Count per Day
  • 1878今日の閲覧数:
  • 2150昨日の閲覧数:
  • 15現在オンライン中の人数:
アーカイブ
カテゴリー
2017年8月6日 日曜日

シートの振動軽減の為の防振セルバッグスを試してみた

あるメーカーさんから、バイク走行時のシートに来る振動を軽減するためのモノを製造したのでテストしてみませんかという依頼を受けました。

バイクだけでなく農作業車や工事用車両などでも走行していると振動で腰などに負担が掛かるのを減らす目的でつくられたそうですが、バイクの中でも振動が大きいと有名なハーレー用のものも作ったのでその効果を検証されたいとの事でした。

依頼された製品はコチラ、「防振セルバッグス」というものです。


 

構造は特別な液体をセル状にして破損しないように強化フィルムバッグの中に封入することにより、振動の原因となっている路面からの衝撃をライダーへ直接伝えるのを遮へいするものです。

同様にバイク用シートの防振を目的としては「ゲルザブ」が有名ですが、あれは形状回復性の性質を持つゴムと流動性のゲルの性質の両方を兼ね備えた特殊柔軟ゴム「エクスジェル」を使っています。

今回のテストを依頼された際にも伝えたのですが、私の乗っているハーレーFLSTC、ヘリテイジ・ソフテイル・クラシックは鞍型シートでライダーの腰を全体的に包み込むようにフィットしていて、さらにエンジン自体もハーレーの中では振動軽減を目的としたバランサーを組み込んでいて振動が少ない車種なんです。

実際に1週間2千キロ以上の北海道ツーリングで一日に500キロ走っても振動でお尻や腰が痛くなることはないのでテスト車に向いているかどうか疑問でした。

さらにタンデムシートについては私が自作して低反発クッションと硬質、軟質スポンジを幾層にも重ねてありますのでこちらも振動吸収などの対策はすでの実施済みです。


 

それでも製品を預かり実際に乗ってきました。

ハーレーのシート形状に合わせたというだけあって「防振セルバッグス」の形状は前が細い台形になっています。

厚さはゲルザブが12から14mmなのに対して30mmと厚くなっています。

厚いほうが減衰効果は大きいでしょうけど、乗り心地や足つきに影響しそうです。

シートへの取付は前後二箇所のナイロンベルトで固定します。

この辺りの作りは販売から数年経ているゲルザブとの差が出ているようです。


 

ハーレー、ヘリテイジのライダーシートは、タンデムシートを固定している後ろのボルトを1本外し、タンデムシートの前部とライダーシートの後ろを固定している大きなボルトを手で回して外せば、取り外すことが出来ます。

裏返して「防振セルバッグス」を当て前後のナイロンベルトを締めて固定します。

この時前側はライダーシートを差し込むフレームと干渉しないよう、またリア側はバッテリーやヒューズボックスの配線に当たらないように注意します。


 

前側のベルトは長めなのでカットしてもいいですが、テスト品なのでこのままにして、


 

シートの下の押し込んでおきます。


 

リア側も少し長いですがこの程度なら問題ないでしょう。


 

装着したところです。

ゲルザブと違っていくつかのセルに分かれているのですが、座り心地にはそれほど影響はないようです。


 

気になっていた3cmという厚みですが当然座れば沈み込みますし、身長170cmの私の場合にはほんの少し足付きに影響はあるもののまだ両足ともにカカトまで地面にぺったり着きました。


 

今回はこの状態でいつもの名栗、有間ダムまで70キロほど走って来ました。


 

テスト結果ですが、最初に書いたとおり元々のオリジナルシートでも疲れはないのですが、それでも路面のつなぎ目やマンホール、鉄板などを乗り越えた際の振動が、今までだとシートから伝わってきましたがそれが明らかに軽減されていました。

それ以外の通常の路面では、多少振動が減ったかなという印象でした。

舗装路を走るバイクですので砂利道などのテストは出来ませんでしたので、そういう道やシート形状やオリジナルのシートクッションの厚み・硬さでお尻の痛みや疲れに悩んでいる方ならもっと違った感想になってかもしれません。

シートへの装着は絶えずしっかりしていてコーナリングで傾けたりお尻をずらしてもこの「防振セルバッグス」がズレることはありませんでした。

帰りは外した時との比較をするために外してみました。

取り外し時はナイロンベルトの途中のパーツが引っかからないように注意すれば、シートを外さずにベルトが取れました。


 

この「防振セルバッグス」には後ろに別パーツでランバーサポートのようなものが付いていますがこれはベルクロで外すことが出来ます。


 

外して乗ってみると前述のように路面の細かな振動の違いがはっきりわかりました。


 

さらに多くのライダーに効果を検証してもらうのもいいかもしれませんね。

 
メーカーのサイトは、コチラの「鯛のたい」というところです。

ここには同じくハーレーで長距離テストサれた方のレポートも掲載されています。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村




2017年8月2日 水曜日

北海道ツーリング2017の動画を公開しました

奥さんとタンデムで行く北海道ツーリング。

先月の一週間、北海道を楽しんできた記録を12分ほどの動画にまとめてみました。

ブログの写真だけでは伝えられなかった北海道の自然を動画で表現してみました。

自分であとから思い返す時にも、4200枚の写真や150本の動画を観るより、この動画一本でいろんな思い出を蘇らせてくれます。

もし興味があればご覧いただきたいと思います。



 

参考までに今までの動画も一緒に載せておきます。

「北海道ツーリング2012総集編」
はじめての北海道タンデムツーリング。

「ハーレーで行くタンデム北海道ツーリング2013~道東編」
自然豊かな知床を回りました。

「タンデムハーレーで北海道ツーリング2016夏」
雨に降られた事もあったけど、北の大地と多くの人がいろんな出逢いをみせてくれました。

 
 ※ 走行ルートを記録するなら「GPSロガー」がお勧めです。
 ※ バイクでの走行動画なら「GoPro HD HERO」がお勧めです
 ※ 友人通しやタンデムでの会話なら高音質の「SENAインカム」がお勧めです

   

 


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村




2017年7月29日 土曜日

奥さんとタンデムで行く北海道ツーリング最終回

2017年の北海道ツーリングのレポートも今回が最終回です。

2012年に初めてタンデムで北海道ツーリングに行ってから、2013年、2016年そして今回と4回北海道を回ってきました。

今までレンタカーで回ったことや出張で行ったことはありましたが、やはりあの自然豊かな雄大な大地は愛車のバイクで回ってこそその魅力を肌で感じる事が出来たと思います。

そんな心躍る北の大地旅も終わりの時を迎えます。

北海道から自宅までは小樽港から新日本海フェリーに乗って新潟に向かい、そこからは関越道で帰ります。

今までは毎回、19時30分に小樽港を日曜日出航の便を取っていたので最終日の夕方まで走り回る事が出来ました。

今年からは新造船になり合わせてダイヤも改正になって常に17時分出航となり、乗船はその1時間前だとすると15時30分頃には小樽港に戻ってきている必要があり今までより走っていられる時間が短くなったのが残念です。

今回、積丹半島で観光、食事をしてから小樽の街をぶらついていたのでフェリー港に着いたのは16時少し前でした。

当然バイクの乗船は始まっており続いて自動車も乗船準備をしていました。

その為、自動車がすべて乗船し終わってから私のバイクが最後に乗船することになるため待機していました。


 

大部分の車が乗船してもまだこれからやってくる車も何台かいました。


 

10分ほど待ってようやく私が乗船する事ができました。


 

新造船の新日本海フェリーは行きと同じく船尾の小部屋がバイク用に割り当てられていましたが既に他のライダーさんは皆さん部屋に行かれたようでした。

一台ポツンと置かれたかわいそうな私のハーレーです(笑


 

北海道ツーリング新日本海フェリー小樽港乗船(動画)

部屋についてようやく一息つきました。


 

まだ太陽はあんな場所にあるのでもう少し遊んでいたかったですね。


 

小樽港ではカモメが見送りに来てくれました。

ついでに手すりに「オミヤゲ」も残してくれましたけど。。ははh


 

まずは恒例の、札幌限定サッポロクラシックビールで北海道ツーリングお疲れ様乾杯です。


 

これが小樽の街で買ったかま栄の「パンロール」です。

かまぼこをパンで巻いたものですがオイシかったですね、ビールのつまみにもOK!


 

小樽港を出航してもまだ明るいので北海道の岬がよく見えます。

そのために行き帰りとも陸地側の部屋を選びました。

スマホの電波も多少はよく入りますよね。

これはさっき行ってきた島武意海岸です。

写真中央の白い所の斜面右側に展望台があってその下のうっすら白い所が階段を降りていった海岸になります。


 

GoogleEarthで表示させてみると同じように見えますね。


 

そしてもう少し進むと今度は神威岬です。

灯台のある高台のところの展望台から見える岩も写っています。


 

こちらもGoogleEarthで表示してみましたが、立っている岩は表現されていませんでした。


 

下の写真は何年か前に先端まで行って来た時のものです。


 

18時48分ころ、同じ新日本海フェリーとすれ違いました。

新造船ではなかったですがお互い霧笛を鳴らして合図していました。


 

この日は海の上は飛ばされそうに風が強かったですが、夕日を浴びたフェリーの煙突がなんとも北海道ツーリングの終わりを象徴するようで少し物悲しかったです。


 

船の反対側にはまだ神威岬が見えていました。


 

日本海に沈む夕日を見ています。


 

デッキの椅子に座って北海道旅の思い出に浸っているのでしょうか。


 

船室に戻るとビンゴ大会が始まっていました。


 

少し船内を見学します。


 

あざれあの各施設の営業時間表です。

レストランやカフェ、ショップは常に営業している訳ではない(たぶん同じスタッフの人が兼務している)ので時間をチェックしておく必要があります。


 

新日本海フェリーの新造船は大部屋がなくなりすべて個室になりました。


 

端の部屋だと向い合せの部屋が無いのでプライバシーや音を気にしなくてよさそうですね。


 

 

翌朝、日の出を少し過ぎたころに目覚めました。


 

今日は風もおだやかで波も静かでした。


 


 

新潟港に近づいてきました。

海の色がまったく違っています。


 

港に到着時刻も以前は16時30分でしたが、今回は9時と早くなりました。

毎回自動車の方が先に下船するのですが今回はバイクが一番先に降りるようです。

ゲートが降りてくるのを待っています。


 

まるでラリーのスタートのよう、でも皆さん一台ずつ順序よく降りて行きます。


 

北海道ツーリング新日本海フェリー新潟港下船風景(動画)

タンデムの妻は歩いての下船になるのでフェリーターミナルのところで待っています。

降りてきたスロープの所にはこれから同じ船に乗って北海道に向かうバイクが待機しています。

いいなあ、もう一回あそこに並んでまた北海道に行きたいです。


 

まだかなり早いのでここから近い新潟の「道の駅ふるさと村」に寄り道です。


 


 

アイスコーヒーと笹団子で休憩中。

夏に海水浴に来た時は岩牡蠣を食べたのですがもう少し先の時期のようですね。


 


 

さあ、あとは関越道に乗って自宅に向かいます。

家に無事に帰り着くまでがツーリングです。


 

それにしても暑いですね。

北海道でも30度近くありましたが湿度がこんなに高くなくてカラッとしていたので過ごしやすかったですね。

SAで休憩しながら走ります。


 

新潟の山でも高いところには7月でも雪が残っていますね。


 

休憩しながらお昼ご飯をいただきます。


 

バブル時代の新潟スキー場の象徴、ガーラ。


 

関越トンネルに突入。


 

新潟近くのSAには北海道ツーリング帰りのバイクもちらほら見かけましたが、群馬までくるともういないようです。


 

ソフトクリームでクールダウンです。


 

日差しを遮るもののないバイクだと気温36.7度はこたえます。


 

帰りもガソリンメーターは残り少ない表示をしていましたが、こちらはスタンドも十分あるので自宅まで余裕で持ちそうです。


 

今回はホクレンフラッグを四枚ともゲット、コンプリートしました。


 

裏側の絵柄は動物の顔下半分になっていて自分の顔に当ててマスクのようにして遊びます?


 

こうして自宅まで帰ってきました。

無事故無違反無転倒、楽しかった今年の夏の思い出が出来ました。

今回も一緒に行ってくれていつもタンデムの席から一緒に楽しんでくれた奥さんの感謝です!

 

 【 北海道ツーリング2017の全走行距離 】 : 2,103km

走ったルート図です。


 

※ツーリングのルートや旅行の記録にはGPSロガーが便利です。

  


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村




プロフィール

メカ好きおじさん写真

メカ好きおじさん

・39年前原付、中型二輪取得
・CB50で東北野宿一周
・250cc四国・九州3週間5万円野宿
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロード
・KAWASKI2スト最後に降りる
・16年ブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCにペアライド中


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村