カウンター
  • 1110今日の閲覧数:
  • 1211昨日の閲覧数:
  • 835今日の訪問者数:
  • 884昨日の訪問者数:
アーカイブ
カテゴリー
2020年7月5日 日曜日

Gorillaナビの地図をアップデートしてみた

私がバイクで使っているナビは2016年の北海道ツーリングのために購入したPanasonicのGorillaナビです。
買ったのは2016年ですが2015年モデルです。

それまでは2台ほどバイク用ナビを使っていましたが、画面の大きさが4.3インチだったので少し小さめでした。
たしかにバイク用のナビは防水仕様なので突然の雨でも安心ですが、メリットとしてはそれくらいでした。
屋外使用を前提としているのでもう少し画面が明るいかなと思っていましたがそれほどではなかったですね。

結局クルマ用ポータブルとしての評価の高いGorillaナビが一番使いやすかったです。

バイクに載せるためにステーを加工して、雨が降ってきたらジプロックを被せれば問題ありませんでした。

そんな風に便利につかっていましたがさすがに4年経過して新しい道路に対応出来なくなっていてルート案内が今ひとつ不満になってきました。

そんな時、3日前の7月2日にゼンリンからメールが届きました。

>ゼンリンメールマガジン 号外
>【2020年度最新版】Gorilla専用地図更新 JAPAN MAP 20 — 本日より販売開始

Gorillaナビの2020年版の発売に合わせるようにGorillaナビで使っている地図のバージョンアップ版が発売されたというお知らせでした。

 ※サイトは、コチラ です。

サイトをチェックしてまずはGorillaナビの新しいモデルを見てみました。
モデルは三機種で、渋滞回避出来るVICKWIDE対応の7インチと、VICK無しの7インチ、5インチです。

以前から自動車でのナビのように渋滞情報がわかってこれを考慮したルートを選んでくれるナビがバイクでも欲しかったのですが、さすがに7インチナビは大きすぎるでしょう。 他のメーターが見にくくなるし振動でかなりブレそうです。
それに価格も5万円以上でした。

それ以外のナビを買うのは、今使っているGorillaナビに不具合がある訳ではないのでメリットがなさそうです。

ということで地図データを更新することにしました。
今回のゼンリンの「2020年度バージョンアップキット JAPAN MAP20」ダウンロード版は有償で税込み9900円です。
それだけの価格に見合ったメリットがあるか検討した結果、
 ・高速道路や一般道など、私の2015年以降に開通した道路がすべて表示される
 ・それに沿ったルート案内や消費税10%考慮後の有料道路料金が表示される
 ・今まで表示されなかった一部の地方の市街地における家型が島嶼部以外ほぼすべて表示される
そしてもう一点大きなメリットは、
 ・今回バージョンアップしておけば、2021年6月まで2ヶ月に一度更新される道路地図や案内画像、有料道路料金などが無料でアップ出来る
これならあと1年ほどは最新の道路地図でルート案内出来ることになります。

今回のバージョンアップですがダウンロード版とSDメディア版がありますがそっちは18,400円+税と高くなってしかも2ヶ月に一度の道路データの無料更新が利用できないので不便です。

アップデートの大まかな方法は、パソコンでサイトに入り、まずはゼンリンのユーザー登録した上でデータをダウンロードします。
そしてGorillaナビで地図更新用のSDカード(16GB以上のSDHC)を作っておいてこれに落としたデータを書き込みます。
最後にそのSDカードをGorillaナビに挿入して本体のデータを書き換えるという流れです。

くわしい導入説明書のPDFをダウンロードして見ながら作業しました。

最初にGorillaナビで「メニュー」「設定」「システム設定」「バージョン情報」画面から「地図更新用SDの作成」を実行します。
出来たSDカードをパソコンに接続しておきます。

ダウンロードする前にゼンリンのサイトに行ってログインするのですが、新規ユーザー登録しようとしたら「このメールアドレスはすでに登録されています」と出ました。
以前登録してあったようです。 そうですよね、それだからゼンリンからのユーザー登録者向けのメルマガでお知らせが来たんですよね。

ゼンリンサイトにログインしたらクレジットカードで代金(9,000円+税)を支払います。

その後でダウンロードが始まります。
私の光回線の通信環境では最速で70Mbpsですがずべてダウンロードするのに35分くらい掛かりました。

ダウンロードが終了するとSDカードへの書き込みが始まります。

SDカードへの書き込みが済んだらパソコンから取り出し、Gorillaナビに差し込みます。

今度はナビ本体のデータを書き換えます。

書き換えとチェックを行うのですがこれも結構時間がかかりました。
私はClass10のSDHCカードを使いましたがそれでも68分でした。

最後に再起動すればデータのバージョンアップが完了します。

バージョン情報を確認しました。 地図データバージョンが「2020-03」になっています。

地図をバージョンアップしても登録してあったポイントデータは残っていました。

今までの地図では表示されなかった新しい高速道路や、国道140号皆野秩父バイパスなども表示されるようになりました。

また市街地家型についてあしがくの周辺で確認しました。

「50m」表示では家型は出ませんが、

同じ「50mでも詳細版」だと川幅の狭い広いや道路幅も表示されます。

「25m詳細版」だと点在する家もよくわかります。

さらに詳細な「12m詳細版」です。

今回、1万円弱で5年前のナビの地図データが最新になってしかもこれから1年間無料で地図データが更新出来るようになりました。
これで初めての土地へのツーリングでも安心して出かけられますね。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2020年7月2日 木曜日

アライのヘルメットのあごひもをワンタッチクリップに変更

新しくした奥さんのヘルメットですが、アライ製であごひもは昔ながらのD管二つにベルトを通すタイプです。
これが一番安全度が高いのはわかっていますが、やはり被ったり脱いだりが面倒です。
今までもワンタッチクリップに交換してきましたので今回も付け替えることにしました。

と、ここで問題が発生。
アライのヘルメットのあごひもベルトの幅は25mmあります。 他社製のヘルメットの多くが20mmや22mmであるのと比べても太いです。
これも安全製確保のためなのでしょうけど、困るのはこれに合うワンタッチクリップがあまりないということです。

かろうじてKIJIMA(キジマ)製のLサイズのものが27mmまで対応しているのでこれを購入しました。



実物はこちらです。 この仕様、形状は昔から変わりませんね。
金属部分が錆びやすいという欠点はあるものの使い勝手はいたって普通です。

ちなみに私のヘルメットに取り付けて9年使ってきたものがこれです。
なんどか雨の時にも走ってきましたがサビの程度はこのような状態です。

取り付け方ですが、基本的には今あるD管二つやストラップ自体には出来るだけ加工は加えないようにします。
まず無いでしょうけど将来的にノーマルに戻すことも可能にしています。

D管の付いている方にワンタッチクリップ金具のメス側を差し込みます。
隙間があまりないので、千枚通しなどでD管を奥に押し込んで隙間を広げます。

D管をヘルメット側にして手前にワンタッチクリップを差し込みます。
金具の向きですが、右下のぶ部に切り欠きがある面とない面がありますが、説明書はないのでメーカーの意図はわかりませんが、私は外す時に指が掛けられるように切り欠きのある方を見えるようにセットしています。

差し込む時は長い方から差込み、隙間を広げながら狭い方を入れていきます。

こちら側の取り付けが出来ました。

長いストラップの方にワンタッチクリップのオス側を通すのですがこの隙間が狭くてあごひもの余り部分を固定する赤いホック金具が邪魔担って通りません。

ネットでみるとワンタッチクリップの金具を曲げて隙間を広げている方もいるようですが、私はこの赤いフックをカットすることにしました。

ニッパーではさんで固定している真ん中のピンだけカットするようにして周りにはキズを付けないようにしました。

外したパーツはこれで、もし再びこの金具を付ける必要が起きた場合には小さめのバネホックかジャンパーホックのオス側金具を加工すれば大丈夫そうです。

余ったストラップ部分は元のカバーの中に押し込んでんおきます。

これで完成しました。





ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2020年6月21日 日曜日

アライのヘルメットにサクラのシールとインカム取り付け

私のヘルメットを新しくしてハーレー風にしましたが、同じく9年前に購入した奥さんのヘルメットも新しくしました。

今まで使っていたのは、SHOEIのヘルメットで全面にサクラの模様がプリントされていてかなり気に入っていたようです。

今回購入するにあたって同じように花柄のプリントのあるものを探しましたが見つかりません。 今はこういうものが売れないんでしょうかね。

最終的に選んだの、安全性も考慮してアライのパールホワイトのジェットヘルです。


   

シールドだけはミラータイプのものを一緒に購入しました。 シールドの交換はシールドの根本にアームと呼ばれる白いカバーがあってなかなか大変でした。 マニュアル通りではなくアームにある2本のビスを外して交換しましたがこの方が早かったですね。

そしてこのヘルメットのあご紐はワンタッチ式ではなく昔からの2個のDリングに通すタイプでした。 しかも紐の幅が25mmと一般的な22mmや20mmのものより太くなっていました。

このヘルメットに以前のようにサクラも模様を入れるために自作のステッカーを作ってみました。

まずは立体のヘルメットから平面のシールに型取りするために白い養生テープを貼って作りたい形をマジックでトレースします。

これをはがして紙に貼ってパソコンにスキャンして取り込みます。

ネットから無料で使わせてもらえるサクラのイラストを探してこの形にデザインします。
まずは紙に印刷してヘルメットに合わせてみます。

各パーツの模様の外側に縁取りを付けたデザインも考えてみました。
どうもしっくり来ません。

最終的に枠に収めず、サクラの花と花びらを散らしたデザインにしました。

印刷するステッカーは家にあったこのシールを使いました。 耐水、耐候性の屋外でも使えるものです。

プリンターで印刷しています。

十分乾燥させたらその上に保護用の透明フィルムを貼ります。 印刷シートが浮いたり動かないように四隅をテープで抑えておきます。

ヘルメットに貼ってみました。
デザイン的にはまあまあの出来で、奥さんも喜んでいるようでしたが。。。。

このステッカーは結構厚手で、いくらドライヤーで熱をあたえて伸ばしながらやっても曲面には馴染んでくれませんでした。
これは完全に失敗です。

出来ればこの「手作りステッカー」シールが、屋外にも使えて曲面にも馴染むようなので欲しかったのですが、ネットでの販売も終了しているようでした、残念!

とりあえずはこのパールホワイトのままで使ってもらい、いずれまた調整しましょう。

気を取り直してインカムを取り付けました。
私達が使っているのはSENAのインカムです。

でもこのアライのヘルメットはインカムの取り付けもけっこう苦労しました。
内部のイヤーカップしか外せず、それを固定するためのボスとフックの位置が微妙で、インカムやマイクステーを取り付けたい場所と干渉してしまい、位置決めが難しかったです。

なんとかこの位置で取り付けることができました。

いろいろあったヘルメットでしたが、さすがにアライ製は安全面ではしっかり出来ているようです。
実際に走って確かめたいですね。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




プロフィール


メカ好きおじさん写真
メカ好きおじさん

・41年前原付、中型二輪取得
・CB50で東北野宿一周
・250cc四国・九州3週間5万円野宿
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロード
・KAWASKI2スト最後に降りる
・16年ブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCにペアライド中


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

twitterlogoツイッター、やってます!
twitterlogoインスタグラム、やってます!