Count per Day
  • 1676今日の閲覧数:
  • 1737昨日の閲覧数:
アーカイブ
カテゴリー
2021年6月5日 土曜日

指先サイズのミニミニ・ベストのチャーム

レザークラフトでチョコチョコっと作っている指先サイズのミニミニ・ベストのチャーム。

大きい方は中に三連のキーケースが付いていて前のホックが外れるから鍵を収納する事が出来ます。

小さい方はそれの更にミニサイズになっていてこちらはホックは外れず、チャームとしてバッグやスマホなどに付けるように作っています。

今ストックがあるのはこちらの10個、ほとんどがヌメかヌメロ革なので時間の経過とともにアメ色になるエイジングが楽しめます。

制作途中で、革をカット・穴開け・カシメ留めまで済んでいるのが6個。

7月の北海道ツーリングまでに全部でいくつ出来るかな。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年5月17日 月曜日

指先サイズのミニミニ・ライダースジャケット制作中

手の平サイズのミニ・ライダージャケットの、さらに小さな3/4サイズのミニミニ・ライーダースを制作中。

今度は指先サイズでチャームにしようかな。

太さ1cmの腕部分の縫い目に注目!

後は襟を留めてポケットや袖口のファスナーを付けて完成です。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年1月8日 金曜日

スタンピングリーフを使ったレザークラフトでアマビエのブックカバーを作ってみた

とうとう二回目の緊急事態宣言が出されましたね。

新型コロナの早期解消を願ってアマビエのブックカバーを作ってみました。

使ったスタンピングリーフの材料と道具はこちら。
スタンピングリーフの他はつや消しクリアのスプレー、家にあるアイロンとクッキングシートです。

使った原稿です。 左は知人が描いたもので右は私が描いたイラストです。

はがき全面サイズでスタンピングリーフをやるとご覧のとおりゴミばかりになってしまいました。 何年やってもなかなか一発ではうまくいきませんね。

そこで二回目は以前ブログで紹介したテクニックを使ったところ、今度はほぼゴミ取り無しで二つの版とも完璧に出来ました。

あとはレザークラフトで、普通のブックカバーのように両端に裏側を貼って菱目を開け手縫いします。

せっかくなのでアマビエの栞も作ってみました。

完成したブックカバーです。
写真ではわからないでしょうけど一人(?)だけアマビエの向きが違うのが居ます。

こちらが裏側のイラストになります。

新型コロナが早く収まってくれればいいですね。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2020年12月28日 月曜日

レザークラフトの無料型紙ダウンロード、配布を終了しました

今まで、私のこのブログやレザークラフト専門ウェブサイト「メカ好きおじさんのはじめてのレザークラフト」では、私が作ってきた作品の型紙をPDFデータで無料でダウンロードできるようにして配布してきました。

しかしながら数日前に、複数の違法サイトで無断で私の作った作品や型紙を有料で販売していることを見つけました。

専門家の方とも相談しましたが、私と無関係とはいえ違法サイトに利用され、その中で私のハンドルネームやこのサイト名などが掲載されていることをかんがみ無視することはできないという結論に達しました。

したがいましてこれまでアップしてきた型紙も含めて、無料のダウンロードを終了、型紙データを削除しました。

これまでは一人でも多くの方にレザークラフトの楽しさを知っていただきたいと思い、そのための小さな手助けだと思って型紙を無料で配布してきましたが、このような状況になるとそれも無駄になってしまいます。

実際に私のサイトから型紙をダウンロードして作ったよ、というようなコメントもほとんどいただいた事がなかったので、どれくらいの方が活用されていたかわかりませんので困る方もあまりいないと思っています。

もし私の作った型紙でも欲しいという方がいらっしゃたらメルカリ等で正式に販売していくかもしれません。

状況をご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2020年12月1日 火曜日

鬼滅の刃の炭治郎と禰豆子の着物柄の折り紙を折ってみた

まだまだ人気の衰えない鬼滅の刃の折り紙を折ってみた。
主人公達が着ている柄の着物です。

パソコンで炭治郎の市松模様と禰豆子の麻の葉柄の二種類に、「滅」の文字や帯の模様を加えてみた。

データが欲しい方は。。。いないでしょうね。

プリンターで印刷したらカットして四角い折り紙にします。

炭治郎の方から。 実際には羽織なんでしょうけど基本折り紙に「着物」があったのでそのパターンで折ってみた。
まずは滅の字がこのように現れるよう向きで二つ折り。

表と裏の端を折って襟にします。 実際にはこのような白い襟はないけど折る為に必要です。

滅の字の無い方を上にして両方の角を三角に折ります。

このようになったら裏返します。

間に隙間が出来るようにして、両サイドを上に折ります。

裏の膨らみを広げて袖にします。

しっかり折り目を付けて形を整えます。

表に返して完成です。

続いて禰豆子の着物です。
こちらの折り方はカンタンなものですがオリジナルです。

四角に折って紙の半分の位置に印を付けておきます。

表の上の端を少しだけ折り返して白い襟にします。

裏返してこの位置になるように左右の重ね襟を折ります。

帯の部分を折り返します。

帯の下の部分を少しだけ折ります。

帯を襟の下にくるように持ち上げます。

左右の袖の部分を柄の境目で折ります。

表から袖が見えるように折ってはみ出ている部分は裏側に折っておきます。

折り目をしっかり付けて禰豆子の着物の完成です。

鬼滅の刃の炭治郎と禰豆子の着物の折り紙の完成です。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2020年9月28日 月曜日

小さな蒸気機関車の鉄道模型を買ってみた

先日、仕事関係で小さなジオラマを二つほど作ってみました。
一つは丘のある風景の中に針金の線路を敷いておもちゃの汽車をのせていました。 でも小さな子どもが作るようなレベルのものでした。

そのせいもあって何となく「本格的なジオラマ模型を作ってみようかな」という気になりました。
せっかくなので実際に走る汽車も欲しくなって、Nゲージで一番小さく手頃な津川洋行製の「コッペル1号機」という蒸気機関車を購入しました。

ケースの中身はこんな感じです。
右側のエッチングパーツはグレードアップ用のパーツで配管や手すりなどです。

写真では大きく見えますが、全長は3cmちょっとで手のひらというより小指の上に乗ってしまうほどの小ささです。

それでもこのキャノピーの中にモーターが収まっていてちゃんとレールの上を走ります。
リベットなども細かく表現されています。

下から見たところです。 モーターの回転をウォームギアで減速して前後の動輪を動かしています。

本体ははめ込み式でこれだけのパーツに分解出来ます。

付属しているのはエッチングパーツだけはなくホワイトメタルの煙室やカプラーもあります。
こちらに載せ替えれば多少重量がアップして空転を防ぎ走行性能が少しアップするようです。

どこまでディテールアップするか、エッチングパーツを付けるか、ウェザリングを施すかまだ決めていませんが煙突に自作のパーツを追加してみました。

木曽森林鉄道型というよりよりオモチャっぽくなったかな。

同じNゲージのD51との比較です。 実際にはナローゲージなので縮尺は違いますが同じ9mm幅のレールの上を走ります。

私が持っているNゲージはこのD51以外はすべて貨車系で客車はありません。
11輌の客車を引いてもD51は難なく走行しています。

元々、私の父が鉄道模型が好きだった影響もあって私も中学高校の頃に少しだけ鉄道模型を購入しました。
といっても当時の主流はHOゲージで車輌の値段も高く、お小遣いの範囲で買えたのは動輪2つのBタンクやBテンダーでした。 当時から蒸気機関車が好きでした。

その内の1輌のBテンダーは40数年経った今でも持っています。

HOサイズのレールの道床は今のようにプラスティックではなく木製でグレーに塗装されていました。 真鍮製のレールも実際に犬釘で固定されています。
信号機と車輌留のセットです。

このBテンダーは当時購入した時のままの箱入りで、今は無き(有)つぼみ堂模型店と表示されています。
6年ほど前にもこのBテンダーをブログで紹介しましたが、その際にはつぼみ堂を経営されていた方のお孫さんからコメントをいただきました。

HOゲージのBテンダーの下から見たところは、今回購入したNゲージのコッペルに似ていますね。

Bテンダーの他にも未使用のHO用モーターが2個、そして高校生の頃途中までつくりかけたペーパー車輌がありました、

これは50数年前に父が購入した日光号の列車です。
動力車の方はボディー以外の床部分は父の手づくりのようです。

話が長くなりましたが、今回のこの小さな小さな蒸気機関車を使って15cm四方のベースの中に線路を敷いて森林風景のジオラマを作る予定です。
すでにフレキシブルレールやケース、土台となるスタイロフォーム、カラー砂などは購入してあります。

これからどんなレイアウト、ジオラマにするか設計するのが楽しみです。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2020年8月31日 月曜日

レザークラフト専用アカウントのツイッターを始めました

今までこのブログと連動してやってきたツイッターのアカウントは、バイク(ハーレー)ネタだけでなくレザークラフトなどの手づくり関連も一緒のごった煮だったので、レザークラフトだけ別にした専用アカウントで始めました。

見たいただく方も主にレザークラフトなどをやっている方なので反応もいいようです。

解説して3日でフォロワーの方も200人近くになりました。

サイトは コチラ(https://twitter.com/leathecra_mecha) です。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2020年8月28日 金曜日

古民家のジオラマをつくってみた

急に思い立って昔なつかしい古民家のジオラマをつくりたくなった。
といってもジオラマ自体、ほとんどつくった事がない。
でも一応出来上がった作品がこちらです。

それでは制作過程です。
ベースにしたのはA4サイズの木枠のフォトフレームです。 そのままでは大きすぎるので枠をカットして半分のA5サイズにしました。
そこに発泡スチロールのベースをはめ込み、手前の川の部分だけ指で削ります。
その上に軽量粘土をのせ地形を作成。 古民家のある奥を高めにして階段や段々畑を造形します。

古民家の壁や屋根はフォトフレームの裏側に使っている木製チップを固めた板をカットしています。
大きさを決めてのせて確認します。

家の中の間取りや外壁はパソコンのイラストレーターで作成しています。
障子は実際にスライド出来るように可動式に、土間には粘土でかまどをつくりました。

土台壁の上には木製の梁を角材でつくり、黒のスプレーでぼかしながら吹き付け燻した感じにしています。 まあここは屋根をのせると見えなくなるんですけどね。

屋根は卓上用のシュロのほうきをばらして茅葺き風にしています。 木製板のベースに穴を開け茶色のテグスで縛って表現。 木工ボンドを塗ってバラけないようにしています。

長めにしてあった茅葺き屋根をハサミでトリミングしながらカットしてのせます。
屋根は接着せず、室内が見えるようにしています、

地形をアクリル絵の具で塗って表現、家の前や道はジオラマ用の本物の砂をボンドで固めています。

木板を魚の形にカット、爪楊枝とともに細い穴を開け9ピンを刺して自在鉤をつくりました。

庭から見たところで、板の間のいろりの上に自在鉤が下がっています。

全体の風景を仕上げます。
屋根の上を細工材でつくり苔むした感じに塗装。
川は水の色を塗装で仕上げ透明プラ板で水面を表現。

木の生け垣は黒い紐で縛りその上に赤トンボがとまっています。 サイズ感は無視(虫)してくださいね。
川の上の橋も細工材です。

柿の木はアクセサリー作成用の針金をよじってその上に茶色のフローラルテープを巻いています。
柿の実は粘土でつくり葉っぱは緑に印刷した紙をハサミでカットしていますが、表と裏で色の濃さを変えています。

段々畑には大きなオバケかぼちゃ?

部屋の前の縁台の上では1cmほどの三毛猫がお昼寝の最中です。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2020年8月21日 金曜日

竹筒の中を泳ぐ金魚を作った

これは竹の筒の中で優雅に泳ぐ金魚を表現したものです。

金魚は前回の「曲げわっぱの金魚」と同じくシリコン型で作る立体金魚です。
使ったレジン液は透明度が高く経年劣化での黄変が少ない「星の雫」を使いました。 このレジン液ならLEDランプを使った15秒くらいで硬化出来ます。
型が一個あれば大小二種類の金魚がいくつでも作れるのでいっぱい作っちゃいました。
白と黄色のものは試しに紙粘土と樹脂粘土で作ってみましたが細かなモールドまでは表現出来ていませんでした。

竹筒の底に敷いたのは白色石灰石を使って盆栽や枯山水の造園用に使う「寒水石」です。

水草は乾燥させた本物の草と紙に印刷した浮草です。
金魚と浮草は透明プラ板を「コ」の字に曲げたもの貼って、底から少し浮いた状態にしました。

手の平に乗る小ささでこれも涼しげですよ。
暑さのピークも今週まででそろそろ秋の気配が訪れてくるようです。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2020年8月17日 月曜日

ミニチュアサイズの曲げわっぱの金魚をつくってみた

暑い日が続きますね。

少しでも涼しく感じられるように水の中を泳ぐ金魚をつくってみました。
どうせなら風流な木の曲げわっぱの中を泳がせてみました。

曲げわっぱの材料はこちらのヒノキの薄い板。
これを水につけて柔らかくして、ゆっくりゆっくり手で曲げて直径7.5cnの輪っかにしました。
端の部分は接着ではなく、あえて黒い針金で目立つようにしました。

中に入れる金魚はリアルな方がいいので、立体シリコン型にUVレジンを流して固めました。
大小いっぱいの金魚をつくりました。

水槽の中には真っ白な石に水草風のものを植えます。

出来上がった「曲げわっぱ金魚です」
手のひらサイズでかわいいでしょう。

脚の部分もヒノキをカットして組み合わせました。

小さい方の金魚は最初透明なままでしたが、やはりクリアオレンジの塗料で塗装した方がリアルになりました。

少しは涼しさを感じられますでしょうか。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




プロフィール

 

メカ好きおじさん写真

メカ好きおじさん

・40年前原付、中型二輪取得
・CB50で東北野宿一周
・250cc四国・九州3週間5万円野宿
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロード
・KAWASKI2スト最後に降りる
・16年ブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCにペアライド中

ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

twitterlogo
ツイッター、やってます!