カウンター
  • 189今日の閲覧数:
  • 956昨日の閲覧数:
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー

 
2022年9月24日 土曜日

ジムニーJB64Wにマフラーカッターを取り付け


 

ジムニーのマフラーエンドは斜めにカットされた細いパイプが出ているだけの味気ないものです。

納車してすぐにマフラーカッターを取り付けていました。

これはこれで良かったのですが、もう少しリア側を変えてみたくてチタン風のマフラーカッターに交換してみました。

購入したのはこちらの商品です。

Jeyaic 汎用 マフラーカッター チタン焼き風 真円型 ストレート式 口径76MM 取付直径40-55MM 取付ボルトネジ シングル 簡単取付 後付

ノーマルマフラーのパイプ径が50mmで今まで付けていたマフラーカッターのエンド径は67mmでした。

今回購入したものは40から55mmのパイプに取り付けられエンド径は今までより9mm大きい76mm、全長は149mmです。

チタン風塗装のグラデーションはより高額なモノと比べると少し雑かもしれませんが、取り付けて離れて見ればきにならないでしょう。

エンドの巻き返し部分までは青く塗装されていますが筒の中は無塗装のままです。 ここも塗装されていたらよかったですね。

マフラーカッターの取り付け方法は金属ベルトを締めるタイプもありますが、コレは三箇所のネジで留めます。

この手のモノでは溶接してあるナットが外れてしまったというコメントもよく見かけますが、この商品はカッター内部に四角いナットを溶接していてコの字型の金具と幅が同じなのでナットが脱落する心配は無さそうです。

ただ根本的な問題点として、マフラーに固定するために締めていくとボルトだけがマフラーに接触していますがコの字金具は浮いたままでブラブラで役に立ちません。

そこで別にM6の15mmのボルトを用意して使いましたがこれならコの字金具もマフラーをガッチリ抑えてくれます。

それとコレには付属していませんでしたので落脱防止のためにステンレスワイヤーを用意しました。

取り付け方法は三箇所のボルトをあらかじめ適当な位置まで締めておいてマフラーにかぶせてから増し締めします。

落脱防止ワイヤーは長かったので車体側に何度か回してからマフラーカッターのボルトに共締めしました。

真横から見るとワイヤーが見えますが走行中には見えないでしょう。

ワイヤーはかなり細いですが耐荷重5kgなので仮にマフラーカッターが外れても落下することは防げると思います。

取り付けたところです。

見た目重視の自己満足ですが気に入りました。

あとはこのチタン風塗装が陽射しと雨でいつまで持つかですね。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo


 
 

スポンサードリンク


  この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ。

プロフィール


プロフィール写真
メカ好きおじさん
・44年前に原付、中型二輪取得
・CB50で東北一周ソロで野宿旅
・250ccで四国・九州3週間5万円の野宿旅
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロードに戻る
・KAWASKI2ストを最後にバイクを降りる
・16年のブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCに奥さんとタンデム中
・2012年から北海道タンデムツーリング6回


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村


ツイッター、やってます!
twitterlogo