887072400
閲覧数
  • 7今日の閲覧数:
  • 1709昨日の閲覧数:
カテゴリー
アーカイブ

 
2008年2月7日 木曜日

ハーレーを契約したらコレ、オーナーズキット


 

ハーレーを正式契約をした人がもらえるのが「オーナーズキット
ショップで契約したら(というか、ほとんどの人がそうでしょう)お店で渡されるのでしょうが、私の場合は自宅に来てもらった時に「衝動買い」的に契約したので、後日郵送してきました。

ownerskits01.jpg

内容はこれ。

ownerskits03.jpg

簡単にいってしまうと、カタログとDVDなんだけどこれが結構ウレシイもので。

すべてが入っているのがハーレーダビッドソン・オリジナルのバッグ。黒地にオレンジのフレイム模様。
このバッグで教習所とかに通ってもいいけど、ちょっと恥ずかしいし、イヤミっぽい。
このバッグについては購入時期(年?)によって色々と変遷があったようだ。

ownerskits02.jpg

内容を一つ一つ見ていくと、


(1)2008年モデルのオーナーズマニュアル
ownerskits-ownersmanual.jpg
「ハーレーダビッドソンのモーターサイクルの使用説明書」だ。
ハーレーの5つのファミリーがすべて載っている共通のマニュアルです。
厚さ21mm、482ページもある。
まあ一般的なバイクの操作とほぼ同じだけど、ハーレー特有の内容としては、
 ・イグニッションとステアリングロック
 ・ウインカーの出し方、自動キャンセル方法
 ・LED式の燃料メーターと残燃料で走行可能距離表示の方法
外国製品のマニュアルって、日本のそれに比べて写真やイラストが少なくて分かりにくいものを採用しているような気がするけど。。。(日本のが親切すぎるのかな)

(2)保安基準ハンドブック
ownerskits-hoankijyun.jpg
カスタムパーツの取り付け・交換によって車検が通るかどうかの基準を示したもの。
昔は自動車やバイクは、マフラーはおろかネジ一本でも交換できない位の厳しさだったのもの、規制緩和でかなり緩やかになったようだね。
しばらくはノーマルのままのクセをみたいのでしばらく出番は無さそう

(3)2008年 純正パーツ&アクセサリー
ownerskits-parts.jpg
ハーレーショップで4,000円?程度で市販もされているモノ。
車種別のハーレーダビッドソンの純正パーツを網羅した分厚い本。
これまた厚さ25mm、814ページ、数千アイテムを掲載
見ているだけで楽しそう。
でもみんなかなり高めの価格設定。「こんなモノがなんでこんなにするの!?」

ちなみにハーレーダビッドソン・ジャパンで新車で購入すると車両本体は値引きがなく、「パーツを●万円分サービスします」というのが一般的のようだ。
そんな時、このカタログでアクセサリーを選ぶのでしょうが、結局はその●万円で収まらずにオーバーして、結局追加で支払いが発生してしまうという、恐ろしいシカケになっている(=私もまんまと引っかかってしまった!)

(4)カスタム ガイドブック
ownerskits-custom.jpg
ハーレーダビッドソンが提案するカスタマイズの参考例。
タンクやフェンダーの塗装はオリジナリティを出しやすいけど値段がちょっと手が出ない。
メーカーがお勧めしているので保安基準はOKなんでしょうが、面白さ・奇抜さでは一般雑誌に載っている一般ユーザーの方がよっぽど参考になる。

(5)ライフスタイリング ファッション カタログ
ownerskits-fashion.jpg
「2007 FALL / WINTER COLLECTION」(って、まだ2007なの?)
契約したのが冬なので冬物のウェアやグッズのカタログ。
やっぱりハーレーに乗る時はウェアも統一しましょうという戦略。。
でもやっぱり二輪館やナップス、ライコランドで売ってるのより高い。(ハーレー乗る位なんだからこれ位買えるでしょってこと?)
どちらかというと私より妻の方が熱心に見ていて、後日、ここに乗っていた手袋を買わされた(→プレゼントした。)

(6)ライフスタイル ブック 2008
ownerskits-lifestyle.jpg
ハーレーに関わればこんな楽しい10の事がありますよってことを分りやすく写真で見せている。
実際にこのとおりなんだろうなって夢が膨らむ。

(7)ディーラー ガイドブック
ownerskits-dealer.jpg
「正規販売網ガイドブック」
日本国内の正規販売店を網羅したガイドブック。
ショップの写真や説明の他、スタッフ全員の写真とコメントが載っている。
こんなところにもあるのね。でも他のガイドブックはともかくこれについてはネットで流す情報でもいいのかも。

(8)WELCOME TO H.O.G.
ownerskits-hog.jpg
ハーレーダビッドソン(H)、オーナーズ(O、グループ(G)、略してH.O.G.(ホグ)の会員についての説明。
ハーレーショップで契約すれば1年目は自動的に(会費無料で)H.O.G.の会員になる。
この袋の中にはさらに、
・H.O.G.のロゴ入りグッズのカタログ
・盗難保険の案内
・フライ&ライドの旅行案内(北海道、沖縄、宮崎にフライトして現地でハーレーを借りて乗ろうという企画)
・ロードサービスの案内
会員サービスは魅力的だけど2年目からの会費がちょっとね。

(9)H-D カードの申し込み書
ownerskits-hdcard.jpg
JACCSカードと提携したハーレーダビッドソンの専用カードの案内。
年会費は無料らしいが、もうすでにいくつもカードがあるのでこれ以上増やしてもしょうがないかも。

(10)ハーレーダビッドソンDVD
「NEW OWNER’S DVD 2008」
ownerskits-dvd.jpg
ハーレーダビッドソンの楽しさと、契約までの手続き、納車時のセレモニーの説明、初回車検までの3年間の点検等について解説したビデオ。
約35分程度だけど結構楽しめた
入っているのが結構オシャレな缶。

こういった一式はそれぞれお店でももらえるようなカタログも多いけど、ハーレーダビッドソン・ジャパンの販売戦略のうまい所だと言える。
車両を契約してからも国産の自動車やバイクと違って納車まで場合によっては2~3ヶ月待ちなんて事もある。そんな時、国産車だと薄っぺらなカタログだけをずっと眺めていても飽きてしまう。
ハーレーならこれだけの時間、待っている間も納車後やアクセサリーパーツのカスタマイズを想像して結構楽しめてしまう。

他にも、全国のハーレーショップでの試乗会(場所によっては普通二輪免許だけでもOKだったり、「倒してしまってもかまいませんよ」と言われるのはすごく気が楽)やいわゆるバイクショップとは異なりアパレルやグッズショップの併設で、彼女や奥様達と入りやすく、しかも長時間滞留しやすい雰囲気づくり。また提携教習所での試乗会やバイクの展示等、あげればマーケティング戦略としてすばらしい点が多々ある。

話はそれたが、あとは免許を取って納車を待つだけ。

アクセサリーも決めたからショップに連絡しようっと。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村


 
 

スポンサードリンク


  この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

コメントをどうぞ。

プロフィール

 

メカ好きおじさん写真

メカ好きおじさん

・40年前原付、中型二輪取得
・CB50で東北野宿一周
・250cc四国・九州3週間5万円野宿
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロード
・KAWASKI2スト最後に降りる
・16年ブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCにペアライド中

ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

twitterlogo
ツイッター、やってます!