カウンター
  • 588今日の閲覧数:
  • 1073昨日の閲覧数:
アーカイブ
カテゴリー
2018年4月20日 金曜日

リニューアルした「のめこい湯」までタンデムツーリング

奥多摩ツーリングの時に、さらに西へ進むと山梨県に入ってすぐのところに道の駅たばやまがあります。
そこには日帰り温泉施設が併設されていて、タンデムツーリングの際に何度か利用していました。

ところがこのお風呂が昨年2017年10月からリニューアル工事をおこなっていて入る事ができませんでした。
今年の3月15日に工事が完了しリニューアルオープンとなり、しかも6月からの通常料金のところ5月末までは感謝価格の600円、さらにネットにあるクーポンを使えば平日さらに100円引きときいて行ってきました。

奥多摩までは青梅を抜けて下道一本、今日は夏を思わせるような暑い日差しを浴びて奥さんとタンデムで走ります。
ウェアはもちろん夏のジャケットです。

奥多摩の街に近づくと消防署のところにある火の見櫓に「半鐘」が下がっていました。
今でも火事の時はこれを鳴らすのでしょうかね。


 

それにしてもいい天気です。


 

山々も新緑が眩しいほどで、少し前までのスギ花粉のような山の色とは大違いです。


 

今日はこの天気ですから平日でもすれ違うバイクや同じように奥多摩を目指すバイクも多かったですね。


 

奥多摩の湖と小河内ダムが見えてきました。


 

ここから道の駅たばやままでは30分掛かりませんがちょっと一休みします。
バイクも大勢来ていました。


 

ダムのほとりに近いここの公園にも芝桜が咲いています。
きっと今頃の秩父は、羊山公園の芝桜が最盛期の見頃で、299号線も渋滞必須でしょうね。


 

館内に入るとこんなポスターが目に付きました。
昨年末にココのすぐ近くでクマが目撃されているようです。
昨年はこの駐車場のすぐ脇でシカを見かけましたが、クマにはまだ会ったことはないですね。


 

休憩が終わったところで湖の周囲を走ります。


 

後ろに乗っている妻がこんな写真を撮っていたとは、帰ってくるまで知りませんでした。
たまにオモシロイことをやるんです。


 

新緑の山に真っ赤な橋が映えますね。


 

今日は湖にも水がいっぱいです。
ここは都民の水がめになっているので夏に向けて水量が気になるところです。


 

途中の橋で工事をやっていました。
橋のアーチ部分全体を板で覆っての補修工事は初めてみました。
学園祭の作り物のようです。


 

道の駅たばやまに到着です。
クルマも大勢きていました。お風呂目当ての方も多いんでしょうね。


 

バイクもこの駐輪場の入りきらないくらい大勢来ていました。


 

お目当てのお風呂に向かいましょう。


 

この橋を渡った先にお風呂があります。
左手の高いところを走っている陸橋はさっき通ってきた道です。


 

のめこい湯の外観はリニューアル前と変わっていませんでした。
入浴料はフロントで支払うのではなく券売機で購入するようになっていました。


 

さて、肝心のお風呂の感想ですが、写真はありません。
今日の男風呂は和風の岩風呂でしたが、露天風呂はだいぶ変わっていました。
以前はL字型の浴槽が一つでその一角に打たせ湯がありましたが、今回は浴槽は二つ、一つは温泉でもう一つは温泉でない薬草風呂になっていました。
面積は以前の方が広かったので一度に入れる人数は減ったようです。

そしてもう一つ変わったのは壺風呂が出来たことです。
二つあるのですが、残念なのは小さめな事、私が今まで入った壺風呂のなかで一番小さく浅く、そしてぬるめ(39度弱)でした。

あとは屋外に涼むためのベンチが二台設置されているのですが、これが黒いビニールを編んだものなので日差しを浴びて熱くなっていて知らずに座るとかなり焦ります。

屋内の洗い場やサウナは以前と変わっていないようでした。


 

お風呂を出たところでここでお昼にしちゃいました。


 

お風呂上がりの一枚、暑いので行きに来てきたシャツは脱いでいます。
今日は自分のバイクの写真を4コマ漫画風にアレンジしてシルクスクリーンでプリントしたTシャツを着てきました。


 

ここに咲いているのは桜でしょうか。
やはり季節が少し違うんでしょう。


 

お風呂上がりといえばソフトクリームでクールダウンでしょう。
季節の果物「いちご」風味たっぷりでしたが、気温が高いせいで早く食べないと溶けてしまいそうでした。


 

お風呂に入ってサッパリしてお腹もいっぱいになったところで、戻りましょう。


 

帰りも湖畔の道をのんびり流します。


 

行きにも通った赤い橋、近くでアップにしてみてもキレイな形で、どこかで見たような。。。
京都の伏見稲荷大社の千本鳥居。。。ちょっと違いますね。


 

変える道すがら、隣を走るトラックのサイドパネルに写った様子を妻に写真に撮ってもらいました。
バイクで走っていると前を行くタンク車に写る姿を見ることはありますが、横姿は初めてです。


 

それにしても今日は暑かった!
気温は30度超え、市街に戻ってきて信号待ちをするたびに抱え込んだVツインエンジンの熱気にやられそうでした。


 

本日のルートです。


 


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2018年3月12日 月曜日

天気がいいのでタンデムでほったらかし温泉までツーリング

ようやく暖かい日が続くようになってきて本格的なバイクツーリングのシーズンがやってきましたね。

数日前からツーリングの計画を立て、せっかくなので日帰りでも少し足を伸ばして山梨の「ほったらかし温泉でのんびりしよう!」タンデムツーリングに決定しました。

行きは下道で帰りは高速、行きのルートは秩父まわりか奥多摩まわりが選べますが、今年になって秩父はもう走っているので今回は奥多摩を通りましょう。

自宅を出てしばらく走っていると、向こうからやってきたワンボックスの運転手さんが窓から手を振っています!

バイクの免許を取った同じ教習所のメンバーの方でした。

この御仁、前回もほったらかし温泉にタンデムツーリングに行った帰りの談合坂SAでもお会いした方で、なにやら運命、感じちゃいます。

奥多摩に近づき吉野の梅郷です。

雲ひとつない青空はそれだけてバイクで走っているとうれしいものです。


 

奥多摩湖に近づいてきました。

このダム、40年前からのツーリングでもうかなりの回数来ていますが一度も放流しているところを見た事がないんですよね、運が悪いのかな。


 

ここでちょっと休憩です。

平日ですが天気に誘われてバイクもちらほら見かけました。


 

冬の間のくすんだ色合いだった風景から、すこしずつ若葉色が見られるようになってきたダムを横目にヒラヒラと流していきます。


 

多くのバイクの方は、奥多摩周遊道路に向かう方が多かったようです。


 

この時期のツーリングは、陽気が良くなってきた一方で花粉に悩むツーリングでもあります。

私は今のところまだ発症しいないようですが、タンデムシートの奥さんはかなり悩まされています。

テレビでもコマーシャルをやっている「花粉を水にかえるマスク」を着用しての参戦でした。

バイクだけでなく自転車の方も多かった大菩薩ラインです。


 

この道を通るたびにチェックしてのが、この「廃バス」です。

このバスは、1950年代中頃に民生デイゼル工業が製造し新日国工業製ボディを載せた「イーグル」号「RS85」で山梨交通で使用されていたもののようです。

いつか撤去されてしまう日がくるのでしょうか。


 

つづら折りのコーナーを抜けて標高が上がってくると山陰だけにあった残雪が、路肩にも現れるようになってきました。

といっても走行には全く支障はなかったので一安心です。


 


 

国道411号線で標高1472mと一番高い柳沢峠までくるとバーンと目の前に富士山が現れました。


 

ここからしばらくは富士山を眺めながらのツーリングとなります。

日本一の富士山を見ながら走れるのは関東・東海ライダーの特権でしょうね。

今の時期の富士山は雪を頂いた冠と麓のコントラスがが美しいですね。


 

でも標高が上がって雪が残っているということはそれだけ寒いんです。

青梅市街では14、15度あった気温は日陰で4度、日なたをはしっていても5、6度とかなり冷えてきました。


 

それでも甲府の街に降りてきてフルーツ公園内まで来るとまた暖かくなってきました。


 

12時少し過ぎにほったらかし温泉に着きました。

車の駐車場はもう少し先ですが、バイクはこの左側の側道を上がっていきます。


 

ここが舗装されたのでハーレーのような大型バイクでも安心して駐車できるようになってありがたいですね。

今日も何台かバイクが来ていました。


 

お風呂セットを持ってほったらかし温泉に向かいます。


 

今日のこの天気なら富士山を眺めながらのお風呂が楽しめそうです。

「あっちの湯」と「こっちの湯」がありますが、毎回大きな「あっちの湯」を選んじゃいます。


 


 

おお、やはり富士山がくっきりハッキリ見えています。

雲もなく最高のビューですね。


 

ズームして撮影してみました。


 

と、ここでお風呂に入る前にお腹が空いていたので先に軽く食事を済ませちゃいます。


 

いろいろメニューはいろいろありますが、毎度お気に入りの「たまご巾着うどん(550円)」です。


 

今回は花粉を気にしてこちらの食事コーナーの中でいただきました。


 

このうどんがモッチリしてツルツルでとっても美味しく、また巾着たまごもウマウマで、少し冷えていた体が温まりました。


 

お腹がふくれたところでいよいよお風呂です。

ちょうど十数名の男子学生さんたちが来た所で、大きな「あっちの湯」に入っていきました。


 

こちらはかなり大きな露天風呂なので混雑するほどではありません。

お風呂の中は撮影禁止なので写真はありませんが、二段ある露天風呂はどちらも広々してキレイ、お湯は多少ぬるめですがそれだけ長く入っていられます。

体の芯まであたたまったら湯船から出て火照った体を冷やし、また富士山を眺めながらお湯につかる。

そんなこんなで1時間20分もいたでしょうか。

露天風呂の中からずっとこんな風景を眺めていました。


 

お風呂から出てきました。


 

さきほどのお昼だけでは少々物足りないので、「温玉あげ」と


 

「白桃ソフトクリーム」をいただいちゃいました。


 

温玉あげは、トロトロの半熟ゆで卵に塩味の効いてる衣との絶妙なハーモニーが最高で、白桃ソフトの方も桃本来の色で濃すぎない味がおいしく熱くなった体にちょうどいい感じです。


 

駐輪場に戻ってくるとバイク?が増えていました。

レンタサイクルの電動バイクですね。

いくら電動でもここまでの坂道はキツくなかったでしょうかね。


 

お風呂も食事も堪能したので出発します。

温泉から少し降りたところにあるカート場からも富士山が望めます。


 

ところでホントウはお昼はこちらの「ほうとう 歩成」さんで食べようと思っていました。

まだ食べた事はないのですが、甲府のほうとうのお店としては有名ですね。


 

帰りは奥多摩や秩父のクネクネ道を避けて勝沼ICから中央道の高速に乗っちゃいます。

談合坂SAで休憩、ここでもコロッケバーガーとシュークリームを奥さんとはんぶんこです。


 

クルマは多いですが平日ですので渋滞にはならず流れていました。


 

GPSロガーで記録した今回のルートです。


 

p.s.帰宅後、やはり奥さんはくしゃみと鼻水に悩まされていました。

 やはり杉の木の多い奥多摩経由と、長時間マスク無しの露天風呂は、花粉症の人にとってはキビシイようでした。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2017年10月5日 木曜日

雨と寒さのほったらかし温泉ツーリング

昨日はもともと家の予定で電車で東京へ行く予定でしたが延期になったので急にフリーの休日になりました。

ネットで天気をチェックしたら「晴れ」、となればツーリングでしょう。

行き先は山梨の「ほっらかし温泉」にタンデム決定。

朝、出発する時には曇り空でしたが奥多摩や山梨へ行けば晴れているでしょう。。。


 

奥多摩湖の「水と緑のふれあい館」に到着したけどバイクは他に来ていません。

やっぱり天気がはっきりしないからでしょうかね。


 

トイレ休憩しようと思いましたが水曜日は定休日では入れません、別のトイレに向かいました。


 

途中、コスモスが咲いています。


 

風も穏やかで山の景色が湖に写ってのを眺めながら湖畔を走ります。


 

湖の対岸につながる橋の上に何やらいっぱい居ました。

停まってみてみると多数のサギでしょうか、ちょっと不気味な光景です。


 

奥多摩を奥に進むと、晴れてくる筈なのに段々雨が降ってきてしかもとっても寒い!


 

たまらず停車してレインウェアを着ましたが、この時の気温はなんと10度!

予報では今日の最高気温は24、25度になるというので3シーズン用のウェアで来ましたがこれなら冬装備の方がよかったかも。


 

雨も段々強くなってきました。

泊りがけのツーリングとかなら宿も予約しているでしょうから雨の中を走るのも諦めますが、日帰りツーリングで雨に降られるとわかっていたら何も無理に出かけてこなかったのに、ブツブツブツ。


 

帰ってきてからネットの気象情報を見てみたら、たしかにこの「丹波山」辺りの天気は弱い雨になっていましたが、気温は16、17度はなかったですよ。

でも出発前にチェックした時には確かに「晴れ」だったのに。


 

晴れていれば見えるはずの富士山も当然無し、それどころかここに停まっている車もバイクも一台もありませんが当然でしょうね。


 

それでも峠を降りて町までやってくればようやく路面も乾いて雨も上がっていました。


 

ほったらかし温泉はフルーツ公園を抜けた先にあります。


 

フルーツ公園は二週間前に来たばかりでしたが、その時は日差しもたっぷりかなり暑かったですね。

途中にはカートのコースもありましたが結構賑わっていたようです。


 

ほったらかし温泉に近づいてきました。

車用の駐車場とは別にバイク専用の駐車場もあってそこに通じる舗装された専用の斜面を上がって行きます。


 

以前は砂利でしたが今はしっかりコンクリートで舗装されているので大型バイクやタンデムでも安心です。


 

写真の右下の斜面を上がってきた先にこれだけの広さのあるバイク置き場があります。

着いた時には一台だけバイクが停まっていましたがすぐにライダーが来て挨拶、もうひとっ風呂浴びた後でちょうど帰るところでした。


 

ほったらかし温泉の全景はこんな感じです。


 

大々的な宣伝はしていなくても、テレビやネットでいっぱい取り上げられているので知名度は高く。休日には広い駐車場も埋まってしまうでしょう。

バイク駐車場から少し歩いて温泉に向かいます。


 

広い中にはにはなぜか木彫りの大きな亀がいます。


 

ほったらかし温泉は「こっちの湯」と「あっちの湯」の二つの温泉があります。


 

昔からあるのが「こっちの湯」で正面に富士山が望めますが、新しい「あっちの湯」の方がスペースが二倍ありゆったりしています。


 

そうそうここにはもう一つオモシロいオブジェがあります。

それがこのジムニーです。

木製ホイールがなんともいえませんね。


 

お風呂に入る前にトイレに行きます。

ここのトイレもちょっと変わっていて男性用は普通ですが、女性用は「眺望トイレ」になっているそうです。


 

このポップな絵柄の顔出し看板の右手にトイレがあります。


 

せっかくなので奥さんにカメラで撮ってきてもらいました。

便器に座った時にちょうど目の高さに窓から外の景色が眺められるようです。


 

それではお風呂に入りましょう。

二つのお風呂は別料金になっているのでどちらのお風呂に入るか先に決めます。

今日は雲が暑く垂れ込めていて富士山は全く見えないので広々としたあっちの湯に入ることにしました。

ちなみに二つのお風呂の営業時間は異なっています。


 

ここは「こっちの湯」の入口です。


 

券売機で入浴券を購入します。


 

ほったらかし温泉のタオル(200円)も購入しました。


 

こっちが「あっちの湯」です。

ここ、こっち、あっちでゴチャゴチャですね。


 

階段を降りていった先にあります。

こちらを入ったところでも入浴券やタオルを購入出来ます。


 

靴を脱いだところと脱衣所に100円コインロッカーがあり貴重品を預けることが出来ます。

お風呂内はカメラやスマホは持ち込み撮影禁止なので、サイトの画像から拝借しました。

こっちの湯の夜景はこんな感じで右手に富士山、眼下に甲府盆地の街並みを一望することが出来る絶景でした。


 

露天風呂は上下に二つあり下の方は境があって二つに分かれています。

上の方は普通に熱く、下の方は少しぬるめでゆっくり入っていられました。

他にも内湯があり、洗い場も24人くらいが使えるくらい広々していました。

でも誰かがネットで書いていましたが天井から雫が垂れてきて背中に当たるとヒヤッとしました。

サウナとかジャグジーといった設備はなく、純粋に絶景を楽しむ温泉です。

脱衣所にはドライヤーも置いてありました。

それでも1時間弱入っていて出てくると、雨中走行で冷え切っていた体がぽっかぽかです。

時刻は1時半を回っていましたのでここでお昼にしちゃいました。

売店では麺類を中心にカンタンな食事が取れるので今回はおもしろそうな「たまご巾着うどん(550円)」を頼んでみました。


 


 

こちらの絶景を眺めながら座れるテーブルで待ってます。


 

出来てきたのがコチラです。

いなりの衣の中に潰したゆで卵が入っているだけのシンプルなものですが、これが結構イケる!

たまご巾着もおいしいし、うどんはモチモチ感満載でなかなかのモノ、汁は少し濃い目ですがツーリングで疲れた体に染み込んできますね。

お気に入りのメニューに追加です。


 

食後はツーリングの必需品、白桃ミックスのソフトでクールダウンです。


 

このパノラマ写真の左手が食事をしたベンチで、真ん中の階段を降りていった先の右下の方が「あっちの湯」です。


 

お風呂と食事が終わった頃になってようやく少しだけ晴れ間がのぞくようになりました。

この時間からお風呂に入りたかったですね。


 

中には別の方には無料の休憩所があります。


 

中はこんなウッディで休む事が出来ます。


 

最後にこちらの売店に入ってみましたが、良さそうなシャインマスカットのぶどうが安かったので買ってきました。

ハードケースのツアーバッグなのでぶどうも潰さずいためずに持って帰れます。


 

バイク駐車場の戻ってくると二台ほど増えていましたがさらに数台のバイクがツーリングでやってきました。


 

帰りのルートは中央高速のつもりでしたが、アテにならない雨雲レーダーや高速道の東京方面には厚い雲が覆われていたので、お風呂上がりに帰りもまた雨に降られるのもイヤなので雁坂みちで秩父回りで帰ることにしました。

かなり時間は掛かりますが濡れるよりはマシでしょう。

フルーツ公園を降りていった先で見かけた看板、秩父の梵の湯ですが「この先65km」って役に立つのですかね?


 

雁坂みちをはしってくると雲はあるものの晴れ間も望み、行きもこんな感じで走りたかったですね。


 

少し気温が下がってきたので道の駅みとみで停まってウェアを着ます。


 


 

この橋の後で雁坂トンネルに入りましたが、外が寒かっただけにいつもならトンネルの中はもっと寒く感じるのですが今日は逆に暖かく思えてきました。


 

奥秩父の方もよく晴れています。


 


 

ループ橋を気持ちよく流し、


 

秩父まで戻ってきました。


 

最後にいつもの道の駅あしがくぼで休憩します。

バイクはあまり来ていませんね。


 

今日も夕焼け雲がキレイです。


 

今回走ったルートです。


 

 

 ※ 走行ルートを記録するなら「GPSロガー」がお勧めです。
 ※ バイクでの走行動画なら「GoPro HD HERO」がお勧めです
 ※ 仲間やタンデムツーリングでの会話なら高音質の「SENAインカム」がお勧めです

   


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2017年5月10日 水曜日

奥多摩からたばやま、めのこい湯タンデムツーリング

先週の天気予報では雨が降りそうだったけど直前になって雨は夜からに変わりました。

それじゃあ、ひとっ走りしてきますか。

といっても「ゴールデンウイーク疲れ(ただし仕事し過ぎで)」なので遠出はなし、お疲れさんも兼ねて日帰り温泉へ行くことにしました。

最近気に入っているのが山梨県の東のはずれ、のめこい湯です。

 

午前中は晴れ予報だったけどお日様さんはほとんど雲の向こうで薄曇りの一日。

奥多摩の小河内ダムまでタンデムです。


 

ここには「熱海」という地名のところがあります。

静岡県の熱海は最近また人気になっていますが、こちらは殆ど知られていません。

熱海といえば「温泉」「貫一お宮」「海岸」「秘宝館。。。アワワ!」


 

奥多摩湖の周囲を走りますが、3月に来た時は茶色っぽかった周囲の風景も、新緑のあおさが目に眩しいですね。


 

 

今日は平日で天気もはっきりしませんので、いつもならもう少しすれ違う筈のバイクもそれほど見かけませんでした。

11時前に道の駅たばやまに到着です。

着いた時にはバイクは他にいませんでしたが、帰る頃にはこれだけ増えていました。


 

ここの道の駅から階段を降りて川を渡って日帰り温泉に向かいますが、橋の手前には藤棚があって咲いています。

ハーレーに乗り始めた9年前にはGWに足利フラワパークで藤の花を見に行った事を思い出しました。


 

めのこい湯で一時間半ほど、お風呂やサウナに何度も出たり入ったりしてのんびりフヤケてきました。

お客さんは10人ちょっとと混雑していないのがいいですね。

ネットでクーポンをゲットして割引するのがオススメです。

ほんわかしたところでパチリ!


 

バイクに乗る時に使っているベルトのバックルですが、写真を撮ると目立ちますね。

ハーレー乗りはやたらとロゴの付いたものを見に着けるたがるんです。


 

今日のお昼は道の駅に戻ってきて食堂でいただきます。

ミニ豚丼セットと鹿肉ソーセージです。

この豚丼、見た目以上になかなかの味でウマウマ。

ソーセージの方は鹿肉っぽさはよくわかりませんが三種類あってなかなかです(って、食レポになってない!)


 

 

来た道を奥多摩まで戻ります。

行きにも見かけた折れ曲がった看板です。

上からの落石にやられたんでしょうかね。

こんなになるほどの石(岩?)が落ちてきたらバイクやクルマはたまりませんね。


 

奥多摩湖、小河内ダムの水と緑のふれあい館で休憩です。

ここの駐車場、クルマを停める場所はすべて屋根付きですが、バイクの駐輪場所だけ屋根がありません。

夏に停めてシートが熱くなったり、雨を防ぐ事が必要なバイクにも屋根が欲しいですね。


 

こちらは奥多摩町の町制施行60周年を記念して2年前の2017年に製作されたイメージキャラクター「わさぴー」です。

うーんイマイチ認知度がちょっと。。。かな。


 

栃木ナンバーの観光バスも停まっていました。


 

子どもたちもいてお弁当を食べたり集合写真を撮っていましたね。


 

 

今回は花曇りの下での日帰り温泉タンデムツーリングでしたが、ほっこり出来てよかったですね。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2017年3月24日 金曜日

奥多摩超えて山梨たばやまの日帰り温泉タンデムツーリング

この前の休みは風が強くてツーリングに行けなかったのですが、今日はそのかわりにタンデムで出かけてきました。

行き先は奥多摩の先、山梨県の道の駅たばやまです。

こちらには日帰り温泉もあるので、以前行った時にもらった優待券を使ってお風呂に入ってきました。

家を出る時にはこんなにいい天気でした。


 

気温も12、13度くらいで電熱ウェアを着るまでもありませんね。

 

青梅市街に入ります。

ここは昭和時代のレトロ看板の街並みで有名です。

当時のデザイン風のものをうまく再現しています。

ホンモノそっくりのものや、パロディのものなどさまざま。


 

そしてギャグ漫画の巨匠、赤塚不二夫会館です。


 

だいぶ山に入ってきました。

少し風がひんやりしてきました。


 

奥多摩の小河内ダムをスルーします。


 

この「のんきや」食堂も昔からありますが今でも有名ですね。


 

気温も9度、8度と下がってきます。

この後、走っていると何やら白いものがちらほらと舞っていました。

雪?のようでしたが、ほんの短い場所だけでした。

 

道の駅たばやまが見えてきました。


 

ここはバイク専用の駐輪スペースがあるので便利です。

平日にもかかわらずバイクも来ていますね。


 

少し体が冷えてきていますので早速お風呂に向かいます。


 

この吊橋を渡った向こう側に「のめこい湯」があります。


 


 

受付で優待券を出し一人分(600円)だけ支払います。


 

ピカピカに磨き上げられた床が気持ちいいですね。


 

たっぷり1時間半ほどのんびりしてきました。

残念ながら真っ青な青空は望めませんでしたが、それでも雲のあいだからときおり薄日のさすこともあり、露天風呂で手足を伸ばし、サウナに入ってリフレッシュできました。


 

 

お風呂に入ってお腹ペコペコですが、お昼はこちらではなく小河内ダムのところまで戻っていただきます。


 

ここを右に曲がっていくと奥多摩周遊道路です。

有料道路時代、原付きや中型バイクで毎月のように来ていました。


 

真っ赤やオレンジの鉄橋を通って、


 

ダムのところまで戻ってきました。


 

ここも駐車場やバイク専用駐輪スペースがしっかり整備されています。

でも濡れて困るバイクでなく、クルマの方に屋根があるんですね。


 

今日のお昼はここの「奥多摩 水と緑のふれあい館」でいただきます。

らせんのスロープを登っていきます。


 

こちらの「パノラマレストラン カタクリの花」では最近小河内ダムカレーが人気のようで、気にはなりましたが、


 

注文したのは「奥多摩清流定食」です。

にじますのから揚げにヤマメのしそと梅肉で和えたものや季節の天ぷらなどがセットになったもので、私も妻もイチオシのメニューです。


 

窓の外には奥多摩湖、小河内ダムを眺め、割りと近くの山でも上の方に見える木々のあいだの白いところにはまだ雪がいっぱい残っています。


 

それよりも気になったのは、レストランの窓からも見えたカモシカです。


 

急な斜面のところでしきりに草を食べていました。


 

後で外に出てみましたが、こんなに近くでも逃げもせずゆっくり食べていました。


 



 

「奥多摩 水と緑のふれあい館」の中にはいろんな展示もあり、ダムに消えた村にあったこんな廃車もあったそうです。

実際に見てみたいですね。


 

奥多摩湖を出てまもなく水根貨物線の鉄橋の下をくぐります。


 

この線路は小河内ダムを建造する際に物資を運ぶ目的で敷かれたそうですが、その後に奥多摩湖を観光地化する時の観光線路として一般旅客を目的としていたそうですが、結局それは実現されず現在のような姿で残っているそうです。

奥多摩も東京ですが、青梅の方まで戻ってくると青空が広がっていました。


 

まだ日帰り温泉には寒い季節ですがそれでも我が家では楽しんでいます。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2015年10月4日 日曜日

職場の仲間と奥多摩から塩山通って雁坂、秩父とツーリングに行ってきました

いつもソロかタンデムばかりで最近はマスツーリングには参加していませんでした。

ディーラーや以前所属していたツーリングクラブでは参加人数は40、50人以上になるのが普通で、あまりに多すぎて楽しめませんでした。

でも少ない人数でのんびり走るのは嫌いではないので、今回職場のツーリングに参加することにしました。

ただツーリングルートは、青梅街道で集合、奥多摩から柳沢峠越えて塩山、雁坂トンネル通って秩父にもどってくるというコースです。

 ※ 今回実際に走ったルートです。


 

 

 ※ バイクツーリング、ドライブでの走行、山歩きのルート、飛行機での空路記録を記録するなら「GPSロガー」がお勧めです。

   

 

このルート、5日前の月曜日に妻と走ったもののほぼ逆ルート、塩山から高速使うか下道で行くかの違いだけです。

同じとこ行くのもどうかなと思い、ツーリングの参加を迷っていました。

「集合時間に行けたら参加するけど、遅れたら不参加ということで行っていいよ」と中途半端な参加表明、優柔不断ですね。

 

前日から見ていた天気予報で雨の心配はまったくなく暖かく行楽日より、こう聞くとやっぱり行きたくなっちゃいました。

朝自宅を出発。

こんな天気なら走っていても気持ちいいですね。


 

今日は甲府や秩父で27、28度くらいまで気温があがるというので夏用のメッシュジャケットで十分です。

集合時間の15分前に、待ち合わせの青梅街道沿いのコンビニに到着、ほかに三名のはずが二人しかいません。


 

「集合時間より早いけど、まだ一人来てないの?」と私。

「なに言ってるんですか! 集合時間、とっくに過ぎてますよ! もう一人は渋滞で遅れてますけど時間通り揃っていたら出発してました!」

と怒られてしまいました。

うーーん、私が勝手に集合時間を30分遅く思い込んでいたようです。

いやぁ、遅れてきてる人がいてホントによかったです、ホッ!

結局30分遅れで出発です。

今回の参加メンバーは、ハーレースポーツスターXR1200のFさん、ホンダCB1100EXのMさん、それにドカティモンスター900のOさんです。


 

私たちの行く手の奥多摩は真っ青な空。


 

新しく開通した多摩川南岸道路を走って奥多摩町をバイパスします。


 


 

土曜日ですが渋滞もなく奥多摩湖、大麦台駐車場到着です。

さすがにバイクは多かったですね。


 

今日はこの天気ですからどこの道にもツーリングバイクがいっぱいでした。

Mさん曰く「ライダーは虫と同じ。 天気がいいといっぱい湧いて出てくるよね」

 

奥多摩湖畔を走ります。


 

秘技「走りながら後ろ撮り」 よい子は危険ですからマネしないように。


 

道の駅たばやま到着。


 

ライダー仲間が集まると、バイク談義やパーツ相談会が始まるのはお約束ですね。


 

 

いつもマスツーリングでは一番後ろを走ってみんなの走りを撮影する私ですが、ここを出発した後少しの間先導します。

以前このブログで紹介した「大菩薩ラインの廃車バス」を見たいというリクエストのお答えして場所を探しています。

ここを40年も通っているMさんもいつも気がつかずに通り過ぎていたそうです。

「左カーブを曲がって小さな橋を渡って右カーブに行った先の左側の小高いトコにあるよ」と教えたら、みんなから「ここはずっとそんな場所ばかりだよ」と一斉ツッコミ。

その場所がここです。


 


 

 

マスツーリングに参加した時の楽しみの一つに、自分の走行風景を写真に撮ってもらえることがあります。

これは私が撮った他のメンバーの様子です。


 


 

いくら走ってもあの青空には追いつけないんですね。


 

柳沢峠到着です。

写真の奥でMさんが私を手招きしています。


 

せっかく見えている富士山が雲に隠れそうと教えてくれていました。


 


 


 

秘技、第二弾です。


 

甲府盆地が見えてきました。

山の上は気温が20度を切るくらいでしたが、町に降りてくると一気に暑くなってきました。


 

今の季節はコスモスを中心に秋の花が咲いています。

ただ走るだけでなく風景やこんな道ばたの小さなもの見つけるのも、私がソロツーが好きな理由です。


 

 

今日のお昼はいろんなお店を知っているMさんお勧めの甲府の吉田うどん屋さん「甲州手打ちうどん信玄」です。

11時半開店の直後に入店出来ました。


 

ここのお店、駐車場は砂利なのが私的にはネックで、出発するとき、他のメンバーに引っ張ってもらったのは恥ずかしいのでナイショです(笑;


 

注文したのはMさんお勧めの「信玄冷やしうどん(650円)」です。

うどんは吉田うどん独特のすごいコシ、量は少なめですが付け合わせに天ぷらやゆでた白菜、ゆで卵、それに肉の煮たのが付いていました。

メニューからだけではその内容が想像できませんね。


 

 

満足してお店を出発、雁坂みちを北上します。

こちらでも相変わらずツーリング中のバイクとすれ違いました。


 

広瀬湖沿いのこの場所も私のお気に入りです。

信州を思わせるような山々と湖が大好きです。


 

道の駅みとみで休憩です。

また標高が上がってきたので少し涼しくなってきました。


 

少しずつ秋の気配が来ているようです。

この先の西沢渓谷も紅葉のメッカですが、もう少ししたら散策する人が大勢訪れることでしょう。


 

ここの道の駅、明日くればこんなイベントをやっていたようです。


 

雁坂トンネルに入ります。

五日前に続きましたして今回も無料通行です。

「これで元を取ったな」「元って別に払ってた訳じゃないじゃない」


 

トンネルを越えたところの滝沢ダムに向かいます。


 

今日は放流はしていませんでしたが、ここもバイク駐車率高し!


 

 

その後、ループ橋に突入します。


 

帰ってきてからツイッターで、ブログ&ツイッカー友の「ケンさん」から「さっきあそこですれ違っていましたよ」とメールをいただきました。

うわぁ、こういうのいいですね!

バイク弁当屋前を通過。


 

木漏れ日の緑の中を走る仲間たち。


 

道の駅あらかわで果物野菜を物色中。


 

みんなをいのししの柵をご案内、この道の駅のうり坊たちが大きくなったらここでのんびり過ごしています。

今日は久しぶりに暑くてみなさんぐったりお昼寝中のようです。


 

 

秩父市街に戻り、ツーリングの締めは日帰り温泉で汗を流します。

芝桜で有名な羊山公園の坂氷交差点を反対方向に曲がりしばらく走ってからこんな狭い所を入って行きます。


 

ぽっかり現れたのは隠れ屋風の温泉旅館「新木鉱泉」です。


 

ほんらい宿泊所ですが、日帰りお風呂にも入れます。


 

それほど大きなお風呂ではないですが、訪れる人も限られているのでのんびり入っていられました。

オジサン四人、のんびりしちゃいました。

 

ここで流れ解散となりました。

ここから花園ICで高速で帰るFさん、秩父市街に戻って買い物をしていくMさん、そして299号線で帰るOさんと私。

楽しいツーリングをありがとうございました。


 

みんなから、無事帰宅メールをもらっておしまいでした。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2015年6月5日 金曜日

山梨、大菩薩ラインに放置された廃車バス

 
4月、5月と連チャンでツーリングに行ってきた奥多摩から雁坂トンネル、秩父を結ぶツーリングのレポート、最近お気に入りのルートになっています。

その記事の中で紹介した、途中で見かけた長年放置され茶色くなったバスの写真。

411号線、青梅街道大菩薩ラインの、道の駅たばやまを超えて柳沢峠に向かう手前にある廃車になったバスです。


 

ほとんど錆だらけだけど、どうにも懐かしい愛嬌のある面構え。

ジブリアニメのネコバスのようにも見えます。

スプリットのウインドウに、今では知らない人の方が多い「アポロウインカー」、フロントウインドウ上の飛び出たライトが古きよき時代を感じさせてくれます。

そのアポロウインカーも左折側はほんのちょっぴりですけど微妙に飛び出ているのがなんともいえません。


 

 

そんな一枚の写真にコメントをいただき、「どんな種類のバスなのか」少しだけ興味が出てきたので調べてみることにしました。

バスマニアでは全くない私は全然知らなかったのですが、調べていくうちにいくつか分かってきたことがありましたのでまとめてみました。

 

どうやらこのバスは、1935年創業の埼玉県川口市にあった日本デイゼル工業株式会社というところが製造していたバスのようです。

日本デイゼル工業はその後、鐘淵デイゼル工業(1942)、民生産業(1946)、民生デイゼル工業(1950)、日産自動車が資本参加(1953)、日産ディーゼル工業(1960)、UDトラックス株式会社(2010)という変遷を経ているようです。

 出典(UDトラックス株式会社ヒストリーより)

このバスは1940、50年代のものだと思われますので、民生デイゼル工業製によるものということになるのでしょうか。

特徴としては車体左側前方に扉があるかどうか、車体の長さはどれくらいかによって多少識別できるようです。

この車体は前方扉の無いタイプですので、1950年代中頃のRS85というタイプのようです。

フロントエンブレムにある「EAGLE」についてもわかってきました。

1950年にこの会社で作られたニ日本初のリアエンジンタイプのバスが「コンドル」号で、この時はボディには富士重工業製のものを積んでいたようです。

民生デイゼル工業ではエンジン、シャs-シー付きフレームを製造する会社だったようでボディは他社のものから提供を受けていました。

その後1951年から新日国工業製ボディをのせたものが作られ、このタイプが「イーグル」号でした。

車体の形式名は、富士重工業ボディのものが「RF」(F:フジ)、新日国工業製ボディは「RS」(S:シン)です。

全長が8m級の「85」と9m級の「95」があったのですが、写真のバスは短いようなので150PSのUD4エンジンを搭載しホイールベース4350mmの「RS85」だと思われます。

このバスは山梨交通で使用されていたもののようです。

ネット情報をまとめてみると上記のようになるようでしたが、にわかバスマニアの私が調べたもので全然知識はないので間違っているかもしれません。


 


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2015年5月31日 日曜日

富士山とダムと蒸気機関車とうり坊に出会うツーリング

 
5月はツーリングに最高の季節。

天気が良ければ真夏ほどは暑くもなく快適に走る事が出来ます。

30日の土曜日もそんな天気、この陽気に誘われてハーレーで出かけてきました。

最近よく出かける、「青梅-奥多摩-柳沢峠-塩山-雁坂トンネル-秩父」ルートです。

今回はきれいな景色を撮りたくていつものオリンパスの防水コンデジのほかにデジタル一眼も積んで出かけました。

走行中の写真はすべてコンデジですが、デジ一の色調に合わせて一部補正しています。

雲一つない青空に新緑が濃くなってきて山々がまぶしいほどです。


 

青梅街道を、古里駅から先に走っていると新しく左に曲がっていく道が出来ているようでした。

あとで調べてみると「多摩川南岸道路 城山(じょうやま)工区」がこの日、開通したようです。

10時から式典があって実際に通行出来るのは3時からですからまだ通れませんが、これが出来ると奥多摩市街をバイパス出来るトンネルを含む道がつながるようです。


 


 

まずは奥多摩湖の駐車場で休憩です。

朝から周遊道路の8時開通を待って走りに来ているライダーが大勢います。


 

私はそちらへは向かわず、湖に沿ってのんびり流します。


 

奥多摩湖には浮橋があります。

もう30年以上昔に渡ったことがありますが、ひさしぶりに降りていってみました。


 

湖畔ではフナ釣りの人たちがいました。


 

ゆらゆら揺れる橋の上から眺めた奥多摩湖です。


 

昔はドラム缶だったような気がしましたが、今は専用のポリタンクのようです。

湖の水量=水面の高さに応じて浮かぶ場所が変わってきます。


 

再びバイクにまたがって西へ大菩薩ラインを走ります。


 


 

道の駅たばやまです。

大勢のマスツーリングの方が集合していました。

空、青いです。


 

今回はほんとにのんびりと流していましたので、後ろからくるバイクはほとんど先に行ってもらいました。

走るだけでなく時々停まって渓谷などの景色を眺め、写真におさめてくるのが楽しみです。


 

前にも紹介した朽ち果てたバス。

フロントには「EAGLE」のエンブレムがあり、ウインカーはフロントガラスの横、Aピラーの所に飛び出し式のアポロウインカーが見て取れます。

これからもかなら古いバスだとわかりますね。


 

柳沢峠に到着です。


 

ここからは天気が良ければ富士山がよく見えます。

今回デジ一を持ってきた理由の一つは富士山撮影なんです。

さて、今日は。。。よく見えました。


 

上の方に少し雲がかかっていましたが、くっきりとした輪郭の富士山です。


 

富士山が見えるのはこの峠だけではありません。

この先もしばらくの間は走っている時に富士山が山のあいだの開けた場所から、その勇姿を楽しませてくれます。


 

これは「新美橋(にいびばし)」のところからの富士山です。


 

上の写真の一部をさらに寄ってみると。

富士山の手前に藤の花が咲いて「ダブル・フジ」です。


 

柳沢峠のあたりは気温が19度くらいのところもあり涼しかったのですが、塩山の方におりてくると一気に上がり27、28度になっていました。

フルーツラインを走って公園に停めてアルプスの山々を眺めます。


 

今度は道の駅まきおかからです。

いつもは売店だけ寄ってすぐに通り過ぎてしまうのですが、左手奥に階段があり、「絶景富士山」とありましたので初めて登ってみました。

こんな黄色い花の階段を、青い空に登っていきます。

昔あったゲームで「ぼくの夏休み」というのの一場面のような、子供のころの里山の夏休みを思い起こさせてくるような映像です。

(えーと、でも私の実家は東京都内のしかも23区、山手線の内側なんで「いなか」じゃないんですけど。。。)


 

ここを登ったところから見る富士山も絶景です。

階段を一番上まで行かなくて途中からでも、道路の電線が下に隠れますのでいい写真が撮れるでしょう。


 


 

こんな景色の中を、バイクのインパネ越しに眺めながら走ろうとすれば、無理にかっとば無くてもトコトコ流していれば十分満足出来ますよね。


 

道の駅みとみです。

売店で家へのお土産を買ってきます。


 

林の中からは鳥や虫たちの声が聞こえてきます。


 

大きくカーブする橋を渡れば、


 

雁坂トンネルはもうじきです。

通行料は580円ですが小銭がなかったのでバイクを降りて先に払いに行きました。

料金所のあじさんと「暑いですね」どっから来たの」「無料になるから利用してね」としばし歓談。


 

道の駅まきおかの電光掲示板にも表示されてましたが、雁坂トンネルは今年の7月1日から11月30日の間、通行料が無料になります。

理由は山梨県が補正予算として「道路公社管理道路活用誘客促進事業費」として山梨県への観光誘客を促進するためだそうです。

同様に富士スバルラインも対象になるようです。

 
【追記】
富士山有料道路(冨士スバルライン)の無料化は、
2015年9月15日から11月末までの平日で
登山シーズン終了後の期間限定となります。
対象は乗用車、軽自動車、バイク、自転車などだそうです。

 

雁坂トンネルの中はひんやりして、最低気温は17度台です。

涼しいというより夏のウェアだと寒いくらいです。

トンネルを出た所では黄色い橋を渡るようになっていますが、その先には写真に見える赤い橋が待っています。


 

今日は普段立ち寄らないところにふらっと入っていくツーリングです。

滝沢ダムにも駐車場だけは来た事がありましたが、今日は天気もいいし時間もあるので少し見学してみます。


 

まずは管理事務所に行ってダムカードをもらってきます。

特段集めているという訳ではないのですが、たまたま立ち寄ったところではもらう事もあります。


 

案内板を見てみると、ここは結構見学コースが充実しているようです。

ダムの下の方にもエスカレーターや階段で降りられるようです。

以前、秩父の浦山ダムでも下に降りた事がありますが、そこ以外ではここが二度目です。


 

ダムの堤防(?)の上から見てみると、ダムの下の方やこの先に走るループ橋も見えます。


 

さらによく見るとどうやら放流しているようです。

吊り橋もあるようです。


 

堤防をずっと歩いて行った先の建物の中にエレベーターがあります。


 

そこそこ大人数で乗れるエレベーターです。

ダム上から下のB2まで121mを一気に降りていきます。


 

エレベーター降りた先に少しだけ階段があり、その先は横につながる通路になります。

これはきっとダムの下を歩いているのでしょう。

そしてその先には結構急で段差のある階段がありました。


 

この階段を登っていくとようやくダム下に出られました。

見上げるほどの迫力です。


 

堤防からではなく横のところから放流していました。

その水しぶきはかなり広範囲に飛んできます。


 

吊り橋にたどり着く前の通路でもすでに水濡れ覚悟してください。


 

吊り橋の途中から放流した先を見てみると虹が出来ていました。


 

このあたりではスマホやデジカメは水濡れに注意しながら撮影ですね。

再び先ほどの急な階段を今度は降りていくのですが狭いのでかえってこちらの方が怖いですね。

エレベーターで地上に戻ってきて下を見るとこちらの方が虹が鮮やかに見えていました。


 

さきほど見えていたループ橋を渡ります。


 

道の駅大滝の手前にあるバイク弁当屋さんも、お昼時とあって混んでいるようです。


 

お腹も空いてきましたが、それでも三峯口の駅によって、蒸気機関車の転車台の様子を見学します。


 

向きが変わった蒸気機関車が、駅のホームの方へと向かっていきます。


 

やっぱりSLは近くで走っているのを見ると迫力ありますね。


 

次の見学コースは道の駅あらかわです。

ここ何年か、うり坊を見に来るのがお約束になっています。

今年の子は暑いせいか、すぐに地面に横になって寝てしまうことが多かったですね。


 

うり坊を見ていたらお店のおば、おねえさんが「あら今日は一人?」「私:はい。 まだですよね?」「おねえさん:そうですねぇ、でも今年は少し早まるかも」「私:そうなんですか、じゃあその頃また来ます」「おねえさん:お待ちしています」これがすべての会話です。

知らない人が聞いたら何のことか分からないでしょうね。

内容は「今日は奥様とタンデムじゃないんですね」「毎年買っている栗の渋皮煮が出るのはまだ先ですよね」「でも今年は天候がいいから少し早めにできるかも」ということでした。

道の駅ではこんなかっこいいサイドカーの方がいらっしゃいました。

横のフネには奥様が乗っていました。

お声を掛けて写真を撮らせていただきました。


 

そうこうしているうちに蒸気機関車が通過する時刻になりました。


 

写真におさめたところで、横のハウスで手入れをされていたおじさんが声を掛けてくれました。

高級品種のぶどうを栽培しているそうです。


 

そうして戻ってきたのがいつもの道の駅あしがくぼ。


 

ここでようやくお昼ご飯です。


 

そして食後はライダーお約束のソフトクリームです。

水辺のカフェで紅茶ミックスソフト、今日はおねえさんスタッフだったのでノリも盛りもよかったです!


 

帰りは国道299号線でしたが、のんびりし過ぎていつもより通過するのが遅かったのですちょっと混んでいました。

こんな風にトロトロ走って寄り道するツーリングもいいもんですね。

 

最後に今回のツーリングを5分ほどの動画にまとめてみました。

走行音が割れているので、ボリュームは少し絞り気味の方がいいかもしれません。

 


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2015年4月21日 火曜日

奥多摩~柳沢峠~雁坂トンネル~秩父ツーリングの動画公開

先日の奥多摩、塩山、秩父動画が出来ました。

今回は3分40秒ほどと少し短めにまとめてみました。

そのため動画は再生速度を少し速めていじってます(笑;

バイクの前面に取り付けたドライブレコーダーでの動画ですが、割ときれいに映っているんじゃないでしょうか。



 


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2015年4月19日 日曜日

奥多摩から柳沢峠、雁坂トンネルで秩父とぐるっと一周ツーリング

 
18日の土曜日、最高のツーリング日よりでした。

天気もいいし気温もだいぶ上がってきました。

こんないい天気なら少し遠出をして、とネットで検索してみましたが、ビーナスラインは冬期通行止めで4月24日(金)から通れるとの事。

じゃあ志賀草津道路はと見ると、やはり同じ4月24日から通行可能で雪の回廊もそれまでお預けです。

と言うことで今回もまた、奥多摩から山梨をかすめて秩父に戻る一周ルートで楽しみます。

まずは今回のルートをGPSロガーのデータと写真で紹介します。

 



 

 ※ 走行ルートを記録するなら「GPSロガー」がお勧めです。

 

早朝出発になるので今回もソロツーリングになりました。

撮った写真は490枚、走りながらのドライブレコーダーでの動画撮影は22カ所と相変わらずの「写真撮影好き」なので、整理してブログにアップするのに手間取りました。

動画の方は編集して別に掲載する予定です。

 

天気予報では20度近くになるというこの日ですが、朝も早いし山に向かう青梅街道は10度に届くか届かないかの微妙な温度。

まだ冬用の革ジャンにネックウォーマーという装備は欠かせません。

でも真冬のあのひんやりした空気とは明らかに違って春本番をかんじさせてくれます。

ちなみに今日はエアーバッグベストも着用しています。

安全に帰ることこそ、ツーリングの第一の目標だと思っています。

そうは言っても厚い冬用ジャケットのさらに上に着るのはちょっと窮屈です、、えっ、やせればいいって?、うーーん。

走りながら撮った写真も、朝早い時間のものはほんのりオレンジ色、この微妙な色合いが好きです。


 

御嶽駅で山登りに行く登山客を横目に眺めながら、通行量の少ない時間帯に感謝しているうちに、8時奥多摩湖の小河内ダム到着です。


 

軽くダムの横を流すとすぐに大麦代駐車場があります。

ここはこれから奥多摩周遊道路を楽しむライダー達の登山口みたいなものです。

今日もバイクが集まっていました。


 

湖のほとりに咲く桜、葉桜になりかけていますがまだまだキレイです。

今年は何回サクラを見ただろう。


 

駐車場を出て行く時はほかのライダーの視線を感じるのは、自意識過剰なんでしょうか。

きっとほかの人は見ていないでしょうね。

でもこんな青空で湖沿いを走れば、日頃にストレスも消えていきそうです。


 

サクラの咲いている場所に停められたのでちょっと一枚。

フェンスが曲がっているのは事故?いたずら?

こうやって撮るから枚数が増えるんですね。


 

青梅街道の大菩薩ラインは自然豊かないろんな風景を見せてくれます。


 

8時半すぎ、道の駅たばやまに到着です。

ここにもツーリングを楽しむバイクが来ています。

グループの方が多いようですね。


 

上空をトンビがくるっと輪を描いています。

ツーリングに出るようになって、山々の風景やこういう野鳥をよく見るようになりました。


 

山の中の道は気温も8度、9度台のこともあるのでまだサクラが咲いているのでしょう。


 

川を挟んだ向こうには、山桜に囲まれたお城のような建物が見えます。


 

このあとしばらく大菩薩ラインは渓流沿いを走ります。

時々見え隠れする川の流れと小さな滝のような移り変わりが楽しめます。


 

この道を走っているといつも気になるのがこの朽ち果てたバス。

まっかに錆びてまるでジブリのアニメにでも出てきそうです。


 

9時15分、柳沢峠到着。

ここから富士山が見えるかどうかで気分がだいぶ違うのですが、果たして今日は。。。?


 

見えました!

ちょっとかすんでいますが肉眼ではもっとはっきり見えます。

やっぱり富士山が見える日のツーリングは、それだけで楽しめそうです。


 

この後もしばらくは富士山を眺めながらの走りになりました。


 

奥多摩方面から走ると見えますが反対側では見えないので、こちらから回るルートの特権です。


 

山梨の甲府、塩山に降りてくるとやけにピンクの花が目立ちました。

どうやら桃の花のようで、一週間前には桃の花まつりも開催されていたようです。


 

塩山市街の東をかすめて走ると、開けた先に雪をいただいたアルプスの山々を望めます。


 

この風景をパノラマで撮影していて振り返ってみたら、富士山もはっきり見えていました。


 

先に進み、塩山ふれあいの森総合公園で小休止です。

暑くもなく寒くもなく、さわやかな天気です。

となりのグラウンドでは近くのおじさんおばさん達がスポーツに熱中していました。


 

鯉のぼりを見かけると、もうじき五月なんだと感じさせてくれます。


 

10時少し過ぎに道の駅花影の郷まきおかに到着です。


 

何気なく立ち寄ったのですがここで思いがけないものをゲットしました。

露天で出ていたお店にレザークラフトの作品があったので入ってみたら、コインネックレスとか指輪と一緒に並んでいるハーレーのピンバッチを見つけました。


 

ハーレー純正のものでいろんな種類があり他にもバックルなどもおいてありました。

私のレザークラフトの作品にも使えるんじゃないかと思っていくつか選んで購入してきました。


 

実際に作っている方に伺ったら、このお店は常設ではなく月に一回くらい出ているそうです。

ついでにここでサクランボ使ったお菓子を、家へのお土産に買って帰りました。

思わぬ買い物をしてから道の駅を出発、次に立ち寄ったのが道沿いにある広瀬湖の広瀬ダムです。


 

だいぶ前にクルマでドライブしているときに一度だけ来た事がありましたが、その時は冬で曇っていましたので今回とはだいぶ印象が違って暗い感じでした。

せっかく来たし天気もいいので少し歩いて堤防の先にある管理事務所まで行ってきました。


 

ここでいただいたのがダムカードです。

本格的に集めているわけではなく、気が向いた時だけもらってくるのでまだ4、5枚しか持っていません、


 

再び雁坂みちを走りますが、もうこんな道ばかり、楽しくてしかたありません。


 

すぐに道の駅みとみに着きました。


 

ここに来た目的は、以前ネットで紹介されていた、山梨市出身の風間深志さんが1987年に北極点に到達した時に使用したバイクが展示してあるからです。


 

TW200のボディーを90kgに軽量化してTY250Rのエンジンを載せたバイクやウェア、ヘルメットなどがありましたが防寒用にメットの内装やグローブ、ブーツなどのものすごい厚さに圧倒されました。


 

道の駅を出てコーナーのある高架橋を渡れば、雁坂トンネルはもうじきです。


 

日本の山岳トンネルとしては最長の6625mで1998年に開通しました。

バイクの通行料金は今は580円(現金のみ)になっています。


 

トンネルを出たところでこのまま滝沢ダムのところのループ橋を行くのがいつものコースですが、今日はゆっくり出来るので旧道の秩父往還で栃本の関所跡を訪ねます。

ここは秩父のマチュピチュと言われ(ているのかな?)、山の斜面に沿って集落が点在しています。

観光地ではない普通の家庭ですから、ここを通る時は速度を遅くしてエンジンの回転も抑えなるべく静かに通らせていただくようにしています。


 

その後もクルマのすれ違いもやっとの狭い山道を抜けていきます。


 

山林の木々を伐採しているところでしょうか。


 

秩父湖が見えてきました。


 

道の駅大滝の手間にあるバイク弁当もライダーで賑わっているようです。


 


 

12時10分すぎ、道の駅あらかわに到着しました。

今年はまだうり坊はいないようです。


 

そのかわりにしだれサクラがキレイでした。


 

お店の脇には芝桜が咲き誇っています。

これが後でいろいろと。。。。!?


 

今日は土曜日、秩父鉄道をSL蒸気機関車が通過する日です。

時間はまだありましたがのんびり待っていました。

12時40分ころ、大勢の人たちがカメラやスマホを構えて見守る中、ゆっくりと汽笛を鳴らしながら通過していきました。


 

さてお昼をだいぶ回りましたので昼食にしましょう。

秩父市街に来ると「芝桜渋滞中」の立て看板が目に付きました。

「あれ、まだそんなに咲いていないのでは?」と思ったのですが、ここのところの暖かさで例年より少し早いようです。

それに関東地区ではテレビで秩父のCFが流れていて「芝桜は見頃です」と言っていました。

おぉ、すでにあの有名な「芝桜渋滞」がことしも始まってしまったようです。

帰ってきてからネットで羊山公園の芝桜の開花状況をチェックしたら、「早咲きは見頃を迎え、ほかも五分咲き」だそうでした。

羊山公園に一番近い国道299号線の坂氷交差点まで少し混雑しています。

今日は秩父に二軒ある珍達そばの横瀬店に向かう予定です。

坂氷交差点を左折して長瀞方面に進みますが、帰りに通る反対車線は交差点を頭にずっとクルマが並んでいます、

うーーん帰りが心配です。

それでもお店に到着


 

注文したのは当然「珍達そば(並650円)」です。

醤油ベースのスープに細麺、長ネギと豚バラの構成は市役所店と同じです。

でもコチラの方が多少あっさりしていて、量は気持ち少ないようです。

男性客は大盛り(850円)を頼んでいる方が多かったですね。


 

駐車場も整備されていて店内も広くて新しいのでこちらのお店にくる機会が増えそうです。

帰りは坂氷交差点まで行かずにその手間で道をパスして合流しました。

反対方向は1時半の状態でも交差点まで2.7キロほど渋滞していました。


 

最後の休憩地点はいつもの道の駅あしがくぼです。


 

この後、国道299号線はクルマやバイクは多いもののそれなりに流れていたので渋滞に巻き込まれずに無事に帰ってきました。

帰宅後、バイクを軽く掃除したついでにちょっとだけ軽整備をしていました。

この日は天候に恵まれてツーリングを楽しむ事が出来ました。

でもいつも同じ場所ばかりなので、早くビーナスラインや志賀草津道路、あるいは海方面に行きたいですね。

 

 ※ 走行ルートを記録するなら「GPSロガー」がお勧めです。

 


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




プロフィール


プロフィール写真
メカ好きおじさん

・44年前に原付、中型二輪取得
・CB50で東北一周ソロで野宿旅
・250ccで四国・九州3週間5万円の野宿旅
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロードに戻る
・KAWASKI2ストを最後にバイクを降りる
・16年のブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCに奥さんとタンデム中
・2012年から北海道タンデムツーリング6回


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村


ツイッター、やってます!
twitterlogo