで運用しています。
自鯖(自宅サーバ)では使うOSはWindows系ではなく、
安定性・攻撃耐性を考慮してLinuxを使う場合が多いのです。

fedora6_01.jpg

私の場合は今までFedoraCoreを使ってきました。
Core2からFedora9まで試してみましたが、
使用しているマシンの性能(PenⅢの2GHz)だと
Fedora6とブログはMovable Typeは3.3*系の組み合わせが
一番安定していました。

今回、サーバの設定を一新するにあたって、
再度Fedora6をインストールした後、yumでパッケージを入手して
追加インストールしようとしたらダメでした。
FedoraはフリーのLinuxの中でも毎年のようにバージョンアップするため
旧バージョンのサポートが終了するのも早いのです。
すでに最新バージョンは10まですすでいるので、
Fedora6のパッケージは削除されていたのです。
別のミラーサイトにアクセスするように設定しなおすという方法もありますが、
とりあえずバージョンを一つ上のFedora7を入れてみました。
しかし、どうも動作がもっさりしていてブログの更新も重そうです。

centos5_01.jpg

それで「どうせなら」という事で、別のLinuxOSを試して見る事にしました。
今回選んだのはレンタルサーバや個人の自鯖での導入実績の多い、
「CentOS」にしました。
実際にインストールしてみた結果は。。。。
「いいじゃない!CentOS」です。
インストール作業自体も起動後の画面操作もFedoraとほとんど同じ。
その上、動作も軽いし安定している感じ。

この環境でしばらくやってみる事にします。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2007年6月17日 日曜日

Fedora7で運用中

ブログのMovable Type4(ベータ2)のテストは散々な結果に終わりましたが、自宅サーバーのOSの方はLinuxのFedora7で問題なく稼動しています。

今までFedoraCore2から始めて、4,5,6ときましたが最新のFedora7の印象は「FC6がそれまでのFC5と大きく変わったのに比べて(プログラムの中身はともかく)運用している上ではそれほど大きく変わった感じはしない」というものです。

インストール自体も、FedoraProjectのサイトからDVDのイメージファイルを落として(光回線なら約10分)、それをディスクに焼いたものから実行。
作業手順事態はFC6とさほど変わらず。IP6の設定をそうするかくらいかな。
インストールに要する時間はやはりプログラムが大きくなった関係もあり約1時間(CPUはセレロン2GHz)ほどかかります。

インストール終了後の画面もFC6的なイメージ。背景画像が熱気球になったのは好みが分かれるところ。
最初、以前のgnomeの起動がわからなかったけど、「アプリケーション」-「システムツール」-「端末」で起動できました。なんでこんな名前に変えてしまったのかわかりません。

動作については多少、もっさりしたような感じがしないでもないですが概ね許容範囲内。
このまましばらくFedora7で運用続けます。
でもきっと慣れた頃にはFedora8が出るのでしょうね。まるで解説本や雑誌を売るためみたいですね。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2007年6月3日 日曜日

Fedora7をセット中

Fedora Coreの最新バージョン7が正式公開されました。
今回からFedora Core*ではなくFedora7」という名称になったようです。
前バージョンからの変更点はFedora JP Projectオフィシャルサイトの掲示板を見ていただくとして、
早速イメージファイルをダウンロードしてDVDに焼きました。
うちのサーバーは64bitCPU ではないので、x86(i386)を落としてきました。
ミラーサイトから落とすのに10分弱でした。
今現在Fedora7を設定中。
結果はこの私のサーバーにて報告します。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2006年12月31日 日曜日

Fedora Core6からFC5へ逆戻り

ここ数日、自宅サーバーのFC6が何度かフリーズしてしまうことがありサーバーの役になっていません。
色々設定を変えてみましたが改善しないのでFedora Coreのバージョンを6から5にバージョンダウンしてしまいました。
実際の運用上はFC5でも何の問題もなかったので当面、このままでいくつもりです。

結局のところ原因は不明ですがなんとか年内に通常の環境を構築できそうです。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




プロフィール


プロフィール写真
メカ好きおじさん

・44年前に原付、中型二輪取得
・CB50で東北一周ソロで野宿旅
・250ccで四国・九州3週間5万円の野宿旅
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロードに戻る
・KAWASKI2ストを最後にバイクを降りる
・16年のブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCに奥さんとタンデム中
・2012年から北海道タンデムツーリング6回


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村


ツイッター、やってます!
twitterlogo