887072400
閲覧数
  • 876今日の閲覧数:
  • 1641昨日の閲覧数:
カテゴリー
アーカイブ

 
2021年5月2日 日曜日

バイクの走行データからみた残り溝のチェック


 

前回のタイヤ交換からだいぶ経過したので残り溝をチェックしました。

フロントタイヤを交換したのは4年と少し前の2016年12月、走行距離6万キロの時点。

リアタイヤはそれより最近で2年前の2019年2月で7万1千キロの時点。

今の走行距離が7万6.5千キロなので、フロントタイヤは1万6.5千キロ、リアタイヤは5.5千キロ走っています。

履いているタイヤですがフロント側は純正のダンロップ D402 MT90-B16 72H で、リアはそれまでずっと純正でしたが前回はブリジストンのH50 に変えてあります。

今までの私の場合の走行状況、パターンだと摩耗の目安は、
 フロントは1mm減るのに6,250キロ走行
 リアは1mm減るのに1,950キロ走行になりました。
実際に北海道ツーリングで2千キロ強走ってきた時には出発前と比べると約1mmタイヤの溝が減っていました。

結果的にはタイヤ交換の時期は、
 フロントタイヤの交換は25,000キロごと
 リアタイヤの交換はその半分の12,500キロごとの交換が必要となります。

新品純正タイヤの場合フロントの溝は5mm、リアは7.2mmでした。

今回タイヤの残り溝を測ってみたところ、フロントは3mm、リアは3.3mmほどでした。
私は40年以上前に原付きに乗り始めた頃に買ったデプスゲージをまだ使っていますが、さすがに最近のデジタル式で詳細な深さが測れるゲージが欲しいですね。

スリップサインが出るのが残り0.8mmだとすると、フロントタイヤはあと2.2mmですから1万4千キロ弱、リアタイヤではあと2.5mmですから5千キロ弱走れる計算になります。

今回の1週間のツーリングでは2,500キロくらいの走行距離になるでしょうから、タイヤの残り溝に関しては大丈夫でしょう。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村


 
 

スポンサードリンク


  この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ。

プロフィール

 

メカ好きおじさん写真

メカ好きおじさん

・40年前原付、中型二輪取得
・CB50で東北野宿一周
・250cc四国・九州3週間5万円野宿
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロード
・KAWASKI2スト最後に降りる
・16年ブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCにペアライド中

ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

twitterlogo
ツイッター、やってます!