カウンター
  • 81今日の閲覧数:
  • 1056昨日の閲覧数:
アーカイブ
カテゴリー
2022年6月13日 月曜日

秩父ツーリングと配線修理

関東地方も梅雨入りして以来、本当に雨の日が多くあるいは曇りでも突然の雷雨に見舞われるなど不安定な天気が続いていてなかなかバイクに乗れません。

北海道ツーリングに行く前にいろいろチェックしておきたい事もありますし、しばらくバイクに乗っていなかった奥さんも慣れておきたいですね。

そんな中今日は珍しく雨の心配の無い晴れの日。

朝のうちに予約していた眼科で検査と診察を受けた後、ソロで出発です。

今回チェックしたかったのは、先日修理したフロントのインナーカウルの配線がちゃんと直っているか、GoProに取り付けたボタンで録画がしやすくなったのか、そして私がヘルメットに付けて撮影しているGoProの動画だと画面の水平がズレているので取り付け角度の補正です。

天気がいいのでバイクのライダーも多かったですね。

この写真でもミラーの中に二台写っています。

はい、いつもの道の駅あしがくぼです。

さすがに梅雨の間の束の間の晴れ間、バイクは多かったですね。

この角度から並んだ写真も気に入ってます。

GoProの取り付け角度ですが、家を出てから撮影した後ここで角度を変えてチェックしてみます。

新緑の中を走るのは気持ちいいですがお昼前で気温はすでに30度を超えています。

インナーカウルの電源ですが、ここに来る前に一度落ちてしまいました。

その後しばらく走っていたら復活しましたが、まだどこかで接続が不安定なようで修理の必要がありました。

秩父市内に近いこちらの大盛りで有名なお店もライダーで賑わっています。

そして味噌ぶた丼の野さかはまだ店内で食事が出来ずお弁当のみでした。

ミューズパークを抜けあしがくぼに戻ってきました。

あいかわらずバイクは多かったです。

いろんなタイプのバイクを見ているだけで楽しいです。

それぞれカスタムの方向性も違うので参考になります。

私のハーレーのカスタムはこの形がほぼ完成形です。

もう一度GoProの取り付け角度を変えて映り方を確認します。

帰宅してからインナーカウルの配線をチェックしました。

バッテリー電圧は13V台を出していますが、インナーカウルのコネクタ部はやはり2V程度を示しています。

アクセサリー電源とアースの取り出し部分が問題だと思われます。

シート下のヒューズボックスのアクセサリーヒューズから分岐して電源を取り出しアース線と共にもう一本追加してインナーカウルまで伸ばしてこちらも電源コネクタに接続しました。

動作確認したところでは修理出来たようですがもう一度走ってみないと完全に直ったかどうか判断できません。

北海道ツーリングまでに確認しておきます。

インナーカウルでは、
 タコメーター
 半可搬式オービス対応のレーザー探知機
 デジタルスピードメーターの待受にしているレーダー探知機
 VICKSWideによる渋滞情報考慮のGorillaナビ
 フロントのドライブレコーダー
 デジタル電圧計とUSB電源ポート
などをまかなっていますが、電源が入らないとこれらが使えません。

タコと探知機は最悪無くてもなんとかなりますが、知らない道を走る北海道ツーリングではナビは必需品です。

14インチのGorillaナビは内蔵バッテリーだけだと40分程度しか持たないのでなんとしても修理しないといけません。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2021年6月1日 火曜日

バイクのインナーカウルにUSBソケットを埋め込む

前回の記事で使わなくなった古いスマホにGoogleマップをダウンロードして、ツーリングの時にオフラインでもルート検索出来ることを紹介しました。

でも古いスマホってバッテリーが弱っていて長時間の連続使用に耐えられない事があります。

そんな時の為にバイクでもUSB電源を取り付けて給電しながら使えれば便利です。

バイクにUSB電源を確保する場合はハンドルバーなどにクリップで固定する商品が多いですが、私のFLSTCハーレーには自分でカスタムしてヤッコカウルとインナーカウルが付いていますのでここに埋め込む事にしました。

使ったのはこのUSB電源です。
二口のUSBソケットで合計4.2A供給し中央の部分には電圧を表示する事ができます。

防水用のキャップもあるので突然の雨でも安心です。 しかもキャップをしたままでも電圧を表示してくれます。

12Vの安定化電源をつないで動作チェックしています。
電圧表示部の色は私が買ったのは青ですが他に赤や緑のものありました。

こちらが今まで取り付けていた電圧計です。 屋内用のモノを加工して表示させていました。
USB電源にはなっていませんでした。

インナーパネルに取り付けるためにシボ柄入りの塩ビ板を丸くカットします。
サークルカッターを使えば、正確にカンタンにカット出来ます。

中央には29Φの穴を開けました。
一枚では薄いので強度を稼ぐために二枚カットして貼り付けました。

取り付け作業は、ヤッコカウルはカンタンにデタッチャブルで取り外し出来ますので部屋の中で行いました。
インナーパネルにスッキリ収まりました。

電源は既に引いてあったアクセサリー電源から取っていて途中にはヒューズを入れてあります。
さらに左下のところにトグルスイッチが付けてありますので使用しない時は電源をカット出来ます。

実際にバイクに取り付けて動作させています。

これがスマホ運用時のスタイルになります。

スマホの近くから取れますのでUSBケーブルも短くて済みます。
スマホホルダーの下部にケーブルを差し込む場所がありますので給電しながらの運用が可能になります。

実際には渋滞情報も取得出来る7インチの大型のGorillaナビを普段使っていますので、万が一の際にしか使う場面はありませんが、用意してあるというだけで安心です。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2021年5月31日 月曜日

使っていないスマホでGoogleマップをオフラインで経路案内ナビとして使う

バイクでのツーリングでも自動車の時と同様にもうナビ無しでは走れません。

40年前に日本中を野宿して回った時には方位磁石と全国地図だけで行きたい場所に向かいました。 東京から北に向かえば東北で青森まで行けるし、西へ向かえば名古屋を超えて大阪、下関に行けるでしょうといった具合でした。

でも北海道ツーリングのように、日程的に制限のある勤め人が長距離を移動して泊まる場所も予約してあるような時には確実に目的地に行けるようにするためにナビは必須です。

ハーレーに乗りはじめて4台ほどナビを使ってきて、今のナビは今年の2月に購入したばかりです。
以前はバイク用の防水タイプのものを使っていましたが、今は機能で優れる自動車用のPanasonicのGorillaナビを利用しています。
7インチナビと大きな画面で見やすくVICKS-WIDEで渋滞情報を受信してそれを考慮したルートを案内してくれるスグレモノです。

ところでそんな便利なナビですが今年の1月のツーリングで前に使っていた5インチのGorillaナビが突然壊れてしまいました。

急遽ドンキホーテに飛び込んでバイク用のナビかスマホホルダーを買おうと思いましたがどちらもバイク用のものはありませんでした。
仕方なく自動車用のスマホホルダーを購入してナビのホルダーにタイロップと針金で固定して代用してツーリングを続けました。

普段使っているスマホだと電池の減りや熱暴走が心配です。
そこでどうせなら使わなくなって家にあった古いスマホでGoogleマップでナビが出来ないかと考えました。

調べてみるとGoogleマップは地図データをダウンロードしてオフライン状態でも経路案内のナビとして使えるようでした。

Androidスマホでのやり方は、
 1.Googleマップをアプリをインストールして開く
  注)ダウロードに時間と容量が必要なのでWiFiで繋いだ方が良い
 2.Googleにログインした状態で表示させたいエリアの地図を検索して開く(例;北海道、関東など)
 3.表示されている画面下のエリア名をタップ、「ダウンロード」をタップ
 4.これで地図がダウンロードされ、ネットに繋いでいなくても地図の詳細が表示出来るようになる

経路案内はオフラインでも検索、案内してくれますが、車での案内だけで電車や徒歩のルート案内は出来ません。

また当然ですがネットに繋がっていないので交通状況なども表示されません。

でもこれで通信容量を気にせずナビで案内してくれますし、ましてや北海道の原野のような電波の届かない場所でもGPSだけ届けば地図上に表示されルート案内してくれます。

さて、古いスマホでのオフラインでのナビ案内が出来るようになりましたので、このスマホをバイクに固定するようにします。
バイク用のスマホホルダーももちろん販売されていますが、今使っているGorillaナビのステーやパーツを活用するようにしてみました。

以前買った自動車用のスマホホルダーのステー部分を精密ノコギリでカットして裏面をフラットに加工しました。
それに以前壊れたGorillaナビで使っていたRAMマウントシステムのホルダー・アタッチメントをそのスマホホルダーに固定しました。

このスマホホルダーは下部の中央が空いているのでスマホを充電するケーブルも差し込めます。

これで今使っているGorillaナビとアタッチメントを外して、RAMマウントのステーにスマホナビをカンタンに取り付けが出来るようになりました。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2021年2月19日 金曜日

VICS-WIDEによる渋滞考慮ルートはツーリングに向いているか

先日の名栗湖、有間ダムへのツーリングに行った時のことです。

いつもは自分で決めたコースを通って走っているのですが、新しく載せたGorillaナビはプローブ情報をVICS-WIDEで使って渋滞を避けたルートを選んでくれます。
今回はそのルートを選んで走ってきました。

そのルートは住宅街、市街地を抜けて行くのですが、たしかに自動車は多少多いものの渋滞はしていませんでした。
途中からは成木街道に入り小さな小川沿いののんびりしたルートに入ってホッとしました。
そして距離も多少短く到着時刻もいつも私が通るルートより少しだけ早く着くことができました。

でも。。。

市街地を通るルートで道幅はそれほど広くなくまわりは民家があるので歩道を歩いている人や車道を走る買い物の自転車などもかなり多かったようです。

一方、いつも私が通るルートは倉庫が立ち並ぶルートや民家の少ない郊外の道で、同じ片側一車線でも道幅はトラックの往来が多いのに合わせて広くなっています。

VICS-WIDEでの渋滞考慮ルートは渋滞も避けて到着時刻も早くて、自動車などで「移動」として走るには適しているのでしょう。

でもツーリングはただ早く着くことを目的としているのではなく、その道中のルート、まわりの環境や雰囲気も大いに影響してきます。

今回のツーリングでも結局帰りのルートはいつもの馴染みのコースで帰ってきました。

渋滞を避けるだけでなくツーリングを楽しむためにはナビのルートだけを頼りにするのではなく、自分で好きに選ぶことが大切だということを改めて感じました。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2021年2月15日 月曜日

2月の秩父ツーリングはやっぱり寒かった

先週、奥さんとタンデムでツーリングに行ってきました。 今年初の秩父です。
富士山も真っ白ですね。

この日は天気が良かったのはいいのですが気温は低く、出発するときは5度、その後8度から9度くらいまでは上がってきましたがそれでも一桁台、寒かったですね。

いつもの道の駅あしがくぼですが、寒いとバイクもそう多くありません。

まあ、この時期あしがくぼに来る方は氷柱を目的に観に来るのでしょうから寒いはずです。
受付場所は以前より道の駅よりになっていたんですね。
過去に何度か見学していたのでもう行かなくていいかな。

私達以外には1チームだけツーリングの方がいらっしゃいました。

そうそうしばらく来なかったら歩道と車道の堺に柵が出来ていました。

バイクの歩道進入禁止のためですね。
歩道にバイクが停まっていると歩きにくいですし、特に視覚障害者誘導用ブロックの上に停めてあると危険ですね。
私も以前は歩道に停めていたので多いに反省します。

秩父のシンボル武甲山の上の方には雪が残っています。

今日のツーリングは、購入したGorillaナビCN-G1400VDのテストを兼ねています。

今までの5インチナビに比べると圧倒的に大きな7インチナビは地図がすっごく見やすいです。
画面の明るさは変わらないので晴天のときにはやはり見にくくなりますが、それでも道路や地名が大きく表示されるのでその分確認しやすくなっています。

またVICS-WIDEによる渋滞表示、渋滞考慮ルート案内ですが、インナーカウルの中に仕込んだT型フィーダーアンテナでもバッチリ電波を捉えて5分置きに情報を取得していました。
さすがに山のかげに入ってしまうとFM電波が届きにくくなりますがそんな場所は渋滞もあまりないので問題ありませんでした。
自動車で使っているカーナビはパイオニア製でこちらはスマホと連携してプローブ情報を得て渋滞を把握していますが、そのルート案内よりこちらのPanasonic製のゴリラナビのルートの方が的確に渋滞を避けて効率的な案内をしてくれるようです。

お昼は豚みそ丼かわらじカツ丼を食べるつもりでしたが、お腹がすいてきたので道の駅あらかわのいつもの鈴廣庵さんでいただきました。
こちらのお店ではスタッフのお姉さまがたとすっかり顔なじみになっています。

この日はシンプルにラーメンとみそぽてとでした。

朝よりは多少寒さが和らいできたので天気がいい分、気持ちよく走れます。

ミューズパークもこの時期は花が咲いていないので散策する人も少なめです。

梅園もまだまだ先のようです。

秩父公園橋はいつ通っても絵になりますね。

帰りの道の駅あしがくぼもやはりバイクはあまりいなかったですね。

コロナが落ち着いて、暖かくなってまた楽しく走れる日が早く来てほしいものです。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2021年2月3日 水曜日

バイク用に買ったCN-G1400VDナビをクルマでテストした

ハーレーに取り付けて使おうと思って買ったPanasonicぼゴリラナビ「CN-G1400VD」ですが、バイクの方は今車検点検に出していてないのでとりあえずクルマに載せてチェックしてきました。

ジムニーに、付属のスタンドを吸盤で取り付けアクセサリーソケットから電源コードを取り回し。
渋滞情報を取得するためのFM-VICSはT字フィーダーアンテナをフロントガラス上部の隙間に差し込んで設置した。

今日は清河寺温泉でのんびりしてきました。
一緒に行った奥さんによると女湯の方は空いていたようですが、男湯の方はおじさんや少し若めの方など結構賑わっていました。 GoToがない代わりに近場の日帰り温泉などでリラックスする方が多いんでしょうね、私もですけど。。

お昼もこちらでいただいてきました。
ねぎ塩豚丼ですが黄身が乗ってちょうどいい塩加減、ねぎ好きのワタシ好みの味でした。

そのあとはららぽーと富士見まで行ってショッピング。

走っている途中で反対車線に赤いコンパクトなかわいいクルマを見つけました。
最初は消防署の車両かと思っていましたが、

曲がっていくサイドを見たらナントタイヤが5個、ということは両側で10輪車!
車体には「IKEBUS」と書いてあった。

帰ってきてからネットで調べてみたらこれは都内池袋地区をゆっくり周回するバスらしかった。 なんでこんな埼玉の場所を走っていたんでしょうね。

さてGorillaナビのテスト状況です。

ジムニーのパイオニア製ナビにはスマホと接続してプローブ情報を取得しています。
右側が今回のゴリラナビ。 こちらはVICS-WIDEでの情報で渋滞考慮ルートを案内してくれます。

同じように渋滞情報を得ても案内するルートは異なっていました。 どちらかというとゴリラナビのほうがより渋滞してそうな場所を避けていたように思えます。
パイオニア製の楽ナビは王道的なルート選びのような感じです。

画面の見え方ですがどちらもクルマの車内ということですが明るさに対応してみやすいのはゴリラの方ですね。
バイクだと明るい日差しをそのまま受けるのでもう少し見にくくなりそうです。

地図はどちらもゼンリンですが詳細な道幅表示や周辺施設の名称も細かく表示され、さらにデザイン的にもゴリラの方が便利で好みです。

ゴリラナビについては購入してすぐに液晶画面の保護フィルムを貼っていました。
最初は光沢タイプ、そのあとに反射の映り込みがいやだったのでギラツキ低減タイプのものに貼り替えましたが、どちらにしても貼らないより映り込みがあって、また指でタッチした時の反応も少し鈍くなるので結局はがすてしまいました。

そのかわりと言ってはなんですが日除け用にバイザーを購入してみました。
以前の5型のゴリラナビには塩ビ板を加工して自作したバイザーを付けていましたが、今回は市販品を購入してみました。

買ったのはこちらの7インチナビの汎用品で爪で挟むタイプです。

ゴリラナビにセットしてみました。
サイズ的にはぴったりで画面の縁にかぶることもなく取り付けできました。

裏側から見るとこんな感じです。 思った以上に上部の出っ張りが大きいのが少し気になります。
爪でのホールドはそれほど強力ではないのでバイクに取り付けて振動でズレないかは実際にテストしてみないとわかりません。

ズレたりはずれないように爪の部分をテープで留めようかとも思いましたが、ご覧のようにSDカードの蓋の部分にかぶってしまいます。
このCN-G1400VDは2ヶ月に一度地図データの無料更新が出来るのでその時にはここからSDカードを取り出してパソコンで更新作業をする必要があります。 となると固定してしまうのは不便です。

電源ボタンやテレビのロッドアンテナの場所には爪はかぶっていませんでした。

バイクへの取り付けはこのRAMDAシステムのブームを使って取り付けていきます。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2021年1月28日 木曜日

バイクにGorillaナビCN-G1400VDを取付け

先日のツーリングで不調になったバイクのナビ。
2016年に購入したPanasonic製ゴリラCN-GP500Dでした。 4年半使ってきたのでそろそろ買い替え時かなと思っていました。
2008年に今のハーレーに乗り始めてからはバイクにもずっとナビを載せてきてその便利さにどっぷりハマっています。

自動車には30年近く前の1992年にソニーが初めて出したNVX-1を購入したのが最初の機種でしたが自車位置を表示するだけで道案内はしてくれず自分で通過したいポイントを入力する必要がありました。
地図はCD-ROMで供給されスクロールは画面タッチではなくジョイスティックで操作していました。
当時のカタログでは「カーナビ」ではなく「デジタルマップナビシステム」と書いてありました。

今回購入したナビもやはりPanasonic製ゴリラで最新の上級モデルです。
今までのバイクナビの画面サイズは4.3インチ、5インチでしたどうせなら見やすいものがいいだろうと7インチのものを選びました。
このナビはVICSやVICS-WIDEさらにプローブデータも取得して渋滞情報や規制情報などを考慮したルート案内をしてくれます。

最初のソニーナビはモニター無しの本体だけで30万円近くしましたが、はるかに多機能になって価格も5万円を切るまでになっています。

2008年から使っていた2台は雨に濡れたり屋外で使用することを考慮してバイク専用のものを使っていました。 でもたしかに防水性はよかったのですがそれ以外の機能や設定内容は少なくまた画面もまぶしい夏の日差しだとそれほど見やすいとは言えませんでした。

そのため3台目からは自動車のPanasonic製のGorillaナビを使っていました。
ナビとしての性能や設定などの機能はバイク用のものよりはるかに優れていて、さらにコスパ的にも圧倒的なアドバンテージがあると思っています。
唯一弱点となる防水製についてはジプロックの袋をかぶせて対応しましたが濡れることなく問題ありませんでした。

新しいCN-G1400VDのパーツです。
電源コードは使用しますが、クレードルやVICS用アンテナなどは使用しません。

電源をつなぎ起動してシステム設定のバージョン情報を確認します。
地図データは2020年4月版になっていました。

このGorillaナビは2023年7月まで、全地図更新を1回と2ヶ月ごとにデータが配信される部分地図更新の両方をインターネット経由で行えます。
すぐにサイトに接続して部分地図を更新します。

地図データが2020年12月版に更新出来ました。

今まで使っていた5インチのCN-GP550Dと比較すると地図の大きさがこれだけ違います。
やはりこのサイズだと画面も見やすいですしグローブをしたままでも画面タッチしての操作が断然やりやすくなります。

屋外で使用することを考えて画面に保護フィルムを貼りました。
ゴリラナビの機種別専用フィルムもありますが、私はこちらのiPad用のフィルムを使いました。 こちらの方がサイズが大きいのでカットして使えばこのナビ2台分のフィルムがまかなえます。 Gorillaナビの画面は角も直角で丸くなっていないのでカッターでカットしやすいです。
iPadの旧機種用のものならネットでなく電機店でもかなり安く手に入ります。

私のハーレーはデタッチャブルのヤッコカウルを付けてあります。 はずして家の中に持ち込んで配線をやります。
電源は付属してきたシガレットアダプターを、カウル内のソケットから取り出します。

FM-VICS受信用のアンテナは付属のフィルムアンテナは使わずにカーオーディオ用に使っていたT型フィーダーアンテナを加工します。
左右の長さは1/2ラムダなので約1.8mあるので付属フィルムアンテナより感度はいいと思います。
インピーダンスは75オームで接続端子を3.5mmプラグに変換してナビまで引いてきます。

ヤッコカウルはバイク本体からアクセサリー電源と常時電源、アース、それにタコメーター用のシグナル信号線をコネクタで接続するようにしています。

ナビの取付けは以前使っていたGorillaナビ用のものをそのまま流用します。 ラムダシステムのがっしりしたステーで角度調整も簡単です。

ハーレーにナビをセットしました。
さすがに7インチナビは大きく見やすいですね。
ヤッコカウルのデジタルスピードメーターも隠れることなく視認性にも問題はないようです。

ナビへの接続は、一番上のジャックはイヤフォン用なので使用せず次がパーキング解除用プラグ、FM-VICSアンテナ用プラグ、そして一番下が電源コードです。
ナビ本体下部には万が一の落下防止用にストラップを付けています。

電源を入れるとGPSやみちびき、グロナスなどを測位しました。
VICS電波もフルマークで受信でき、5分ごとに更新もされていました。

VICSとVICS WIDEを受信出来たおかげで渋滞情報や道路工事などの規制情報などが地図上に表示され、これらを考慮した空いてるルート案内をしてくれます。
他にも文字情報の表示や、

図形表示も出来ました。

ところでクレードルですが、これがはずしてきたラムシステムとゴリラナビ用のマウントです。

こちらのナビ用のマウントのボール部分がステーで強く挟んでいたのでかなり変形していました。
前のCN-GP550Dが205gだったのに対し今回のCN-G1400VDは360gと重くなっていますし大きくて振動によるブレもあると思いますので、Gorillaナビ用のマウントを新しくすることにしました。

実際に走ってテストしてみたかったけど、外では雪が降っていておあずけになりました。

渋滞考慮したツーリングレポートはまた後日公開します。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2021年1月22日 金曜日

道の駅タンデムツーリング中にバイクのナビが壊れた

今日の仕事休みは家でゆっくりするつもりでしたが、奥さんから「すっごく天気がいいしそんなに寒くないからバイクでツーリング行こう!」とお誘いが。
外出は自粛中ですが、新鮮な野菜を安く買いに道の駅に行くのならいいでしょうかね。

という訳でそそくさと準備をして出発!
今日は埼玉中央方面へ出没です。

岩槻を過ぎて春日部に来たあたりでバイクのナビに「電池がありません 充電してください」の表示が出てナビが消えた!

元々、バイクで走りながら給電しているので常に満充電状態のはずだったのに、少し前にナビのルートをセットしようとした時に内蔵バッテリーの残量が減っていておかしなとは思っていました。
チェックしてみるとバイクからの電源コードは接続されているのに充電されているオレンジランプが点いていません。

このナビは2016年夏の北海道ツーリング直前に購入したPanasonicのGorillaナビで、4年半ほど使っていました。
それまではバイク用のナビを使っていたのですが、防水機能だけは評価出来ますがそれ以外は性能的にクルマ用のポータブルナビの方が優れているので買い替えたものでした。


 

ナビの確認のために立ち寄った場所がちょうどメガ・ドンキホーテだったので奥さんからは「ここで新しいナビを買っていったら」と提案があったのですが、入ってみると欲しいナビがなかったのでスマホのGoogleマップでナビにする事にして、ホルダーだけ購入しました。

と言ってもバイク用のホルダーはなく自動車のダッシュボードに取り付けるタイプしかなかったので、その場で分解してタイラップと針金で今あるナビ用ホルダーに固定出来るように加工しました。

クルマやバイクでスマホナビを使っている方が多いのは知っていましたが自分で使うのは初めて。
落下しないか不安もありましたがナビ自体の画面は見やすかったですね。

こんなのどかな風景の中を走って、

ようやく道の駅に到着です。

ここは「道の駅アグリパークゆめすぎと」です。

お昼を過ぎていたのでけんちんうどんで軽く腹ごしらえ。

その後で野菜をいろいろ買い込んでから道の駅の中を散策しました。

道沿いの桜の木にはもう膨らみ始めた花芽がありました。
新型コロナで花見も自粛でしょうけど花は今年も咲くんでしょう。

少し先に池がるので近づいてみると、

風が無く穏やかな水面に空と木が映ってとっても幻想的な姿を見せてくれました。

橋のたもとには鴨が泳いでいました。

ここの道の駅は広いですね。

帰りは下道ではなく高速に乗って帰宅します。

100km/hほどで走行してもスマホナビと自作ホルダーはブレる事無くしっかりしていました。

途中のPAで小休止。

ハーレーの車体下にガーディアン・ベルが見えます。
これはアメリカ由来のバイカーならではの交通安全のお守りで、道路に潜む悪魔からライダーとバイクを守ってくれるものです。
そういえばこれを付けてからは一度も立ちごけなど皆無です。


 

帰ってきてからナビを分解、どこかに不具合があれば治せるかと思ったのですが、うーーん!原因不明です。
新しいナビをゲットするしかないのかな。


 

ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2020年7月5日 日曜日

Gorillaナビの地図をアップデートしてみた

私がバイクで使っているナビは2016年の北海道ツーリングのために購入したPanasonicのGorillaナビです。
買ったのは2016年ですが2015年モデルです。

それまでは2台ほどバイク用ナビを使っていましたが、画面の大きさが4.3インチだったので少し小さめでした。
たしかにバイク用のナビは防水仕様なので突然の雨でも安心ですが、メリットとしてはそれくらいでした。
屋外使用を前提としているのでもう少し画面が明るいかなと思っていましたがそれほどではなかったですね。

結局クルマ用ポータブルとしての評価の高いGorillaナビが一番使いやすかったです。

バイクに載せるためにステーを加工して、雨が降ってきたらジプロックを被せれば問題ありませんでした。

そんな風に便利につかっていましたがさすがに4年経過して新しい道路に対応出来なくなっていてルート案内が今ひとつ不満になってきました。

そんな時、3日前の7月2日にゼンリンからメールが届きました。

>ゼンリンメールマガジン 号外
>【2020年度最新版】Gorilla専用地図更新 JAPAN MAP 20 — 本日より販売開始

Gorillaナビの2020年版の発売に合わせるようにGorillaナビで使っている地図のバージョンアップ版が発売されたというお知らせでした。

 ※サイトは、コチラ です。

サイトをチェックしてまずはGorillaナビの新しいモデルを見てみました。
モデルは三機種で、渋滞回避出来るVICKWIDE対応の7インチと、VICK無しの7インチ、5インチです。

以前から自動車でのナビのように渋滞情報がわかってこれを考慮したルートを選んでくれるナビがバイクでも欲しかったのですが、さすがに7インチナビは大きすぎるでしょう。 他のメーターが見にくくなるし振動でかなりブレそうです。
それに価格も5万円以上でした。

それ以外のナビを買うのは、今使っているGorillaナビに不具合がある訳ではないのでメリットがなさそうです。

ということで地図データを更新することにしました。
今回のゼンリンの「2020年度バージョンアップキット JAPAN MAP20」ダウンロード版は有償で税込み9900円です。
それだけの価格に見合ったメリットがあるか検討した結果、
 ・高速道路や一般道など、私の2015年以降に開通した道路がすべて表示される
 ・それに沿ったルート案内や消費税10%考慮後の有料道路料金が表示される
 ・今まで表示されなかった一部の地方の市街地における家型が島嶼部以外ほぼすべて表示される
そしてもう一点大きなメリットは、
 ・今回バージョンアップしておけば、2021年6月まで2ヶ月に一度更新される道路地図や案内画像、有料道路料金などが無料でアップ出来る
これならあと1年ほどは最新の道路地図でルート案内出来ることになります。

今回のバージョンアップですがダウンロード版とSDメディア版がありますがそっちは18,400円+税と高くなってしかも2ヶ月に一度の道路データの無料更新が利用できないので不便です。

アップデートの大まかな方法は、パソコンでサイトに入り、まずはゼンリンのユーザー登録した上でデータをダウンロードします。
そしてGorillaナビで地図更新用のSDカード(16GB以上のSDHC)を作っておいてこれに落としたデータを書き込みます。
最後にそのSDカードをGorillaナビに挿入して本体のデータを書き換えるという流れです。

くわしい導入説明書のPDFをダウンロードして見ながら作業しました。

最初にGorillaナビで「メニュー」「設定」「システム設定」「バージョン情報」画面から「地図更新用SDの作成」を実行します。
出来たSDカードをパソコンに接続しておきます。

ダウンロードする前にゼンリンのサイトに行ってログインするのですが、新規ユーザー登録しようとしたら「このメールアドレスはすでに登録されています」と出ました。
以前登録してあったようです。 そうですよね、それだからゼンリンからのユーザー登録者向けのメルマガでお知らせが来たんですよね。

ゼンリンサイトにログインしたらクレジットカードで代金(9,000円+税)を支払います。

その後でダウンロードが始まります。
私の光回線の通信環境では最速で70Mbpsですがずべてダウンロードするのに35分くらい掛かりました。

ダウンロードが終了するとSDカードへの書き込みが始まります。

SDカードへの書き込みが済んだらパソコンから取り出し、Gorillaナビに差し込みます。

今度はナビ本体のデータを書き換えます。

書き換えとチェックを行うのですがこれも結構時間がかかりました。
私はClass10のSDHCカードを使いましたがそれでも68分でした。

最後に再起動すればデータのバージョンアップが完了します。

バージョン情報を確認しました。 地図データバージョンが「2020-03」になっています。

地図をバージョンアップしても登録してあったポイントデータは残っていました。

今までの地図では表示されなかった新しい高速道路や、国道140号皆野秩父バイパスなども表示されるようになりました。

また市街地家型についてあしがくの周辺で確認しました。

「50m」表示では家型は出ませんが、

同じ「50mでも詳細版」だと川幅の狭い広いや道路幅も表示されます。

「25m詳細版」だと点在する家もよくわかります。

さらに詳細な「12m詳細版」です。

今回、1万円弱で5年前のナビの地図データが最新になってしかもこれから1年間無料で地図データが更新出来るようになりました。
これで初めての土地へのツーリングでも安心して出かけられますね。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2016年6月24日 金曜日

ゴリラナビを家庭で使うためのAC用ケーブルを作る

バイク用として買ったナビですが、登録地設定は自宅で行います。

バイクにスタンドを取り付ける前は、付属してきたDC12Vシガレットライター用の12V-5V変換ケーブルをアマチュア無線用の安定化電源に繋いで使っていました。

でもバイクのカウル内に設置したのでケーブルは自宅ではもう使えません。

内蔵電池でも稼働しますが安定させて動かすために電源を供給出来るようにしました。

ゴリラのDCジャックのサイズはEIAJ規格の#2です。

手持ちの電子パーツボックスには適合するものがなかったので他の方法を考えます。

このサイズはゲーム機のPSPでも使われているのでUSB-EIAJ#2のケーブルがあれば、ACアダプタを介して使用出来ます。

以前は100円均一でもこのケーブルがあったので何軒か回ってみましたが、今時PSPのケーブルを置いている店はそう簡単に見つかりませんでした。

自宅に戻り使っていないSCアダプタをあさってみると、いくつか適合するものが見つかりました。


 

どちらもソニー製のもので、一つは5.2V出力で1.25A、もう一つは4.5Vで500mAでした。

5.2Vのものはそのまま自宅で使えるので、もう一つの方をUSBケーブルに接続出来るように加工しました。

というのはツーリング先に持って行って充電するときにはACアダプタごとではなくケーブルだけにしておけば、USB出力のACアダプタを他の機器と共有出来るからです。

ACアダプタと、使っていないUSBケーブルをそれぞれカットしてハンダ付けします。

USBケーブルは、赤が+5V、黒がGNDで緑と白はデータ線です。


 

ハンダ付したケーブルは熱収縮チューブで絶縁、保護しておきます。

このケーブルを2A出力のACアダプタに接続すればゴリラナビを使う事ができます。


 

また、バイクのリアボックスの中には12V電源とUSB出力アダプタを取り付けているので走りながら充電することも可能です。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




プロフィール


プロフィール写真
メカ好きおじさん

・44年前に原付、中型二輪取得
・CB50で東北一周ソロで野宿旅
・250ccで四国・九州3週間5万円の野宿旅
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロードに戻る
・KAWASKI2ストを最後にバイクを降りる
・16年のブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCに奥さんとタンデム中
・2012年から北海道タンデムツーリング6回


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村


ツイッター、やってます!
twitterlogo