Count per Day
  • 1295今日の閲覧数:
  • 2390昨日の閲覧数:
アーカイブ
カテゴリー
2021年5月10日 月曜日

新しいエアバッグとクッションを試しにタンデムツーリング

先日購入した奥さん用のエアバッグが暑い夏の日のツーリングにどうか試す為にタンデムでツーリングしてきました。

今までのベスト型エアバッグでは後ろのシートの奥さんから暑いという意見があったので、今度のハーネスタイプなら風通しも良いので期待大です。

今日の最高気温は25度を超え、実際に日なたを走れば30度を軽く超えていましたのでテストには絶好です。

299号線は前を行く自動車がソコソコのんびり走っていましたので大人しく後ろについてゆったりと走って道の駅あしがくぼです。

道の駅の駐車場にはパトカーが一台停まっていて交通安全を呼びかけていました。

エアバッグの方はやはり前のタイプに比べれば快適だそうで、フロント側もファスナーでピッタリ留めていないので風が来てよかったようです。

北海道をツーリングした時でも最高気温が35度に届く日がありましたし、帰りのフェリーが着く新潟からの関越道では暑い昼間に長時間走ることになるので心強いです。

そして今回はもう一つ試したいことがありました。

ウチのヘリテイジのタンデムシートはノーマルの上に自作したクッションをかぶせてあり更に衝撃吸収タイプのパッドも載せてあります。
ただ、全体に前部分が少し下がっているので座っていて段々前にずれてくるので困っていました。

そこでクッションを追加して前の方を厚くして高くなるように加工しまし。

その改良したクッションの乗り心地も試してもらいました。

こちらも前にずれることがなくなって快適になったそうです。

道の駅を出発して秩父市街を通過します。

みそ豚丼の野さかは今日も弁当オンリーだったようです。

浦山ダムを横目で眺めて通過。

新緑の山々を見ながら走るのって気分いいですね。

個人のお宅で手入れをされていた藤棚、キレイです。

朝の出発が遅めだったのでなかなかお腹がすかなかったので、秩父から正丸トンネル手前を右折して山伏峠を超えて名栗に向かいました。

マチュピチュのような(?)山道を通って、

狭いクネクネ道をタンデムハーレーで走り、

やってきたのは名栗のレストラン「HAMA」です。
ここのステーキ丼やヤマメの唐揚げが食べたかったのですが臨時休業との事で残念!

まあ、走れるだけでも楽しいので良しとしたタンデムツーリングでした。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年5月9日 日曜日

13年目でバイク用エアバッグを買い替えた

ハーレーに乗っていてエアバッグを着ているライダーはそう多くは見かけません。
それでも奥さんとのタンデムツーリングの機会が多いわが家では夫婦揃ってエアバッグを着用しています。
高速道路での走行もあるしやはり安全にツーリングを楽しむ為には必要だろうと考えているからです。

最初に購入したのはハーレーに乗り出した2008年で、納車の翌月にはまず奥さん用のエアバッグを購入しました。
テレビでバイク用エアバッグ hit air の開発物語をやっていたのを見て欲しくなりました。

ホントはベストの「MC type」の黒が欲しかったのですがどこのお店も品切れ続出で、やっと見つけたのが「MV-2 type」で即購入に至りました。

「白バイ隊導入記念第2弾!ダブルVライン大型リフレクター搭載、フルメッシュ仕様のオールシーズン対応ベスト」。
要は「ベストの前後に2本の大きなVラインのリフレクターが付いていますよ」って事。
正直、後ろから見ると白バイ警官みたいだけどこの方が夜間や雨の時には安全性が高いでしょう。
特に後ろに乗る妻が着るのだから、後方から視認性は間違いなく向上するはず。

※この経緯は以前のブログ記事「エアバッグベストは売切れ店続出!」にて
https://bit.ly/3vS7icn

そしてしばらく経ってから私用に「MV-2」を手に入れて二人でコレを着てツーリングに行っていました。

私のには背中にハーレーのワッペンを縫い付けてあります。

最近は近場のツーリングでは着ていかないこともしばしばですが、北海道ツーリングや高速道路を使った泊りがけでは必ず着用しています。

今年も北海ツーリングを計画しているのですが、少し少し前からさすがに10数年経過したエアバッグの機能が落ちていないか心配になっていました。
ネットで検索した記事や動画では10年以上経過した hit air のエアバッグでは膨らむけど膨らみ方が足りなかったり、すぐに萎んでしまうなどの問題点が指摘されていました。

そこで奥さん用のエアバッグとして新しく hit air を購入しました。

今まで着ていたのはフルメッシュとは言えベスト型なので肩が凝ったり身動きがしにくかったりしました。
そこで今回はハーネスタイプの「MLV-C]を選びました。

今までのベスト型では、ハーレーのタンデムに乗っているとライダーより前から来る風を受けるのが弱かったり、後ろに大きなキングツアーパック(リアボックス)があるので背中に風が通らず汗をかいてしまいました。
ハーネスタイプなら多少風も通るので夏場のツーリングでも爽快になるでしょう。

今回のエアバッグと前回のものを比較すると、
 重さ 1.15kg(MLV-C)   1.5kg(MV-2)
 CO2ボンベ 60cc(MLV-C)   50cc(MV-2)
ボンベが大きくなって強化されたのに軽量化されています。

装着も以前はファスナーとベルクロでしたが、今度のはワンタッチバックル2個になりよりカンタンで前からも風を受けやすくなりました。

またボンベの位置が以前のものより低い位置に付いたので邪魔になりにくくなりました。

オプションで使ってきた胸部パッドもベルクロで取り付け出来ました。

早速ツーリングで試して来ようと思っています。

ちなみに私用の hit air はまだ一度も転倒して膨らませたことはないので、既にメーカーの無限電光さんに送ってメンテナンスを依頼してあります。
たぶんボンベや膨らむパーツを交換することになると思います。
何年経ってもユーザーの立場に立って良心的にメンテナンスをやっていただける姿勢に感謝です。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年5月7日 金曜日

バイクの後方撮影用ドラレコ用にヒューズから電源を取り出し

バイクツーリングでは走行中の写真以外にも動画を撮影しています。

ヘルメットにはGoProを付け、バイクの前方には同じようなアクションカメラ、そして後方撮影用にもカメラを設置しています。

実際に北海道ツーリングでのフェリーからの下船風景と、就実の丘で撮ったGoPro、奥さんによる手持ち撮影と後方カメラの三つの同時録画の映像も載せています。

その後方用カメラには自動車の使わなくなったドライブレコーダーを転用しています。
大きなものは邪魔になるのでYupiteruのDRY-mini1という機種を使っています。

付属していたステーは使えないので、金具を曲げて取り外し出来るように加工。

これをハーレーのキングツアパック(リアボックス)上のキャリアに固定して後ろが撮影できるようにしました。

その電源はバイクのバッテリー近くの配線からエレクトロタップで分岐して供給して、リアボックス内に二又のアクセサリーソケットを設置してそこに12Vからドラレコ用の5Vアダプターをつなぎ、途中にスイッチを設けて走りながらでも撮影のオン・オフが切り替える出来るようにしていました。

ところが最近になって電圧が降下したようで起動出来なくなってしまいました。

ひょっとして、ハーレー純正の配線ラインの中に割り込ませてあったので支障が出たのでしょうか。 そうだとするとリーレーを介してバッテリーから電源を取った方がよかったのかもしれませんね。

今回はそこまでやらずにヒューズから直接電源を取るように改良しました。

ソフテイルの場合はタンデムシートとライダーシートを外すとその下にバッテリーとヒューズボックスが現れます。

その中の「ACCY」と書いてあるアクセサリー用のヒューズを取り外します。
バイクや自動車用のヒューズには「平型」「ミニ平型」「低背型」がありますが、ハーレーでは「ミニ平型」が使われています。

ヒューズから電源線を取り出すパーツも売られていますが、カンタンなものなので自作します。

ここに配線を取り付けるので、ヒューズの端を精密ノコとニッパーで慎重にカットして端子の一部をむき出しにします。

こんな感じに加工します。
あまり大きくカットすると強度が落ちますのでほどほどにします。

ヘルピングハンズでおさえておきながらまずは予備ハンダを付けます。

配線が付きました。

ほかの部分と接触してショートしないようにビニールテープを巻いておきます。

アクセサリーの位置にヒューズを取り付け、配線がカバーなどに挟まれないの確認しながらラインを這わせます。

ヒューズボックスのカバーを閉めて、シートを元通りに直します。

途中の段階で何度か動作確認してありますのでリアボックスに配線を取り回してインナーボックスの下に隠します。

ここからは後方撮影用のリアカメラの電源のほかに、走りながらでもスマホやインカム、デジカメなどの充電が出来るようにあります。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年5月6日 木曜日

ジムニーにコレ欲しい!リアの1カメラだけでスカイトップビューが見えるシステム

スクエアボディで見切りが良くてコンパククなジムニーですから、小回りも効いて取り回しも楽です。
バックでの車庫入れもしやすのですが、それでも他のクルマにあるようなアラウンドビューというか、クルマの上方から映したような映像を見ながら出来たらもっと楽になるのになといつも思っていました。

今までも後付け出来るキットはいくつかあったようですがコスト面や性能的には今ひとつ、という感じでした。

そんな中、ネットで見つけたのがこちらの「データシステム  1カメラスカイトップビュー SKY812」です。

これはなんと!リアカメラ一台だけで上空から見下ろしたようなスカイトップビューの表示が出来るとというスグレモノです。

バックで駐車する際に通常の後方確認カメラとしての映像と共に上からの映像をモニターに二画面として映してくれます。

キットの内容としては専用のリアカメラとコントロールユニット、リモコンとハーネスそしてキャリブレーションを行う専用シートがセットされています。

普通のアラウンドビューカメラは、前方、左右、後方の四つのカメラを用いてこれらを合成して行いますが、確かにリバースのバックで車庫入れする際に使う訳ですから後方の様子がアラウンドになっていればいい訳ですね。

後方のみにカメラがあるので左右の様子や後から近づいてきた側方の人やモノは映し出されませんが停まっている左右のクルマや白線などが分かればいいと割り切れば理にかなっていると思います。

発売は5月中旬で価格は23,980円とお手頃ですね。

発売されたら私もジムニーに取り付けてみたいです。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年5月3日 月曜日

GW真っ最中にツーリングに行ったら渋滞がすごかった

ゴールデンウイークも関係なく仕事の日々ですが、それでも何日かは休みがあります。

陽気も良くなって、重たく肩の凝る冬用ウェアから開放され、目にも鮮やかな新緑の季節となれば走りたくなりますよね。

今日はそんな一日でしたが、午後からは家の用事があるので午前中だけツーリングに行ってきました。

ルートはいつものコースですが飯能のはずれから秩父方面に向かってもう車がびっしりとつながっていました。

帰宅後にGoogleマップでチェックしたらかなりの渋滞になっていたようです。

さらに正丸トンネル手前から道の駅あしがくぼ迄の間と、秩父の芝桜で有名な羊山公園までも渋滞になっていました。
秩父の芝桜は例年ですとゴールデンウイークまでが見頃になっていたのですが、今年は4月の始めに気温が高かった日が続いたせいもあって既に見頃を過ぎていましたが、それでも訪れる方は多かったようですね。

今回は秩父方面ではなく名栗湖の有間ダムに向かいますので、この渋滞を避けるために途中で飯能市街を抜けてうまく渋滞を避けて行きました。

走りながら横を流れる名栗川を見下ろすと河原でバーベキューを楽しむ方が大勢いるのが見えました。

その河原へ向かう為に駐車場ですが、例年ですと9時頃にはほぼ満車状態で道路脇には空きを待つ車が列をなしているのですが、

今年はこの時間でもまだ半分以下しか埋まっていませんでした。
テレビでしきりに「BBQでもコロナは感染します」と言っているのが効いているのでしょうか。

有間ダムに近づいてきました。
ダムの堤防に向かう最後の坂道はだいぶ前の大雨で法面が崩落して一時通行止めになっていました。
復旧工事のおかげで片側交互通行で通れるようになったのですがずっと未舗装路のままでした。
それが今日行った時には簡易的でしたがしっかり舗装されていてハーレーでも走りやすくなっていて助かりました。

ダムに着くとそこには大勢のバイクが停まっていました。
私もここに来るようになってだいぶ経ちますがこれだけ多くのライダーがいるのを見るのは初めてでした。

風は少し強かったですが日差しも気持ちよく過ごせました。

今日はアクエリアスとクランチチョコで一休みです。

ここには大勢のハイカーの方も訪れます。
近くの山に登っていかれるのでしょうけどそのハイカーの数もかなり多かったですね。

40分ほどのんびり日差しを浴びて風に吹かれていましたがそろそろ帰ります。

10時近くに再び川遊びの駐車場の横を通りましたが、まだまだ空きがありました。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年5月2日 日曜日

バイクの走行データからみた残り溝のチェック

前回のタイヤ交換からだいぶ経過したので残り溝をチェックしました。

フロントタイヤを交換したのは4年と少し前の2016年12月、走行距離6万キロの時点。

リアタイヤはそれより最近で2年前の2019年2月で7万1千キロの時点。

今の走行距離が7万6.5千キロなので、フロントタイヤは1万6.5千キロ、リアタイヤは5.5千キロ走っています。

履いているタイヤですがフロント側は純正のダンロップ D402 MT90-B16 72H で、リアはそれまでずっと純正でしたが前回はブリジストンのH50 に変えてあります。

今までの私の場合の走行状況、パターンだと摩耗の目安は、
 フロントは1mm減るのに6,250キロ走行
 リアは1mm減るのに1,950キロ走行になりました。
実際に北海道ツーリングで2千キロ強走ってきた時には出発前と比べると約1mmタイヤの溝が減っていました。

結果的にはタイヤ交換の時期は、
 フロントタイヤの交換は25,000キロごと
 リアタイヤの交換はその半分の12,500キロごとの交換が必要となります。

新品純正タイヤの場合フロントの溝は5mm、リアは7.2mmでした。

今回タイヤの残り溝を測ってみたところ、フロントは3mm、リアは3.3mmほどでした。
私は40年以上前に原付きに乗り始めた頃に買ったデプスゲージをまだ使っていますが、さすがに最近のデジタル式で詳細な深さが測れるゲージが欲しいですね。

スリップサインが出るのが残り0.8mmだとすると、フロントタイヤはあと2.2mmですから1万4千キロ弱、リアタイヤではあと2.5mmですから5千キロ弱走れる計算になります。

今回の1週間のツーリングでは2,500キロくらいの走行距離になるでしょうから、タイヤの残り溝に関しては大丈夫でしょう。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年5月1日 土曜日

北海道ツーリングの前にプラグ交換

今年夏の北海道ツーリングでは1週間で2,500kmほどの走行距離になりそうです。

首都圏とは違って北海道では出先で車両のトラブルがあるとハーレーのディーラーやバイク修理をしてくれるお店が近くにあることは期待出来ません。
そうなると自分である程度かんたんな修理が出来るようになっているのは当然ですが、それ以前にトラブルになりそうな箇所をあらかじめて潰しておく必要があります。

まずはスパークプラグのチェックをしました。
最近、ツーリングに出かける前の朝の始動時にセルを回した際にちょっと息つきするような感じがありました。

エンジンがちゃんと回る三つの要素「いい燃料」「いい圧縮」「いい火花」の火花を飛ばすのがスパークプラグですね。

前回交換したのは3年半前の2017年12月にエンジン始動不良だった時です。
走行距離では約1万kmほどです。

納車時にもらったハーレーのマニュアルには「12ヶ月(8,000km)毎に点検し、必要ならば取り替えます」とありました。
ソフテイルでは一般的に2年毎の交換が推奨されています。

それでは交換方法です。

ヘリテイジ(ソフテイル)のプラグは車体左側に二本あります。
空冷Vツインですから前後に並んでわかりやすいです。

最初に、エンジン熱を足に当たらないようするために取り付けた遮熱板があってやりにくい後方エンジンの方から作業しました。

プラグキャップを手でまっすぐ引き抜いて外します。
勢いあまって他のところに手をぶつけないように気を付けます(経験者は語る)

プラグを外す前に取付部の周囲のゴミを払っておきます。
歯ブラシでプラグ周囲のホコリや土汚れなどを取り除きます。

それからカメラのレンズのゴミを吹き飛ばすブロアーを使ってゴミを除きます。

外したプラグキャップの中を綿棒を使って掃除します。
結構汚れていました。
綿棒の糸くずを残さないようにこの中もブロアーを使って吹き飛ばします。

プラグサイズにあったプラグレンチを使って外します。
プラグが緩んだらあとは手で回して外します。

交換するスパークプラグです。
ハーレーの純正プラグは「6R12」という型番です。
互換品や高級品もありますが色々試した結果や他のオーナーの意見でもやはり純正プラグが始動性やトルク感、耐久性などで一番いいようなのでこれを使っています。

7年ほど前にはイリジウムのプラグを使ったこともありましたが、始動性が悪くエンジンがなかなかかからなかったり低速トルクがスカスカになるなど問題が多発しましたのですぐに純正品に戻しました。

一般的には高性能なイリジウムの方がエンジン性能が上がると思うのですが、どうも私のハーレーとは相性が良くないようです。

新しく取り付けるプラグのギャップをチェックします。
新品であってもギャップが正しくない場合がありますので必ずチェックが必要です。
6R12プラグのハーレーの推奨ギャップは「0.97から1.09mm」です。

前のプラグとギャップを確認しながら焼け具合をチェックしました。
インジェクションシステムのTCエンジンでは先端部が白っぽくなりプラグ本体が黒っぽく焼けるのが良しとされていますので問題は無いようです。
このままもう少し使えるかもしれませんが、3年半使ってきたので念の為交換します。
このプラグは予備としてバイクに載せて携行していてもいいですが、新品プラグを予備用にサドルバッグに入れてあるのでこのプラグは不要になりました。

新しいプラグはエンジンのネジ山を壊さないようにする為まずは手で差し込み軽く回るまで行います。
取り付ける前に固着防止用のスレッドコンパウンドを塗ってもいいのですが、今までの経験では塗っても塗らなくても効果はあまりないようでした。

最後の締めはガスケットをつぶすようにしてレンチで締めます。
トルクレンチを使って適正トルクの16から24N・mで締めて作業完了です。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年4月29日 木曜日

最近なぜか「駒ヶ滝トンネル」の記事が大人気

このブログの左サイトには「人気の記事」というランキングがありますがその一位が「奥秩父の駒ケ滝トンネル閉鎖」という記事です。
再生回数でいうと最近1週間で900回をはるかに超え、2位の「新型ジムニーJB64で走行中に操作出来るようにナビの配線を手直し」が240回程度なのでその4倍近い回数です。

驚くのはこの記事を書いたのは今から8年も前の2013年8月です。
それが最近になって急激に閲覧されるようになりしかもまだまだ伸びているようです。
どこかで「駒ケ滝トンネル」が話題になっているんでしょうね。

私のブログでは2回ほどこのトンネルについて書いています。

最初はハーレーに乗り始めた2008年7月です。
「恐怖、秩父のトンネル!(動画公開)」です。

2回めが今回取り上げた「奥秩父の駒ケ滝トンネル閉鎖」です。

このトンネルの特徴について書いた以前の記事のコピーです。

国道140号線の二瀬ダムの「駒ヶ滝トンネル」です。

このトンネルは全町340mで国道トンネルとしては珍しい点がいっぱい!
何が凄いって、手掘りのトンネルで片側一車線で絶対にすれ違いの出来ないくらい幅が狭く、高さも低い。

一応信号で片側づつの交代制なのだが、この信号が5分以上の待ち時間で長い上に、看板には「対向車(大型車)の通行に時間がかかり、待ち時間内に通り抜けない場合がありますので、注意してください。」ってある!

おい、絶対にすれ違いが出来ないほど狭いのにどうすればいいんだ!おまけにトンネルなのに普通の山道のように結構急なカーブが何箇所かある。
しかも照明がオレンジ色のナトリウムライトのぼんやりしたもので暗いため先がよくわからない上に湧き水なのか路面はビショビショ。

そんな狭いトンネルのに入ってすぐ、いきなりYの字型の三峯口へ行く道と秩父湖の北側を走る道の分岐があるのだ。
首都高のように先が見えるわけでも標識や信号があるわけでなく、突然現れるのだ。

いずれにしてもこのトンネルの怖さは言葉では表現できない。
そのため、私たちは決死の覚悟で(?)、一旦秩父湖側に出たトンネルをUターンして引き返し、この恐怖をお伝えするためにあえて往復してその全行程の動画の記録に成功したのだ!(笑
その怖さは東京ディズニーランドのビッグサンダーマウンテンさながら。
まずはこれを見ていただきたい。
1分間の恐怖体験です(心臓の弱いライダーの方は見ないでください(?)


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年4月27日 火曜日

北海道ツーリングベストガイド2021を買ったよ

今年の夏に決行する北海道ツーリングに向けて、ルートや走りたい路、寄りたいポイントなどをチェックするために「北海道ツーリングベストガイド2021」を買いました。

今日、たまたま立ち寄った書店で見かけてすぐにレジに持っていきました。
今年の4月21日発売とありましたのでまだ1週間くらいしか経っていないようです。
今は新型コロナの影響で休業している書店も多いのでネットで購入する方が確実かもしれませんね。

少し前までは以前の北海道ツーリングや旅行の時に使っていたガイドブックやネット情報を参考にしていました。

思えば一番最初に行った2012年の時は下の写真の前列右から三番目の「0円マップ」を多いに参考にさせてもらいました。
その頃もネットで北海道ツーリング、特にタンデムでの情報はありましたが今ほど情報は多くありませんでした

それから何度かの北海道ツーリングをするたびに少しづつガイドブックも増えていきました。

私が北海道ツーリングのルートを決める段取りは、
 1.ガイドブックや他の方のツーリングレポートを参考に、まずはエリアを決めずに走りたい道やポイントを地図にマーカーしていきます。

 2.ネットで移動距離や時間を調べて実際に移動可能か、見学場所で時間が取れそうか確認してルートを決めます。

 3.自分でエクセルで作った「行程表」に最初に出発時刻を記入して地点ポイントと見学場所を入れ、そこに移動距離と観光したい時間を入れれば、最終的に泊まる場所に到着する時刻が自動的に計算できます。
   これを見て無理のないルート設定になっているかを検証して、問題がある場合は修正します。

※参考までに私が作成した「行程表」を公開しますので興味がある方は自由に試してみてください。
 表形式で、Microsoft Office の Excel(エクセル)を使っています。
 この下に、エクセルの「行程表」をアップしています。
    「コチラ」から『ツーリング行程表.xls』がダウンロード出来ます。 念のためウイルスチェックはしていますが、「対象をファイルに保存」してください。

ツーリング行程表

この表の特徴は、「出発時刻」と「移動するポイントの区間距離」それに「休憩時間」を入れれば、自動的にそれぞれの「移動走行時間」や「到着・出発時刻」などが一覧表で見られます。

こういう「行程表」を作っておけば、ツーリングに出かける前に「もう少し余裕があるからここも寄ってみよう」「ちょっと時間が掛かりそうだからルートを変更しよう」とか「この辺でお昼どきだから、ランチする場所を探してみよう」と計画を練る事が出来ます。

また実際にツーリングで走っている時でも「行程表」のタイムスケジュールと照らし合わせて、「思ったより早く着いたから見学時間を長くしよう」「遅れているからコース変更」「宿に着くのが遅れそうだからあらかじめ電話をしておこう」などと役立てる事も出来ます。

むずかしい事はやっていないので記入例を見ていただければおわかりいただけると思いますが、一応使い方を書いておきます。
・「タイトル」「日程」は適当に入力します。
・あらかじめ自分の走行ペースを設定しておきます。
 表の中のピンク色のセルを入力します。
 「一般道の平均時速(例:30km/h)」と「高速道路の平均時速(例:90km/h)」の数字部分だけを入力します。
  ※数字だけ入力すれば「km/h」などは自動で追加されて表示します。
 市街地を含むのか、郊外メインか、北海道のようなところかなどによって設定します。
・ガソリン代を試算するために自分のバイクの「平均燃費:20km/L」とガソリン単価の目安「ハイオク:155円/L」の数字を入力します。
あとは、表の中のアイボリー色のセルを入力していきます。
・最初に「出発時刻」を入力します。
・ネットのルート検索サイトなどで走行するルートの「ポイント間の距離(km)」を調べて入力していきます。
・停まるポイントでのおおよその「見学・休憩時間」を「0:20(←20分の意味、1:30なら1時間半)」を入力します。
・有料道路を利用する場合は「通行料」、「昼食や喫茶代」それに「宿泊費」などを入力します。
ポイント数が多くて行が足らない場合は行挿入で追加します。 この時は計算式がずれないように複写します。
ここまで入力すれば、あとは色の塗っていない部分を自動的に計算されて埋めて「行程表」が作られます。
各ポイントの「到着・出発時刻」と全行程の「走行時間」「見学・休憩時間」それに「ガソリン代」やツーリング全体の「総費用」が計算されます。
ツーリングに出かける際にはこれを印刷して持って行きます。

最初に書いたようにこれはあくまで「一つの目安」です。
時間配分をあらかじめ考えておいて、走っている最中に間に合うかどうかわからず、あせって無理な走行をしないようにするためのものと割り切っています。
これに縛られてしまってはツーリングが楽しめません。
私も行程表で作ったとおりに走る事はほとんどなく、いつも景色や天候状況などで自由気ままに変えています。
だから計画としての「行程表」とは別に、帰って来てから実際に走った「実績表」を作ってみるとコースもポイントも平均時速もさまざまです。

 4.最終的に2012年に訪れたルートをGPSロガーで記録したマップがこちらです。
   行きたかった場所はすべて網羅できていました。

また、2012年当時も北海道ツーリングの動画はいくつかYoutubeにアップされていて、特にフェリーの乗り方降り方などはとても参考になりました。

ただ実際の北海道でのツーリング風景については、今のようにGoProなどのアクションカメラが今ほど充実していなかったので、多くの方がデジカメやビデオカメラで撮影したものを編集してアップしていました。

私もその時に初めて買ったGoProがまだHERO 2 のバージョンで今のGoPro8などと比べると画質も手ブレ補正などもかなりレベルが下でした。

それでも当時はYoutubeで「北海道ツーリング」動画の再生回数でベスト3に入っていました。

今でも自分で見てもあの最初の感動が蘇ってきます。

その動画がコチラです。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年4月24日 土曜日

7月に行く北海道ツーリングのフェリーは予約完了、3ヶ月前から出来ました

今年も行くぞ!北海道ツーリング。
わが家では毎回7月に、関越道で新潟まで自走してそこから新日本海フェリーに乗って小樽から北海道入りしています。

2012年からスタートして最後に行ったのは2018年で、2019年2020年と2年続けて訪れていませんでした。

新日本海フェリーの場合フェリーの予約は乗船の2ヶ月前から予約開始だったので、いつも5月になってからネットでポチッと予約していました。
今年もそのつもりで4月の中旬までのんびりしていましたが、そろそろ今のところの予約状況と料金をチェックしてみようと新日本海フェリーのサイトをチェックしていたら。。。

なんと7月乗船分の予約もすでに始まっていました!

(下のネット画面は本日4/24日現在のものです

なんと昨年2020年の4月から、それまでの2ヶ月前ではなく3ヶ月前から予約出来るようになっていたのです。

一昨年行った方も、昨年は新型コロナの影響を考慮して自粛された方も多いかと思います。
そうだとするとあるいは昨年サイトをチェックしていなかったら今年の夏の北海道ツーリングの新日本海フェリー予約をゆったりかまえていると予約終了となっていることもあるかもしれないでご注意ください。




私はまだ、7月前半だったので予約出来ましたが、それでも帰りの便の希望する個室は既に終了していました。
行きの便の方も、いつも利用しているデラックスAツインの個室は選べる部屋が4室くらいしか残っていませんでした。

でもなんとかフェリーの予約が取れたので一安心です。
これからルートを決めて、滞在するホテルを選んで予約していきます。

参考までに新日本海フェリーの様子を紹介します。

ネットで予約すると「e乗船券お客様控」というのが表示されますのでそれをプリントアウトして持っていって、フェリー乗船の列にならんでいた時にスキャンしてチェックして船に乗り込みます。

私の場合は、55歳以上で15%引きになる「夏旅GOGO割」というので予約しましたので、新潟フェリーターミナルについたらまずは乗船港窓口に行って乗船手続きをします。

ここで55歳以上であることを証明する免許証を提示して初めて「e乗船券お客様控」と合わせて個室のキーになるカードを受け取ります。

いよいよフェリーに乗船する時がくると、それまで高速に乗って新潟港に来るまで以上に「いよいよ北海道に向かうんだな」という高揚感でいっぱいになります。
ここに写っているライダーもみんな同じ気持ちでしょう。

新日本海フェリーの場合は上層階に乗船口があるので鉄板のスロープの上を上がっていきます。
この時雨が降っているとスロープが滑りやすいのでまっすぐ上がるのと、船内に入った時に床が濡れているのでカーブしながら停める場所まで移動するのにとても緊張します。

以前の船舶では壁面に向かってバイクを停めましたが、新造船になってから船の最後尾にバイク専用のスペースが設置されそこに入っていって停めます。
その時に床にバイクを固定するための太いチェーンが何本かあるのですがそれをまたぐ時にも斜めにアプローチすると転倒する恐れがあるので十分注意します。

バイクが停められたら荷物を下ろします。
バイクの固定はスタッフが手際よくやってくれます。

荷物を下ろしたら階段やエレベーターで上に上がって客室階に向かいます。

乗船する時は自動車よりバイクが先なのでまだ車が来る前なので広々としています。

客室階に着くとまた乗船の確認をされて自分の部屋へと向かいます。

ロビーはちょっとしたホテル並みでエントランスの部分は上層階まで吹き抜けになっています。

こちらが新日本海フェリーの新造船のデラックスAツインの室内です。

私も若い時に青森から鹿児島までバイクで回った時はほとんど寝袋だけで野宿してたまに安い民宿やユースホステルに泊まるだけでしたが、さすがに年齢を重ねてきてしかも奥さんとのタンデムともなると、北海道での宿だけでなく往復のフェリーも体を休めて体力を温存するために個室やホテルを選ぶようになりました。

部屋にはテレビの他に冷蔵庫やトイレとシャワーがついていてベッドの上には就寝用のガウンが用意されています。

個室の外にはデッキがあって椅子に座りながら大海原の景色を楽しめます。

こちらは北海道の苫小牧のフェリーターミナルです。
いつも利用していた小樽港に比べると規模が小さいのでやはり小樽港発着が好きですね。

ルートや立ち寄り地を決めるこの期間が一番楽しい時かもしれません。
もちろん北海道に上陸して実際に北の大地を走るのが最高の喜びですが。。

新型コロナの影響も心配がありますが、密にならないように十分気を配って走ってくるつもりです。

今年もブログやツイッターでのツーレポ、それにYoutubeに動画をいっぱいアップするつもりですのでよろしくお願いします。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




プロフィール

 

メカ好きおじさん写真

メカ好きおじさん

・40年前原付、中型二輪取得
・CB50で東北野宿一周
・250cc四国・九州3週間5万円野宿
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロード
・KAWASKI2スト最後に降りる
・16年ブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCにペアライド中

ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

twitterlogo
ツイッター、やってます!