Count per Day
  • 2118今日の閲覧数:
  • 2248昨日の閲覧数:
  • 10現在オンライン中の人数:
アーカイブ
カテゴリー
2017年10月5日 木曜日

雨と寒さのほったらかし温泉ツーリング

昨日はもともと家の予定で電車で東京へ行く予定でしたが延期になったので急にフリーの休日になりました。

ネットで天気をチェックしたら「晴れ」、となればツーリングでしょう。

行き先は山梨の「ほっらかし温泉」にタンデム決定。

朝、出発する時には曇り空でしたが奥多摩や山梨へ行けば晴れているでしょう。。。


 

奥多摩湖の「水と緑のふれあい館」に到着したけどバイクは他に来ていません。

やっぱり天気がはっきりしないからでしょうかね。


 

トイレ休憩しようと思いましたが水曜日は定休日では入れません、別のトイレに向かいました。


 

途中、コスモスが咲いています。


 

風も穏やかで山の景色が湖に写ってのを眺めながら湖畔を走ります。


 

湖の対岸につながる橋の上に何やらいっぱい居ました。

停まってみてみると多数のサギでしょうか、ちょっと不気味な光景です。


 

奥多摩を奥に進むと、晴れてくる筈なのに段々雨が降ってきてしかもとっても寒い!


 

たまらず停車してレインウェアを着ましたが、この時の気温はなんと10度!

予報では今日の最高気温は24、25度になるというので3シーズン用のウェアで来ましたがこれなら冬装備の方がよかったかも。


 

雨も段々強くなってきました。

泊りがけのツーリングとかなら宿も予約しているでしょうから雨の中を走るのも諦めますが、日帰りツーリングで雨に降られるとわかっていたら何も無理に出かけてこなかったのに、ブツブツブツ。


 

帰ってきてからネットの気象情報を見てみたら、たしかにこの「丹波山」辺りの天気は弱い雨になっていましたが、気温は16、17度はなかったですよ。

でも出発前にチェックした時には確かに「晴れ」だったのに。


 

晴れていれば見えるはずの富士山も当然無し、それどころかここに停まっている車もバイクも一台もありませんが当然でしょうね。


 

それでも峠を降りて町までやってくればようやく路面も乾いて雨も上がっていました。


 

ほったらかし温泉はフルーツ公園を抜けた先にあります。


 

フルーツ公園は二週間前に来たばかりでしたが、その時は日差しもたっぷりかなり暑かったですね。

途中にはカートのコースもありましたが結構賑わっていたようです。


 

ほったらかし温泉に近づいてきました。

車用の駐車場とは別にバイク専用の駐車場もあってそこに通じる舗装された専用の斜面を上がって行きます。


 

以前は砂利でしたが今はしっかりコンクリートで舗装されているので大型バイクやタンデムでも安心です。


 

写真の右下の斜面を上がってきた先にこれだけの広さのあるバイク置き場があります。

着いた時には一台だけバイクが停まっていましたがすぐにライダーが来て挨拶、もうひとっ風呂浴びた後でちょうど帰るところでした。


 

ほったらかし温泉の全景はこんな感じです。


 

大々的な宣伝はしていなくても、テレビやネットでいっぱい取り上げられているので知名度は高く。休日には広い駐車場も埋まってしまうでしょう。

バイク駐車場から少し歩いて温泉に向かいます。


 

広い中にはにはなぜか木彫りの大きな亀がいます。


 

ほったらかし温泉は「こっちの湯」と「あっちの湯」の二つの温泉があります。


 

昔からあるのが「こっちの湯」で正面に富士山が望めますが、新しい「あっちの湯」の方がスペースが二倍ありゆったりしています。


 

そうそうここにはもう一つオモシロいオブジェがあります。

それがこのジムニーです。

木製ホイールがなんともいえませんね。


 

お風呂に入る前にトイレに行きます。

ここのトイレもちょっと変わっていて男性用は普通ですが、女性用は「眺望トイレ」になっているそうです。


 

このポップな絵柄の顔出し看板の右手にトイレがあります。


 

せっかくなので奥さんにカメラで撮ってきてもらいました。

便器に座った時にちょうど目の高さに窓から外の景色が眺められるようです。


 

それではお風呂に入りましょう。

二つのお風呂は別料金になっているのでどちらのお風呂に入るか先に決めます。

今日は雲が暑く垂れ込めていて富士山は全く見えないので広々としたあっちの湯に入ることにしました。

ちなみに二つのお風呂の営業時間は異なっています。


 

ここは「こっちの湯」の入口です。


 

券売機で入浴券を購入します。


 

ほったらかし温泉のタオル(200円)も購入しました。


 

こっちが「あっちの湯」です。

ここ、こっち、あっちでゴチャゴチャですね。


 

階段を降りていった先にあります。

こちらを入ったところでも入浴券やタオルを購入出来ます。


 

靴を脱いだところと脱衣所に100円コインロッカーがあり貴重品を預けることが出来ます。

お風呂内はカメラやスマホは持ち込み撮影禁止なので、サイトの画像から拝借しました。

こっちの湯の夜景はこんな感じで右手に富士山、眼下に甲府盆地の街並みを一望することが出来る絶景でした。


 

露天風呂は上下に二つあり下の方は境があって二つに分かれています。

上の方は普通に熱く、下の方は少しぬるめでゆっくり入っていられました。

他にも内湯があり、洗い場も24人くらいが使えるくらい広々していました。

でも誰かがネットで書いていましたが天井から雫が垂れてきて背中に当たるとヒヤッとしました。

サウナとかジャグジーといった設備はなく、純粋に絶景を楽しむ温泉です。

脱衣所にはドライヤーも置いてありました。

それでも1時間弱入っていて出てくると、雨中走行で冷え切っていた体がぽっかぽかです。

時刻は1時半を回っていましたのでここでお昼にしちゃいました。

売店では麺類を中心にカンタンな食事が取れるので今回はおもしろそうな「たまご巾着うどん(550円)」を頼んでみました。


 


 

こちらの絶景を眺めながら座れるテーブルで待ってます。


 

出来てきたのがコチラです。

いなりの衣の中に潰したゆで卵が入っているだけのシンプルなものですが、これが結構イケる!

たまご巾着もおいしいし、うどんはモチモチ感満載でなかなかのモノ、汁は少し濃い目ですがツーリングで疲れた体に染み込んできますね。

お気に入りのメニューに追加です。


 

食後はツーリングの必需品、白桃ミックスのソフトでクールダウンです。


 

このパノラマ写真の左手が食事をしたベンチで、真ん中の階段を降りていった先の右下の方が「あっちの湯」です。


 

お風呂と食事が終わった頃になってようやく少しだけ晴れ間がのぞくようになりました。

この時間からお風呂に入りたかったですね。


 

中には別の方には無料の休憩所があります。


 

中はこんなウッディで休む事が出来ます。


 

最後にこちらの売店に入ってみましたが、良さそうなシャインマスカットのぶどうが安かったので買ってきました。

ハードケースのツアーバッグなのでぶどうも潰さずいためずに持って帰れます。


 

バイク駐車場の戻ってくると二台ほど増えていましたがさらに数台のバイクがツーリングでやってきました。


 

帰りのルートは中央高速のつもりでしたが、アテにならない雨雲レーダーや高速道の東京方面には厚い雲が覆われていたので、お風呂上がりに帰りもまた雨に降られるのもイヤなので雁坂みちで秩父回りで帰ることにしました。

かなり時間は掛かりますが濡れるよりはマシでしょう。

フルーツ公園を降りていった先で見かけた看板、秩父の梵の湯ですが「この先65km」って役に立つのですかね?


 

雁坂みちをはしってくると雲はあるものの晴れ間も望み、行きもこんな感じで走りたかったですね。


 

少し気温が下がってきたので道の駅みとみで停まってウェアを着ます。


 


 

この橋の後で雁坂トンネルに入りましたが、外が寒かっただけにいつもならトンネルの中はもっと寒く感じるのですが今日は逆に暖かく思えてきました。


 

奥秩父の方もよく晴れています。


 


 

ループ橋を気持ちよく流し、


 

秩父まで戻ってきました。


 

最後にいつもの道の駅あしがくぼで休憩します。

バイクはあまり来ていませんね。


 

今日も夕焼け雲がキレイです。


 

今回走ったルートです。


 

 

 ※ 走行ルートを記録するなら「GPSロガー」がお勧めです。
 ※ バイクでの走行動画なら「GoPro HD HERO」がお勧めです
 ※ 仲間やタンデムツーリングでの会話なら高音質の「SENAインカム」がお勧めです

   


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村




2017年10月2日 月曜日

ブレーキペダルのパッドとフットボードのステップラバーを交換した

先日、ブロ友のziromeiさんからフットボードのハーレー純正ステップラバーとカスタムタイプのブレーキペダルをいただきました。

7月に行った北海道ツーリングで、フットボードのステップラバーが外れて応急処置をしていたのを見かねて交換パーツをくださいました。

ziromeiさん、ありがとう、感謝、かんしゃ!!

最初にブレーキペダルのパッドを交換します。

こちらが今付いている純正パッドです。


 

バイクに跨った状態では、ロアーフェアリングの中に収まってしまいあまり見えませんが、それでもゴムだけのペダルは味気ないですね。


 

これの外し方をネットで検索すると、ペダルプレートにハマっているだけですが溝のところでガッチリはまっているのでなかなか外しにくそうです。

ゴムが柔らかくなる気温の高い時にやるかヒーターなどで温める、また中に潤滑剤をふいてすべりを良くするなどの方法が紹介されていました。

でもとりあえず何もせずにこのまま力技で引っ張ってみます。

それでダメならその方法を試してみます。

根元の裏側を開きながら外側に開いて引っ張ります。

バイクが納車になってから9年半、一度も外したことがないのでかなり固かったですが、少しだけ溝が外れてきたようです。


 

指先に力を入れてかなり引っ張ってみました。

ようやくここまで外れてきました。


 

5分ほど格闘してやっと外れました。

ブレーキペダルのプレートと外したペダルは洗ってキレイにしておきました。


 

こちらがziromeiさんからいただいたカスタムペダルパッドです。

「クローム&ラバー・ブレーキペダルパッド 3スロット、ホリゾンタル」タイプです。


 

取付は裏側の袋ナットを締めて固定します。


 

カンタンに出来ました。


 

純正のゴムペダルとサイズと取付位置を比べてみました。

左右の長さはほんの少し短いですがブレーキ操作するのには全く支障ありません。

ペダルの位置も自然に踏み込む事が出来て、ペダルから足が外れるミスはないようです。


 


 

 

次に、こちらもいただいたフットボードのステップラバーを交換しました。

北海道から帰ってからも、走るのには問題なかったのでこのままの状態でずっと乗ってきましたが、ちょっとカッコ悪いですね。

ラバーの溝も擦れて薄くなっているところがあるので交換時期でしょう。


 

本来ステップボードの裏にある球体のダンパーがちぎれていたカスを取り除きました。


 

取付は強く押し付け、裏側からプライヤーで引っ張って後は手で引っ張ればOKです。


 

ステップボードとブレーキペダルが新しくなると気分がいいですね。

季節は暑くも寒くもなくツーリングに最適の時期、天気がよくなったら走りたいですね。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村




2017年9月27日 水曜日

北海道ツーリング、能取岬でJALの先得CF撮影で来ていた嵐とニアミス

数日前からオンエアされていたJALの先得コーマーシャル、毎回嵐のメンバーが日本各地のステキな景色の場所を訪れた風景が流れています。

画面には青い空と堺のわからないくらい澄んだ青い海、そして広大な草原にひときわ目立つ白と黒の灯台。


 

そんな草原で嵐の5人のメンバーが遠近法で撮影する写真で遊んでいる様子が楽しげです。

んん? この景色は北海道ツーリングで訪れた中でも私の好きな場所の一つ、「能取岬(のとろみさき)」じゃないですか!(この写真は2013年7月撮影)


 

能取岬は北海道の東、オホーツク海に面した網走の北西にあって、林の中を抜けていくと突然目の前が開け、空と海と草原が織りなす大パノラマが広がる風景です。


 


 

実際のCFでも空撮で映された風景は、GoogleEarthでも同じ風景です。


 


 

ところでこのCFが撮影されたのは情報によると今年の7月6日だそうです。

女満別空港で北海道入りした嵐のメンバー五人は昼にここ能取岬で撮影していたそうです。

むむむ! 7月6日ですと!?

私と妻がタンデムで北海道ツーリングで能取岬に行ったのは7月4日、なんと二日前じゃないですか!

あと少し日程ズレていたら嵐と遭遇していたかも。

 

実際に能取岬に行った時、駐車場には大きな車が何台か停まっていて、キャンプよりは大掛かりな設営がされていました。


 


 

今にして思えばこれがCF撮影のための準備だったんですね。

その時は多分映画の撮影かなにかかな?くらいにしか思えませんでした。

この能取岬は数多くの映画の撮影場所として使用されてきました。

2006年の「子ぎつねヘレン」、2008年の非誠勿擾(中国映画)、2009年「南極料理人」、2010年「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」など。

 

さてここで一つだけ撮影の裏話を。

実はこの時、能取岬の灯台は工事中で足場が組まれその姿ははっきりせずしかも柵が設けられ灯台のそばには行くことが出来ませんでした。


 

看板には「能取岬灯台改良改修工事 工期:平成29年6月12日から平成29年9月22日」とありました。

その時の灯台の様子がこちらです。


 

でも流れているコマーシャルには足場のない灯台の姿が映っています。

一番最初の写真をよくみると灯台横の建物の屋上の様子が少し違っています。

放映されているCF以外に、撮影風景のメイキング動画もアップされていますがそれには灯台を映さないような角度を選んでいましたが、一部だけ灯台の足場が映っているのがありました。

 

この能取岬へは2013年と今年2017年の二回の北海道ツーリングの時に訪れています。

灯台の近くまで行けた2013年の時の写真を載せておきます。

駐車場も広く、この頃はガイドブックでの扱いもそれほど大きくはなかったので来る車やバイクも多くはありませんでしたが、このCFをきっかけに大勢の人が来るようになるんでしょうね。


 

嵐のメンバーより先に灯台の草原で寝転がっています。


 

灯台の先をずっと進むとこんな風景が見えてきます。


 

さらに進むと冬にはアザラシがやってくるのも見られるそうです。

こちらは今年の写真で、灯台の方には行けませんでしたが、嵐がメイキングの時にも映っていた場所です。

私達が行った時は雑草が背高く生い茂っていました。


 

 

上にも書いたように能取岬は北海道の中でも私のお気に入りの場所で、2013年に行った時の北海道ツーリング動画のタイトルバックにも使っています。


 

その動画と林の中から続く能取岬の様子を載せておきます。

「ハーレーで行くタンデム北海道ツーリング2013~道東編 」

「絶景ロード、北海道ツーリング能取岬に続く道 (2013年)」

そして2017年今年の「北海道ツーリング、能取岬に続く道 」


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村




プロフィール

メカ好きおじさん写真

メカ好きおじさん

・39年前原付、中型二輪取得
・CB50で東北野宿一周
・250cc四国・九州3週間5万円野宿
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロード
・KAWASKI2スト最後に降りる
・16年ブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCにペアライド中

twitterlogo   twitterlogo

ツイッター、インスタグラム やってます!

ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

メカ好きおじさんのツイッター