Count per Day
  • 268今日の閲覧数:
  • 1615昨日の閲覧数:
アーカイブ
カテゴリー
2021年12月8日 水曜日

アレルギーだったエビ・フライを食べてみた

もう20年以上前からエビの料理を食べていませんでした。

ある日、寿司屋へ行って好物だった蒸しエビを食べた時、しっぽを外した手で目をこすったらもう大変!

瞬く間にまぶたが腫れて目が見えないくらいになってしまいました。

すぐにお店から奥さんにクルマを運転してもらい病院に駆け込み、生理食塩水で目を洗いステロイド注射をもらって何とか収まりました。

それ以来「エビ」は食べていません。

思い起こせば学生時代から、天丼やエビフライで尻尾が唇に触れるとその部分がぷくっと膨らむ事がありました。

今にして思えばそれがアレルギーの発症だったんですね。

私も含め日本人はエビ好きな人が多いですが、同じように唇が腫れるという友人知人が何人もいましたが、程度の差こそあれ同じようなアレルギーだったんでしょう。

それでも「エビが食べたい」「あの触感と味をあじわいたい」という私の要望にこたえて奥さんが何度か魚のすり身やカニカマなどで「エビフライもどき」や「エビマヨ風」の料理えお作ってくれていました。

実際に病院でアレルギー反応の検査をしてもらった結果がこちらです。

エビのほかに甲殻類のカニでも数値上は反応が出ていましたが、実際に症状は発症していませんでした。

それから何年かアレルギー検査を行いましたがやはりエビの反応は出たままでした。

ところが今年の秋に栗でアレルギーのような症状が出たので検査を受けたのですが、その結果がコレです。

何と「エビ」の項目は少しは出ていましたが許容範囲に収まっていました!

実際にはアレルギー検査の結果は、その時の体調などによっても変わってきますがそれでも今までずっと出たものが少なくなっていたんです。

発症して以来、20年近く食べていなかったのがよかったのかもしれません。

それでもすぐにエビを食べる自信はなかったのですが、先日ついに奥さんに「エビフライ」を作ってもらいチャレンジしてみました。

さすがに尻尾の部分は何となくエキスが濃そう(?)だったので外してもらいました。

20年ぶりに食べたエビフライ、そうそうあのプリプリとした食感と忘れかけていた味が蘇ってきました。

万が一を考えて病院のやっている時間帯でしたがその後も体調に問題はありませんでした。

うーん、やっぱりエビはおいしいですね。

でもだからと言ってまたすぐにエビを食べ始めるつもりはありません。

様子を見ながら期間を開けて少しずつチャレンジしていってみようと思っています。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年10月8日 金曜日

二回目のワクチン接種を受けてきた

ようやく二回目のワクチンを接種してきました。

初めのころは造影剤のアレルギーがあるのでワクチン接種は出来るのかな、とか数年後に副作用が出ないかなどを心配して接種予約を見合わせていましたが、第三波、四波の頃の急拡大が心配で接種することにしました。

でもなかなか予約が取れずようやく二回の接種を終えることができました。

1回目は小児科の病院の先生に注射を打ってもらったので痛みがなかったですね。

いつもお子さん相手に注射をしているからうまいのかな。

心配していた副反応の方も、1回目は微熱が上がったり下がったりで腕に力が入らずだるさがありました。

二回目の今回は、熱のほうは接種時が36.4度で当日夜は36.1度、翌朝は35.8度と正常値でした。

打った腕全体は多少熱を持っていて動かすと痛みがあり、体全体に倦怠感がある程度で済んでいます。

今日は天気もいいですが、さすがにバイクでのツーリングは控えておきます。

もらった「新型コロナウイルス ワクチン接種済」のステッカーをスマホに貼ったので、電車の中で操作しているときなどにほかの方にもアピールできますね。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年9月30日 木曜日

栗のアレルギーになっても病院行けなかった

秋の味覚の栗。

道の駅で生栗を買ってきて、奥さんと皮を剥いて栗ご飯にしたり、マロンペーストにしてトーストで食べていました。

ところが。。。!

今日、奥さんがつくってくれた栗のケーキを食べたところ、食事をした直後から喉がいがらっぽくなって「ゴホン、ゲホン」の連続。

あれ、なにか喉に引っ掛かったかな?と思ったけど、それからもしばらく喉の調子が悪くなってしまった。

そして段々喉の奥の方の通りが悪くなったようで呼吸にも影響が出てきた。

これは完全に「栗のアレルギー」だと思い、そのまま放置してアナキラフィシーで呼吸困難になったら大変と、すぐに奥さんに病院に電話してもらうことにしました。

幸い、まだそれほどひどい状況ではなく呼吸は出来ていたので救急車を呼ぶまでではないかなと判断。

最初、いつものかかりつけの総合病院に電話するも、なぜか「アレルギーですか、蕁麻疹とか出ていますか?」と聞かれ奥さんが「いえじんましんは無く呼吸が苦しいようです」と伝えたのに「今は皮膚科の先生がいないので診察出来ません」と拒否されてしまった。

しかたなく他の病院を探すも、アレルギーを診てもらえそうな病院は三院ほど見つかったがいずれも木曜日は休診ということで電話すらつながらない。

少し前に掛かった大学病院に電話しようと思ったが、案内アナウンスで「緊急センターに伝えてから受診するように」というような内容ですぐには診てもらえそうにない。

時間はもう5時を過ぎてしまい、これから病院に向かっても診察してもらえない。

そのうち少しずつ喉の状況は落ち着いてきて、呼吸も普通に出来るようなったのでひとまず安心して自宅で様子をみることにした。

もう十数年前、エビのアレルギーが発症した時は、寿司屋で大好物だった蒸しエビのしっぽを取った指で目をこすったら忽ち瞼が腫れてほとんどが目見えない状態に陥ってしまった。

その時は一緒に行った奥さんにクルマを運転してもらい病院に駆け込み、生理食塩水で目を消毒してステロイドを点滴して事なきを得た。

それまで何の問題も食べられていたエビ類が、それ以来一切口に出来なくなったというか触ることも出来なくなった。

そんな経験があったから、今回も数日前まで普通に食べていた栗で急にアレルギーになって食べられなくなったのがショックだったと共に、いざという時にどこの病院でも急には受け入れてもらえないというのが絶望的に思えてしまった。

まあ、もっと深刻な状況になったら躊躇せず救急車を呼んで病院を探してもらうのが一番ですね。

呼吸困難になったら命に関わるからことですから。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




プロフィール

 

メカ好きおじさん写真

メカ好きおじさん

・40年前原付、中型二輪取得
・CB50で東北野宿一周
・250cc四国・九州3週間5万円野宿
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロード
・KAWASKI2スト最後に降りる
・16年ブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCにペアライド中

ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

twitterlogo
ツイッター、やってます!