カウンター
  • 547今日の閲覧数:
  • 1704昨日の閲覧数:
  • 370今日の訪問者数:
  • 1102昨日の訪問者数:
アーカイブ
カテゴリー
2020年9月28日 月曜日

小さな蒸気機関車の鉄道模型を買ってみた

先日、仕事関係で小さなジオラマを二つほど作ってみました。
一つは丘のある風景の中に針金の線路を敷いておもちゃの汽車をのせていました。 でも小さな子どもが作るようなレベルのものでした。

そのせいもあって何となく「本格的なジオラマ模型を作ってみようかな」という気になりました。
せっかくなので実際に走る汽車も欲しくなって、Nゲージで一番小さく手頃な津川洋行製の「コッペル1号機」という蒸気機関車を購入しました。

ケースの中身はこんな感じです。
右側のエッチングパーツはグレードアップ用のパーツで配管や手すりなどです。

写真では大きく見えますが、全長は3cmちょっとで手のひらというより小指の上に乗ってしまうほどの小ささです。

それでもこのキャノピーの中にモーターが収まっていてちゃんとレールの上を走ります。
リベットなども細かく表現されています。

下から見たところです。 モーターの回転をウォームギアで減速して前後の動輪を動かしています。

本体ははめ込み式でこれだけのパーツに分解出来ます。

付属しているのはエッチングパーツだけはなくホワイトメタルの煙室やカプラーもあります。
こちらに載せ替えれば多少重量がアップして空転を防ぎ走行性能が少しアップするようです。

どこまでディテールアップするか、エッチングパーツを付けるか、ウェザリングを施すかまだ決めていませんが煙突に自作のパーツを追加してみました。

木曽森林鉄道型というよりよりオモチャっぽくなったかな。

同じNゲージのD51との比較です。 実際にはナローゲージなので縮尺は違いますが同じ9mm幅のレールの上を走ります。

私が持っているNゲージはこのD51以外はすべて貨車系で客車はありません。
11輌の客車を引いてもD51は難なく走行しています。

元々、私の父が鉄道模型が好きだった影響もあって私も中学高校の頃に少しだけ鉄道模型を購入しました。
といっても当時の主流はHOゲージで車輌の値段も高く、お小遣いの範囲で買えたのは動輪2つのBタンクやBテンダーでした。 当時から蒸気機関車が好きでした。

その内の1輌のBテンダーは40数年経った今でも持っています。

HOサイズのレールの道床は今のようにプラスティックではなく木製でグレーに塗装されていました。 真鍮製のレールも実際に犬釘で固定されています。
信号機と車輌留のセットです。

このBテンダーは当時購入した時のままの箱入りで、今は無き(有)つぼみ堂模型店と表示されています。
6年ほど前にもこのBテンダーをブログで紹介しましたが、その際にはつぼみ堂を経営されていた方のお孫さんからコメントをいただきました。

HOゲージのBテンダーの下から見たところは、今回購入したNゲージのコッペルに似ていますね。

Bテンダーの他にも未使用のHO用モーターが2個、そして高校生の頃途中までつくりかけたペーパー車輌がありました、

これは50数年前に父が購入した日光号の列車です。
動力車の方はボディー以外の床部分は父の手づくりのようです。

話が長くなりましたが、今回のこの小さな小さな蒸気機関車を使って15cm四方のベースの中に線路を敷いて森林風景のジオラマを作る予定です。
すでにフレキシブルレールやケース、土台となるスタイロフォーム、カラー砂などは購入してあります。

これからどんなレイアウト、ジオラマにするか設計するのが楽しみです。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2020年8月31日 月曜日

レザークラフト専用アカウントのツイッターを始めました

今までこのブログと連動してやってきたツイッターのアカウントは、バイク(ハーレー)ネタだけでなくレザークラフトなどの手づくり関連も一緒のごった煮だったので、レザークラフトだけ別にした専用アカウントで始めました。

見たいただく方も主にレザークラフトなどをやっている方なので反応もいいようです。

解説して3日でフォロワーの方も200人近くになりました。

サイトは コチラ(https://twitter.com/leathecra_mecha) です。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2020年8月28日 金曜日

古民家のジオラマをつくってみた

急に思い立って昔なつかしい古民家のジオラマをつくりたくなった。
といってもジオラマ自体、ほとんどつくった事がない。
でも一応出来上がった作品がこちらです。

それでは制作過程です。
ベースにしたのはA4サイズの木枠のフォトフレームです。 そのままでは大きすぎるので枠をカットして半分のA5サイズにしました。
そこに発泡スチロールのベースをはめ込み、手前の川の部分だけ指で削ります。
その上に軽量粘土をのせ地形を作成。 古民家のある奥を高めにして階段や段々畑を造形します。

古民家の壁や屋根はフォトフレームの裏側に使っている木製チップを固めた板をカットしています。
大きさを決めてのせて確認します。

家の中の間取りや外壁はパソコンのイラストレーターで作成しています。
障子は実際にスライド出来るように可動式に、土間には粘土でかまどをつくりました。

土台壁の上には木製の梁を角材でつくり、黒のスプレーでぼかしながら吹き付け燻した感じにしています。 まあここは屋根をのせると見えなくなるんですけどね。

屋根は卓上用のシュロのほうきをばらして茅葺き風にしています。 木製板のベースに穴を開け茶色のテグスで縛って表現。 木工ボンドを塗ってバラけないようにしています。

長めにしてあった茅葺き屋根をハサミでトリミングしながらカットしてのせます。
屋根は接着せず、室内が見えるようにしています、

地形をアクリル絵の具で塗って表現、家の前や道はジオラマ用の本物の砂をボンドで固めています。

木板を魚の形にカット、爪楊枝とともに細い穴を開け9ピンを刺して自在鉤をつくりました。

庭から見たところで、板の間のいろりの上に自在鉤が下がっています。

全体の風景を仕上げます。
屋根の上を細工材でつくり苔むした感じに塗装。
川は水の色を塗装で仕上げ透明プラ板で水面を表現。

木の生け垣は黒い紐で縛りその上に赤トンボがとまっています。 サイズ感は無視(虫)してくださいね。
川の上の橋も細工材です。

柿の木はアクセサリー作成用の針金をよじってその上に茶色のフローラルテープを巻いています。
柿の実は粘土でつくり葉っぱは緑に印刷した紙をハサミでカットしていますが、表と裏で色の濃さを変えています。

段々畑には大きなオバケかぼちゃ?

部屋の前の縁台の上では1cmほどの三毛猫がお昼寝の最中です。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




プロフィール


メカ好きおじさん写真
メカ好きおじさん

・41年前原付、中型二輪取得
・CB50で東北野宿一周
・250cc四国・九州3週間5万円野宿
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロード
・KAWASKI2スト最後に降りる
・16年ブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCにペアライド中


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

twitterlogoツイッター、やってます!
twitterlogoインスタグラム、やってます!