カウンター
  • 85今日の閲覧数:
  • 1060昨日の閲覧数:
  • 4現在オンライン中の人数:
アーカイブ
カテゴリー
2020年2月28日 金曜日

休みの日に12年目のハーレーに

私が乗っているFLSTCハーレー、ヘリテイジ・ソフテイル・クラシックは12年前の2008年2月29日に登録され、3月に納車になりました。
今まで42年バイクに乗ってきましたがこれだけ長く同じバイクに乗ってきたのはこのハーレーだけです。

登録と納車がズレているのは、2月中はまだ教習所に通っていて大型二輪免許が取れたのは3月になってからでした。

もともと原付きから中型二輪免許を取得してバイクに乗っていましたが、一時バイクを降りていたのを50歳になってリターンしたオジサンライダーでした。
その時は「さすがに大きなバイクは無理だと思うし、オンロードやオフロードバイクは乗ってきたけどアメリカンは乗ってなかったな」ということで250ccのドラッグスターでバイクリターンしました。

でも新車で買って1ヶ月でパワーの無さに閉口してもう少し大きなバイクに乗り換えることにしました。 候補は中型免許なので同じドラスタの400ccにしたのですが、生産に時間が掛かり納車まで3ヶ月後との事。

仕方なくいろんなメーカーのディーラーを回っているうちにひかやしのつもりでハーレーにお店にも行ってみました。
そこで出会った今のハーレーに一目惚れして、初めて行ったお店でその日の内に契約のハンコをポーンと!

でもその時は大型バイクの免許を持っていなかったのですぐに教習所に登録。 春休みということで教習所も混んでいたので土日に8日間通って卒検合格。
ようやく3月になってハーレーの納車となりました。

納車になったばかりのハーレーはどこもメッキでピカピカ。

革製のサドルバッグも形がシャキーン!としています。

そして天気の良かった休みの日、本当ならツーリングに出たいけどもう少し辛抱です。
かわりに今までがんばってくれた愛車をキレイに磨いてあげました。

使ったのはこちらのグッズです。
ボディを磨くのには有名なプレクサスもありますがムラが出来やすいし花咲かGも使っていますが、今回はハーレー純正の「グレイズ・ポリッシュ&シーラント」を使いました。
これはポリウレタンシーラントによる保護膜が出来て細かな傷を補修する研磨剤にもなっていて汚れ落としのクリーナーの3つの効果が得られます。
黒いボディに使うと深い艶が格段に光ります。

先日、少しだけ走ったハーレーですが、ボディカバーをかけているせいもあって細かい粉のようなものがびっしりです。

これを「グレイズ・ポリッシュ&シーラント」で磨くとご覧のよういシャキッとした黒いカラーに戻ります。

ガソリンタンクのキャップに付けたカバーの細かい部分まで丁寧に磨きます。

こちらが磨いた後の12年目のハーレーです。
12年経過して、マフラーは左右出しになりロアフェアリングが付いて、ブレーキペダルパッドやオイルタンクキャップの温度計など違いはありますが、
上の納車直後の写真と比べてもメッキの輝きに遜色はありません。 さすがアメリカのメッキは国産車のとは違いますね。

リアのキングツアーパックもミガみが。

革製品に使うのも同じくハーレー純正の「レザードレッシング」です。
レザーのお手入れには、ミンクオイルやニートフットオイル、ピュアホースオイル、ラナパーなども使っていましたが、革が柔らかくなりすぎたり匂いがきつかったりしますし、なんと言っても屋外の天候にさらされるサドルやサイドバッグには、長期間持続するこのオイルが最適でした。

タンデムシートの背もたれの革の折り目も丁寧に。

ライダーシートとタンデムシート、それに革製のサイドバッグにもオイルが入ってキレイになりました。

来月になればお腹を切った手術から3ヶ月が経過するのでそろそろツーリングに行こうと思っています。
でも新型コロナウイルスの影響で、道の駅の一部や飲食店で休業などもあるのでどこへ行こうか悩んでいます。
あーあ、早く走りたいな!


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2019年9月18日 水曜日

フロントブレーキスイッチの交換、すぐに点いてしまうのを修理、そしてスイッチ故障の原因

先日のバイクショップとディーラー廻りで走っている時に、なんとなくハーレーのリアまわりで嫌な感じがありました。 これといった「不自然な動き」や「振動」「異音」などがあった訳ではないのですがかなり気になりました。
自宅に戻って念の為、自宅に戻ってからバイクの後ろの方を重点的にチェックしたところ、フロントブレーキレバーを握った時だけブレーキランプ(ストップランプ)が点灯していませんでした。
リアのブレーキペダルを踏んだ時にはちゃんとブレーキランプは点いていましたので玉切れではないようでした。

2m40cmを超える全長のハーレーで、シートに座ってリアのブレーキランプの点灯状況は夜間ならともかく晴れている昼間では点いているかどうかはわかりません。 それでも第六感ではないですが何となく違和感を感じるころはあるんですね。

フロントブレーキを握った時にランプが点かない原因はレバーまわりにあるスイッチの故障が原因とみて間違いありません。 実際にハーレーではフロントだけでなくリアでもブレーキスイッチの故障は多く報告されています。

私のFLSTCヘリテイジも2008年の乗り出しからすでに2回、2015年1月と2017年1年に今回と同じ場所のフロントレバー側のブレーキスイッチを自分で交換しています。

この部分の修理をディーラーに依頼すると純正パーツと工賃で1万数千円から2万円弱かかるそうです。
自分でやればネットで汎用パーツを使って1000円ちょっとで修理出来てしまいます。


   

フロントレバー部のブレーキスイッチの交換方法を説明します。
ただしブレーキに関しては重要保安部品なので、作業に自信の無い方は自分でやらずにディーラーに依頼した方がいいでしょう。

作業の前に、電装系のスイッチに関わりますのでバッテリーターミナルを外します。
最初にマイナス端子を外し、

その後でプラス端子を外します。 外したケーブルと端子がフレーム等に接触しないようにボール紙でカバーします。

フロントスイッチのユニットを分解しますので、アクセルワイヤーを二本ともゆるめます。

そしてここが重要なトコロですが、フロントブレーキレバーの根本にダンボール等を折り曲げて挟み、レバーを引いた状態にします。
これはスイッチユニットから出ているブレーキスイッチの出っ張りと、レバーを離しておく為でコレをやっておこないと組み付ける際に、レバーでまたスイッチを壊してしまう恐れがあるからです。

ブレーキフルードのリザーバータンクとミラーを固定しているコネクタを外します。 このネジはT27のトルクスネジで締まっているので専用の工具を使います。 ゆるめるだけでもいいのですが今回は外して作業しました。
外したパーツでタンクに傷を付けないように、あらかじめ毛布などでタンクをカバーしておきます。

スイチユニットの方ですが、私はミラータイプのモノに交換しているのでT25のトルクスネジで締まっていました。 これはネジを外してユニットを分解します。

ミラーステーユニットとスイッチユニットを離せば、スイッチユニットの下から黒い出っ張りが見えます。 これがスイッチになっていてブレーキレバーを握るとこの部分が動いてブレーキランプが点灯します。

このスイッチの動作ですが、普通のスイッチなら「押した時」に電気が通ってランプが点き、離すと消えると思いますが、ハーレーのスイッチは逆になっています。
レバーを握っていない時は下の図右のようにスイッチが押されて電気が通らず、レバーを握ると左のように出っ張りが開放されて通電してブレーキランプが点灯する仕組みです。
つまりスイッチが押されている状態の方が長く常にスイッチに力が掛かっているので余計に故障しやすいように思われます。

作業を続けます。
スイッチユニットを分解するためにスロットルグリップのケーブルを外します。 この金色の「タイコ」パーツは無くしやすいので注意します。

スイッチユニットが上下に分解出来たら、配線の取り回しの状態を覚えておきます。 出来たら写真に撮っておくと良いでしょう。 組み付ける時にユニット内には余裕があまりないのでケーブルをうまく収めないとちゃんと閉まらなくなります。
私の内部の様子は既に何度か開けて、ブレーキスイッチやウインカースイッチ等を交換していますのでオリジナルの状態と違っています。

参考までにオリジナルの状態の写真を載せておきます。
青い丸のところにブレーキスイッチがあり、ケーブル全体は赤い丸のようにロックスで固定されていました。 私は作業するために邪魔だったのでこのロックは外してしまいました。

ブレーキスイッチを取り出したところです。

こちらが交換用の新しいブレーキスイッチです。 ハーレー純正ではなく「ネオ ファクトリー」の汎用品です。 スイッチ本体と固定用ロックス二本、熱収縮チューブ、そして固定用のバネが入っています。 でも熱収縮チューブは太すぎるので私はもっと細いものを使っていますし、ロックスも使用していません。
ちなみこのパーツですが、自宅に買い置きのストックがあったのですぐに作業に取りかかれました(どれだけ準備がいいんでしょうか、自分?笑)

ネットで購入しても割とすぐに配送されてくると思います。


   

純正パーツと交換パーツの比較写真です。
一番左が純正で頭の部分が欠けています。
真ん中が今まで付いていた汎用品で純正に比べるとケースの高さが高いです。 この高さの為にパーツの出し入れが少しやりにくいですが動作は問題ありません。 純正の場合には高さが足りないので金属製のV字型のパーツでケースを押し付けていました。
一番右が今回用意した交換品で、今までのものと比べると頭の出っ張りが高くなっています。

参考までに、2012年以降のビッグツインと14年以降XLのフロントブレーキスイッチはこのような形状のパーツに変更されているようです。 でも価格も3600円程度になっていました。

駐車場にAC電源ケーブルを引いてきてハンダごてで古いスイッチを外し、新しいパーツをつなぎます。 ケーブルのつなぎ目は重ならないようにカットする位置はずらしています。

接続部分は熱収縮チューブでカバーします。

あとは、スイッチをユニットの中に収め配線を噛まないように注意してケースを閉じて元のように組み立てて完成です。
テストすると無事にブレーキレバーを握った時に、ブレーキランプが点灯するようになりました。

これで一応完成したのですが、まだ気になる点があります。
それは「ブレキーレバーをほんの少し握っただけですぐにランプが点灯してしまう」という事です。
この原因もさきほどの図のようにブレーキレバーとスイッチの位置関係で動作が敏感になっている為です。
対策としては「スイッチの動作点をズラす」という事もありますが、もっとカンタンに行うにはレバーにスペーサーを付ければいいのです。

レバーとスイッチユニットを切り離すために再度、ケースの固定ネジをゆるめます。 今回は完全に分解せずゆるめるだけです。

赤丸のスイッチの出っ張りを押しているブレーキレバーの接触点(青丸)が少し削れています。
この部分をかさ増しします。

最初に行ったのは、ゴムシートにゴム専用の強力両面テープを貼ってポンチで丸く抜いておいたものを用意しました。

これをブレーキレバーの接触部に貼り付けます。 貼る前にパーツクリーナーとベンジンを使って脱脂、汚れを落としておきます。

こんな形に貼りました。 テストしてみると先ほどよりはいいようですがもう少し厚みが欲しいです。

どうせならブレーキレバーのこの部分の形に合わせて作り直します。 厚みは1mmのゴムと0.5mmのゴムの二枚重ねにしました。

ピッタリ合うように貼りました。
テストしてみるとちょうどいいタイミングでブレーキランプが点灯するようになりました。

せっかくなので壊れているブレーキスイッチの故障原因を究明するために分解します。
隙間に細いマイナスドライバーを差し込んでこじ開けてみるとこれだけのパーツで構成されていました。

スイッチの出っ張り部分には接点があり、内部のスプリングでテンションを掛けて押し付けるようになっていました。

一方の導通する接点ですが、プラスチックの溶けたようなものがこびりついていて接点が完全にかくれていました。
本来は赤丸の部分に、左右二つの端子が見える筈でした。

この溶けたプラスチックを削って端子が出るようにしてみました。

ケースに組んでテスターでチェックするとちゃんと動作するようになりました。
でも耐久性に不安がありますので、再生して使うよりやはり新しいスイッチに交換する方が安心ですね。


   


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2019年4月7日 日曜日

ハーレー、始動しました

先日、ツーリングに出ようとしてエンジンが掛からなかったハーレー。
注文していたプラグが届いたので早速修理開始です。

エンジンが始動するのに必要な三要素は「良い混合気」「良い圧縮」「良い火花」ですので、まずはプラグを交換します。

プラグは安心のハーレー純正品、6R12です。

6R12プラグのギャップ規定値は、0.97~1.09mm(インチ表示では0.038~0.043inch)ですのでシックネスゲージでの1.0が少しゆるい位に調整します。

左が付いていた被ってしまったプラグ、右が新品です。 中心電極の形状、サイズが異なっていますね。

次は「混合気」のためのパーツ、エアクリーナーを確認します。 カバーを外してみるとフィルター自体の汚れはそれほどではないようです。
ブリーザーパイプに多少のささくれはありますがヒビ割れはありません。

でも吸気パイプの中はかなり汚れていますので拭き取っておきます。

前回からバッテリーテンダーで充電していましたので電圧は無負荷状態で12.9Vでした。
さあ、エンジンをかけてみます。

 キュルキュルキュr。。プスン!  1回目は失敗

   キュルキュル。。キュル(ここで少しだけアクセルをあおって。。)キュルキュル、ドドドド!!

エンジンが掛かりました!
最初は前回残っていたガソリンとオイルが燃えているようなニオイがしました。

早速走り出してみます。
アイドリングの回転数も800から900で安定しています。 電圧は走行状態で13.8Vありました。

満開の桜の下を気持ちよく走っています。

今日はツーリングではなく試走だけのつもりです。
万が一、次に停まった時にエンジンが再始動できないと困るので、行先はハーレーのディーラーにしようかとも思いましたが、バイク用品店に向かうことにしました。

店を出る時もエンジンはセル一発で始動できました。
その後も、エンジンを止めて試しましたがもう大丈夫のようです。

やはり、エンジン始動の三原則をチェックしていけば、大きな故障が無い限りエンジンは始動できるのです。

私の2008年式FLSTC、ヘリテイジ・ソフテイル・クラシックも今年で11年目になりました。 走行距離も71,000キロを超えています。
あとどれくらい乗り続けることが出来るかわかりませんが、まだまだコイツといろんな所を走ってみたいですね。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2019年4月4日 木曜日

長瀞の桜並木を見に行くツーリングのハズだったのに

今週末に見ごろになるとネットにあった長瀞の北桜通りと南桜通り。
その様子を一足早く見に行こうと、今日ツーリングに向かうことにしました。

平日とはいえお昼近くなると見物客も増えるでしょうから少し早めに出発の準備。
まだ気温は一桁なので電熱ジャケットとパンツも履いて準備OK.
ハーレーを外に出してエンジン始動。。。

  キュルキュルキュル。。。プスン
    キュルキュル。。。
      キュル、キュ ル、キュ----ルン
エンジンが掛かりません。
一応セルは回っているのですがエンジンが掛かる気配がありません。

先月ツーリングに行ってからまだ2週間しか経っていませんのでそんなにバッテリーが弱っているとは思えません。
2月に車検を受けた際にもバッテリーはまだ大丈夫と言われていたのに。
その時の測定値は、
 電圧 12.65V
 CCA測定値 478
 (※CCAとはコールド・クランキング・アンペアの略で、USA規格のバッテリーがどれだけ性能を維持しているかを知る測定値です)
バッテリーを交換したのは1年4か月前ですからまだ寿命というには早いでしょう。

実際に電圧を確認すると、11.8V、セルを回すと10、9、8Vと下がっていきます。
12V無いんじゃ弱すぎです。

これだけセル回すとプラグが被っているので外します。

やはりかなり濡れています。
ウエスで拭いてライダーであぶって乾かします。

これで取り付けしてみてセルを回すと、
  キュルキュルキュル。。。プスン
やはりダメなようです。

何度かプラグを掃除しながら試しましたが全く始動しませんでした。

結局今日のツーリングはあきらめてハーレーを駐車場に戻し、バッテリーはバッテリーテンダーにつないで充電します。

プラグもバッテリーと同時期の1年4か月前に交換しましたが、念のため新しいプラグを注文しておきました。
以前、イリジウムや互換プラグに交換したら始動性が著しく悪化しましたので今回は純正の「6R12 PartNo. 32362-04」にしました。

プラグが届いたら、エアクリーナーを掃除しながら再度トライしてみます。
それで始動できるといいのですが。。。

バイクでのツーリングは諦め、クルマで花を見に行ってきました。

このあたりでもまだ満開になってなくて蕾の桜もあったので、長瀞の方の満開ももう少し先になるかな。

でも本当は長瀞のこんな桜並木の下を走り抜けたかったですね。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2019年3月23日 土曜日

群馬の道の駅上野までタンデムで行こうとしたらエキパイが外れてた!

少し前のコト。
天気は快晴、気温も23度くらいまで上がるとか。 とくればタンデムでツーリングでしょう。
今回はちょっぴり足を延ばして群馬県まで行ってきました。
目的地は昨年春にリニューアルオープンした道の駅上野です。 ここは群馬県で最初に出来た道の駅で、今までにも何度か訪れていますがリニューアルしてからは一度も行っていないので楽しみです。

ここに向かうには秩父を抜けて埼玉県秩父郡小鹿野町と群馬県多野郡神流町を結ぶ志賀坂峠を越えて行きます。
自宅を出る時に14度台だった気温も上がってきて17度台になっていました。

最初に立ち寄ったのはいつもの道の駅あしがくぼです。
トイレ休憩と売店をのぞいてから出発します。

と、走り出してすぐに「あれっ!? さっきよりマフラーの音が大きくない?」
なんかおかしいです。 走り自体には全く問題はないのですがやたらと排気音が大きく聞こえます。
インカムのボリュームを上げた訳でもないのに不思議です。どうやらバイクの左側から音が大きく聞こえます。

道の駅を出て少しだけ行ったところでUターンしてさっきのあしがくぼまで戻ります。
バイクが調子悪ければツーリングは中止で帰ることになります。 幸い走るぶんには問題なさそうなので自宅まではなんとか自走出来るでしょう。

道の駅に戻ってバイクから降りてチェックしてみると。。。
思っていたとおり、左側のエキパイのつなぎの部分が外れていました。
エキパイが少し冷めるのを待って力を込めて手で押し込めば直りました。
ゆすってみても簡単には外れそうにないのでこのまま走れそうなのでツーリングを続行することにしました。

荒川に掛かる橋を渡り、

満開を終えた梅園を通って、

小鹿野の町まで来ました。

ここの交差点にはまだ、二輪と四輪を分けた停止線表示が残っています。全国的にもまだ少し残っているようですね。

気温は20度を超え少し汗ばむくらいです。

小鹿野を過ぎると集落もまばらになり道路も狭い場所が増えてきます。
この変電所を通るたびに、秘密基地を想像してしまいます。

どんどん山道を登っていきます。
思わずバンク角の少ないハーレー、ヘリテイジではタイトなコーナーではガリガリ擦ってました。

志賀坂峠に到着です。 といっても展望台とかある訳ではなくトンネルの入り口と脇道との交差点になっているだけです。
その県道中津川線は通行止めになっていました。

ここも以前タンデムのハーレーで中津川から八丁峠を越えてここまで来た事がありますが、結構狭くて見通しの悪いカーブの続く山道でしたね。

トンネルを抜けるとそこはもう群馬県です。

このあたりは恐竜関係のものが多く、これは恐竜の足跡が残された岩です。

トイレのオブジェも恐竜、男女のマークも恐竜です。

そして目的地の道の駅上野に到着、とその直前に舗装中で片側交互通行です。
そうです、道の駅の駐車場が舗装工事中なのです。

けっこう深い轍もあってハーレーでそろりそろりと入って行って駐車しました。

以前までのこの道の駅はいかにも昔からの建物という感じでしたが、ずいぶんとオシャレな感じにリニューアルしていました。

ここの駅長は名物のイノブタさんのようですね。

お腹も透いているのでまずはレストランへ。
ここも以前は「田舎の食堂」という感じでしたが今はファミレスのようです。

かき揚げ丼とうどんがセットになった日替わり定食を食べたかったのですが、かき揚げに桜エビが入っているとの事でアレルギー問題で却下。
代わりに注文したのがこちらのイノ豚鍋定食です。
お肉が甘くて思ったよりいっぱい入っていて満足でした。
さらにこの先の「しおじの湯」という日帰り温泉の割引券(500円が300円に)が付いていました。

ここの売店の名物は近くで採れるシイタケです。 これだけ入って380円はお買い得ですね。
でも原木ではなく菌床産なんです。

店内ではパン工房があってこちらで作っていました、

川を望む休憩スペースもまるでホテルのロビーのようです。

窓の外では川までのスペースで重機が仕事をしていました。

ここは今年の春にはデッキから川に降りられるようになるそうです。
どうせなら駐車場の舗装が終わって、このデッキが完成してから訪れた方がいいようですね。

道の駅上野を堪能した後は、神流町を東に移動します。
この道も交通量が少なくて走りやすいですね。

次に入ったのが道の駅万場

神流川に沿って走ります。
それにしてもいつ来てもこの道はどこかで必ず道路工事をやっていますね。 いつ終わるのでしょう。

帰りは本庄児玉ICから関越自動車道に乗ります。

出かける前にチェックしていたら16時ころから渋滞するとのことでしたが、まだ1時過ぎなのでクルマは多いものの順調に流れていました。

山から降りて高速に乗って走っていると気温は23度まで上がってきたのでこまめに休憩します。
「星の王子さま」スタイルの寄居PA。

そして高坂SAです。

店内のフードコートにはラーメンショップがあるのですが、期間限定で私もよく通っていた「喜楽」が出店していました。
このお店のウリは「焦がし揚げネギ」が入ったスープで一番人気はなんと言っても「ワンタンメン」でした。
写真に写っていた「店長の林さん」は私が行った時はいつもラーメンではなくトッピングの野菜を炒めていましたけど。

今回回った秩父から群馬、神流のルートマップです。

2時過ぎに自宅に帰ってきてまずやったのは、道の駅あしがくぼで見つかった「エキパイのズレ」問題です。
ノーマルのハーレーヘリテイジでは右二本出しのマフラーの内、V型エンジンの後方のエキパイを左側に出してマフラーを左右出しにしています。
左側はマフラー部分だけボルトで固定していますが、エキパイとの接続は差し込んでいるだけで固定されていないんです。

そのエキパイの一部を固定させるために自分でステーを追加して、写真のように二本のステーをV字に組んで留めていました。
でも少しぐらついていたようでそのせいもあってエキパイの差し込みが外れてしまったようです。

ステーを一本にして曲げる方向でテンションを掛けて外れにくいように改善しました。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




プロフィール


メカ好きおじさん写真
メカ好きおじさん

・41年前原付、中型二輪取得
・CB50で東北野宿一周
・250cc四国・九州3週間5万円野宿
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロード
・KAWASKI2スト最後に降りる
・16年ブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCにペアライド中


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村



twitterlogoツイッター、やってます!
twitterlogoインスタグラム、やってます!