Count per Day
  • 530今日の閲覧数:
  • 1088昨日の閲覧数:
  • 6現在オンライン中の人数:
カテゴリー
アーカイブ
2017年4月27日 木曜日

100円ハーレーはあなどれない

先日、妻がダイソーで買ってきてくれた「木製3D模型、MOTORCYCLE オートバイ」を組み立ててみました。

完成した作品がこちらです。


 

実写でも好きなアングルからの撮影です。


 

リアビューです。


 

商品名は「オートバイ」とだけありますが、Vツインエンジン、アップハンドル、長いフロントフォーク、ティアドロップ型タンク、シーソーバー付きシート、エスカルゴ型リアフェンダーなど、どこをとってもハーレーを意識したクルーザータイプのアメリカンバイクでしょう。

 

商品のパッケージはこちらです。


 

「道具を使わず簡単組立」「対象年齢6歳以上」で「1.型からはずす!」「2.組み立てる!」となっています。

部品はカットされたシナベニヤが二枚、総部品点数は65点もあります。

ほかには小さな紙やすりが一枚入っていますがこれでも足りるようです。


 

パッケージの裏面が組立図ですが小さいのと、取付場所と向きがわかりにくいところがあります。

パーツの組み合わせでは一部、パズル的な手順が必要で頭を使うところもあります。

基本的にははめ込み式でこの手のものとしては割りと精度が高いのキッチリハマります。

マニュアルにもありますが一部接着剤を使うように指示がありますが、それ以外の場所でも組み立てて飾って置く時に強度を持たせるために接着剤を使用した方がよさそうです。

木工ボンドをつまようじでつければいいでしょう。

 

ベニヤ板のカットもまあまあしっかりしていますが、無理に引き取ろうとするとバリが残ったり、パーツが一部欠けたりするのでカッターなどで切れ目を入れながら慎重におこないます。


 

組み立ては説明図の順番通りに行ったほうがいいです。

特にパーツの向きは大事で左右対称でないモノもあるので番号を必ずチェックします。

説明図だけではわからないところは、表紙を切り離して完成写真を見ながら確認します。

前エンジンのシリンダーブロックとエキパイ、マフラーです。

一番上のパーツだけ接着剤で留めています。


 

フレームの間にVツインエンジンを組み込みます。

木製組立パズルの模型ではカットした表側の方がカットラインのエッジが少し凹み裏側はフラットになっていますが、このモデルではその特徴も考慮してパーツ取りしているので、例えばこのフレームも左右パーツのそれぞれ外側が表側がくるようになっています。


 

シートフレームとフェンダー、リアウインカー、ドライブなどを取り付けます。


 

右側から見たところです。


 

ハンドル、フォーク、タンクを付け、タイヤを加工します。

タンクだけでも7枚のパーツを積層して厚みを表現しています。

ホイールはキャストタイプ(?)でフロントはWディスク、リアはシングルです。

このタイヤはちゃんと回るようになっているのでパーツの角を紙やすりで磨いて滑らかにしておくといいでしょう。


 

 

完成した作品で。

サイズは長さが18cm、高さは11cm、ハンドル幅は8.5cmです。


 


 

なかなかのスタイルですが一点だけ納得できない場所があります。

それは「ヘッドライトが無い!」です。


 

フロント回りは丸い板にフレームとライトステーが組み合わさって、そこにウインカーパーツがありますがヘッドライトがイメージ出来ません。

「バイクは丸目のヘッドライトが好き」な私としてはここだけはこだわります。

パーツの余ったところに17Φの丸を描きカッターでカット、周囲にヤスリをかけて仕上げます。


 

これを前部に貼り付けて完成です。


 

という訳で一番最初に掲載した写真は、このヘッドライトを増設したものでした。

 

組み立て時間は写真を撮りながらだったので1時間半ほどかかりましたが、100円でこれだけのパーツがあって結構作りがいのある模型でした。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク




2015年7月5日 日曜日

ハーレーの精巧なジオラマ、RichardBOXはスゴイです!これを見たらハーレーフリークなら欲しくなる事間違いなし!

前回の記事に書いた精巧なクルマのジオラマBOX、Richard Box についてです、

実は同じようなものでバイク、それもハーレーのジオラマBOXが私のパソコンのところにも飾ってあります。


 

実物はこんな感じです。


 

細かいところまで臨場感たっぷりに演出が施されています。


 


 

BOXの裏を見てみましょう。


 

「P.Richard」というサインと認定証、それにNumberが見えます。

同じ作者、フランスのパトリック・リシャールさんの作品です。

私はこれらを実際にハーレーを購入した2008年に手に入れました。

前回紹介したお店に飾ってあったのは自動車だけでしたが、ハーレーの作品だけでも、

ルート66を旅するシーン。

いかにも長旅に出ていそうです。


 

同じハーレーのガレージでの整備シーン。


 

こちらは同じガレージでもバイクはハーレーのスポーツスター。


 

下の写真は少し小型の縦型のBOX。


 

納屋に納められたFLSTCヘリテイジ。


 

そしてスポスタ。

いかにもアメリカの郊外ではこんな形で自宅に納まっていそうですね。


 

限定カラー、100周年記念モデルのハーレーもあります。


 

そしてやはり自動車では、コルベット。

目にもまぶしいレモンイエローの車体に、BOXの赤いフレームがよく似合っています。


 

F1なんかもあります。


 

どれもすばらしい作品ですね。

当時は破格値で購入しましたが、今では国内で流通しているところも少ないでしょうし、金額もかなりのものになるんでしょうね。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク




プロフィール
メカ好きおじさん写真

メカ好きおじさん

・40年前原付、中型二輪取得
・CB50で東北野宿一周
・250cc四国・九州3週間5万円野宿
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロード
・KAWASKI2スト最後に降りる
・16年ブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCにペアライド中


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村