カウンター
  • 84今日の閲覧数:
  • 1056昨日の閲覧数:
アーカイブ
カテゴリー
2022年7月4日 月曜日

北海道ツーリング記念で交通安全のミニ・ベスト型チャームをプレゼント企画

いよいよ今月、もうじき奥さんとタンデムでの北海道ツーリングに出発します。

これを記念してツーリング中にお声がけいただいた方に手作りのミニミニサイズのベスト型チャームをプレゼントします。

北海道だけでなく行き帰りのフェリーでお会いしたライダーさんやクルマでお声掛けいただいた方にもお渡ししたいですね。

牛革で作った小さなベストの形のチャームに「交通安全」と入ったこちらも本革製(バッファロー・水牛の革です)の御札風のものを貼り付けています。

交通安全の御札の制作過程は、まずはパソコンのソフトで白黒反転した原稿を作成して印刷します。

バッファローの薄い革にはつや消しクリアを数回に分けてスプレーして乾かします。

原稿の上にシルバーのスタンピングリーフを重ねてアイロンを掛けて転写します。

うまく転写出来ると原稿の黒い部分にはスタンピングリーフのシルバーが載って、フィルムの方には文字と枠の部分だけが残ったものが出来上がります。

コレを革に転写します。

革に先程のフィルムを載せ、その上にクッキングシートをかぶせてからアイロンでプレスします。

革に「交通安全」が転写されました。

一つずつにカットします。

出来た御札を革用ボンドでミニミニ・ベストの背中に貼っていきます。

すべてのベストに貼り終えました。

交通安全の御札付きのミニミニ・ベスト型チャームの完成です。

出来上がった御札付きミニ・ベストを神社に持参してお参りしてご利益をいただいてきました。

バイクは黒いハーレーでウルトラのように大きなカウルとリアのボックスがありますが、サドルバッグが革製なのが特徴です。

北海道やフェリーでこんな夫婦のタンデムライダーを見かけたらよろしくお願いします。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2022年6月24日 金曜日

来月の北海道ツーリングに向けてコレ欲しい_Insta360 ONE X2

いよいよ奥さんとのタンデムで行く北海道ツーリングまでもうまもなくとなりました。

今回で10年目、7回目となりますが毎回写真は4、5千枚撮影して動画でも撮影しています。

ハーレーでのツーリング動画は2008年から始めて、最初に行った2012年の北海道ツーリングでは当時まだ珍しかったGoProのHERO2で撮影してその年の内に再生回数が13万回を超えました。

その後、GoProはHERO7を使いそれ以外にもフロントとリアにも動画カメラを設置してカメラ三台で走行中の様子を撮影してきました。

過去には自撮り棒の先にGoProを付けてタンデムの奥さんに持ってもらい空撮風に撮ったこともありました。

でも最近では北海道ツーリングでドローンを使ったり360度カメラを使ってスゴくかっこい動画をアップされている方が多くみられるようになりました。

そこで今年の北海道ツーリングではこの360度カメラを使って動画を撮影してみたいと思っています。

いろいろ調べてみると「Insta360 ONE X2」が一番バイクツーリングの動画には向いていると思われます。

フロントのミラーステーやハーレーのヤッコカウルに付けて撮影すれば走行している前方だけでなくライダー自身も撮影出来たり、あるいはリアのキングツアーパックの上に固定すれば空撮のような映像も撮れるようです。

今はいろいろ検討中ですがぜひこのカメラで撮影してみたいですね。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2022年6月3日 金曜日

北海道ツーリングに向けてハーレーのスピードメーターをダブル化

あと一ヶ月ちょっとで北海道ツーリングに行ってきます。

2012年に初めて自分のバイクで北海道を走ってから今年でちょうど10年目、今回が7回目の奥さんとのタンデム北海道となります。

今まではずっと無事故、無違反でしたが、今回もそうなるようにがんばりたいです。

その為には自分の力量に合った速度で走りスピードを抑える事が必須です。

私のハーレーはFLSTCヘリテイジ・ソフテイル・クラシックですがスピードメーターはガソリンタンクの上にあるので走行中に確認するには視線の移動が大きくなります。

そのため、DIYカスタムして取り付けたヤッコカウルのインナーパネルの中にレーダー探知機を取り付けその待ち受け画面をデジタルスピードメーターにして見やすくしてありました。

ただスピード違反の取り締まりに多く使われるようになってきたレーザー波を使った半可搬式オービスを感知出来るデイトナ製のレーザー探知機に交換したところ、デスピードのデジタル数字の表示が小さくなってしまいました。

取締機の反応があれば大きく表示されるのでそれは良かったのですが。

そこで一度取り外した前のレーダー探知機にもう一度活躍してもらってスピード表示をしてもらうことにしました。

今のメディアカーオディオと交換します。

内部の配線はすべて自分でやったものなのでこの機会にキレイにまとめてやり直します。

取り付け加工と配線取り回しの改善が終了して、部屋の中で動作確認しました。

実際にツーリングに出て見え方を確認します。

かなり日差しの強い日でしたが、オーディオ盤面から表示しているスピード表示は大きくはっきり見えます。

左上のレーザー探知機の待ち受け画面はあえて二画面表示に変更しましたのでより一層スピード表示「0」がかなり小さくなっています。

左上に光っている緑の表示が走行中の速度の応じて変化します。
加速時に「29km/h以下」だと緑、「59km/h以下」では青、「99km/h以下」では黄、「100km/h以上」では赤となるので、特に画面を見なくても何となく視野の中にこの色が入ってくるのでおおよその速度イメージがわかって便利です。

取締機を感知した時はこのような表示になります。

ついでにメーターまわりのトリムを自作して取り付けてみました。

北海道では一般道でもクルマが少なく地元のクルマなどがかなりの速度で走っていることもありますが、安全運転でいきたいですね。

過去にはレンタカーで北海道をかなりの田舎道を走っていた時に持っていったレーダー探知機が急に反応したので気にしていたらしっかり隠れた場所で取り締まりをやっていた事もありました。

きを付けたいですね。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2022年6月1日 水曜日

ホクレンフラッグ2022の詳細決定

今年は北海道ツーリングの楽しみ、ホクレンフラッグが復活しました。

その詳細がようやくわかりました。

第一弾が6月1日から7月31日まで、第二弾が8月1日から9月30日までです。

今回からエリアがそれまでの4区画から3区画になりフラッグの種類も3種類になりました。

デザインはAエリアは黄色の「ヒグマ」、Bエリアは青の「シマフクロウ」、Cエリアは緑の「アキアジ」です。

ホクレンSSでの給油1回ごとにフラッグ(200円)とステッカー(100円)がそれぞれ2つまで購入できます。

さらに給油2000円のレシートを一口として応募すると抽選でオリジナルグッズが当たります。

ZIPPOとフラッグコレクションスタンドです。

コチラのサイトで、ホクレンSSの場所をエリア毎に色分けしたマップを配布されている方がいらっしゃいます。

とっても便利で参考にさせていただきます。

楽しみですね。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2022年5月31日 火曜日

北海道ツーリングに向けてバッグの固定とバックカメラのチェックほか

北海道ツーリングでは奥さんとのタンデムなので全てホテル泊です。

かさばるキャンプ道具は必要ないのですがそれでも二人で1週間分の荷物となればかなりの量になります。

ウチのハーレーには純正のサドルバッグ(容量は片側18L)とリアキャリアの上に63Lのキングツアーパックがあり合計で約100Lの荷物を納めることが出来ます。

さらにその上に40Lのツーリングバッグも載せています。

このツーリングバッグはキングツアーパックの上のキャリアにフックで固定するようにしていますが、そのフックを留めている結束バンドが一箇所切れていました。

長期の泊りがけではない普段のツーリングではこのツーリングバッグを使うことはないので気づかなかったのです。

早速付け直すとともに他の箇所も結束バンドを追加して補強しておきました。

次にやったのはバックカメラの配線見直しです。

クルマではかなり普及したバックカメラですが、バイクではようやく付け始めたライダーが増えてきたところです。

事故や煽り運転の記録という目的もありますが、それ以上にツーリングでは後方の景色を収めたりフェリーの乗り降りの様子を記録するのにも役立っています。

1週間の北海道ツーリングでは常時録画しているとメモリがいくらあっても足りませんので走りながらでもスイッチで録画の開始・停止が出来るようにしています。

電源はリアのキングツアーパックの中に12Vのアクセサリーを引いてきてUSBアダプターで変換しています。

これはボックス内のバッグの中に収納しています。

この状態でもキングツアーパックには二人分のヘルメットをしまう事ができます。

最後にタンデムシートにメッシュネットをかぶせました。

コミネの3D AIR Mesh Seat Coverです。

以前購入したもので夏のツーリングでは風を通してお尻の下が蒸れるのを防いでくれる優れものです。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2022年5月27日 金曜日

北海道ツーリングのちょっと変わった撮影ポイント

北海道をツーリングしていると雄大な自然の景色やどうしても写真に収めておきたい撮影ポイントがいっぱいありますが、今回紹介するのはそれとはちょっと違う、人気があるとはいえないけどオモシロイ(?)ポイントです。

まずは、フェリーで小樽から上陸して日本海に沿って北上していく途中に見える「佐藤水産の鮭のオブジェ」

さすが北海道、メジャーな鮭も大きいです。

北の大地で出迎えてくれるのはキタキツネ。

でもこれだけ大勢出てくることはないですね。

これは割とメジャーな部類ですが、漁具のブイをつかったキャラクター。

「無事カエル」だけじゃないところがいいですね。

稚内の北防波堤は有名ですがその先の方にあるのが、昔ここを走っていた蒸気機関車C55の動輪です。

SLの動輪といえば釧路駅にもありますがここまで来る人は少ないようです。

ご存知北のはて、宗谷岬。

ほとんどの人が正面から撮影しますが、その裏側がどうなっているか見ていない方も多いようです。

オロロンラインと並ぶ快走路、エサヌカ線。

そこに入る前にある道の駅さるふつ公園、道路を横断するための地下歩道にはブラックライトに照らされて浮かび上がる幻想的な壁画があります。

紋別の海岸沿いにある巨大な「カニの爪」オブジェ。

これを海側から観る人もそう多くはないのでは。

氷海展望塔オホーツクタワーから見える風景です。

いにしえの鉄道橋跡で有名なのはタウシュベツ橋ですがそこの手前にも多くの橋跡が残っています。

その一つ第三音更川橋梁には犬や猫、リスなどが乗ったこんなかわいいトロッコが置いてありました。

これは割りといろいろな所にあるかもしれませんね。 トトロの案内板。

道の駅ピア21しほろに記念オブジェとして設置されている「ホルスタインとじゃがいも」を融合したオブジェです。

すごく「北海道!」しています。

色彩の丘で見かけてトラクターです。

ぜっったいコレは夜になるとトランスフォームで悪役になるタイプです。

石北峠のお店の前で客引きをしているクマさんたちです。

中央のサロペットを着ているのはクマではなくお店のスタッフさんです。

小樽市内をかつて走っていた手稲線の線路跡です。

これも鉄道マニアの方にはメジャーでしょう。

道の駅いわないガイドセンターの「たら丸」です。

最初見た時はアスパラ持ったハゼかと思いましたがねじり鉢巻きのスケトウダラだそうです。

TVチャンピオンで準優勝したようですが、スミマセン知りませんでした。

ライダーの皆さんも北海道に行ったら探してみてくださいね。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2022年5月25日 水曜日

北海道ツーリングに行ったらぜひ走ってほしい道

今年もあと1ヶ月ちょっとで、奥さんとのタンデムツーリングに行ってきます。

今までにもレンタカーで何度も北海道を走ってきましたが、バイクで走るのまったく違う感動があります。

それは単に屋根のあるクルマだから空や景色のすべてが見られないというだけではなく、風や匂い空気感を全身で味わうことの出来るバイクならではのツーリングの感動だと思います。

そんな北の大地をバイクで走ってきた中でも私のオススメの道をいくつか紹介します。

北海道はどこを走っても青い空と海、雄大な緑の大地を感じることが出来ます。

フェリーで小樽から北海道に上陸して反時計回りに海岸線を辿っていくと、まず味わえるのがオロロンラインです。

天気に恵まれれば左側の日本海と右の大草原、そして都会では見られない真っ青な空、どこまでもまっすぐ続く道。

さらに進むと左手に利尻富士、右手はサロベツ原野が広がります。

信号もガードレールも何もないまっすぐな道、最高です。

オロロンラインのハイライトは何といってもオトンルイ風力発電所の風車群でしょう。

最北端の宗谷岬で折り返して今度は左手に太平洋を望みながら南下してきたらぜひエサヌカ線を走ってください。

こちらもどこまでも同じ風景が続くまっすぐな道、オロロンライン以上に「何もない」を堪能できます。

でもエゾシカの飛び出しには注意してください。

網走に近づいてきたらちょっと寄り道をして能取岬に向かうことを強くオススメします。

林の中を抜けると急に視界が開け青い海にダイブするように吸い込まれていった先には、草原にポツンとたたずむ灯台が待ち受けています。

少し内陸に入ると美幌峠で見下ろす先にある屈斜路湖、そこに向かって伸びる道をこれから走るかと思うとワクワクしてきます。

ちょっとズレますが就実の丘に向かう道もまたぜひ走りたい道です。

知床半島を西から東に横断する道路、10年前に最初にツーリングで行った時は雨が降っていて寒かったです。

でもそのお陰でこんな雲海の風景に出会うことが出来ました。

その後のリベンジでは晴れていて羅臼岳をバックに走ることが出来ました。

内陸ではやはり三国峠超えのこの橋を忘れる訳にはいきません。

場所は変わりますがニセコのパノラマラインに向かう道ではエゾ富士の羊蹄山が迎えてくれます。

北海道で走ってほしい道はまだまだいっぱいありますが、メジャーなところいくつかピックアップしてみました。

今年の北海道ツーリングではこれらの道とはまた違う絶景路に出会えることが楽しみです。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2022年5月19日 木曜日

北海道ツーリングでおすすめの絶景

北海道ツーリングまであと2ヶ月

今年の夏もフェリーの予約サイトの満室状態をみると多くのライダーが北の大地を目指して計画を練っていることだと思います。

私も今までの北海道タンデムツーリングや飛行機アンドレンタカーでの旅行を通していろんなところを走って見てきました。

でもまだまだ行っていない場所、知らない場所もいっぱいあります。

そんな中でも実際に体験したすばらしい場所の景色、道などを紹介したいと思います。

まずは景色と絶景編です。

ランキング、順位はつけられいので順不同です。

景色の印象は訪れた時の天候や自分の気分によって印象が変わりますのであくまで私が行った時のものです。

 

●宗谷岬

なんと言っても「北の大地の最北端」という響きにあこがれます。
ライダーは岬とかの「さきっぽ」「最●端」を訪れたくなります。
北を目指すライダーの多くもここを目指すことでしょう。


 

宗谷岬を訪れた人の多くがこちらのお店も撮影しています。
日付や時刻が表示されているので記念になりますし、中のお店で「最北端到達記念証」を購入することもできます。


 

●宗谷丘陵

走ってもステキな場所でしょですが、見える景色も気の遠くなるような長い年月をかけて削り取られた大地に圧倒されます。


 

宗谷丘陵のもう一つの見どころがこちらの多くの風力発電風車群です。
遮るものの無い風を受けて力強く回っています。
時間に余裕があれば近くまで行って見たい場所です。


 

●北防波堤ドーム

稚内港にあるアーチ型の防波堤です。
そのスタイルは独特なものです。
以前は夏のツーリングシーズンにはこの中で多くのライダーや旅人がテントを張っていましたが、今は禁止されているようです。
夜はライトが付き幻想的です。


 

●ノシャップ岬

稚内市の南に位置する岬がこちらです。
夕日もキレイな場所ですが、最近はこちらのイルカのモニュメントのほうが撮影スポットになりつつあります。


 

●オトンルイ風力発電所

道道稚内天塩線、オロロンラインを走ると見えてくるこの大風車群も見応えがあります。
南北3.1キロメートルにわたってローターの直径50m、支柱の高さ74mにもなる巨大な風車が28基も並んでいます。
時速60km/hで走っても3分間以上もずっと続いています。
2023年4月から建て替え工事が始まるので夏のツーリングでは今年が見納めになるようです。


 


 

●北緯45度のモニュメント

こちらもオロロンライン沿い、オトンルイ風車のさらに北にあります。
右の海の向こうに見えるのは利尻島の利尻富士です。
「N」のロゴに乗って記念撮影したくなります。


 

●黄金岬(留萌市)

新日本海フェリーで北海道に降り立ち、北を目指して走り始めて最初に立ち寄る場所です。
夕日の時刻には海が黄金に輝き、昔の鰊漁の栄華を見せてくれます。


 

●能取岬(網走市美岬)

網走の北西に位置する岬でここに至る道もステキな場所です。
多くの映画の撮影場所にもなっています。


 

駐車場にバイクを停め少し歩くとこんな景色に出会えます。
冬にはアザラシの生息地になっているので遠くに見ることもあるそうです。


 

●巨大カニ爪オブジェ(紋別)

オホーツク沿いを南下して紋別までくると立ち寄って撮影したくなるポイントです。
1983年の紋別市「流氷アートフェスティバル」で制作されたものの中で今も残っている唯一の場所です。
たいていこの前にバイクを停めて記念撮影しています。


 

●美瑛の丘
バイクで走り抜けるとこんな絵葉書のような風景がどこまでも広がります。
いろんな場所でバイクを停めて撮影したくなります。


 

●パッチワークの風景(美瑛)
美瑛を走るとこのような緩やかな斜面のさまざまな作物が植えられてパッチワークのような風景が至るところで見られます。


 

●四季彩の丘

美瑛に行ったらぜひ訪れたい場所です。
色とりどりの花々が広大な斜面に広がります。
7月の始めに行った時は、関東では見頃を終わっていたネモフィラやポピーなども咲いていました。
広い園内はトラクターの観光車で回るのがオススメです。


 

●倶多楽湖(白老)
登別温泉の熊牧場から見えるこちらのカルデラ湖は周囲8kmのほぼ円形のカルデラ湖です。


 

●地獄谷(登別)
登別温泉に行ったらぜひ見学したい場所です。谷に多くの噴気孔や湧出口が点在する爆裂火口跡です。


 

●セブンスターの木の周囲(美瑛)
美瑛には有名な「木」の撮影スポットがありますが、こちらは「セブンスターの木」の近くの場所です。
白樺と緑の畑が好きな場所です。


 

●神の子池(斜里郡清里)
摩周湖からの地下水が流れ込んでいる青い池です。
年間の水温が低く倒木が枯れずに残っていて水中にはオショロコマが泳いでいます。
道々1115号線から砂利道を2kmほど進む必要があるのでハーレーのようなオンロード車ではなかなか行けない場所です。


 

●硫黄山(弟子屈町)
屈斜路湖の東、川湯温泉近くにある山でイオウの臭いと噴煙の近くまで行ける場所です。


 

●900高原(弟子屈町)

小高い丘に広がる大草原です。


 

●双湖台、双岳台(阿寒)

パンケトウとペンケトウの二つの湖を眺める場所です。
241号線阿寒横断道路沿いになるのでアクセスしやすいです。
手前のペンケトウは北海道のような形に見えることで有名なスポットです。


 

●オンネトー(足寄)

五色沼と言われている足寄の秘境湖です。
見る場所や時期によって湖の色をさまざまに変えています。


 

●メルヘンの丘(網走郡大空町)

道の駅メルヘンの丘めまんべつにある7本のカラ松がシンボルの丘陵地です。
風になびく緑の絨毯がステキでした。
黒澤明監督の映画「夢」の撮影地にもなっていました。


 

●トドワラ(野付半島)

海に突き出たカギのような半島の先にある場所で、立ち枯れたトド松の残骸が湿原上に点在して荒涼とした景色を作っています。
ネイチャーセンターからは30分以上歩くか、観光馬車に乗って行きます。
海の塩害で年々立っている木が減っていて何年か後にはこの景色は見られなくなってしまうかもしれません。


 

●開陽台

ずっと昔からライダーの聖地として有名な場所です。
ここに来るまでの北19号線とともに、北海道に来たら一度は行っておきたい場所です。
キャンプ場の近くの展望台からは「地球が丸く見える丘」が絶景です。


 

●霧多布岬

その名のとおり私が訪れた時も霧がかかっていました。
平な半島に突き出た岬で海が広く見えました。


 

●琵琶瀬展望台(浜中町)

釧路湿原の他に近年有名になった霧多布湿原の南にある展望台で360度のパノラマが広がります。
売店などもあり休憩にもおすすめです。


 

●ナイタイ高原牧場(かみしほろ町)

総面積約1,700ha(東京ドーム358個分)という日本一広い公共牧場で、入口の看板からかなり進んでレストランがあります。
今年のツーリングではこちらに出来たナイタイ高原テラスに行く予定です。


 

●サロマ湖キムアネップ崎(網走)

サンゴ草の群落として有名な場所です。


 

●能取湖卯原内(のとろこうばらない)

いくつかあるサンゴ草の群生地の中でも最も有名な場所です。
能取湖に広がる真っ赤なサンゴ草は見頃を迎えると圧巻です。


 

●オシンコシンの滝(知床町斜里)

国道334号線を知床半島方面に走っていくと見えてくる滝です。
斜面に沿って流れ、途中から二つに分かれていることから「双美の滝」とも呼ばれています。
途中まで登ると水しぶきを浴びることができます。


 

●知床峠

斜里町ウトロと羅臼町を結ぶ知床横断道路にある標高738mの峠です。
羅臼岳を望むこちらは常に多くの観光客が訪れます。
最初に行った時は雨が降っていて何も見えませんでした。


 

●神威岬、神威岩(積丹)

駐車場から770mのアップダウンのある遊歩道を歩き、やっと辿り着いた先に見える絶景です。
積丹ブルーの海に突き出た岩は圧巻です。


 

●積丹岬(積丹)

こちら駐車場から歩いてトンネルを抜けてすぐに広がる絶景です。
やはり積丹ブルーに海は一度は見ておきたいところです。
駐車場脇のお店でウニ定食を食べる事もできます。


 

●「番外編」苔の洞門

支笏湖の南にある大きな岩の苔を見ながら散策出来る場所でしたが、現在は立ち入りが出来なくなっています。
この写真は1999年に行った時のものでこんな場所がずっと続いていてコケ好きにはたまらない場所でした。


 


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2022年5月3日 火曜日

2022年北海道ツーリングのホクレンフラッグが復活します

2012年から始めた北海道ツーリングですが、その楽しみの一つにホクレンで給油した際にもらえた、買えた「ホクレンフラッグ」がありました。

でもコロナが蔓延してからは中止となり、昨年行った2021年では給油してもホクレンフラッグはありませんでした。

そんなホクレンフラッグが今年は復活するそうです。

ホクレンSSのサイトにお知らせが掲載されていました。

6月1日から9月30日までフラッグとステッカーを販売するとの事ですが、気になるのは「地域別で全3種」とあります。

今まではエリア別に4種類のフラッグがありましたが今年は3エリアになるうようです。

デザインとかエリア分けなどの詳細はまだ掲載されていませんが以前のホクレンSSでは販売開始日の1週間くらい前になってようやくデザインや詳細が紹介されていましたので今回も今月終わりの頃に発表されるのでしょうか。

これでまた一つ北海道ツーリングの楽しみが増えました。

今まで手に入れたホクレンフラッグです(一部違うのがありますね)


 

でもいつもはこんな感じで壁の上に飾っています。


 


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2022年4月21日 木曜日

北海道ツーリングベストガイド2022を買ったよ

奥さんとタンデムで行く北海道ツーリングに向けて、最新版のガイドブックを買いました。

2012年に最初に北海道を愛車で走ってから10年目、今回で7回目となります。

北海道も各地の施設がリニューアルしていたり新しい道の駅が出来ていますのでネットで情報を得ていますが、書店に立ち寄ったら最新版のバイクツーリングのガイドブックを見つけてしまったので思わず買ってしまいました。

まあ、今までにもツーリングガイドやドライブガイドの本など買っていました。

これでもまだ全部ではないんですけど。

今年の計画は7月初めの1週間で、行きは新潟から新日本海フェリーで小樽に入ります。

大洗便に比べて北海道に着くのが朝4時半なのでまる1日たっぷり走る事が出来ます。

そこからは内陸を横断してオホーツク海に向かい斜里まで行きます。

今回のビッグイベントは「知床の小型船に乗ってヒグマウォッチングをしよう!」です。

過去に2回、大型船で知床半島に行きましたが残念ながらまだ会えていません。

その後は西の内陸を回って富良野、札幌を経由して帰りは苫小牧から商船三井のフェリーです。

帰りの便は新日本海フェリーは小樽発が17時なのに対して商船の方は18時45分と遅いのでその分長く北海道を楽しめるという訳です。

昨年のブログで「今年が最後の北海道ツーリング」と言っていましたが訂正します。

「昨年は往復とも新日本海フェリーで行く最後の北海道ツーリング、今年は商船三井を利用する最初の北海道ツーリング」です。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




プロフィール


プロフィール写真
メカ好きおじさん

・44年前に原付、中型二輪取得
・CB50で東北一周ソロで野宿旅
・250ccで四国・九州3週間5万円の野宿旅
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロードに戻る
・KAWASKI2ストを最後にバイクを降りる
・16年のブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCに奥さんとタンデム中
・2012年から北海道タンデムツーリング6回


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村


ツイッター、やってます!
twitterlogo