カウンター
  • 84今日の閲覧数:
  • 1056昨日の閲覧数:
アーカイブ
カテゴリー
2022年7月5日 火曜日

Insta360 ONE X2のテストで有間ダムから山伏峠超えを撮ってきた

北海道ツーリングまでもうあと少しになりました。

今回のツーリングでは新しく手に入れた360度撮影カメラのInsta360 ONE X2でいかにいい絵が撮れるか楽しみです。

でも問題はどこにカメラを設置するかと編集段階でのカメラワークがキモになりそうです。

北海道に向かう前の最終チェックでカメラの固定位置の確認と撮影された映像の画角をチェックするために、いつもの有間ダムから山伏峠を超えて道の駅あしがくぼまで走ってきました。

まずはフロントのエンジンガードの横に取り付けてみました。

撮った映像はコチラです。

フロントの大きなヤッコカウルやエンジンガードに取り付けてあるロアフェアリングが特徴のハーレーですが、それらがかなり歪んだ形に見えてしまうのが気になります。

迫力的にはローアングルからバイクにまたがっている様子が見え、路面も近くにあっていいのですが車体の変形度合いが気になります。

次はリアボックス、通称キングツアーパックに取り付けた映像です。

消える自撮り棒をキングツアーパックのサイドに、GoProと共通のマウントで取り付け二輪車の積載制限いっぱいの高さ2mまでステーを伸ばしての撮影です。

止まっている時は問題ないのですが、走ってくると振動でマウントの接着部分が緩んできてカメラ本体と自撮り棒の重さのせいで後方に傾いてきてしまいました。

それでは困るのでマウントとステーをいくつか組み合わせて自撮り棒の途中でブレ防止用のパーツを組んでみました。

これをキングツアーパックに取り付けて自撮り棒が垂れ下がるのを防止しようと考えました。

まだ完全に固定出来てはいませんがあかなり効果はあるようで、あとはキャリアネットにワイヤーで固定してみたいと思います。

撮影した動画です。

これだと空撮風に撮影でき、また地球の丸さを表現したような映像も撮れるので一番おもしろいと思います。

また北海道の雄大な風景も広角で表現出来るのではないでしょうか。

最後にハンドルに固定してヤッコカウルの上から前に突き出して撮影してみました。

こちらがその動画です。

ツーリングしている様子を自分で観る機会はあまりないのでとても新鮮です。

前方を映すだけだとGoProで撮るのと同じなのでおもしろくないですが、この位置からの映像だと前方と後方を一度に映し出せるのでカーブのような表現も出来ます。

実際にはとりあえず北海道ツーリングで撮ってきて帰宅してからパソコンで編集する時に考えようと思います。

たぶん後方からの俯瞰映像がメインになるでしょう。

今回のツーリングでは有間ダムの貯水量が少なくなっていたのが気になりました。

山伏峠を超えて道の駅あしがくぼに寄ってきましたが、天気がいいとバイクも多かったですね。

ツーリングルートのマップです。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2022年7月4日 月曜日

北海道ツーリング記念で交通安全のミニ・ベスト型チャームをプレゼント企画

いよいよ今月、もうじき奥さんとタンデムでの北海道ツーリングに出発します。

これを記念してツーリング中にお声がけいただいた方に手作りのミニミニサイズのベスト型チャームをプレゼントします。

北海道だけでなく行き帰りのフェリーでお会いしたライダーさんやクルマでお声掛けいただいた方にもお渡ししたいですね。

牛革で作った小さなベストの形のチャームに「交通安全」と入ったこちらも本革製(バッファロー・水牛の革です)の御札風のものを貼り付けています。

交通安全の御札の制作過程は、まずはパソコンのソフトで白黒反転した原稿を作成して印刷します。

バッファローの薄い革にはつや消しクリアを数回に分けてスプレーして乾かします。

原稿の上にシルバーのスタンピングリーフを重ねてアイロンを掛けて転写します。

うまく転写出来ると原稿の黒い部分にはスタンピングリーフのシルバーが載って、フィルムの方には文字と枠の部分だけが残ったものが出来上がります。

コレを革に転写します。

革に先程のフィルムを載せ、その上にクッキングシートをかぶせてからアイロンでプレスします。

革に「交通安全」が転写されました。

一つずつにカットします。

出来た御札を革用ボンドでミニミニ・ベストの背中に貼っていきます。

すべてのベストに貼り終えました。

交通安全の御札付きのミニミニ・ベスト型チャームの完成です。

出来上がった御札付きミニ・ベストを神社に持参してお参りしてご利益をいただいてきました。

バイクは黒いハーレーでウルトラのように大きなカウルとリアのボックスがありますが、サドルバッグが革製なのが特徴です。

北海道やフェリーでこんな夫婦のタンデムライダーを見かけたらよろしくお願いします。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2022年6月27日 月曜日

360度カメラInsta360_ONE_X2をハーレーに取り付けて撮ってみた

前回のブログで空撮風の動画が撮れるInsta360 ONE X2が欲しいと書きましたが、どうしてもがまん出来ず買っちゃいました。

ネットで届いたのがコチラです。

入っていたのは本体と収納するケース、充電ケーブルとレンズ拭き、それに取扱説明書とステッカーです。

このケースは仕舞う時にレンズを保護するためにも必要です。



本体は手の平サイズですが思っていたより少し大きくて重かった。

前後のレンズとカラー液晶画面には保護シールが貼ってあるのですぐに剥がします。

本体横にはバッテリーケースの蓋と上の方はケーブルコネクターです。

前のモデルと変わってこのX2から防水仕様なのでしっかりしたものになっています。

一番上にはマイク穴。

反対側には電源ボタンがあります。

バッテリーを取り出してみます。

本体の半分くらいを占めてして容量は1630mAh、3.85Vです。

一緒に買った取り付け用のアクセサリー。

純正の「消える自撮り棒」、この自撮り棒の先に取り付けて撮影すると動画にはこの棒が消えているという不思議なモノ。

先端と後ろには普通のカメラで使われているのと同じネジ径のものが採用されています。

5段階に伸ばすと120cmの長さになります。



こちらはバイク用マウントキットです。

欲しかったのはクランプとマウント、延長ロッドです。

取り付けパーツの仕様はGoProと共通なので今持っているアイテムと一緒に使えます。

ネジを締める工具も付いてきました。



このクランプでミラーに固定出来るかなと思いましたが細くてダメですね。

やはりハンドルに固定しました。

本来はこのダブルボールのマウントの先にInsta360を固定するのですが、私のハーレーには大きなヤッコカウルがあるのでその上に出す為には延長することが必要です。

この自撮り棒でもいいのですがせっかくなら付属してきたロッドを使いたいです。

でも先端はネジでの固定なので、ボールマウントの所に手持ちのRAMマウントのこのパーツを使います。

これで延長ロッドが使えます。

この先にInsta360 ONE X2を取り付けて撮影してきました。

360度撮影出来るので取り付け角度を気にしなくていいのが便利です。

後方からの撮影もやってみたいのでキングツアーパック、リアBOXの側面にGoPro共通のパーツを貼り付けます。

今回付属してきたのはヘルメットなどに固定するための曲面になっているものなので、家にあった平面用のモノを使いました。

ツアーパックの蓋のところに固定してこの角度にしてみました。

自撮り棒は5段階に伸ばせますが、二輪車の積載制限に抵触しない範囲に留めます。

二輪車の基準は積載装置または乗車装置から30cm以内、左右は両側だと15cm以内、高さは2mを超えないとされていますのでその基準内に収めています。

でもこれだと目立つので市街地や、風圧を受ける高速道路ではもっと短くしないと無理でしょう。

キングツアーパックの蓋は内側に傾斜しているので少し外側に倒れるようにしてみましたが、ここには何らかの工夫が必要ですね。

すぐに試したくて昼に配達されて昼食もそこそこに走ってきました。

結果は動画を観ていただくとして、意外だったのは動作を表示するLEDが明るい日差しの中でも見やすかった事です。

まだまだ設定や取り付け方法、編集がわかっていませんがこれから猛勉強(?)して北海道ツーリングには楽しい動画を撮ってきたいですね。





ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2022年6月24日 金曜日

来月の北海道ツーリングに向けてコレ欲しい_Insta360 ONE X2

いよいよ奥さんとのタンデムで行く北海道ツーリングまでもうまもなくとなりました。

今回で10年目、7回目となりますが毎回写真は4、5千枚撮影して動画でも撮影しています。

ハーレーでのツーリング動画は2008年から始めて、最初に行った2012年の北海道ツーリングでは当時まだ珍しかったGoProのHERO2で撮影してその年の内に再生回数が13万回を超えました。

その後、GoProはHERO7を使いそれ以外にもフロントとリアにも動画カメラを設置してカメラ三台で走行中の様子を撮影してきました。

過去には自撮り棒の先にGoProを付けてタンデムの奥さんに持ってもらい空撮風に撮ったこともありました。

でも最近では北海道ツーリングでドローンを使ったり360度カメラを使ってスゴくかっこい動画をアップされている方が多くみられるようになりました。

そこで今年の北海道ツーリングではこの360度カメラを使って動画を撮影してみたいと思っています。

いろいろ調べてみると「Insta360 ONE X2」が一番バイクツーリングの動画には向いていると思われます。

フロントのミラーステーやハーレーのヤッコカウルに付けて撮影すれば走行している前方だけでなくライダー自身も撮影出来たり、あるいはリアのキングツアーパックの上に固定すれば空撮のような映像も撮れるようです。

今はいろいろ検討中ですがぜひこのカメラで撮影してみたいですね。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2022年6月20日 月曜日

北海道ツーリング前にハーレーのエアクリーナーとプラグを掃除した

北海道ツーリングに向けての準備、整備です。

前後のブレーキパッドの残量はチェック済みで、タイヤは昨年交換したばかり、オイル三種も交換してからまだ1000キロちょとなのでOKです。

今回はエアクリーナーとプラグをチェックしました。

バイクのエンジンが掛かるためには「いい混合気」「いい火花」「いい圧縮」ですよね。

気分はもう北海道に向けてワクワクなのでこんなTシャツきて整備してました。 コレ、昨年の北海道ツーリングで買ってきたものです。

エアクリーナーケースのカバーを外します。

エアクリーナーのフィルターには虫が付いていましたが汚れや目詰まりはあまり無いようです。

ブリーザーホースにも亀裂や硬化も見られませんでした。

せっかくなのでエアクリーナーケース自体も外してOHVエンジンのロッドの汚れをチェックしました。

普段あまり見ない場所なのでロッドカバーもだいぶくすんでいました。 さすがに14年経ったバイクです。

サビはあまり出ていませんでしたがキレイに磨いておきました。

クリーナーケースも黒い樹脂が白くなっていましたのでクレポリメイトで黒色復活させました。

フィルターの方は大きなゴミは取り除き、ホコリを払いましたのでまだ再利用可能と判断しました。

ブリーザーホースは入れ替えて差し込みます。

フィルターを元通りに固定してここの作業は終了です。

エアクリーナーケースが付くとプッシュロッドはあまり見えなくなりますがチラッと見える部分のメッキがキラキラしているのは気持ちいいですね。

次にプラグのチェックです。

ハーレーは空冷二気筒なので左側の手が届きやすい場所にプラグがあります。

とは言ってもプラグを外すにはこのユニバーサルソケットレンチを使います。

インジェクション車ではこのように電極が白くなって根本が黒くなっていれば適正な火花で燃焼していると言えるでしょう。

使用しているのはハーレー純正のプラグです。

以前イリジウム製プラグを使用した時は始動出来なかったりバラツキが出たりで散々でしたので結局この純正のものが一番相性がいいと思っています。

真鍮ブラシで汚れを落とした後、ギャップをチェックして調整します。

6R12プラグのギャップ規定値は、0.97~1.09mm(インチ表示では0.038~0.043inch)ですのでシックネスゲージで調整します。

右が外した状態のもの、左が清掃チェック後のものです。

プラグを手で締めて規定トルク(16.3~24.4Nm)で締め付けて完了です。

ツーリングに出る時は予備の新品純正プラグとレンチ、ブラシとギャップ工具を持っていきます。

他にも予備ヒューズは当然で前後のブレーキパッド、ケーブルや工具一式も入れてあります。

アクセルの遊びが少し大きかったのでケーブルアジャスターで調整しました。

これらの整備が一通り終わったところで全体の動作確認したところ、フロントのドライブレコーダーとナビの電源周りが不安定でしたのでヤッコカウルを外して中の配線とケーブルを交換しておきました。

北海道ツーリングには万全の体制で行って来たいですからね。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2022年6月17日 金曜日

北海道ツーリングに向けて高速道路走行練習と日帰り温泉

いよいよ来月の北海道ツーリングまでが秒読み体制に入ってきました。

奥さんとのタンデムでの高速道路走行は久しぶりだったので一度走ってきました。

天気予報では一日中晴れだったのにずっと曇り空、残念。 でも暑すぎないだけマシだと前向きに。

いつもバイクのこんな風景を見ながら走ってます。

今日は埼玉県の北の端の方の日帰り温泉まで行くので、まずは道の駅あしがくぼで途中休憩です。

近代的な趣のクルーザーバイクに並ぶといかにも私のハーレーは「昔からのバイク」ってデザインですね。

今日のあしがくぼはバイク、少なかったですね。 4日前にもソロで来たばかりでしたがその時は駐車場はいっぱいでした。 やっぱり天気がスッキリしないせいでしょうかね。

秩父市街を抜け宮野町から県道37号、44号と山に向かって走り、途中で13号線に入っていきます。 それほど広い道ではないですがトラックとかも多かったですね。

前を行くのは懐かしいタイプのジープでした。

杉ノ峠を超えてしばらく走ると急に視界が開け神川町の市街が見えてきます。 この感じが好きなんです。

今日来たのはこちらの日帰り温泉「白寿の湯」です。

2020年に来てから二回目です。

梅雨時とあって館内にはタオルで出来たてるてる坊主が廊下に下げてあったのですがちょっと頭に当たるのでどうなんでしょう。

お風呂の写真は撮れませんのでウェブサイトからの拝借です。

鉄分を含む源泉の濃度がかなり濃いのでお湯は赤褐色、湯舟の縁や床には褐色の温泉成分の結晶が「千枚田」のようになっています。

ただ残念なのは露天風呂と内風呂の二つだけで、他の最近流行りの日帰り温泉のようにサウナや壺風呂、炭酸泉、ジェットバスなどはありません。

その代わりお休み処は充実していてハンモックがあったり、

丸くくり抜かれた床下のような処に潜り込んで無料のホットコーヒーを飲みながらマンガを楽しむ事が出来ます。

今回は利用しませんでしたが無料のマッサージチェアもありました。

お風呂でまったりした後は高速道路に向かって帰ります。

ガリガリくんの工場横を通過。

こんな風景を見ながら走っていると北海道のようです。

昨年出来た寄居スマートエリアから関越道に乗ります。

今回はヘルメットに取り付けたGoProでの動画撮影で、スポンジ式のウインドスクリーンの効果検証もやってきました。 やはり付けると風切り音がだいぶ軽減されるようで効果あり、北海道ツーリングはこれでいきます。

途中のサービスエリアで休憩。 ここでもバイクはあまり見かけませんでしたね。

3時前で気温は32度近く、空冷エンジンのハーレーは足が熱くて厳しいです。

今回走ったルートです。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2022年6月13日 月曜日

秩父ツーリングと配線修理

関東地方も梅雨入りして以来、本当に雨の日が多くあるいは曇りでも突然の雷雨に見舞われるなど不安定な天気が続いていてなかなかバイクに乗れません。

北海道ツーリングに行く前にいろいろチェックしておきたい事もありますし、しばらくバイクに乗っていなかった奥さんも慣れておきたいですね。

そんな中今日は珍しく雨の心配の無い晴れの日。

朝のうちに予約していた眼科で検査と診察を受けた後、ソロで出発です。

今回チェックしたかったのは、先日修理したフロントのインナーカウルの配線がちゃんと直っているか、GoProに取り付けたボタンで録画がしやすくなったのか、そして私がヘルメットに付けて撮影しているGoProの動画だと画面の水平がズレているので取り付け角度の補正です。

天気がいいのでバイクのライダーも多かったですね。

この写真でもミラーの中に二台写っています。

はい、いつもの道の駅あしがくぼです。

さすがに梅雨の間の束の間の晴れ間、バイクは多かったですね。

この角度から並んだ写真も気に入ってます。

GoProの取り付け角度ですが、家を出てから撮影した後ここで角度を変えてチェックしてみます。

新緑の中を走るのは気持ちいいですがお昼前で気温はすでに30度を超えています。

インナーカウルの電源ですが、ここに来る前に一度落ちてしまいました。

その後しばらく走っていたら復活しましたが、まだどこかで接続が不安定なようで修理の必要がありました。

秩父市内に近いこちらの大盛りで有名なお店もライダーで賑わっています。

そして味噌ぶた丼の野さかはまだ店内で食事が出来ずお弁当のみでした。

ミューズパークを抜けあしがくぼに戻ってきました。

あいかわらずバイクは多かったです。

いろんなタイプのバイクを見ているだけで楽しいです。

それぞれカスタムの方向性も違うので参考になります。

私のハーレーのカスタムはこの形がほぼ完成形です。

もう一度GoProの取り付け角度を変えて映り方を確認します。

帰宅してからインナーカウルの配線をチェックしました。

バッテリー電圧は13V台を出していますが、インナーカウルのコネクタ部はやはり2V程度を示しています。

アクセサリー電源とアースの取り出し部分が問題だと思われます。

シート下のヒューズボックスのアクセサリーヒューズから分岐して電源を取り出しアース線と共にもう一本追加してインナーカウルまで伸ばしてこちらも電源コネクタに接続しました。

動作確認したところでは修理出来たようですがもう一度走ってみないと完全に直ったかどうか判断できません。

北海道ツーリングまでに確認しておきます。

インナーカウルでは、
 タコメーター
 半可搬式オービス対応のレーザー探知機
 デジタルスピードメーターの待受にしているレーダー探知機
 VICKSWideによる渋滞情報考慮のGorillaナビ
 フロントのドライブレコーダー
 デジタル電圧計とUSB電源ポート
などをまかなっていますが、電源が入らないとこれらが使えません。

タコと探知機は最悪無くてもなんとかなりますが、知らない道を走る北海道ツーリングではナビは必需品です。

14インチのGorillaナビは内蔵バッテリーだけだと40分程度しか持たないのでなんとしても修理しないといけません。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2022年6月12日 日曜日

走りながらの撮影を楽にする為にGoProにボタンを追加

来月の北海道ツーリングでも動画撮影のメインで活躍してもらうGoPro、今使っているのはこのHERO7です。

ツーリングの時の設置場所はいろいろ試行錯誤しましたが、結局ヘルメット横のこの位置に落ち着きました。

以前のヘルメットではメットの左側に付けていましたがこのメットでは左側にはインカムを取り付けるとGoProをうまく付ける場所がないので右側になりました。

右側の方が道路の中央寄りなので前方の景色も見やすいかなとも思っています。

ところで普通に手持ちでGoProを操作する時は本体上の録画開始・停止ボタンを押すのに問題はありませんが、走りながらだとグローブをしたまま少しへこんだ場所のボタンは押しにくいと感じていました。

そこで少し改良してみました。

HERO7の場合、ケースに入れてベースに取り付けますのでGoPro本体のボタンを出っ張らす事は出来ません。

そこでケースの方にボタンを追加しました。

薄いゴムシートでカバーしてボタンの位置の上にシリコン製の滑り止めに使われるこのパーツをボタンとして追加しました。

パーツの正式名称はよくわかりませんね。

本体をケースに入れるとこんな感じになるので、これならグローブをしたままでも録画を開始、停止しやすくなります。

ケースの上だけにシリコンボタンを付けたのでは本体の赤丸のスイッチまで届きませんので内側にも、出し入れに邪魔にならない高さのパーツを付けました。

これだけ出っ張るようになりました。

このシリコンパーツは色々なサイズ、形、硬さのものを持っていますがとても重宝しています。

例えば、これもツーリングの歳に走りながら撮影しているデジカメですが、シャッターボタンを嵩上げして押しやすくすると共に一番左のように右手でグリップする時に固定しやすいように長丸のパーツを追加して指を掛けやすくしています。

またバイクに取り付けたナビでは画面のこの四箇所にボタンを付けています。

画面を表示した際には「縮尺の拡大・停止」「メニューボタンのON・OFF」それに一発で自宅に戻るに設定した「LANCHER」の各ボタンにグローブをしたままでも操作出来ます。

このシリコンボタンは透明なので画面表示を邪魔しないのがいいです。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2022年6月9日 木曜日

アルミダクトで自作したブレーキディスク冷却用のエアインテークを交換した

ハーレーが新車から2年経過した時の24ヶ月点検で、リアのブレーキディスクプレートに歪みがあると指摘されました。

これがその時外したディスクプレートです。

横からアップで見ると2年間の走行でこれだけすり減っていたんですね。

新しいディスクと重ねてみると場所によってこれだけ隙間が出来ていました。

新しいブレーキディスクプレートを取り付けた所です。

まったくの未走行なのでディスクに筋が付いていませんね。

ディーラーやバイクショップで見るバイクのブレーキディスクには少なからずパッドと擦れた跡が見えますが、新車であっても工場から出荷され運ばれてくるだけでも跡が残るんですね。

私のハーレーのリアブレーキのディスクプレートに歪みが生じた原因について、ディーラーのメカニックからは「このハーレーFLSTCヘリテイジやウルトラのようにリアに大きなサイドバッグがあるバイクだとブレーキに風が十分当たらず冷却が不完全になってしまうため歪みが生じることがあります」と説明されました。

それなら強制的にリアブレーキに風を送って冷やしてやればいいと思いましたがそんなパーツは販売されていません。

無ければ自作すればいいとパーツを揃えました。

アルミダクトとステンレス製のロート、茶こし網、コードクランプです。

ロートの穴を広げ茶こし網のサイズを加工してゴミの侵入を防ぐネットにしました。

これをバイクに取り付けました。

前方から風を送りリアブレーキのディスクプレートに風が当たるようにしました。

さて自作のエアインテークは出来ましたがはたしてこれで効果があるのでしょうか。

検証してみることにしました。

デジタル式の温度計の外部センサー部のコードを延長します。

これで先端部の温度をリアルタイムで表示できます。

走りながら温度を測定する為にセンサー部をブレーキパッドのホルダー部に取り付けました。

本来ならディスクプレートの温度を測定したいのですが回転するプレートには無理なのでここに設置しました。

ここでもエアインテークの有無によるブレーキ周りの温度の違いがわかると考えました。

温度計の表示部は走りながら確認出来る場所に設置しました。

テストしたのは2月でこの時の外気温は6.4度でした。

高速道路を走って計測します。

まずはエアインテークの吸気口(ロートの口)をテープで覆って風を送らない状態で測定します。

写真は高速道路を90km/hで走行している時のリアブレーキパッドのホルダーの温度は38.2度でした。

高速道路だとブレーキを掛ける事も少なく風もかなり当たるので温度上昇はゆるやかなようです。

サービスエリアに止まって、次にエアインテークの開放した状態にして測定します。

温度は28.7度で10度近く温度が下がっています。

この結果には正直驚きました。

高速道路を降りて今度は一般道での温度をチェックします。

下道だとブレーキを使う事も多く当たる風も少なくなるので、エアインテークを閉じた状態だとブレーキ周りの温度は53度まで上昇していました。

同じくエアインテークを開けた時には40.5度と12.5度も下がっています。

アルミダクトと身近なモノを使って作ったこんなエアインテークでも絶大な効果があるとわかりました。

そんなエアインテークですが取り付けてから12年が経過してだいぶくたびれてきました。

途中で一度外してパイプのへこみを直したりしましたがアルミダクト自体の劣化は避けれませんでした。

新しいアルミダクトを買ってきて交換することにしました。

下が新しいダクトですが口径は38mmと大きくなりましたが、以前のものは内側に紙が貼ってあり蛇腹の隙間が狭かったのですが今回はアルミのみで蛇腹が凸凹しています。

この凹凸が風の通りにどう影響するか気になるところです。

今回の取り付け方です。

今までより風の導入部を少し後ろにしましたがこの位置でもリアのサドルバッグは邪魔にならないと思います。

またディスクプレートに風が確実に当たるように曲げた部分の固定方法も改良しました。

ところでこのアルミダクトですがハーレー以外にも私のクルマで役立っていました。

40年近く前に乗っていたフォルクスワーゲン・ビートルですがリアにエンジンルームがあります。

空冷のビートルは冬に車内を温めるのはエアコンではなくリアエンジンの熱をダクトで車内に引き込んでいました。

下の写真の左右に見えるグレーの太いパイプがそれです。

でも所詮紙製なので破れてしまうことがよくありました。

そこでこの部分を自分でアルミダクトで作り直していました。

40年前からアルミダクトにお世話になっていたんですね。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




2022年6月6日 月曜日

バイクのインパネの電装品が突然落ちたり付いたりする理由がわかった

ハーレーのインパネのデジタルスピードメーターを増設したくて、レーザー探知機の他にレーダー探知機も取り付けました。

配線を十分確認した上でバイクに設置してツーリングに行ってきたのですが、行きは問題なかったのですが有間ダムからの帰りにイグニッションをオンにしてもインパネに設置してある電装品がすべて動作しませんした。

それでも走り出して1分もしないウチに突然電源が入り正常に動作が始まりました。

結局家に帰るまで動作出来ていましたが、この状況は北海道ツーリングに出発する前に何としてでも修理しておく必要があります。

まずはヤッコカウルを外して室内に持ってきて配線を確認します。

インナーパネルを外して配線を確認します。

ここに設置してある機器はすべてDIYで取り付けたもので配線もすべて自分でやっています。

電源関係はこの配電プレートに集中させていますのでここの配線を一つずつ外して動作が不安定な原因となる機器の接続がないか確認します。

さらに一旦すべて外した上で個々に接続していってテスターで電圧の変化をチェックしました。

結果はすべて異常なしで電圧の変動も見られず接触不良箇所もありませんでした。

アマチュア無線用の12V安定化電源を接続して確認してすべての機器の動作も問題なしでした。

それでインナーパネルをヤッコカウルに取り付けハーレーの載せて電源を入れてみましたが、今度はまったく動作しません。

原因がわかりません。

もう一度インナーパネルを外し、今度はインパネだけをハーレーに接続して動作確認しました。

やはり動きません。

テスターで電圧を確認すると12V以上あるはずが「4V」「2V」とまったく上がっていきません。

念のためシートを外してバッテリーの電圧をチェックしてみると13V近くが出ていました。

インナーパネルへ供給している電源はヘッドライトケース周りのアクセサリーの配線から分岐していますのでこのコードの途中に問題がないか確認しましたが、電圧降下はみられませんでした。

インナーパネルの配線をすべて外してACCの電源供給だけを確認してみるとちゃんと12Vになっています。

そこから一つずつ機器の配線を繋いでいって様子を見ましたが、どれか一つでも接続するととたんに電圧が2V台までさがってしまいました。

これではどの機器の接続に問題があるわかりません。

2時間以上繋いだり外したりしてチェックしてみましたがまったく原因が特定出来ません。

最後にヘッドライトケースから電源を取っていますのでナセルの部分を分解して配線を確認してみました。

十年以上前に最初にタコメーターの配線をした時に接続して以来、電源周りのチェックはしていませんでした。

開けて中を確認してみると、なんとマイナスアースのギボシ端子が外れていた。

マイナス端子がつながっていなくてもプラス側だけテスターに繋いであればアースはどこであっても12Vが出てた。

でも機器を繋いでインナーパネルの電源ターミナルで測定すると12Vにはならずに2Vになっていたようです。

ギボシ端子をしっかり接続したら問題なく動作するようになりました。

結局原因はそこだけだったみたいですが直るまでに3時間近く掛かってしまった。

まだ走っての確認はしていませんがたぶんでコレで大丈夫でしょう。

さすがにDIYで自分でやった配線なので、ディーラーに聞いたりネットで調べても対策はわからないですからね。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング


ツイッター、やってます!
twitterlogo




プロフィール


プロフィール写真
メカ好きおじさん

・44年前に原付、中型二輪取得
・CB50で東北一周ソロで野宿旅
・250ccで四国・九州3週間5万円の野宿旅
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロードに戻る
・KAWASKI2ストを最後にバイクを降りる
・16年のブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCに奥さんとタンデム中
・2012年から北海道タンデムツーリング6回


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイクランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村


ツイッター、やってます!
twitterlogo