Count per Day
  • 178今日の閲覧数:
  • 1206昨日の閲覧数:
カテゴリー
2017年11月19日 日曜日

日産ジュークのワイパー交換

わがやの車は日産ジュークですが、最近雨の日に走った時にワイパーの拭きムラが目立つようになってきました。


 

特に助手席側の方がひどく、ワイパーを動かしても雨の筋が残ってしまいます。


 

気になりだすとどうしても修理したくなるのでワイパー交換をやってみました。

事前にディーラーに確認すると、ワイパーゴム交換は作業込みで約4千円、ゴムパーツ販売だけだと3500円くらいだそうです。

ちなみに「ワイパーゴム」とは拭き取りをするゴムの部分のみを指し、「ワイパーブレード」とはゴムを支えている金属製の(一般的には)黒いアームの部分までを含めます。

通常は「ワイパーゴム」の交換のみを行えばいいのですが、新しいゴムに変えても拭きムラが残ったり、歪んでしまいビビリ音が出るようになってしまったら「ブレード」ごと交換します。

通常の車用だと、カー用品や大きなホームセンターに行けば車種ごとに適合する汎用性のワイパーゴムのみを販売しています。

ところが日産ジュークの場合、適合表に該当するゴムが載っていません。

端の部分の固定方法が特殊らしいのです。

ネットで探しても、同じサイズではなく少し短いものが多数ありましたが、できれば同じサイズのものがよかったのでそちらを選びました。

アマゾンで注文すると2,3日でこんな大きな箱に入って届きました。


 

PITWORK製のもので、運転席側575mm、助手席側350mmの純正と同サイズのものです。

ピットワークとは、日産の純正部品と変わらない品質がありながら、日産車以外にも適用可能な汎用性を備えた補修部品のブランドです。


 

ワイパーゴムの交換ですが、まずはアームからブレードを外します。

ここで日産ジュークは一手間必要になります。

ワイパーを使用していない時はボンネット後の下に入るようになっているのでそのままでは起こすことができません。

エンジンを切ってすぐに車内でワイパー動作スイッチを入れるとワイパーが途中まで動いてきて止まります。

この位置ならアームを起こしてブレードを引き抜く事ができます。


 

先端ですが、上のブレードに付いているのが純正のもの、下のものが今回購入したパーツです。


 

ブレードからの外し方ですが、先端を上から見るとブレードのホルダー部の左右ともに、ゴムの溝にハマっている金属プレートの出っ張りがあります。


 

そのためブレードの爪を広げて外している方もいるようですが、爪を変形させて動きが悪くなるのは嫌なので爪は加工しません。


 

代わりにペンチで金属プレートをゴムの中の溝に押し込むようにペンチなどで挟んで、写真左方向に押せばカンタンに爪から外すことが出来ます。


 

一箇所、はずせれば後は爪と溝に沿ってスライドさせれば古いゴムを取り外せます。

その後、写真の上にある新しいゴムに金属プレートをはめてブレードにスライドさせれば交換終了です。


 

ワイパーブレードをワイパーアームに取り付けて、車内でエンジンスイッチを入れればワイパーは元の位置に戻ります。

慣れている方nara10分もかからず交換が出来てしまいます。

これで雨の日でもすっきりした視界で運転することが出来ます。

 


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村




2017年2月10日 金曜日

日産ジュークのフロントからのビビリ音対策

ウチのクルマは日産ジュークです。


 

以前乗っていた三菱パジェロのあまりの燃費の悪さ(ハイオクでリッター5、6キロ)に閉口して買い替えたのでした。

出た当初は奇抜なスタイルとか言われていましたが(今も?)、乗り慣れてしまえばそうでもありません。

今度の冬前にはフルモデルチェンジも噂されています。

そのジュークですが、冬場の寒い時になると運転席や助手席の前の方から「キュルキュル、ビリビリ」というような音が聞こえてきます。

キュルキュル音だとファンベルトなどのスリップ音の事もありますが、それとは違います。


 

エンジンを掛けただけでは音はせず、走り始めると鳴り出します。

その後、昼時など暖かくなると音は小さくなります。

冬以外では音はしません。

ネットで検索してみると同じような症状の書き込みが見つかります。

いろいろ検証した結果、どうやらフロントウインドウとその下部の黒いパネルが擦れて音がしているようです。


 

対策としてこの隙間に薄いゴムを挟んでみることにしました。

0.5mm厚のゴムシートを購入。


 

適当な幅に切ります。


 

この部分に挟んで完成です。


 

これで音がしなくなるといいのですが、はたして走行結果は。。。

 

 

ダメでした。

音はかわりません。

どうもゴムシート自体がすべってしまい、フロントウインドウとプラパネルの擦れを止める事ができなかったようです。

 

でも最終的には音をかなり小さくすることに成功しました。

その方法は。。。

単純にフロントガラスとプラパネルの上から黒いテープを貼っただけです。

これだけでほぼ解消しました。

「ほぼ」と言ったのは全く音がしなくなった訳ではないからです。

さらに内部では多少擦れがあるようです。

それでもイラつくようなビビリ音からは開放されました。

ここに貼るテープはとりあえず黒いビニールテープでやってみましたが、耐久性、耐候性を考えてプラスティックテープでやるほうが良いようです。

同じ症状で悩んでいる方は、カンタンに出来ますので一度試してみてはいかがですか、

 


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村




プロフィール

メカ好きおじさん写真

メカ好きおじさん

・1978年より原付、中型二輪取得
・CB50で東北野宿一周
・250cc四国・九州3週間5万円野宿
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロード
・KAWASKI2スト最後に降りる
・16年ブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCにペアライド中

ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村