Count per Day
  • 352今日の閲覧数:
  • 1480昨日の閲覧数:
  • 8現在オンライン中の人数:
アーカイブ
2017年12月4日 月曜日

ハーレーのH3補助ライトに881LEDライトを取り付けた

先日の記事に書いたように、私の2008FLSTCヘリテイジのヘッドライトをLED化しましたが、この時これを譲っていただいたziromenさんからハーレー純正の補助ライト用LEDバルブも譲ってもらいました。


 

ヘッドライトは形状もサイズもぴったりだったのでポン付けで交換出来たのですが、実は同じFLSTCヘリテイジの補助ライトの方は、年式によって使用しているバルブが異なっていました。

私のはケース下の左側のような「H3タイプ」、ziromeiさんのは右側の「881タイプ」でした。


 

当然形状もサイズも違うので取り付けは出来ません。

ちなみにハーレーではこのようなヘッドライトの横についているライトはマニュアルでもパーツリストでも「補助ライト」と呼んでいて「フォグランプ」や「ドライビングライト」とは言っていません。

ライトケースをばらして形状を確認してみましたが、そのままではどうしようもありません。


 

それでもせっかく真っ白なカッコイイ光のヘッドライトに合わせて補助ライトの方も白くしてさらに消費電力も抑えたいと思います。

これを取り付けるには加工するしかありませんが、そのやり方は二通りあります。

一つは881のLEDバルブの根本のところを加工してこのままのケースに収めるか、ケースの方を881バルブが入るように加工するかです。

今回は前者のように881のLEDバルブを加工することにしました。

もし車検検査の際に対応できない場合には、ノーマルのH3バルブに戻す必要になるかもしれないからです。


 

それでは加工していきましょう。

まずはケースの内径に合わせて881のベース部分に白いマジックで丸い線を描きます。


 

この線に沿ってリューターで削っていきます。

バルブのシャフト部の取り付け用の出っ張りもすべて削ってしまいます。


 

ケースの内側の半丸と四角い出っ張りに合わせて切り欠きも削っておきます。


 

ケース本体には反射板が取り付けられていますが、今回の純正LEDでは先端部分も発光しますし、長さもあってつかえてしまうのでこの反射板は外してしまいます。


 

だいたい加工した881LEDバルブ(左下)と、取り外したパーツです。


 

バルブを外したせっかくの機会ですから、ガラス内側の白い曇もキレイに磨いておきます。


 

右がオリジナルのままの881バルブ、左が今回加工した形状です。

このあたりには配線や抵抗などはないのでプラ部分を自由に削って加工出来ました。


 

加工したパーツを使って組み立てていきます。


 

LEDバルブをケースの固定部に差し込み、配線は他の部分に干渉しないように逃げを考慮して付けておきます。

既存の配線金具と接続出来るように平型端子にします。

LEDの発光部とノーマルのH3のフィラメントの位置を揃えるために根本に1mm厚の硬質塩ビ板を何枚か重ねて高さを調整しています。


 

LEDバルブを固定するために、ピアノ線を曲げてアームをつくりテンションを掛けて留めています。

片側の加工がうまくいったのでもう一方も加工しましたが、こちらはリューターで削らずに精密加工用のニッパーで黒い樹脂部を削って加工しました。


 

パーツの出っ張りと配線の逃げを考慮していますので、純正のゴムカバーもそのまま無加工で覆う事が出来ました。


 

取り付けが完了したところを前から見ています。


 

この段階で12Vの定電圧電源につないで点灯チェックをしておきます。


 

それでは実際にバイクに取り付けます。

ゴムカバーは防水テープを巻いて処理、配線はプラスとマイナスをそれぞれつないでこちらもビニールテープでカバーしておきます。

補助ライトにもライトバイザーを付けてありますが、これもそのまま使用できました。


 

バイクに付けて状態での点灯テストです。

向かって右のオレンジ色の方がノーマルの35Wハロゲンバルブ、左の白い方が新しいLED881バルブです。


 

壁面への投光テストです。

こちらはLEDのヘッドライトのみの点灯。


 

それに左側がハロゲンバルブ、右側がLEDバルブです。

上の、前から見た写真ではLEDの方が明るく見えましたが、実際に壁を照らしてみるとハロゲンの方が明るいような気がします。

夜間走行もめったにしないし、LEDヘッドライトだけでも十分明るいのでこれくらいでも問題ないでしょう。


 

両方ともLEDに交換しての点灯です。


 

ヘッドライトも点灯してみました。

ロービームでは上半分だけが光っていますが、ハイビームにすると下半分も点灯します。


 

上の写真は露出を抑えていますが、実際の明るさがこれくらいです。


 

ところでフォグランプのスイッチはこの年式のヘリテイジの場合、フロントフォーク後ろのケースにトグルスイッチがついていてここで操作します。

点灯しているかどうかのインジケーターはトグルスイッチの頭に埋め込まれた緑色のLEDで確認するのですが暗くて見えないのでインジケーランプを増設しました。


 

デタッチャブル用のサイドボルトを緩め、ケースを外します。

ここにドリルで穴を開けます。


 

使用したパーツはこちらの緑色のLEDです。

ライト系のインジケーターには緑色発光のものを使っていますが、自宅にあった手持ちの緑LEDは5000mcdと超高輝度だったり、3mmΦと径が小さすぎたので、明るすぎるので新たに購入しました。


 

このLEDは3Vで定格電流は25mAなので470Ωのカラー抵抗を入れて12Vで発光できるようにしました。

明るさ的にもちょうどいい感じになりました。


 

 
 


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村




2017年11月26日 日曜日

ハーレーのヘッドライトをLEDに交換した

2008年納車のわがやのFLSTCヘリテイジ、ハーレーも来年で10年になります。

ライト系のカスタムについてはヘッドライト内のポジションランプをLEDに交換しただけで、あとはノーマルのままで切れたハロゲンバルブを交換しているだけでした。

夜間走行はそれほど多いわけではないですが、それでもトンネル内や日が落ちるのが早い冬季の走行ではもう少し明るいライトがあればなぁと思うこともあります。

そんな時、ブロ友のziromeiさんから「自分が乗っているヘリテイジを買い換えるので、LEDのヘッドライトなどいりませんか?」とのメールが届きました。

年式は違えど同じヘリテイジなので使用できそうなので喜んでお願いしました。

譲っていただいたLEDヘッドライトがコチラです。


 

ハーレー純正のもので、ノーマルのハロゲンタイプと同様の反射型なので、よく見かける「いかにもLEDライト」的な近未来のようなものではないので個人的にはこちらのほうがクラシックスタイルのハーレーには似合っていると思います。


 

LEDは低電力省エネと言われていますが、明るいヘッドライトなどになると発熱もかなりになるので放熱対策が重要になっています。

その点これはメーカー純正ですから安心して使用できますがそれにしてもかなりゴツい筐体ですね。


 

これが今までのノーマルライトです。

やっこカウルを外して作業します。

定期的にケース内を磨いていましたがそれでも少し白く曇っています。


 

ノーマルライトと今回のLEDライトを並べてみました。

径が同じなのは当然ですが、奥行きがかなりあります。


 

配線はライトの三極コネクタを接続して、ポジションランプのプラス線をつなぐだけです。

ライト筐体が大きいので、コネクタ部をうまく逃してライトケースに収めます。


 

仮止めした段階で点灯チェックしました。

おぉ!真っ白な明るい光がつきました。

このタイプは上半分がローライトで照らし、ハイにすると下半分も光るようになります。


 

まだ走行しているところの写真はないですが、以前ziromeiさんと一緒にツーリングに行った時にこのライトを点けて走っている様子です。


 

ポジションランプだけにするとランプ中央のハーレー・マークのところだけが白く光ります。


 

ライトリングをつけて固定しますがバイザーもそのまま付きました。

やっこカウルを元通りにして完了です。


 

パッと見にはあまり変わったように思えませんが走ればその明るさがわかると思います。

自分もすれ違う対向車にもはっきり見えるでしょう。


 

 


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村




2017年10月2日 月曜日

ブレーキペダルのパッドとフットボードのステップラバーを交換した

先日、ブロ友のziromeiさんからフットボードのハーレー純正ステップラバーとカスタムタイプのブレーキペダルをいただきました。

7月に行った北海道ツーリングで、フットボードのステップラバーが外れて応急処置をしていたのを見かねて交換パーツをくださいました。

ziromeiさん、ありがとう、感謝、かんしゃ!!

最初にブレーキペダルのパッドを交換します。

こちらが今付いている純正パッドです。


 

バイクに跨った状態では、ロアーフェアリングの中に収まってしまいあまり見えませんが、それでもゴムだけのペダルは味気ないですね。


 

これの外し方をネットで検索すると、ペダルプレートにハマっているだけですが溝のところでガッチリはまっているのでなかなか外しにくそうです。

ゴムが柔らかくなる気温の高い時にやるかヒーターなどで温める、また中に潤滑剤をふいてすべりを良くするなどの方法が紹介されていました。

でもとりあえず何もせずにこのまま力技で引っ張ってみます。

それでダメならその方法を試してみます。

根元の裏側を開きながら外側に開いて引っ張ります。

バイクが納車になってから9年半、一度も外したことがないのでかなり固かったですが、少しだけ溝が外れてきたようです。


 

指先に力を入れてかなり引っ張ってみました。

ようやくここまで外れてきました。


 

5分ほど格闘してやっと外れました。

ブレーキペダルのプレートと外したペダルは洗ってキレイにしておきました。


 

こちらがziromeiさんからいただいたカスタムペダルパッドです。

「クローム&ラバー・ブレーキペダルパッド 3スロット、ホリゾンタル」タイプです。


 

取付は裏側の袋ナットを締めて固定します。


 

カンタンに出来ました。


 

純正のゴムペダルとサイズと取付位置を比べてみました。

左右の長さはほんの少し短いですがブレーキ操作するのには全く支障ありません。

ペダルの位置も自然に踏み込む事が出来て、ペダルから足が外れるミスはないようです。


 


 

 

次に、こちらもいただいたフットボードのステップラバーを交換しました。

北海道から帰ってからも、走るのには問題なかったのでこのままの状態でずっと乗ってきましたが、ちょっとカッコ悪いですね。

ラバーの溝も擦れて薄くなっているところがあるので交換時期でしょう。


 

本来ステップボードの裏にある球体のダンパーがちぎれていたカスを取り除きました。


 

取付は強く押し付け、裏側からプライヤーで引っ張って後は手で引っ張ればOKです。


 

ステップボードとブレーキペダルが新しくなると気分がいいですね。

季節は暑くも寒くもなくツーリングに最適の時期、天気がよくなったら走りたいですね。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村




プロフィール

メカ好きおじさん写真

メカ好きおじさん

・39年前原付、中型二輪取得
・CB50で東北野宿一周
・250cc四国・九州3週間5万円野宿
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロード
・KAWASKI2スト最後に降りる
・16年ブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCにペアライド中

twitterlogo   twitterlogo

ツイッター、インスタグラム やってます!

ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

メカ好きおじさんのツイッター