カウンター
  • 1117今日の閲覧数:
  • 1153昨日の閲覧数:
  • 12現在オンライン中の人数:
アーカイブ
カテゴリー
2017年4月27日 木曜日

100円ハーレーはあなどれない

先日、妻がダイソーで買ってきてくれた「木製3D模型、MOTORCYCLE オートバイ」を組み立ててみました。

完成した作品がこちらです。


 

実写でも好きなアングルからの撮影です。


 

リアビューです。


 

商品名は「オートバイ」とだけありますが、Vツインエンジン、アップハンドル、長いフロントフォーク、ティアドロップ型タンク、シーソーバー付きシート、エスカルゴ型リアフェンダーなど、どこをとってもハーレーを意識したクルーザータイプのアメリカンバイクでしょう。

 

商品のパッケージはこちらです。


 

「道具を使わず簡単組立」「対象年齢6歳以上」で「1.型からはずす!」「2.組み立てる!」となっています。

部品はカットされたシナベニヤが二枚、総部品点数は65点もあります。

ほかには小さな紙やすりが一枚入っていますがこれでも足りるようです。


 

パッケージの裏面が組立図ですが小さいのと、取付場所と向きがわかりにくいところがあります。

パーツの組み合わせでは一部、パズル的な手順が必要で頭を使うところもあります。

基本的にははめ込み式でこの手のものとしては割りと精度が高いのキッチリハマります。

マニュアルにもありますが一部接着剤を使うように指示がありますが、それ以外の場所でも組み立てて飾って置く時に強度を持たせるために接着剤を使用した方がよさそうです。

木工ボンドをつまようじでつければいいでしょう。

 

ベニヤ板のカットもまあまあしっかりしていますが、無理に引き取ろうとするとバリが残ったり、パーツが一部欠けたりするのでカッターなどで切れ目を入れながら慎重におこないます。


 

組み立ては説明図の順番通りに行ったほうがいいです。

特にパーツの向きは大事で左右対称でないモノもあるので番号を必ずチェックします。

説明図だけではわからないところは、表紙を切り離して完成写真を見ながら確認します。

前エンジンのシリンダーブロックとエキパイ、マフラーです。

一番上のパーツだけ接着剤で留めています。


 

フレームの間にVツインエンジンを組み込みます。

木製組立パズルの模型ではカットした表側の方がカットラインのエッジが少し凹み裏側はフラットになっていますが、このモデルではその特徴も考慮してパーツ取りしているので、例えばこのフレームも左右パーツのそれぞれ外側が表側がくるようになっています。


 

シートフレームとフェンダー、リアウインカー、ドライブなどを取り付けます。


 

右側から見たところです。


 

ハンドル、フォーク、タンクを付け、タイヤを加工します。

タンクだけでも7枚のパーツを積層して厚みを表現しています。

ホイールはキャストタイプ(?)でフロントはWディスク、リアはシングルです。

このタイヤはちゃんと回るようになっているのでパーツの角を紙やすりで磨いて滑らかにしておくといいでしょう。


 

 

完成した作品で。

サイズは長さが18cm、高さは11cm、ハンドル幅は8.5cmです。


 


 

なかなかのスタイルですが一点だけ納得できない場所があります。

それは「ヘッドライトが無い!」です。


 

フロント回りは丸い板にフレームとライトステーが組み合わさって、そこにウインカーパーツがありますがヘッドライトがイメージ出来ません。

「バイクは丸目のヘッドライトが好き」な私としてはここだけはこだわります。

パーツの余ったところに17Φの丸を描きカッターでカット、周囲にヤスリをかけて仕上げます。


 

これを前部に貼り付けて完成です。


 

という訳で一番最初に掲載した写真は、このヘッドライトを増設したものでした。

 

組み立て時間は写真を撮りながらだったので1時間半ほどかかりましたが、100円でこれだけのパーツがあって結構作りがいのある模型でした。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2015年7月5日 日曜日

ハーレーの精巧なジオラマ、RichardBOXはスゴイです!これを見たらハーレーフリークなら欲しくなる事間違いなし!

前回の記事に書いた精巧なクルマのジオラマBOX、Richard Box についてです、

実は同じようなものでバイク、それもハーレーのジオラマBOXが私のパソコンのところにも飾ってあります。


 

実物はこんな感じです。


 

細かいところまで臨場感たっぷりに演出が施されています。


 


 

BOXの裏を見てみましょう。


 

「P.Richard」というサインと認定証、それにNumberが見えます。

同じ作者、フランスのパトリック・リシャールさんの作品です。

私はこれらを実際にハーレーを購入した2008年に手に入れました。

前回紹介したお店に飾ってあったのは自動車だけでしたが、ハーレーの作品だけでも、

ルート66を旅するシーン。

いかにも長旅に出ていそうです。


 

同じハーレーのガレージでの整備シーン。


 

こちらは同じガレージでもバイクはハーレーのスポーツスター。


 

下の写真は少し小型の縦型のBOX。


 

納屋に納められたFLSTCヘリテイジ。


 

そしてスポスタ。

いかにもアメリカの郊外ではこんな形で自宅に納まっていそうですね。


 

限定カラー、100周年記念モデルのハーレーもあります。


 

そしてやはり自動車では、コルベット。

目にもまぶしいレモンイエローの車体に、BOXの赤いフレームがよく似合っています。


 

F1なんかもあります。


 

どれもすばらしい作品ですね。

当時は破格値で購入しましたが、今では国内で流通しているところも少ないでしょうし、金額もかなりのものになるんでしょうね。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2015年1月14日 水曜日

電動ハーレー販売中

 
コレ、ハーレーですよね?

 


 

 

サドルバッグ(リアフェンダー)のスタッズはヘリテイジ風です。

 

しかもトライクです。

 

さらにさらにお買い得価格の、なんと10,265円(税込み)!

 

そこのアナタ、お買いになりませんか?

 

たぶん(絶対)公道は走れませんのでノーヘルでOKです。

 

わがやの広大な庭(夢。。。ですね、ハハ)で乗り回したいな。

 


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2014年6月12日 木曜日

第53回東京おもちゃショーで気になったモノは?

今日、6月12日から東京ビッグサイトで国内最大規模のおもちゃショーが開催され、早速行ってきました。


 

春に行われた東京モーターサイクルショーと同じ西会場に国内外から157社が参加していました。


 

一般公開は14日(土)と15日(日)の2日間です。

 

その中で私が気になったモノの中で撮影可能だったいくつかを紹介します。

最初にエスカレーターで上がって3、4階のブースから見て回りました。

ウルトラマンギンガの中で使われているクルマのようです。

オジサン世代は、ウルトラマンとセブンで終わっているのでその後のものはわかりませんね。


 

昨年から出展している日本相撲協会の土俵です。

実寸大トントン相撲だけでなく一般公開日にはホンモノの力士の方も来られてチビッコ達に相撲に関心を持ってもらえるようなイベントを行うようです。


 

トヨタのブースではこの二台。

子供でも自動車の機構がわかるようなスケルトンモデルに乗って、画面に現れるとおりに操作すると、エンジンが廻りステアリングが動いている様子が見えるようになっています。

こんなフレームのクルマなら、ベニヤとかFRPで自作のボディーを乗せて走ったらおもしろいですね。


 

そしてもう一台はこちら。

自分達で描いた絵やデザインがクルマのエンジンフードのLEDに映し出される仕組みです。

ボディ全体がLEDなら、ボディーカラーやラインなど自由に何度でも変更出来ますね。

「あっちの色のクルマを買っておけばよかった」と後で後悔することがなくなります。


 

戦隊モノの烈車戦隊トッキュウジャーと写真を撮れるコーナー

戦隊というと00ナンバーサイボーグと宇宙戦隊ロビン。。古過ぎます。


 

仮面ライダーなんとか(?)でしょうか。


 

スカウターを着けてカメハメ波(でいいのかな?)のポーズで写真を撮るコーナーです。

勧められたけど遠慮したらおねえさんがやってくれました。


 

巨大、あんぱんまんの顔。


 

歴代の超合金マジンガーZシリーズ。

私の頃はウルトラマンやブースカのソフビを砂場で遊んでました。

あの頃持っていたのを遊ばずに持っていたらお宝になったのに。。。なんて事はこどもの頃には考えもしませんでしたね。


 

精密に出来ていたスターウォーズのデストロイヤー

男性以上に女性のお客さん達の食いつきが良くて、盛んにスマホで撮影してました。

映画の公開があるのでスターウォーズシリーズものは多かったですね。

あと目立ったのは「アナと雪の女王」モノですね。


 

そうそう、会場ではこういう人たちも普通に歩いていました。

先頭のスタッフさんに従ってちゃんと一列で歩いてます。

コスプレじゃなくてメーカーさんの方です。


 

タカラトミーで目立っていたのが86ベースのパトカーです。

トヨタや警視庁も協力しているそうです。


 

これだけ巨大なプラレールを持っている子がいたら、クラスでうらやましがられますね。

いや、大人買いしているマニアだったらこれくらいやっているか!


 

こちらも等身大(?)のダースベイダー


 

個人的に気に入ったのが「あべぴょん危機一髪」

巨大な樽に「景気回復のカギ」を差し込んであべぴょんを脱出させるのですが、その「カギ」には「給料up↑」「アベノミクス」「失業者を減らす」などと書かれています。


 

ぴかちゅうとフォックスカー

たまーに、ぴかちゅうデザインのクルマは街中でも見かけますね


 

ゆるキャラを二つ。

カレーメシと、


 

テレビ東京のナナナ

たまにTV画面右上に出て、くにゅって曲がってますね。


 

私のブログも一応「バイクブログ」なので、忍者タートルのデザインのバイク、ホンダ製です。

一見、旧車の方々のモノとの違いが。。。


 

河田のナノブロックで作った「モーターサイクル」

オレンジタンクに右二本出しマフラー、それにこのエアクリケースとくればどう見てもスポスタですね。


 

カッコいいバイクとくれば、キャットウーマンの乗っていたヤツですね。


 

ホットトイズさんのブースのフィギャーは凄い!の一言です。

コレ、ほんとに着るにはお腹引っ込ませなくてはダメですね。


 

歴代のアイアンマンスーツが一堂に会しています。

スタークの顔も超リアルです。


 

これも気に入った一品。

「陸上自衛隊卓上支援小隊」シリーズで、スマホやハンコ、メガネ、ペンなどのスタンドやS字フック、ケーブルホルダーなどがありました。


 


 


 

ほかにも写真は載せられませんでしたけど、「コミュニケーションロボット」や「ガンダムとザク2のメタリックナノパズル」「RCのクワッドコプター」「ケンダマグッズ」など楽しそうなおもちゃがいっぱいでした。

 

今度の土日は天気も良さそうなので、見学に来るお客さんも大勢いそうですね。

これからナニが流行るか、楽しみです。

 

【追記】

夜、薄暗くなってきて空にうっすら虹が見えました。

明日はいいことあるかな。


 

 


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2014年2月4日 火曜日

GoProを搭載したラジコンヘリでの空撮に対する懸念

今、ちまたではGoproを使った空撮がすごい盛り上がりのブームになっていますね(私が関心あるだけなのかな?)

バイクや自転車、クルマ、スキーなどのスポーツする人たちが、身につけたアクションカメラのGoProを使って躍動感たっぷりの動画をYoutubeなどに投稿しています。

私も北海道ツーリングをはじめ、バイクツーリングでの動画を撮影してアップしています。

 

そんなGoProを使った新たな撮影方法が空撮です。

GoProの高画質、高広角な映像は空撮に最適であの小さな筐体の中にぎっしり詰まったメカを、ラジコン操縦のヘリコプターに搭載して空から見てみようというものです。

今までもラジコン飛行機に搭載して撮影するものや、エンジン付きの大型ヘリコプターに搭載したものなどがありました。

でもラジコン自体が高価だったり、ヘリコプターでは操縦がかなり難しかったりと敷居が高いものでした。

そんな中で登場して爆発的ともいえる人気を博したのが電動のラジコンヘリです。

エンジンではなく電動モーターを使った複数のプロペラを持ち、ジャイロで姿勢を制御するので初めての人でも少しの練習で操縦することが出来ます。

しかも値段は6、7万円からとちょっとがんばれば手にすることも出来る値段です。

さらにGoPrpを搭載することを前提にしたパーツや、飛行時のヘリコプターの揺れを吸収して安定した画像を映せる「ジンバル」という装置も販売されています。

操縦範囲は300mくらい(?)らしいのですが、送受信機を替えると1kmでも可能だとか。

すごいのは、GPSを搭載していて万が一電波をロスト(届かない)状況になると自動的に最初の離陸地点の上空に戻ってきて、ゆっくる降下してくるらしいのです。 しかもその誤差数m!

最近ではテレビ番組でもカンタンに空撮画像が撮れるとあって頻繁に目にすることが出来ますし、Youtubeでも検索すると迫力ある空撮画像がいっぱい見られます。

 

GoProを持つ私としてもすっごく興味をもって検討してみました。

やってみたい使い方としては、

 ・自宅の家の上から家の周囲をぐるっと回して見てみたい。

 ・そしてそこから富士山やスカイツリーなんかが見られないかみてみたい

 そしてバイク乗りならではとして、

 ・ツーリングに行った先、例えばビーナスラインや志賀草津道路などを空からルートを見てみたい

 一番やってみたいのは、

 ・他の人に操縦してもらい、自分走っているところの上空後ろから追随したり左右・前後から走っている様子を撮って欲しい

  ※ 例えば、こんな感じです。
    下の動画は、YAMAHAのプロモーション動画で、山口県下関市の角島大橋での映像です。
    もちろん、この記事での「盗撮」には一切関係ありません。

などなど、夢は広がります。

 

そんなこともあってGoProを扱っているお店に行って聞いてみました。

するとそこで帰ってきた答えは意外なものでした。

それは、

「今はまだあまり問題になっていませんが、プライバシーの件があり今後この商品を扱うかどうかまだわかりません」との事でした。

詳しく聞いてみると次のような事が懸念されるそうです。

・上空から撮影するとなると、人家のない山間部ならともかく住宅のあるところや公園などでは他人の家や庭、部屋などが撮影されてしまうことがあり、「盗撮」に該当する恐れがある。

・例えば、自宅の庭にいる人物が映ってしまったり、部屋の中の様子が撮影されるのは好まない人が多い。

・また例えばプールやお風呂、特に露天風呂などの上空が撮影される恐れもある

というのが問題点となるそうです。

今までも有人ヘリコプターなどでの空撮は住宅街や温泉街の上空でもあるが、ラジコンヘリなどよりはるかに上空でありある程度、飛行・撮影・放映などのモラルが制限されていたまし。

そういえばGoogle Mapsでストリートビューが撮影された時も、プライバシーの問題が話題になりましたね。

あの時も個人宅の表札や顔、クルマのナンバーなどはボカシを入れたり、室内を映さないように配慮したのではなかったでしょうか。

 

ところがより多くの人が自由に、低高度・住宅密集地で空撮するようになると、これは問題になるかもしれないというのです。

ラジコンヘリでの空撮をする人にはそんな気は全然なくても、自分の家の近くで「高解像度の映像を撮れるヘリコプターが飛んでる」のは、やはり気分のいいものではないですね。

 

また、一部ではこれが住宅街や人の頭上で落下した場合には大きなケガになったり、道路や線路内で落下した場合には交通事故や電車事故になる恐れもあります。

今でもラジコンヘリやラジコン飛行機を飛ばしている方々は、そういった危険性の少ない場所と状況を選んでやっています。

 

もちろん現在は「規制」はされていませんので、これで空撮することは可能です。

言われるまでは単に「空から撮影出来たら楽しい映像が撮れるだろうな」くらいの気持ちでしたが、ちょっと気になってしまいました。

 


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




プロフィール


メカ好きおじさん写真
メカ好きおじさん

・41年前原付、中型二輪取得
・CB50で東北野宿一周
・250cc四国・九州3週間5万円野宿
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロード
・KAWASKI2スト最後に降りる
・16年ブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCにペアライド中


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村



twitterlogoツイッター、やってます!
twitterlogoインスタグラム、やってます!