カウンター
  • 83今日の閲覧数:
  • 1056昨日の閲覧数:
アーカイブ
カテゴリー
2022年3月1日 火曜日

3ヶ月ぶりの秩父はジムニーでドライブ

前回秩父に出かけたのは3ヶ月前にタンデムで奥さんと日帰り温泉の「星音の湯」に行って以来でした。

その後、私が足の指を骨折してバイクに乗れなくなったり、雪で秩父方面が走れなくなったりでだいぶご無沙汰になっていました。

今回は奥さんの体調も考慮してジムニーで秩父に出かけてきました。

日高に入ってすぐの場所でミニ三脚に載せたカメラで撮影会と、

選ばれし者たちのサイン会が開催されていました。

平日のこんな時間でも働いていらっしゃるんですね。

山が近づいてくると周囲の木々が茶色に色づいているのが気がかりです。

今年は花粉のピークが昨年より遅くなった分、飛来する量も増えるようです。

西武線の特急ラビューと並走します。

この写真を撮る前、奥さんは窓の写り込みを避ける為に窓を開けてましたけど、花粉大丈夫?

日陰の方にはまだ雪がかなり残っていました。

やはり秩父の方はけっこう降っていたようですね。

道の駅あしがくぼに到着です。

あしがくぼの氷柱も2月27日まででしたので訪れる人も減ったと見えてクルマもそんなに多くなかったです。

バイクの方も、着いた時には6、7台いましたが11時ころのこの時は1台だけになっていました。

秩父のシンボル武甲山も日陰側には雪が残っていました。

採掘された跡の層になっているのがイラストのようです。

秩父市街の豚みそ丼の野さかはコロナ対策で今もお弁当のみの営業でした。

今日のお昼はこちらの「そば道場あらかわ亭」と決めていました。

火曜日が定休日かと思っていましたが、3月からは曜日関係なく無休のようでした。

食べたかったのはコチラの限定そば定食。 いつもは30食限定ですが今回は20食とより少なくなっていました。

11時半ころお店に入った時は先客がお二人のみ。

私達が注文した時の発券番号は「003、004」

出てきたのはコチラのセットです。

小鉢もいろいろついて満足です。

その後も次々とやってくるお客さんの7、8割の人がそば定食を注文していました。

お腹がいっぱいになったところでバイクでいつも通るルートを走ってミューズパークの中へ。

散策する人や高校生のようなグループもちらほら見受けられました。

ここに来た目的は梅園で開花状況を見ること。

まだようやく蕾が膨らみ始めたというくらいです。

少しだけ咲いている木を狙って撮影。

今年の梅の見頃はまだ先になりますね。

秩父市街に戻ってきてから久しぶりに寺坂棚田にやってきました。

この駐車場ができる10年以上前には、もっと手前の駐車場にバイクを停めてここまで歩いてきて、上の方にある東屋に腰掛けてのんびりと四季折々の棚田の風景を眺めているのが好きでしたが、その後人気が出てあぜ道に三脚を構える人が大勢集まるようになってからは来なくなっていました。

今は棚田も休んでいる時期なので人出もなくてまったりしていました。

帰りにもう一度道の駅あしがくぼに寄ってみましたが今度はバイクがいっぱい来ていました。

暖かくなってきたからでしょうね。

最後に喫茶店で奥さんにスイーツをゴチしてからの帰宅となりました。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2021年12月17日 金曜日

ジムニーのバッテリーの充電器を購入

電気の使い方が悪いのかどうかわかりませんが、バッテリーが弱りがちです。

今年の2月には既に一度バッテリーを交換しています。
納車から2年4か月での交換は早すぎますよね。

※その時の記事です。
 「ジムニーJB64WのバッテリーをPanasonicカオスに交換した

この時に始動力や使用可能年数などの性能がすぐれていると言われるPanasonicの青いCAOS 80クラスのものを選んだのですが寒さが一段と厳しくなってきたので充電器の購入を検討しました。
クルマに乗るのは週に2、3回で近場の買い物が主なのであまり充電されているとは言えないことも気になります。

バッテリーあがりの状態から充電するというよりは、普段から微弱の電流を流してフル充電状態をキープすることを目的としています。

そんな用途で探した結果、セルスターのDr.CHARGER がいいだろうと思い購入しました。

DRC-300 セルスター バッテリー充電器 CELLSTAR Dr.CHARGER(ドクターチャージャー)

これは原付・オートバイから軽・小型自動車のバッテリーに対応しています。
弱ったバッテリーを負担をかけないようにゆっくり時間を掛けて満充電まで行い、その後はフロート充電とサイクル充電で常にいい状態を保ってくれます。

家庭用の100Vにつないだ本体と、ジムニーのバッテリーにつなぐケーブルが付属していますが、コンセントのある室内から駐車場のジムニーのバッテリーまでは距離があるのでそのままでは届きません。

バッテリーに接続する部品はクリップコードと丸端子コードがあり、自動車にはクリップの方を使用するように説明書にはありました。

こちらが今積んでいるPanasonicカオスのバッテリーです。

このバッテリーにはインジケータがあるのでバッテリーの状態を確認できます。
これで見ると「良好」になっていますが、寒い時にエンジンを始動すると13Vギリギリになっていることがあります。

このバッテリーにケーブルをつなぐのですが、マニュアルにあるクリップ式だと繋ぎっぱなしには出来ませんし、いちいちバッテリーを降ろして室内に持ってくるのは不便です。

説明書では指示されていませんが、丸型端子の方をバッテリーに常時つないでおきます。

室内までコードを引きまわすためにケーブルを延長しています。

丸型端子コードをつないだら本体に向かうケーブルのコネクタと接続します。

バッテリーにつないだコードを保護するためにコルゲートチューブをかぶせます。

バッテリーのコードをつないだ後、本体をコンセントにつなぐとバッテリーレベルのチェック表示となります。

上の緑色のランプでバッテリーの状態を表示します。
三つのランプが点いている時は満充電です。

バッテリーチェッカーが済んだら「設定」ボタンを一度短く押します。

これで「ノーマルモード」で「0.8A」で充電開始です。
もう一度設定ボタンを短押しで「ノーマルモード」「1.5A」、さらにもう一度で「ノーマルモード」「3A」充電となります。

ジムニーのバッテリーは80相当ですので3Aでの充電モードを選びます。

充電を止める時は、出かけるためにバッテリーからコードのコネクタをを外す時は本体の電源を切るためにコンセントから抜くようにするのですがこれも面倒なので途中のスイッチ(オレンジのインジケータのある白いスイッチです)を追加しました。

こちらのDRC-300の上に乗っているのはハーレーのバッテリーをトリクル充電しているバッテリーテンダー800です。
これのお陰で冬の寒い時でもハーレーもセル一発で始動出来ています。

DRC-300 セルスター バッテリー充電器 CELLSTAR Dr.CHARGER(ドクターチャージャー)

ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2021年12月2日 木曜日

今日12月2日は私の誕生日です。

ここで「メカ好きおじさんとはこんな人」の自己紹介。

子供の頃から工作好きでいろんなモノを作ってきました。

これらは50年以上前に作ったものや作り方も紹介している和紙人形です。

電気工作の得意だった父親の影響で4歳くらいから秋葉原のパーツ街に通いハンダゴテを握っていました。

小学生の頃の愛読書は「模型とラジオ」でしたね。

電気好きが講じてアマチュア無線の免許を取得して一時は夜中までラウンドでラグチューしてました。

今はスマホがあるのでスキー場でもハンディー機やモバイル機を使うことも無くなりましたね。

高校時代はオーディオにハマりアルバイト代はほとんどコンポの購入に消えていました。

パソコンが普及してからはアキバオタクという事もあり、自作やオーバークロック、水冷機などいろいろやって今でも自宅に十数台のPCがあります。

自宅サーバー機もリカバリー機も含め4台、ブログやライブカメラ、ファイルサーバーやメールサーバーなどを運用しています。

写真や動画の編集やレザークラフトの型紙制作などをやっています。

モノ作りは工作だけでなく手芸も好きでクルマのシートカバーも採寸して作っていました。

そういえば妹の家庭科の宿題は、家で私がやっていましたね。

それが今のレザークラフトの趣味につながっていると思います。

ハーレーダビッドソンに乗り始めた時に奥さんからプレゼントされた革のロングウォレットに触発されて、自己流で始めて12年になります。

ウォレットやスマホケース、レザーベストなども作りますが、ミニチュアサイズのランドセルやライダージャケットなども型紙から起こして作るのが好きですね。

まあ、最初に作ったのはレザークラフト用のレーシングポニーでした。

バイクと言えば、20歳の時に初めて原付に乗りました。

それまでまったく興味はなかったのですが急に自転車が欲しくなり、でも自分で漕ぐのは大変そうなのでエンジン付きがいいかなという安易な考えでした。

でもすぐにその魅力にハマってしまい納車3か月後には寝袋だけ積んで東京から野宿しながら2週間で東北一周し、その翌年には中型二輪を取って関西から四国九州を3週間野宿の旅をするまでになりました。

ハーレーに乗り出したのは50歳の時で、それまで大型バイクは自分には無縁だと思っていましたがたまたま冷やかしのつもりで行ったディーラーで今のハーレーに一目惚れ、その日の内に契約してしまいました。

と言っても大型バイクの免許はなかったのでそれから教習所通いとなったのです。

今のハーレーは納車の時は別モノのようにカスタムしましたがそのほとんどは自分でやってきました。

このバイクになってから走るのはソロか奥さんとのタンデムがほとんどとなり、それまでの日本一周で回っていなかった北海道ツーリングへも6回行ってきました。

自動車の方は最初に乗ったのがイメージ先行で黄色いワーゲンビートルでその時に知人に誘われたキャンプの影響で初代パジェロに乗り換えてからはほとんどクロカン4駆ばかりで現在のジムニーに至っています。

カスタムや整備も出来る範囲でDIYでやっています。

最近制作したものと言えば、15cm角で手の上に乗る鉄道模型の極小レイアウト、パイクです。

初めてのジオラマづくりでしたが地形づくりや樹木の植え方だけでなく鉄道模型のカスタムや自作などいろんな楽しみが味わえました。

バイクにクルマ、クラフトにパソコンオタク、アウトドアにインドアにといまだに趣味多きメカ好きおじさんも今日で64歳になりました。

出来ることならいつまでもこれらの趣味を続けていきたいですね。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2021年9月24日 金曜日

ジムニーの車検ステッカーのフロントガラスへの貼り方(動画あり)

新型ジムニーも納車から3年経過したのでディーラーで車検を受けてきました。

事前チェックして見積もりを取ってあったので1日で車検は終了。 でも車検証と車検ステッカーは当日は受け取れません。

後日ディーラーに取りに行ってステッカーを貼ってもらうか郵送で送ってもらうか選べます。

行くのは面倒だったので郵送でお願いしました。

数日後、ディーラーから車検証と車検ステッカー、それに税金の納付証明書などが送られてきました。

車検証はファイルに入れておけばいいのですが、車検ステッカーは自分で貼らなければなりません。

それまでは仮の「車検基準適合標章」がテープで留めてあります。

これをはがしてこの位置に車検ステッカーを貼ります。

ステッカーは台紙に貼ってあるシールですが、二重になっているものを重ねてからフロントグラスに貼るようになっています。

そのやり方が台紙の裏に書いてあるのですが、とてもわかりにくかったので紙芝居状の動画にまとめてみました。

ダイジェストの主な流れはこのようなものです。

最後に動画をリンクしてあります。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2021年9月18日 土曜日

ジムニーJB64WとシエラJB74Wがマイナーチェンジ

1今から3年前の2018年7月に発売された四代目ジムニーとシエラですが、ここにきてマイナーチェンジが発表されましたね。

どちらも4速AT車にアイドリングストップシステムが追加され、さらにジムニーのみですがスペアタイヤの下にロワカバーが装備されるそうです。


 ※上の写真はイメージです

10月20日から発売開始というけど既に予約済で納車待ち車には付くのでしょうか? それとも10月20日以降の予約分からでしょうか。

個人的にはアイドルストップは要らないと思っています。

バッテリーに掛かる負荷が大きすぎ、そのために大きめのバッテリーにする必要と交換時期が短くなるからガソリンの節約代と相殺されてしまいます。

実際に今回の車検の代車で借りたハスラーや、レンタカーで借りたクルマに付いていたアイドルストップ機能はウザいだけでオフにしたかったです。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2021年9月13日 月曜日

ジムニー初めての車検が終了しました

JB64Wジムニー、私が予約したのは発売日前でしたがそれでも納車まで3ヶ月待ち。

2018年10月に納車になったので今年が初車検となりました。

あらかじめディーラーで予約を入れて事前点検をおこなって見積もりを取っていました。

朝10時にディーラーに持ち込み、車検を依頼。

台車で借りたのはハスラーのハイブリッド車でした。

いろんな装備はジムニーより揃っていて、アクセル踏んだ直後の走り出しも軽やかでした。

でもジムニーより少しだけ車高が低いので目線の位置が下にあるのがちょっと。。。

メーターインジケーターも遊び心ありますね。

夕方5時前にディーラーから電話があり、車検が終了したとのこと。

ハスラーに乗って引き取りに行ってきました。

今まで乗ってきた三菱や日産だと車検終了後は持ってきてくれたのですが、やはり軽自動車だからでしょうか。

車検費用は事前見積どおりでした。

自賠責と重量税、検査手数料などの諸経費が27,430円、そして車検検査費用が24,750円の合計52,180円

そのほかにブレーキオイルとエンジンオイルの交換、そして前後ワイパーゴムの交換とタイヤローテーションで8,778円の追加でした。

車検証はまだ出来ていないので出来次第後日郵送してもらいうので仮の保安基準適合証を貼ってあります。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2021年9月8日 水曜日

ジムニーの助手席のシートベルト位置を下げる

JB64Wジムニーのシートベルトには高さ調整出来るアジャスターが付いていません。

今まで乗ってきた自動車ではたいていこのアジャスターがあったのでよかったのですが、助手席に座る奥さんは身長が低めなので座ってシートベルトをすると首に掛かって危険で使いにくいです。

Bピラーに付いているシートベルトの位置を何とか下げられないかと検討して、最初は他社のアジャスト出来る機構のパーツを移植出来ないかと思いました。

しかし車体内部のボルトの取り付け方法自体が、アジャスト機構付きのものを付けられるようになっていなかったのでこの案は断念しました。

次に試したのは金具にカラビナを付けて取り出し位置を下げる方法でした。

しかし結局はベルトの伸びる方向は変わらない為、肩に当たる位置は変わらないことになりました。

その次に金具とプラ板を加工したものを出来るだけ車体に近づけつつ下に降ろし、取り出し位置を移動させる案でした。

結果的には少しは効果がありましたが、まだ十分とは言えずさらなる改良が必要と判断しました。

そして最終的にはネットで写真のような「JB64Wの助手席用のシートベルトガイド」を購入しました。

一旦送られてきたパーツで取り付けてみましたが、シートベルトガイドが斜め前になると効果が半減することがわかり、出来るだけ真下に下がったまま固定出来るようにゴムワッシャーを自作して追加しました。

これをアンカーボルトにきつくはめ込みました。

ゴムワッシャーで出来るだけシートベルトガイドが回らないようにして取り付けました。

結果的にはこれが一番効果がありました。

ただシートを後ろに引いて使用した時はいいのですが、シート位置を前の方にして座るとまだ多少肩にかかるのですが、現状ではこれが改善出来る限界かなと思っています。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2021年8月16日 月曜日

ジムニーJB64Wの車検費用

来月で納車から3年になる我が家のJB64Wジムニーです。

ジムニーの事を一番わかっているディーラーに依頼することにしました。

事前にディーラーでチェックを受けて見積もりをやってもらってきました。

これをやっておけば車検は1日で済むそうで、朝乗っていけば台車を借りて夕方には引き取り出来るので何日か預ける必要がないので助かります。

3年間乗ってきてリコール対応もすべて済んでいますし、特に気になる箇所もない旨伝えました。

ディーラーで1時間ほど待っているとサービスメカニックの方が来て見積もりを説明してくれました。

「今回は特に問題のある箇所はありませんでしたので、基本的な車検内容になります。
 その時の費用は、
   基本車検整備と検査、代行費用の合計で 2万5千円弱
   自賠責保険と重量税、印紙代で     2万7千円ちょっと
     合 計で             5万2千円ほど

 ほかには、
   ブレーキオイル、エンジンオイルとフロントとリアのワイパーゴムの交換をオススメしますが、
                      9千円弱

 すべての合計で              6万1千円ほどになります」

思ったより安く済みそうでよかった。 さすが軽自動車ですね。

ハーレーの方はバイクだけど特に交換なくても車検費用は10万円いくからね。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2021年8月9日 月曜日

ジムニーJB64W-XLのドアミラーをシーケンシャルウインカー付きに交換

私のジムニーJB64Wも今年で3年目、10月には初めての車検になります。

タイプはXLですが自分で出来るDIYでいくつかカスタムをしています。

・リアタイヤーに赤いJIMNYロゴ入りのマッドフラップを自作

・リアゲートメンバーガーニッシュのステップに鉄板風のカバー

・荷室の床に迷彩柄のキルティングカバー

・フロントのSエンブレムにカーボン柄のシール

そして最近やったことは、

・リアカメラだけで上空から見たように映し出す前方位ビューの取り付けです。

そして今回やってみたのは、「ドアミラーをシーケンシャルウインカー付きに交換」です。

JB64WのXCにはドアミラーにウインカー機能がありますが、XLとXGにはありません。

機能的にはフロントサイドの左右にサイドウインカーがあるので視認性は高いと思いますが、あくまでアクセサリーとしてドアミラーにウインカーを付けたくなりました。

でもせっかく交換するなら純正と同じ点滅式ではなく、流れるタイプのシーケンシャルウインカーに交換してみました。

ネットでウインカー機能無しのJB64W用のシーケンシャルウインカーのドアミラーカバーがあるのでそれを注文。

純正のドアミラーカバーと同じ取付方法なので交換するだけです。

といいながら実際の作業をちょっと手こずりました。

まずは内側にあるウインカーユニットのネジを取って外します。

念の為、カバーとの隙間に黒いシール剤を塗って防水処理を施しておきます。

今付いているドアミラーの比べると横から見た時は同じ形ですが厚みはウインカーユニットの分だけ厚くなっています。

作業を始める前にエンジンをかけてドアのウインドウを一番下まで下げておきます。

最初にドアミラーの車内側の三角形のプレートを外します。

一箇所だけ白いピンで固定されていますが特に内装はがしの工具を使わなくても手を入れて軽く手前に引けばかんたんに外れます。

順番はアレですが先に動作確認する意味もあって、配線を確認しておきます。

ウインカー線の分岐の取り出す場所はいくつかありますが、最初はサイドウインカーから取ろうかと思いました。

サイドウインカーカバーは車体の前側に押し付けて引けば手で外せます。

そのウインカー線をエンジンルームから車内へ取り込むゴムブッシュがあるのでそこの一部を通せばいいかなと思いました。

でも車内のリア側のウインカーに向かう配線があるのでそこから取り出した方が車内へ取り回しが無い分楽かと考えました。

助手席側のサイドシルスカッフのカバーを外します。

ここも二箇所の白いピンで留まっていますが手で持ち上げれば外せます。

ビニールで覆われた配線の束の一部を開いてケーブルを取り出します。

かなりの本数がありますね。

この中から検電ドライバーを使って左右のウインカーの線を探します。

見つかった左右のウインカーへの配線に付属してきたエレクトロタップを使ってヒューズ付きの短い配線に分岐します。

ビニールでカバーしてサイドシルに収めます。

反対側にはギボシ端子を付けてメンテナンス時に取り外し出来るようにしておきます。

この段階でドアミラーウインカーの動作確認をしておきます。

それではドアミラーの取り外しに戻ります。

ドアの内張りを固定している三本のビスを外します。

ドアの内張りは複数の白いピンで留まっていますが、特に工具を使わなくても下の前側から手を入れて一つずつ場所を確かめながら手前に引いていけば取り外せます。

周囲だけでなくドアノブ辺りにも二箇所のピンがありますので内張りの中に手を入れて探りながら外します。

内張りを上に持ち上げれば取り外し出来ました。

ビニールにカバーはこのままで大丈夫です。

ドアミラー本体からミラー部分を外します。

リモートで動かす為の二箇所の白いピンと中央のピンの三箇所を外します。

ミラーには熱線が入っていますのでその為の二箇所の端子を外します。

ドアミラーカバーを外します。

四箇所の爪を内側からラジオペンチなどで挟んで外側に少しずつ押し出して隙間を広げていきます。

全体が浮いてきたら青い丸の部分にある一箇所の爪を折らないように気を付けながらカバーを外します。

ドアミラーを固定しているドア内側の三本のボルトを外してドアミラーを支えながら配線のコネクターも取って外します。

取り付けるシーケンシャルウインカーの配線をドアミラー本体の中を通すのですがこれが直角に曲がった間を通すので苦労しました。

ウインカーの配線をドアの中から助手席足元の蛇腹の中を通して車内へ引き込む為、ドアのスピーカーユニットを外します。

ドアのビニールの中を通して下に降ろし、更に蛇腹の中を通すのですがここもなかなか入っていかず手こずりました。

最後にサイドシルスカッフのギボシ端子に接続して、外しておいたパーツを元通りに組み直して作業完了です。

こんな感じにドアミラーがウインカー付きになりました。

対向車のジムニーから見たらXC風に見えますかね。

ウインカーやハザードランプを点けるとウインカーが流れていきます。

実際に動作している動画を、この作業ステップの最後に流しています。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2021年6月21日 月曜日

ジムニーJB64Wに1カメラスカイトップビューのSKY812を自分で取り付けて調整したらすごく便利になった

スクエアボディで見切りがいいのが取り柄の四代目ジムニーJB64Wですが、今まで上空から見た映像で駐車出来るシステムのクルマに乗った事がなかったのでどうしても付けたい装備でした。

でもジムニーにはオプションでも全方位カメラの設定がなく、以前から汎用品で出ていたものは前後左右四台のカメラを取り付けて調整しなければならず工賃込みの費用も20万円近くかかるものでした。

少し前にはATOTOというメーカーから「AC-SC3601 シングルカメラベース サラウンドビュー バックパーキングシステム」というリアカメラ1台で上空から見た映像を映し出す製品が発売されていて取り付けされている方のレビューもネットで見かけました。

そして今年の5月になって車のAV機器を多く手掛けているデータシステムから同様のリアのカメラ1台でスカイトップビューが映せる「SKY812」が発売されました。

今回私が購入したのはこの「SKY812」です。

フロントと左右のカメラ無しでリアカメラ1台だけで上空からの映像を映す仕組みは、140度の広角カメラで記録した後方の映像を記憶してそれに進んで行った駐車場所の映像と合成しているのです。

ですから後から車の左右や前方に人や障害物が現れてもそれは表示されない事になります。 でも進む方向は後ろだけなのでそこがリアルタイムで表示されていてば私的には問題無いと割り切って考えています。

この製品はリアのバックカメラ一台だけ取り付けて前面のインパネまで配線を伸ばし、ナビの配線に割り込ます事が出来れば自分でも取り付けが出来るだろうと思いました。

ナビとの映像接続も黄色いピン端子なのでディーラーオプションのパイオニアナビなら特に別途専用コネクターを用意する必要がないのも良かったです。

工賃の節約という事もありますが、車の電装装置の取り付けのようなオモシロクて楽しい作業を人任せにするのはモッタイないですね。

前置きが長くなりましたたが、ネットで購入して届いたのがコチラのパッケージです。

30cmほどもある結構大きな製品でした。

送料無料(一部離島除く) DataSystem データシステム 1カメラスカイトップビューSKY812

早速開封してみます。

真ん中左から、
・リアカメラ(ケーブル3m)
・コントロールユニット
・リモコン
・エレクトロタップやオス・メスギボシ等
下の段は、
・ハーネス
・カメラ中継ケーブル(4m)
・ピン端子
そして、上のビニール袋に入っているのがリアカメラで見える映像を上空から見たようにコンピューターで変換するためのキャリブレーションをさせるシート(4.4m×1.2m)です

このキャリブレーションシートがかさばるのでパッケージが大きくなっていたのです。

それでは私が自分で取り付けた作業手順を紹介していきます。

私のジムニーにはディーラーオプションでパイオニア製のナビとバックカメラを納車の時に付けてあります。

今回はこのパイオニア製のリアカメラを取り外してSKY812のカメラに交換します。 ちょっともったいなかった気がしますね。

リアカメラを交換するためにバンパーを外さなければなりません。

JB64Wの外装や内装の取り外し取り付けについては動画でとってもわかりやすく説明しているコチラのDVDが参考になります。

リアバンパーを外すにはまず赤い丸のナットを外します。 これらは10mmソケットレンチを使います。

その後、黄色い丸の固定ピン2個を外します。 これは専用のピン外し工具(あとで写真が出てきます)があるとカンタン効率的に作業できます。

バンパーを外す前に養生テープを貼っておきます。

フェンダー裏のところにある10mmナットを左右とも外します。

ナンバープレートを外します。 小型車でない軽自動車のジムニーは封印が無いのでカンタンに外れます。 ここも10mmレンチ使用です。

車体の下にもぐってここのナットを左右とも外します。 同じく10mmナットです。

もぐったまま、このケースの蓋を左右の爪を押しながら開きます。

中にある二箇所のプラグを引き抜きます。

このプラグがやけに固くてなかなか抜けず苦戦しました。

外すナットやクリップ、プラグは以上ですが私のジムニーにはバックソナーを取り付けてありますのでこの配線をバンパー下までゆるめておきます。

バンパー左右のフェンダーとの引っ掛かりを取ればバンパーが外れます。

写真の左側から出ているケーブルはオプションで付けてあった既存のリアカメラ用の配線で、右側に向かって二本出ているのは私が後付したバックソナーのセンサー用です。

下に置いた時に傷つけないように厚めの布を敷いておきます。

バンパー裏に見えるのが既存のリアカメラを固定しているステーです。

今回はこのステーを利用してSKY812のリアカメラを取り付けるつもりです。

これがパイオニア製のリアカメラです。

だいぶドロで汚れていますね。

リアバンパー回りは一旦置いておいて今度は室内側の内装を外します。

リアシートは手前の左右で固定していますので手を入れて持ち上げてフックを外します。

赤丸のところがリアシートのフックを固定しているところです。

シートの前面が持ち上がったら、シートベルト装着を感知するセンサーのコネクター(青丸)を二箇所とも外してリアシートを車外に取り出しておきます。

再び車のリアゲートの方に戻り左側シート裏のカバーを内装剥がしを使って外します。

車内左側にリアカメラのケーブルを通しますので内装を外します。

後方にある固定ピンを外していきます。 使っているのがクリップピン外しの専用工具です。

固定ピンを全部はずしたら後ろ側から内装カバーを浮かしていきます。

浮いた所でリアにあるアクセサリーソケットのプラグ(赤丸)を外しておきます。

ここまで出来たらリアウインドウ下で固定しているフックを外して内装カバーを浮かせます。

前側の方は助手席足元のカバーも外さないと取れません。

内装カバーが外れた状態です。

この既設のケーブルに添わせて追加するリアカメラのケーブルも共固定していきます。

それではナビの配線に取り掛かります。

まずはナビ下のカバーは、下側を手前に引けばカンタンに外れます。

ナビの固定は上部左右の爪の他はこの二本のビス(赤丸)です。

外した時に下に落としやすいので気をつけて作業します。

ビスを外したらナビの上部を押し下げながら手間に引いて外します。

その後左右を手前に引けばナビが手間に取り出せます。

私はナビの走行中制限の解除や、自作したフロントカメラの配線など何度かナビを外していますので工具を使わないでも外せるようになっていますが、一度も開けた事がなくて固い場合は、周囲を養生テープでカバーした上で内装外しを使うとよいでしょう。

ナビ裏からの配線を通すために、助手席前のグローブボックスを外しておきます。

これがまた固くてなかなか外れません。

奥側のプレートを手前に大きく曲げるつもりで左右のフックを横から外します。

ナビを引き出したら画面やシフトレバー、インパネを傷つけないようの厚めのカバーで覆っておきます。

この緑色のコネクターがパイオニア製ナビ専用のバックカメラの配線になります。

この一本で映像と電源を取り出しています。

今回はこのコネクタも不要になります。

いよいよリアカメラから取り付けていきます。

既存のリアカメラ固定用の取り付けステーにはSKY812のカメラはそのままでは取り付け出来ません。

カメラに付いていた金具を外して取り付けステーにカメラの取付部に合う場所にビス穴を開けます。

ビス2本でしっかり固定できました。

このままバンパー裏に固定します。

ケーブルにはマフラーの熱から守れるようにコルゲートチューブをかぶせておきます。

せっかく外したのでバンパー裏の汚れをキレイにしておきましょう。

新しく付けたリアカメラとバックソナーのコルゲートチューブをマフラーから離すようにフレームパイプに固定します。

リアカメラの配線は既存のカメラ同様にボディ後ろのゴム栓の中を通して車内に引き込み、左側内装の中を通して前まで引き回しておきます。

最後にナビへの配線です。

黒い線はアースなのでナビ本体のビスに固定します。

後は赤(ACC)と紫(REVERSE OUT)、緑(REVERSE IN)の三本です。

アクサリー線はナビから出ているサービス用の赤いACC線にエレクトロタップで接続します。

リバース信号線はこの「紫/白線」になります。

マニュアルどおり途中でカットしますが、ちょっと躊躇しちゃいました。

カットした線にはそれぞれオスとメスのギボシ端子をつなぎます。

電工ペンチを持っていないと作業しにくいでしょうね。

SKY812から出ているハーネスの紫と緑の線にもギボン端子を付け先程のナビの端子に接続します。

ナビとの接続は以上でナビを元通りに取り付けます。

ハーネスをナビ裏からグローブボックス奥に引き回してコントロールユニットに取り付け固定します。

リアカメラの取り付け、ナビとの配線は完了したのでここでちゃんと映るか動作確認します。

エンジンを掛けギアをバックに入れてリアカメラの映像が映ることが確認出来たら内装を元通りに戻します。

すべて取り付けが終わったら初期設定を行います。

「延長時間」はバックギアからドライブに戻した時に何秒間か継続して後方画像を映しておく機能です。

後退と前進を繰り返して車庫入れをするときには5秒間ほど延長した方が断然便利です。

延長しないと前進にした後再びバックギアにしてもせっかく疑似記録してあった周囲の映像がまた真っ暗になってしまいます。

「車両タイプ」はジムニーなので「SUV系」を選び車検証に記載されている全長と全幅のサイスを設定しておきます。

さて一番重要な作業が「キャリブレーション」です。

リアカメラで映した映像はナンバープレート上から斜めに見たものですので歪んでいます。

この映像をあたかも車の真上から見たように変換させる作業がキャリブレーションです。

マニュアルに従って、リアバンパーの中心(ジムニーではカメラの位置)から糸を垂らします。

地面に付いたところから後ろに15cm離したところにキャリブレーションシートの中央が来るように敷きます。

車の左右の後輪からの距離がどちらも同じになるように車体に直角になるようにシートを置く位置を調整します。

この状態でエンジンを掛けリアにシフトするとナビにはこのような画像が映し出されます。

左側の映像では車の後方のみ映像があり左右は真っ黒になっています。

キャリブレーションシートも歪んだまま表示されています。

右側の映像は通常のリアカメラと同じものでこれだけでも後退時の助けにはなります。

ガイド線はオンオフ可能です。

ここで設定画面から「キャリブレーション」を選ぶと右側の赤い字のように「キャリブレーション中」と表示されますのでしばらくこのまま待ちます。

ところが何度やっても「キャリブレーション失敗」となってしまいます。

シートの位置などを調整してみてもダメでした。

一旦場所を変え、風の影響のない屋内の駐車場に移動してトライしてみました。

前回ダメだった時の映像を確認すると、車に直角に置いたつもりのシートがかなり斜めになっていたことに気が付きました。

今回は念入りに調整して、さらにシートを置く位置を車に近づけたり離したりしてみました。

その結果、無事に「キャリブレーション成功」となりました。

最後にキャリブレーションシートの表示位置を微調整して保存して作業がすべて完成しました。

実際にジムニーでバックした時の映像がコチラです。

右側の通常のリアカメラからの映像の隣に、ちゃんと上空から見たように一台分の駐車スペースの中に収まっている様子が映し出されました。

ジムニーJB64Wにも全方位カメラ(アラウンドビューカメラ)を搭載する事ができました。

作業的には普段から車のナビなどの配線や内装外しの作業をしている方なら可能ですが、初めての方はやはり整備工場などに依頼したほうがいいかもしれませんね。

送料無料(一部離島除く) DataSystem データシステム 1カメラスカイトップビューSKY812

最後に、この作業画像と実際にバックしながらの動作動画をYoutubeにアップしましたので載せておきます。

 ※お願い

 製品や取り付け・調整方法などについては、
 メーカー(データシステム)やスズキディーラー、整備工場などにお問い合わせください


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




プロフィール


プロフィール写真
メカ好きおじさん

・44年前に原付、中型二輪取得
・CB50で東北一周ソロで野宿旅
・250ccで四国・九州3週間5万円の野宿旅
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロードに戻る
・KAWASKI2ストを最後にバイクを降りる
・16年のブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCに奥さんとタンデム中
・2012年から北海道タンデムツーリング6回


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村


ツイッター、やってます!
twitterlogo