887072400
閲覧数
  • 72今日の閲覧数:
  • 1709昨日の閲覧数:
カテゴリー
アーカイブ
2021年10月16日 土曜日

ハーレー転倒!すべって転んだ奥秩父タンデムツーリング(動画あり)

先日、奥秩父まで奥さんとタンデムでツーリングに行ってきた。

秋は暑くも寒くもなく空が高くて空気も澄んでバイクで走るのが一番いい季節。

いつものお約束の道の駅あしがくぼ、紅葉ツーリングにはまだ少し早い平日なのでそれほどバイクは多くなかったですね。

隣に停まっていたホンダのCX500ターボ、CBXとともに1980年代に燦然と輝くホンダの素敵な一台ですね。

あしがくぼといえば有名なずりあげうどんのお店が改装中でしたが、10月12日からリニューアルオープンしてたんですね。

うどんメニューのほかにソバメニューも。

店内もこんな感じに改装されていました。

まだお昼には早いのでスルーしました。

こちらはみそ豚丼の野さか、この日は休業でしたね。

そういえば140号線は何か所かで道路工事をやっていて片側交互通行、普段渋滞しないところにクルマが詰まっていました。

今月下旬になると三峯神社も紅葉でキレイに彩られ、関東随一のパワースポットとしてもにぎわうことでしょう。

ここからも行けるようですが、

昔はこのように三峰ロープウェイが通っていました。

ここを過ぎてさらに山深い場所に入っていくと、川を挟んだ道の向こう側に「縄文人居住跡 神庭洞窟」の看板とほら穴のような場所が見えます。

何度も通っていますが実際には近くには一度も行ったことがありません。

ここがのちに悲劇の現場となるとは、この時には夢にも思いませんでした。。。

道の駅大滝温泉です。

丹波ののめこい湯か、ここのお風呂に立ち寄る計画もあったのですが8月から工事中のようで温泉は休業中です。

今回の目的地、二瀬ダムにやってきました。

いつもは紅葉の時期に三峯神社に向かうためにここのダムの上を通るのですが、今回は管理事務所の方が目的です。

広い駐車場にバイクを停めて管理事務所に向かいます。

ここが二瀬ダムの管理事務所です。 りっぱな建物ですね。

ここの1階、右側の通路から入っていきます。

今回の目的はそう、ダムカードです。

通常の二瀬ダムのカードは入ってすぐのテーブルの上に並べてあるので自由に持って行くことが出来ます。

他のダムの管理事務所だとインターフォンでスタッフさんを呼んで持ってきてもらうのが一般的ですのでちょっと変わっていますね。

そして本当の目的はこちら、入口のインターフォンで連絡してこちらのテーブルの上に秩父の四枚のダムカードを並べます。

「浦山ダム」「滝沢ダム」「合角ダム」そしてここ「二瀬ダム」の四か所です。

その四枚のカードを提示すると、二瀬ダムのシリアルナンバー入りの手作りオリジナルダムカードがもらえるのです。

「儀式」として四枚のダムカードを並べる場所と、いただける手作りダムカードの場所は決まっているんです。

私は既に二瀬ダム以外の四枚のダムカードはずいぶん前に揃っていましたので、この二瀬ダムと一緒に手作りダムカードもゲットしました!

目的のダムカードを手に入れたのでのんびり二瀬ダム展望台を見学します。

どのダムを見ても雄大で覗き込むと吸い込まれそうでちょっとコワいです。

二瀬ダムは60周年なんですね。 私よりちょっと若い。

二瀬ダムといえばこの閉鎖されたトンネルを忘れる訳にはいきませんよね。

三峯神社へ行くために今はこの展望台の前の道をそのまま進んで左に曲がればダムの上を走れるのですが、以前は右側にあるこのトンネルに入って行くしかなかったのです。

このトンネル、手彫り風で壁面がでこぼこしていて照明が薄暗く、しかも何といってもトンネルの中で左に曲がる脇道があってそこを曲がってダムの方に向かっていました。

三峯神社に行く時やここを抜けて甲府に向かう時に何度かこのトンネルを抜けましたが、けっこうコワい感じでしたね。

以前、このトンネルを通った時の動画をアップしてあります。

「恐怖!奥秩父の駒ヶ滝トンネルを走る」の動画はコチラです。

今回は三峯神社の紅葉がまだなのでここで引き返すことにしました。

帰りには冬に有名な「三十槌の氷柱」の看板のところを通過しました。

さて、ブログタイトルの「ハーレー転倒!すべって転んだ奥秩父タンデムツーリング」ですが、ずいぶん引っ張ってきました。

お待たせいたしました。

行きに紹介した「縄文人居住跡 神庭洞窟」の場所を道路脇からでも見てみたいと思い、バイクを路肩に停めたその時です。

いきなり前輪がずるっと滑ってコントロールが効かなくなりそのままゆっくりと右側に倒れていきました。

とっさに私とタンデムで乗っていた奥さんの二人で右足を地面に着けて踏ん張ったなのでかろうじて地面との激突は避けられました。

何がおこったのかわかりませんでしたがまずはバイクを引き起こす事を優先しました。

と言ってもこの時、私も奥さんもエアバッグベストを着用していたのでバイクとはケーブルで繋がっていました。

引き起こす為にバイクから降りなければなりませんが私はハンドルでバイクを支えているのでケーブルを外せません。

先に奥さんに降りてもらって私のケーブルも外してもらいようやくバイクから降りました。

その時のバイクの状態はこんな感じでした。

パニくっていてバイクを起こすことばかり考えていたので写真を撮ることを忘れていました。

ブロガー、Youtuberとしては失格ですね(ハハハ

私のハーレーにはエンジンガードとリアのサドルガードがあるのでバイクが完全に横倒しになることは免れます。

でも引き起こすこのバイクの重量は400kg近くあります。

ノーマルのFLSTCヘリテイジは340kgですが、やっこカウルやキングツアーパック、ロアフェアリングを装備して車載工具やパーツなどを満載した結果、この重量になってしまいました。

さらにハーレーのディーラーのメカニックさん曰く「フル装備のウルトラより(重いパーツが上の方にあるから)取り回しは重く感じます」との事。

それでも割と軽くバイクの引き起こしは出来ました。

倒れている時に後ろから来たライダーの方に「大丈夫ですか」とお声がけいただきましたが、お手伝いいただくことなく起こせました。 ありがとうございました。

さて、いきなり転倒した原因ですがバイクを起こした後も前輪がこのパーツの上に乗ったままでした。

そう、たぶん事故などを起こしたクルマのヘッドライトのカバーのようでした。

このプラパーツの上に前輪が乗ってしまって外れることなく滑っていったのでコントロール出来ず転倒してしまいました。

付近を見渡してみると他にも同じような透明のカバーのパーツや反射鏡のメッキパーツなどがいくつも散乱していました。

道路上から完全に片づけてなかったようでした。

転倒による体へのダメージはまったくなくてケガが無いのが幸いでした。

ハーレーの方はゆっくり傾いていったので右側マフラーのところに小さなスリキズが出来ただけで、やっこカウルやレバー、ツアーパックなどは無傷でした。

セルを回してみましたが一発で始動できました。

はい、バイクが転倒していく様子を前後のドライブレコーダーで撮影した動画です。

GoProを持って行ったのに装備していなかったのと転倒時の写真を撮っていなかったのが残念です。

ところで見たかった対岸の様子ですが、かなり急斜面に面してある場所のようでした。

転倒の様子を前後のドライブレコーダーで撮影した動画です。 GoProを持っていっていたのですが装備していなかったのが残念です。

バイクに支障がなかったのでこのままツーリングを続けて帰ります。

途中、「贄川宿(にえがわじゅく)」へ向かう脇道があり新道が出来る前は良く通っていましたが、ここの民家の家さきにはこのような案山子の置いてある「かかしの里」として有名なところです。

寄っていこうかとも思いましたが、先ほどの転倒もあったので寄り道せずに進みました。

遅くなりましたがお昼がまだだったのでこちらの「そば道場あらかわ亭」に入りました。

お昼時間を少し過ぎていたので私たちが入った時はガラガラでしたがその後けっこう来店されてきました。

おそばは手打ちでおいしかったですね。 コスパもいいので並ぶ人が多いのも納得出来ます。

このお店は秩父鉄道の武州中川駅のすぐそばでした。

トイレに寄ったので自撮りしてみました。

帰宅後、バイクを軽く洗車したついでにマフラーをピカールで磨いてみましたがスリキズのあった場所はほとんどわからないくらいになりました。

へこんで変形していなかったのが幸いでした。

今回走ったルートです。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年10月11日 月曜日

誕生から50周年のホンダベンリーCB50の思い出

ホンダのバイクで脈々と受け継がれている名称の「CB」。

その名前の由来は所説あって、「Motor Cycle」と「CLUB MAN RACE」から取ったという説やC92の仕様がCA92だったので次期モデルはCBにしたという説、ほかにも「クリエイティブ・ベンチマーク」という説もあるようです。

いずれにしろホンダのバイクのイメージたるCBを名乗る最小モデルが500cc原付のCB50です。

その「ホンダベンリイCB50」が初めて世に出たのは昭和46、1971年6月1日のことでした。

当時の原付といえば2サイクルが主流で、CB50は新設計の4サイクルOHC直立エンジンを搭載して5段ミッション、7リットルの容量を持つタンクからシートにかけての流れうようなラインは、いかにもバイクというスタイルでした。

私がはじめてバイクに乗ったのは今から43年前の1978年です。

当時20歳だった私は自転車を買おうかと思っていましたが、漕いでいくのは大変かなと思いエンジンのついている二輪車を買うことにしました。

一番簡単に免許が取れるのが原動機付自転車だったので、本屋で原付免許取得の本を一冊買って丸暗記して試験場で受けてきました。

めでたく免許は取れたので買うバイクを選んだのですが、なんとなく「バイク=ホンダ」というイメージがあり、色は白バイから想定して白にしました。

今は原付というえばほとんどスクーターしかないような状況ですが、当時はギア付きで大きなバイクと同じようなスタイルのモデルが各メーカーから出ていました。

その中で選んだのがホンダのCB-50でした。

原付免許は取ったもののバイクなど一度も乗ったことはなく知り合いのバイク屋から自宅まで、クルマがビュンビュン走る都内の道をギアチェンジなる動作をしながら帰ってくるなど、おそろしくて出来そうにありませんでした。

ちょっと情けないですがバイク屋さんに頼んで自宅までCB50を軽トラで運んでもらいました。

しばらくは自宅の周りだけをウロウロしてクラッチとギア操作に慣れる練習をしていました。

当時のCB50のカタログがこちらです。

表紙のコピーは「発見する小さな旅へ誘う青春の足。CB50JX-1」とありました。

このカタログには初代にああった「ベンリー」の名前は出てきていませんが、その次のモデルのカタログ(上の写真では黒いCB50)には「BENLY」としっかり書かれていました。

最初は近所の買い物に出かける時や、昔からの趣味だった電子パーツなどを買いに秋葉原に行くのに使っていましたが、このカタログにあった「青春の旅」という言葉がなんとなく気になってきました。

それまで一人旅とかはしたことがなかったし、キャンプといえば小学生の頃に父親とその友人に連れられて1、2度やったことがあるだけでした(当時のテントは黄色い三角テントでしたね)

そのうち「旅」とまではいかないまでも、なんとなく「遠乗り」今でいうツーリングに出るようになり、奥多摩有料道路には月に数回は走りに行っていました。

いまでこそあそこは無料の周遊道路になっていますが当時は料金を払っての有料道路でした。

納車された際にはリアキャリアと左側のミラーだけをオプションで注文してありました。

ミラーは右側だけが標準装備で左側にはついていませんでしたが、今はどうなんでしょう。

早い時期にリアの左右には、当時バイク用品のメッカだった上野のバイク街に行ってハードケースを買ってきて自分で取りつけをしました。

奥多摩に行った時の写真ですが小河内ダムはすでに出来ていましたが1978年当時、管理事務所の一部はまだ工事をやっていました。

現在の同じ場所の写真です。

乗ってるバイクの排気量は30倍以上になりましたね。

奥多摩に行くといつもこの駐車場で休憩してダムを眺めていました。

学生だったので走りに行くのは主に日曜日でしたので週末の奥多摩有料道路はバイクやクルマがいっぱい来ていました。

軽いバイクだったので砂利道や未舗装路などにもどんどん入って行け、行動範囲が広がりました。

ヘッドライトケースの上にちょこんと乗っている白いボールはコンパス(方位磁石)です。

この頃はGPSナビなんてものはありませんから、この磁石で東西南北を知り地図を頼りに走ったものです。

その地図をすぐに見られるように、そしてカメラや財布などの貴重品を目の届くところに置いておくためにタンクの上に乗せる「コロナのタンクバッグ」は必須アイテムでした。

これのお陰でどこかに行った時にもちょっとバイクを停めてすぐに地図を取り出して確認することが出来るようになりました。

ちなみにタンクに留めている黒いゴムベルト、当時はタイヤをカットしたものが使われていたようです。

ツーリングに出かける時の必需品、フィルム式のポケットカメラですがまだこの頃はたまに白黒フィルムも使っていました。 時代ですね。

この写真ではミラーが純正の丸形メッキのものから、当時流行っていたナポレオン製の角型のものに交換していました。

コンパスも白いものから黒いタイプに変更して、有料道路で料金を払う時に小銭がさっと取り出せるようにコインホルダーを付けていました。

ホルダーの下はクリップになっていて通行券などのチケットがはさめるようになっていました。

このCB50はとにかく燃費が最高によかったです。

どんなに元気に走ってもリッター60km/lを下回ったことはありませんでした。

8.5リッターのタンク容量を生かして無給油で500キロ近く走れました。

そして1978年7月、バイクに乗り始めたのが春4月でしたがその3か月後生まれてはじめて野宿での一人旅に旅立ちました。

一人旅も野宿旅もまったくの初めてです。

行先は父が単身赴任していた長野を経由して、大学の友人達が合宿している斑尾に合流、それから新潟で日本海に出てそのまま海岸線を北上、青森まで行ったら今度は太平洋岸を南下して東京まで帰ってくるという、当時の私には壮大な計画でした。

荷物はリア左右のハードケースとタンクバック、それに新しく買った寝袋と大きなワンショルダーバッグ、寝袋とバッグは雨に濡れても大丈夫なようにバイクカバーにくるんでキャリアに固定しました。

行きは父親の運転する自動車に先導してもらい長野まで行きそこで一泊したあと、翌日に斑尾高原の友人達と合流しました。

この写真は飯山駅で友人が撮ってくれたものです。

当時は原付はノーヘルでもOKだったので駅の中を走っていました。

半袖、手袋なしは今からは考えられないほど軽装ですね。

友人達と別れた後は新潟のお墓参りをしてから秋田まで行きました。

これは秋田駅のロータリーで野宿した写真で、写っているライダーや自転車の旅行者、リュックを背負った初対面の方々と駅前の居酒屋で前の夜に飲んだ翌朝です。

さらにコンパスと全国地図だけを頼りに北を目指し、とうとう青森駅まで50ccの原付でやってきました。

ここではリンゴを食べて青森を実感していました。

この時、一緒に駅で野宿したライダーから「一緒に北海道に行ってみないか」と誘われたのですが、残念ながら少し喉がヘンだったので断ってしまいました。

今にして思えば43年前の1978年のこの時に北海道を走っていれば、今と違う北海道ツーリングが出来たものだろうと残念です。

当時の北海道ではまだまだ未舗装路や未開通の道が多く、それでもこのバイクなら怖いもの知らずで走って行けたと思います。

これは友人のオレンジ色のCB50と一緒に江の島に行った時の写真です。

こうして、自転車代わりの「近所への足」というつもりで買った原付が、43年経った今でも乗り続けている私のバイクライフの原点となりました。

そのCB50ですが翌年に自動車の免許を取ったあとにさらに中型自動二輪免許を取得して、同じくホンダのHAWKへと乗り換えていくことになったのです。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年10月8日 金曜日

自宅のパソコンをWindows10からWindows11にアップデートしたよ

10月5日にWindows11がリリースされ、当面はWindows10のパソコンは11への無料アップデートができるようになりました。

とはいうもののWindows10パソコンがすべて11にアップデート出来るわけではなく、要求される仕様はかなりシビアです。

マイクロソフトが公表しているシステム要件は、

  プロセッサ:1ギガヘルツ以上で2コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip
  メモリ:4ギガバイト
  ストレージ:64GB以上の記憶装置
  システムファームウェア:UEFI、セキュアブート対応
  TPM:トラステッドプラットフォームモジュール(TPM)バージョン2.0
  グラフィックスカード:DirectX12以上(WDDM2.0ドライバー)

やはり新しもの好きな「メカ好きおじさん」としてはWindows11を触ってみたいので早速対応してみました。

Microsoftのサイトでは自分のパソコンにWindows11がインストール出来るかどうかチェックするソフトを公開していましたので私も自宅で使っているメインのパソコンで確認してみました。

パソコンは2年前の2019年のBTOで購入したもので仕様は、

  CPU:Intel Core i7-9700K 3.60GHz
  メモリ:16GB
  ストレージ:Cドライブは500GB、他にデータ用は16TB
  グラフィックボード:NVIDIA_GEFORCE_GTX_1660_SUPER(ゲームはやらないので)

と、まあスペック上では必要要件はクリアしているハズです。

しかし実際にチェックソフトを動かしてみた結果は、

見事に「Windows11システム要件を満たしていません」と表示されてしまいました。

どこがダメなのか表示してくれるのですがそれによると、
「セキュアブートをサポートしていない」
「TPM2.0がサポートされていない」の2点でした。

セキュアブートはBIOSがUEFI起動でTPMについても、私のマザーボードは2年前のASRock Z390 PAHNTOM GAMING 4 ですからどちらもサポートしているハズです。

考えられる要因としては、今のWindows10 Pro 64bit をインストールした際にBIOSがレガシーになっていたと思われます。

検索画面に「msinfo」と入力して「システム情報」を確認するとやはりBIOSが「レガシー」になっていました。

今のWindows10のOSをどうにかするより、新しくUEFIでWindowsをインストールすることにしました。

起動用のCドライブは500GBのSSDを使っていましたがそれはそのままにして、新しくSSDを購入してそちらにWindows11をインストールすることにしました。

もし失敗しても前のSSDに戻せるので安心です。

今回のSSDは、シリコンパワー 256GB 3D TLC NAND M.2 2280 PCIe3.0×4 NVMe1.3 にしました。

これが4500円ほどで買えるとはずいぶん安くなったものですね。

パソコンのカバーを外してSSDを交換します。

OSのアップデートする時は間違えてデータドライブに影響を与えないように、そちらのケーブルは外しておきます。

SSDを交換する前の状態で作っておいたシステムディスクは、高速にアクセス出来るようにUSB3.0のアダプターに刺したマイクロSDカードに入れておきました。

このディスクを使ったまずは新しくつないだSSDにWindows10をクリーンインストールしました。

この時はUEFIで起動するように設定しておきましたので仕様要件をクリアしてあります。

そして次に「設定」の「Windowsアップデート」からWindows11にしようとしましたが、まだ対応していないようでした。

その為、Microsoftのサイトから「Windows 11 インストール アシスタント」のソフトをダウンロードして実行して手動でアップデートすることにしました。

その時の画面は下の写真の右側の部分です。

でもアップデートしながらふと、「せっかくならWindws11をクリーンインストールした方がいいな」と思い直し、アップデートしながらWindows11のシステムディスクを作成することにしました。

そちらは上の写真の左側の部分です。

結局、どちらでやっても問題なくWindows11がインストールされ起動できました。

これがWindows11の初期画面です。

タスクバーのアイコンは今までのように左端にクリップしているのではなく中央に変わっていました。

その他アイコンも立体的なものではなく線画的になっていました。

せっかくなので背景画はWindows11のイメージ画像にしてみました。

Windows11にアップデートした後でもクリーンインストールした時でも、マイクロソフトアカウントを登録してあればライセンスも自動的にデジタルライセンスによって認証されるのでよかったです。

Windows11の起動時間を確認してみました。

標準搭載のイベントビューアで「アプリケーションとサービスログ」「Microsoft」「Windwos」「Diagnostics-Performance」「Operational」で「イベントID」が100になっているところが起動時間、200が終了時間です。

これでみると「21秒」となっています。 まあまあ早い時間でしょう。

実際にはパソコンの電源を入れてBIOS画面が立ち上がりログイン画面が出るまでをストップウォッチで測ると28秒ほどでした。

Windows11のOSをクリーンインストールした後で、Officeやフォトショップ、動画編集ソフトなど一通りのソフトを入れましたが、トータルでSSDは45GBくらいしか使っていませんのでCドライブ用のSSDは250GBで十分でした。

少しだけつかってみた感想ですが、画面デザインはスマートに変わりましたが(なんとなくMac風?)、使い勝手は以前のWindows10とそれほど大きくは変わっていないのでなんとなく触っていればわかるし慣れてくると思います。

起動自体も早くなり、ソフトについてもWindows10で動作していたものは市販ソフトもフリーソフトでもだいたいそのまま使えるようなので安心しました。

もうしばらく色々検証してみます。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




二回目のワクチン接種を受けてきた

ようやく二回目のワクチンを接種してきました。

初めのころは造影剤のアレルギーがあるのでワクチン接種は出来るのかな、とか数年後に副作用が出ないかなどを心配して接種予約を見合わせていましたが、第三波、四波の頃の急拡大が心配で接種することにしました。

でもなかなか予約が取れずようやく二回の接種を終えることができました。

1回目は小児科の病院の先生に注射を打ってもらったので痛みがなかったですね。

いつもお子さん相手に注射をしているからうまいのかな。

心配していた副反応の方も、1回目は微熱が上がったり下がったりで腕に力が入らずだるさがありました。

二回目の今回は、熱のほうは接種時が36.4度で当日夜は36.1度、翌朝は35.8度と正常値でした。

打った腕全体は多少熱を持っていて動かすと痛みがあり、体全体に倦怠感がある程度で済んでいます。

今日は天気もいいですが、さすがにバイクでのツーリングは控えておきます。

もらった「新型コロナウイルス ワクチン接種済」のステッカーをスマホに貼ったので、電車の中で操作しているときなどにほかの方にもアピールできますね。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年10月6日 水曜日

宮沢湖のお店で欲しかったカヌー

宮沢湖に行ってきました。

ここから見える風景は素敵です。

右の湖のほとりにはカヌー乗り場があります。

今回行きたかったのはこちらのお店「Sagverk(ソグベルク)」
湖で乗れるカヌー体験やホンモノの手作りカヌー工房、それにワークショップもあります。

私が欲しかったのはこちらのミニ・カヌーです。

全長30cmのかわいいトラディショナル・タイプのカヌーです。

私はそのまま持って帰りましたが、ワークショップになっているのでテーブルに置いてある様々なパーツを組み合わせて乗せたり、ペイントする事も出来るんです。

私はいろんなパーツを付けるより、シンプルにカヌーにはニスを塗り、オールを手作りしたいですね。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年10月2日 土曜日

台風一過の名栗、有間ダムまで朝のお散歩ツーリング

昨日の台風は関東地方に強風をもたらしました。

夜には止みましたが、今朝の道路はまだ濡れています。

快晴になった土曜日、さらに昨日から非常事態宣言が解除になったということもあってツーリングのバイクもたくさん出てくるでしょう。

朝、少し早めに出て近場の名栗の有間ダムまでソロで走ってきました。

日帰りキャンプを楽しめる飯能河原が閉鎖されていたのは知っていましたが、名栗川沿いのバーベーキュー場の駐車場も閉鎖されていました。 朝早いからまだやっていないのかと思って帰りにも確認してみましょう。

この道路の縦溝「グルービング工法」って自動車にとってはコーナリング時のスリップ防止や雨天時に効果があるんでしょうけど、二輪車にとっては百害あって一利なしだと思うのですが。

それ以前に走っていてタイヤが勝手な方向に引っ張られてすごく不安を感じるのは私だけでしょうか。

やはりツーリングのバイクを多く見かけました。

ノーラ名栗の先、有間ダムに向かう坂道はまだ法面工事をやっていますが、片側交互通行の路面は荒れてはいるものの舗装されているので雨の翌日でも不安はありません。

有間ダムには8時半ころ到着しましたがバイクが10台以上停まっていました。

日差しはありますが夏の暑さは薄らぎ秋の気配を感じます。

風はちょっと強めでした。

ハイカーの方々も大勢来ていました。

川面にカモの親子でしょうか。

バイクのまわりを回ってチェックしました。

ヘッドライトの内部が曇っていますね。 昨日の雨で湿度が上がったせいもあるのでしょうけど、一度内部の曇りをキレイにした方が良さそうです。

タイヤを確認します。

今年の夏の1週間の奥さんとのタンデムでの北海道ツーリングでリアタイヤの摩耗も進んだようです。

まだ溝はありますしスリップラインは出ていませんがいずれ時間の問題でしょう。

こちらはフロントタイヤです。

溝に関してはまだまだあるので、あと2000or3000キロくらい走れそうです。

でもよく見ると溝の内側エッジの部分にはだいぶヒビが入っています。

気にしないで走れるでしょうけどこれが出ているということはだいぶタイヤのゴムが固くなっているようです。

コーナリング時のグリップにも影響が出そうですね。

今日は革パンツを履いてきました。

ゴッツいデザインの純正ブーツがハーレーによく似合っているとにやけます。

有間ダムはお店とか何もないですがそれがかえってまったり出来ていいんです。

ダムからの帰り、9時半ころにバーベーキューの駐車場の横を通りましたがやはり休業のようでした。

帰りにハーレーのディーラーに立ち寄ってタイヤとオイル交換を相談してきました。

やはり前後ともタイヤを交換することにしましたが、以前だとタイヤのメーカー在庫が無いことはなかったとおもうのですが調べてもらったら随分欠品しているようでした。

仕方なく前後でメーカー違い、リアのみホワイトリボン付きというちぐはぐなら在庫が入りそうなのでそれで依頼しました。

オイルについても昨年の6月に交換して以来なので、この際エンジンオイル、ミッションオイル、プライマリーオイルの三種類とも交換してもらうことにしました。

これらすべての見積りは13万円弱とのことでした。

私のハーレーも今年で14年目、エンジンはまだまだオーバーホールは必要なさそうですがそれ以外のパーツはしっかり交換していきましょう。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年10月1日 金曜日

都民の日はかっぱのバッチの思い出

今日、10月1日は「都民の日」ですね。

美術館や庭園、動植物園などの施設が無料公開されて見学できます。

といっても今日は台風が凄かったので屋外への外出は厳しかったでしょうね。

私が子供の頃、小学生だった時は学校で「かっぱのバッチ」なるものを販売していてそれを持って近くの無料施設に遊びに行っていました。

昔のモノを整理していたらこんなモノが出てきました。

小中学校の校章と「よい歯のバッチ」それに「かっぱのバッチ」です。

調べてみると昭和48年、1973年の時のもののようでした。

懐かしいなぁ。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年9月30日 木曜日

栗のアレルギーになっても病院行けなかった

秋の味覚の栗。

道の駅で生栗を買ってきて、奥さんと皮を剥いて栗ご飯にしたり、マロンペーストにしてトーストで食べていました。

ところが。。。!

今日、奥さんがつくってくれた栗のケーキを食べたところ、食事をした直後から喉がいがらっぽくなって「ゴホン、ゲホン」の連続。

あれ、なにか喉に引っ掛かったかな?と思ったけど、それからもしばらく喉の調子が悪くなってしまった。

そして段々喉の奥の方の通りが悪くなったようで呼吸にも影響が出てきた。

これは完全に「栗のアレルギー」だと思い、そのまま放置してアナキラフィシーで呼吸困難になったら大変と、すぐに奥さんに病院に電話してもらうことにしました。

幸い、まだそれほどひどい状況ではなく呼吸は出来ていたので救急車を呼ぶまでではないかなと判断。

最初、いつものかかりつけの総合病院に電話するも、なぜか「アレルギーですか、蕁麻疹とか出ていますか?」と聞かれ奥さんが「いえじんましんは無く呼吸が苦しいようです」と伝えたのに「今は皮膚科の先生がいないので診察出来ません」と拒否されてしまった。

しかたなく他の病院を探すも、アレルギーを診てもらえそうな病院は三院ほど見つかったがいずれも木曜日は休診ということで電話すらつながらない。

少し前に掛かった大学病院に電話しようと思ったが、案内アナウンスで「緊急センターに伝えてから受診するように」というような内容ですぐには診てもらえそうにない。

時間はもう5時を過ぎてしまい、これから病院に向かっても診察してもらえない。

そのうち少しずつ喉の状況は落ち着いてきて、呼吸も普通に出来るようなったのでひとまず安心して自宅で様子をみることにした。

もう十数年前、エビのアレルギーが発症した時は、寿司屋で大好物だった蒸しエビのしっぽを取った指で目をこすったら忽ち瞼が腫れてほとんどが目見えない状態に陥ってしまった。

その時は一緒に行った奥さんにクルマを運転してもらい病院に駆け込み、生理食塩水で目を消毒してステロイドを点滴して事なきを得た。

それまで何の問題も食べられていたエビ類が、それ以来一切口に出来なくなったというか触ることも出来なくなった。

そんな経験があったから、今回も数日前まで普通に食べていた栗で急にアレルギーになって食べられなくなったのがショックだったと共に、いざという時にどこの病院でも急には受け入れてもらえないというのが絶望的に思えてしまった。

まあ、もっと深刻な状況になったら躊躇せず救急車を呼んで病院を探してもらうのが一番ですね。

呼吸困難になったら命に関わるからことですから。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年9月24日 金曜日

ジムニーの車検ステッカーのフロントガラスへの貼り方(動画あり)

新型ジムニーも納車から3年経過したのでディーラーで車検を受けてきました。

事前チェックして見積もりを取ってあったので1日で車検は終了。 でも車検証と車検ステッカーは当日は受け取れません。

後日ディーラーに取りに行ってステッカーを貼ってもらうか郵送で送ってもらうか選べます。

行くのは面倒だったので郵送でお願いしました。

数日後、ディーラーから車検証と車検ステッカー、それに税金の納付証明書などが送られてきました。

車検証はファイルに入れておけばいいのですが、車検ステッカーは自分で貼らなければなりません。

それまでは仮の「車検基準適合標章」がテープで留めてあります。

これをはがしてこの位置に車検ステッカーを貼ります。

ステッカーは台紙に貼ってあるシールですが、二重になっているものを重ねてからフロントグラスに貼るようになっています。

そのやり方が台紙の裏に書いてあるのですが、とてもわかりにくかったので紙芝居状の動画にまとめてみました。

ダイジェストの主な流れはこのようなものです。

最後に動画をリンクしてあります。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




2021年9月21日 火曜日

三連休ずっと働いていたので気分転換タンデムツーリング

世の中ではシルバーウイークとか言っていますが、働くオジサン達もいるんです。

三連休けっこう忙しく働いたのでその代わりに取れた休日にタンデムでツーリングに行ってきました。

この前行ったツーリングは行田の田んぼアートを見に行ったのでですが、やはり市街地を走ると当然ですが、信号待ちがあったり二車線道路で抜きつ抜かれつでちょっと疲れちゃいます。

その点、国道299号線で秩父ツーリングや青梅街道の奥多摩や山伏峠などの道は信号も少なく一車線でのんびり走れて楽しめます。

今回もストレス解消ツーリングなのでやはり秩父に向かいます。

とは言っても昨日までの行楽地などの大渋滞の名残というか平日も休みの方が多いのかけっこうクルマやバイクが多くて山へ入るまではノロノロ運転のところもありました。

ようやく家が少なくなったころに順調に流れるようになって本来の目的であるリラックスツーリングが出来ました。

いつもの道の駅あしがくぼで休憩です。

平日でもバイクもクルマも多かったですね。

この季節は暑くも寒くもなくまた春のように花粉の心配もないので、風を感じるバイクツーリングには最適な時期なんですね。

道の駅では中庭の方の工事をやっていました。

あしがくぼ名物のずりあげうどんのお店は、店舗改装工事で10月上旬まで休業中でした。

秩父に来た目的の一つに栗を手に入れることがありました。

これだけ入って300円は家の近くのスーパーではあり得ない価格です。

バイクを停めた場所のすぐ近くにも栗の木があってイガに守られた栗の実がなっていました。

参考までに前回買った栗で奥さんが作ってくれたスイーツがコチラ「マロンシャンテリーのクレープ包み」でございます。

秩父市街を抜けて西へ向かいましたが、秩父鉄道との交差する少し先で工事をやっていたのですが誘導がうまくいってなくて秩父市街からそこまでずっと渋滞になっていました。

武州日野駅の先を右折して日野鷺橋を渡った少し先にある手打ちそばの水沢にやってきました。

ここのお蕎麦は手打ちでサラッとしていて美味しいくてお気に入りです。

奥で秩父の山並みを眺め、風を感じることの出来る座敷席に座りました。

窓のところにはここに庭で出土したという石器が飾られてありました。

奥さんが頼んだのがくるみ汁そば

私のはおろし冷やしそばです。

さっぱりしたおろしと鰹節、わかめと三つ葉でほてったツーリングの時には最高のお蕎麦でした。

満足したところで出発してまもなく、道にクルマが何台か停まっていました。

深山の花園 曼珠沙華園でした。

ちょうど見頃ということで駐車場は満車で路肩にも駐車待ちのクルマが待っていました。

高麗の巾着田の曼珠沙華は今年も刈り取られ、寺坂棚田も人が大勢訪れるようになって残念な状況の今、こちらで観たかったのですが諦めました。

秩父のシンボル武甲山を横目に見て走ります。

田んぼではもう稲刈りが進んでいました。

ミューズパークの銀杏並木も少しだけ黄色く色づき始めていました。 もう少ししたらお弁当を持って散策したいですね。

その後は秩父物産館でバイクを停めました。

ここでの目的は和菓子の栗助のお菓子を買うことです。

栗助のお菓子は他の道の駅でも買えますがセットだけで単品で買えるのは本店かこちらのお店です。

ツーリング後、帰宅した時に疲れたからだにちょっと甘いモノがあるとウレシイですよね。

秩父駅の改札はちょっと地味ですが、窓口ではいろんな記念きっぷやグッズなども販売しています。

その後は行きと同じ299号線で帰ります。

あしがくぼ手前の養蜂をやっている場所で飼われているヤギですが、今までは白いのが一頭だけでしたが三頭に増えていました。

帰りも青空の元、快走してきました。

帰宅後はバイクを洗って完了。

いい気分転換リフレッシュ出来て、明日からもまたガンバロウという気が湧いてきました。

本日走って来た秩父のルートです。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




PVアクセスランキング にほんブログ村




プロフィール

 

メカ好きおじさん写真

メカ好きおじさん

・40年前原付、中型二輪取得
・CB50で東北野宿一周
・250cc四国・九州3週間5万円野宿
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロード
・KAWASKI2スト最後に降りる
・16年ブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCにペアライド中

ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

twitterlogo
ツイッター、やってます!