カウンター
  • 119今日の閲覧数:
  • 1060昨日の閲覧数:
  • 5現在オンライン中の人数:
アーカイブ
カテゴリー
2020年4月1日 水曜日

フィモレザーの立体モチーフ付きパスケースの制作工程を紹介した動画をアップしました

先日紹介した、オーブンで焼くと革風になる粘土フィモ・レザーを使って、ハーレーのピンバッチから型取りした立体モチーフの付いたパスケース。
その制作工程を紹介した動画をアップしました。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2020年3月29日 日曜日

ミニ・ランドセルの制作工程を紹介した動画をアップしました

先日紹介した、パープル色のミニ・ランドセルの制作工程woYoutubeにアップしました。

型紙づくりからトレース、縫いと金具付けなどを紹介しています。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2020年3月22日 日曜日

フィモのオーブン粘土でレザーの立体レリーフ付きパスケースをつくった

オーブンレンジで焼くとレザーのような風合いになる粘土、文具メーカーのステットラーから発売されている「フィモ・レザー」を使って、ハーレーのバッチを型取りした立体レリーフ付きのパスケースをつくってみました。
フィモ・レザーはこんな製品です。

完成したのがこちらです。

型取りしたバッチが付いていたのは以前つくったスマホケースのフラップの部分です。
割と細部まで再現出来ていると思っていますがいかがでしょうか。

それではつくり方の紹介です。

最初にバッチ部分をシリコン樹脂で型取りします。
使うのはこの「ブルーミックス2」です。

使い方はまず青と白の粘土状のものを同量取り出します。

これを色が均一になるように手早くこねて混ぜ合わせます。 作業時間に制限があって、1分45秒以内に作業をするのですが型に押し当てる時間も必要なので、こねる時間は1分以内に行います。
うまく均一にこねられたらバッチに押し付けながらのせていきますがこの時気泡などが入らないように注意します。

ブルーミックスは30分ほどで硬化しますが念の為1時間ほど経ってからバッチをはがします。

うまく型取り出来たら「フィモレザー」を袋から取り出して柔らかくなめらかになるまでよくこねます。
フィモレザーは12色くらいありますが、今回は黒色を使いました。
そしてさきほどの型の中にこちらも気泡を入れないように注意しながら押し付けていきます。

フィモレザーを型から取り出しますが、固まっていないので歪んだりちぎれたりしないように注意します。
型取りしたものとは別のヂモレザーを用意して、のし棒で伸ばして「平らな革」をつくります。

型取りしたレリーフと平らなシートにしたフィモレザーをオーブンレンジで130度に予熱した後、30分焼きます。 この時鉄板プレートに直接触れないようにダンボールと耐熱クッキングシートを下に敷いておきます。

30分経過したら取り出しますが熱いので気をつけます。

けっこう細部まで表現出来ています。 思ったほど縮んではいないようでした。

平らなシートの方はパスケースの型紙のサイズに合わせてカッターでカットします。

カードを出し入れする窓のサイズを測ります。

透明パーツは市販品もありますが、ここではクリアファイルをカットしてつくっています。

窓をくり抜いたシート状のフィモレザーにクリアパーツを貼るのですが、本物の革ではないので革用接着剤は使用できません。 かわりに多種のプラ系にも接着可能な「ウルトラ多用途SU ソフト」を使って接着します。

菱目打ちで縫い穴を開けます。
本革と違って多少滑りやすいのでまっすぐ開けるのが難しかったですね。

通常のレザークラフトと同じように、ロウ引き糸と二本針で平縫いします。

パスケースにレリーフを接着する際もウルトラ多用途SU ソフトを使います。

出来上がったフィモ・レザーを使ったパスケースと元になったスマホケースです。

こちらはパスモを入れた面です。

使ってみた感想です。
 ・オーブンで焼いた粘土の割には柔軟性があって手触りは革に近い
 ・平たく伸ばすのに「のし棒」を使ったがうまく平にならなかった
  パスタマシンのように伸ばす機材を使った方がうまくいくかも
 ・焼く前にレリーフとシートを重ねて焼いてみたがうまくいかず焼いた後で剥がれてしまった
  今回の作例は2作目
 ・菱目打ちが滑りやすくまっすぐ穴を開けるのに苦労した
 ・本革だと縫い糸が革に多少埋め込まれるが、フィモシートは表面から沈み込んでいかなかった

でも革風につくれる特徴を活かしていろんなアイデアが湧いてきそうです。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2020年2月26日 水曜日

今度は赤と黒の革でミニチュアグッズをつくります

先日紹介した「パープル革と金具たち」では、

これらの材料でかわいいミニチュアサイズのランドセルをつくりました。

今回はまっかな革と赤いカシメそれに家にあった黒い革で、またミニチュアサイズの小物をつくります。

さて何ができるかお楽しみ。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2020年2月21日 金曜日

レザークラフトでパープルカラーのミニチュアサイズのランドセルをつくってみた

趣味のレザークラフトで、今までにも何度か作ってきた手のひらに乗るミニチュアサイズのランドセルです。
今回は今どきのカラーバリエーションのパープルというかラベンダー色です。
使った革は牛革の型押しで厚さは1.8mmとけっこう厚めのものでしたので加工は少し大変でした

今までのものとサイスや基本のつくりは同じですが、かなり細かいところにも細工しました。
「肩ベルト」には飾りステッチを入れ、裏側の白い部分を実際のものと同じようなデザインに変えました。
わかりにくいですは「背当て」のクッションの形も実物と同じように中央を外したものにしました。

「かぶせ」の飾りステッチはデザインを見直し、ハトメはハートのパーツにしてさらに中央に同じ革を薄く漉いてハートの立体に被せてワンポイントにしました。
周囲には、これも薄く漉いた革を縁取りに巻きました。

「かぶせ」を開けた「前ポケット」にも飾りステッチを入れています。

この時間割と名札はデザインを変えてかわいくしてみました。

今までつくってきたシリーズのものと並べてみました。

赤い牛革のランドセルのかぶせには、私の卒業した小学校の校章をパソコンで作成して金色で箔押ししてあります。
右の黒いのは、ホンモノのランドセルでも高級品に使われているのと同じ馬のお尻のコードバンですが、中でも質のいい部位のところを使っています。

こうしてみるとホンモノみたいです。

今回のランドセルにも、ミニチュアサイズのノート2冊と木製定規、それに鉛筆とペンケースを付けています。

今回のミニチュア・ランドセルの制作工程は動画で公開予定です。 見てね!


お子様の思い出のランドセルを小さくリメイクするには、


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




プロフィール


メカ好きおじさん写真
メカ好きおじさん

・41年前原付、中型二輪取得
・CB50で東北野宿一周
・250cc四国・九州3週間5万円野宿
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロード
・KAWASKI2スト最後に降りる
・16年ブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCにペアライド中


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村



twitterlogoツイッター、やってます!
twitterlogoインスタグラム、やってます!