Count per Day
  • 290今日の閲覧数:
  • 1171昨日の閲覧数:
  • 3現在オンライン中の人数:
カテゴリー
アーカイブ
2018年12月10日 月曜日

5年ぶりにアマチュア無線の免許更新やったら手間取っちゃった

「メカ好きおじさん」たる者、電気系にも強くなくてはなりませんね。 無線の資格も以前から取得しています。
といっても子供の頃、一時通信教育で勉強していたけど挫折してそのままになっていたのを、スキーブームの頃友人に誘われて再度アマチュア無線の取得に挑戦。 奥さんと一緒に無事に免許を取得して無線機も購入して開局しました。

最初の頃は「私をスキーに連れてって」の影響ではないですが、スキー場で奥さんや一緒に行った友人と交信するのが目的でしたが、そのうち地元の人たちと夜中までラグチュー(無線交信すること)や、ラウンド(複数人で一斉に交信すること)やアイボール(「目玉」の意味で実際に会って交流すること)などを、夜中の2時3時までやっていた時期もありました。


 

無線機もスキー用のハンディ機のものから、屋上のアンテナを立てて短波帯で交信するようになり、海外の方とも話すこともありました。
私の自慢は、横浜の自宅(当時)から南極にある昭和基地の方(8J1RL)と交信してQSLカードをいただいた事です。
私と奥さんのアマチュア無線のコールサインは「JA1」で始まるものです。 といっても昔からのコールサインではなく再割り当てによるものです。


 

無線の免許は一度取れば一生有効ですが、免許の局免は5年ごとの更新が必要です。
免許の写真は私は大人になってからの写真ですが、子供の頃に取った先輩方は、大人になっても免許の写真は小さいころのままです。

今の時代はアマチュア無線自体をやるかたが減っていますね。 携帯やスマホがこれだけ発達すれば必要性が薄れてきたのでしょう。
でも常時電源を入れておけるのでスキー場などでは便利ですし、災害時や電波の届きにくい山間部などでは今でも威力を発揮すると思うのですが。

話を戻しますが、5年に一度の私と奥さんの無線局の局免交信ですが、昔は申請書を書店などで購入して郵送していました。
それが今ではインターネットでできるようになりました。


 

でも5年ぶりなのでやり方を忘れてしまっていました。
さらに自宅のコンピュータもOSも含めて以前と環境が変わっていてなかなかうまく申請出来ませんでした。
途中までの入力は出来るのですが、最後に入力した内容を送信するところでつまずいてしまい完了できません。
いろいろ調べてようやくわかったのは、
  必要なJavaをインストールする
  ブラウザはChromeでなくInternetExplore11が望ましい
ということでした。
これをやったおかげでようやく申請することができました。


 

実は無線局の再免許申請(更新申請)は、「申請受付期間は、免許の有効期限満了の1年前から1か月前までです。」という規定があります。
以前、これを忘れていて失効する1か月前を過ぎてしまい余計な手続きが必要だったことがあります。
今回はなんとか来年1月中旬に失効する前に申請できました。

実際に無線で波を出すことがどれくらいあるか分かりませんが、モービル機やモービルアンテナもあるのでジムニーに載せていたらカッコいいかもしれませんね。

下の写真は初代パジェロの時代の車載機です。
コンソールの一番下にあるのがモービル機(無線機)で、シフトレバーのところには送信・受信の切り替えスイッチを取り付け、ヘッドレストのステーから横にフレキシブルパイプでマイクを伸ばし交信できるようにしていました。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク




2018年12月7日 金曜日

ジムニーjb64をラベルでカスタム

新型ジムニーもだいぶ自分好みになってきましたけど、もう少しワンポイントのカスタムをやってみました。

手始めに、このフロントグリルの「S」スズキエンブレムです。 クルマの顔としてメーカーのブランドをアピールしていますがジャングルグリーンのジムニーには光り過ぎて気になっていました。

このエンブレムはグリルと一体になっているようで取り外しての交換が出来ません。そこでネットでも販売されていたS字のカーボン柄化を自作してやってみました。
最初は実車に紙をあてて型を取ってみようとしました微妙に形がうまくトレース出来ず失敗です。
そこでスズキ純正カーナビのオープンニング画面に表示される「S」ロゴをデジカメで撮影してフォトショでゆがみと縦横比率を修正して原寸大の型紙を作りました。

3Mのカーボン柄のステッカー「DI-NOC Film」を用意してカットします。

グリルのエンブレムはパーツクリーナーで汚れ落としと脱脂しておきます。

ズレないように位置決めして貼ります。
立体のエンブレムにもうまくフィットしました。

前から見た時に「S」字だけ光っていたのが落ち着いて精悍なイメージになったと思います。



 

次に手を付けたのはドアミラーです。
これはステッカーでのカスタムではないですが、貼り付けということで。。。
私のジムニーはXLモデルなのでドアミラーにはウインカーが内蔵されていません。 それはいいのですが、せっかく軽自動車枠で車幅の狭いジムニーなのにミラーだけ横に大きく張り出しています。 狭い場所で枝や壁、他車とこすってしまった事を考えてミラープロテクターを付けることにしました。

最初はネットでドアミラーの後付けウインカータイプのものを購入して、中の黄色いLEDの基盤を外して貼り付けました。

しかしどうにも大きくてしかも青白くいかにも「プラスティックっぽく」浮いてしまっていました。

私もどうかなと思っていましたが、奥さんからダメ出しをいただいたので、こちらのプレーンな黒いプロテクターに交換しました。
こちらの方が目立たなくてすっきりしています。



 

続いては、この部分です。
ジムニー二型ではエンジンの熱抜きのために開口していたドアミラー前の二本のスリットです。 機能的な必要性はないのですが新型ではあえてシンボリックとしてレリーフ仕上げしてあります。

ここにも先ほどの3Mのカーボン柄のステッカー「DI-NOC Film」でちょうどいいサイズにカットして左右二か所ずつに貼りました。

なんとなくうまく収まったと思っています。



 

そして最後はこのバックドアを開けたところのリアバンパー上部です。
リアゲートの車体側にはすでに縞鋼板柄のシートを貼ってあります。
でもどうせならバンパー上のところの梨地プラの部分にも同じ縞鋼板柄のシートを貼ることにしました。



まずはサイズを測って紙で型紙を作って確認しました。

右側部分にはバックドアのダンパー用ステー部分の逃げを切り欠いておきます。

実際に一度作って当ててみました。

型紙で確認したつもりでしたが結構すき間が気になりましたので補正したい部分をガムテープで仮追加して再度確認しました。

ぴったりサイズになりましたのでカットした縞鋼板柄のシートの裏面全面に両面テープを貼りました。

バンパー上部もパーツクリーナーでキレイにした後、貼り付けました。
アウトドアで使うクルマらしいいい感じに仕上がりました。

真上から見たところです。 右側のダンパー部分もうまくフィットしています。
これならバンパーの上に荷物が当たってもキズが付きにくくなります。

バックドアを閉めた時もバンパー左右部分に貼った縞鋼板が見えています。





 

出かけた際、駐車場に停めておいて戻ってみたら隣に、30年以上昔に私が乗っていたのと同型の初代パジェロが並んで停まっていました。
こうしてみると、クロカン四駆(今となっては死語ですかね)を極めると同じような形になるんですね。
もちろん小型車のパジェロと軽自動車のジムニーでは違いますが、それでも数値ほどは大きさが違わないような気がします。
 初代パジェロは、
  全長 3,995mm
  全幅 1,680mm
  全高 1,850mm
これに対してジムニーは
  全長 3,395mm (マイナス600mm)
  全幅 1,475mm (マイナス205mm)
  全高 1,725mm (マイナス125mm)

 ※以前私が乗っていた初代パジェロの記事は、「新型ジムニーと初代パジェロを比べてみる


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

スポンサードリンク




プロフィール
メカ好きおじさん写真

メカ好きおじさん

・40年前原付、中型二輪取得
・CB50で東北野宿一周
・250cc四国・九州3週間5万円野宿
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロード
・KAWASKI2スト最後に降りる
・16年ブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCにペアライド中


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村