カウンター
  • 695今日の閲覧数:
  • 1326昨日の閲覧数:
  • 7現在オンライン中の人数:
カテゴリー
アーカイブ




2019年10月17日 木曜日

秋の1泊旅行で軽井沢の楽しんできた

秋の休みに温泉でも使ってのんびりしようと、軽井沢に一泊で旅行に行ってきました。
先日の台風で軽井沢の一部地域では被害を受け停電になっているところもあり、また上信越道なども通行止めの場所もある状況でしたが、こんな時だからこそ予定どおり出かけることにしました。
今回は一部の場所で走りにくそうな事もあるかもしれないのでハーレーはお休みいただいてジムニーに乗って行ってきました。

すっかり秋の空になり気温も20度を下回る陽気の中、関越道を行きます。

途中の上里SAで買った「こむぎっち焼き、お好み焼き風」です。
「こむぎっち」は上里町もマスコットキャラクターで町制施行40周年記念で出来た町特産の種子小麦をモチーフにしたゆるキャラです。

軽井沢に行くには通常ですと関越から上信越道に入り碓氷軽井沢ICで降りるのですが、台風の影響で松井田妙義IC~佐久IC間が通行止めだった為、ルートとしては、1.松井田妙義ICまで行って碓氷バイパスを通る、2.高崎まで行って二度上峠経由で北から軽井沢に入る、という二つのルートが考えられます。

今回は後者の高崎、二度上峠経由で行く事にしました。 理由はSNSで碓氷バイパスが渋滞しているという書き込みが多かったからです。

一般道に降りて一般道を走っていると所々の川で、流れてきた流木をどかす作業をやっている場所がありました。

こちらの道の駅くらぶち小栗の里で休憩しました。

県道54号線、長野原倉渕線はタンデムを含めバイクで何度も走っていますが、通行量も少なく景色もなかなかの走っていて気持ちのいい道です。

二度上峠に到着です。

駐車場脇の少し小高い場所に上がってみました。 何度も来ている割にはここに上がったのは今回が初めてです。
向こうには浅間山とその手前の平らが見えています。

周囲をパノラマで撮影しました。

ここにあった看板地図です。
この先辺りは映画の「カルメン故郷へ帰る」の木や「丘を超えて」の歌碑があるようですね。
二度上には以前、草軽電鉄という高原列車が新軽井沢から草津温泉間に通っていてその途中に「二度上駅」というがあったそうです。

二度上峠から下っていくとカーナビに「浅間大滝」というのが表示されましたが駐車出来る場所は見当たりません。 しばらく進むと「浅間大滝入り口」というのがありました。
県道から右に入っていくのですが狭い砂利道になっているのでジムニーを四駆にして進みます。 すぐに少し開けた場所、多分駐車スペースになりましたが通行止めのロープが張られていました。
たぶんこのテープの先に浅間大滝へ向かう遊歩道があったのでしょうけど土砂が崩れてきて通行止めになったようです。

車から降りてロープの近く左側まで行くと木々の先に滝が見えてきました。 これが北軽井沢最大の浅間大滝のようです。

北軽井沢の交差点で県道54号線から国道146号線に曲がります。
少し南下したところに浅間牧場があります。 牧場の中を上がっていくと駐車場がありました。

ここに入る道路には白い殺菌の粉が撒かれ、水のあるスペースを通っていくようになっていました。

牧場の柵の近くまで牛が来ていてアジアの観光客が写真を撮っていました。

さらに国道146号線を先へ進みハルニレテラスに車を停めました。 駐車場も結構一杯になっていました。

ここはいつ来ても人が多いですね。

早々に退散して軽井沢アウトレットです。

車両基地に停めてあった一部の電車が水に使った上信越新幹線ですが、軽井沢の駅にも走っていました。

食事の後は、ミカド珈琲のモカソフトです。

軽井沢から北上したこの辺りが、昔「浅間火山レース」が行われた場所でしょうか。

軽井沢の標高の高い場所では紅葉が始まっていました。

いろんな所にハロウィーンの飾りがされていました。

翌朝、軽井沢の上の方では少し霧になって霧雨のようで数十メートル先も見えにくい状況でした。

でも下の方に降りてくると霧はすっかり晴れ、青空がのぞいてきました。

旧軽銀座を散策するために車を停めましたが、ネットで調べてこちらの「旧軽ロータリー2駐車場」にしました。 1日何時間でも400円です。
もう少し旧軽銀座に近いと500円でした。

駐車場から銀座入り口まで350メートルほどでゆっくり歩いて5分ほどでした。

ここに来たら必ず立ち寄るフランスベーカリー、ジョン・レノンも愛したパンのお店です。 安くて美味しいパンをいくつか買ってきました。

こちらも有名な軽井澤寫真館。 アンティークなレンタル衣装で優雅な写真を撮ってくれます。

懐かしい玩具がお買い得に買えるあんBALANCE。

そして個人的に一番気に入っているお店がコチラ。
アメリカンアイテムやウェアが色々あるお店、ミリタリーモノもあります。

今回買ったのはこのハーレーとイーグルが前後にプリントされたTシャツです。
アメリカンサイズなので大きめのモノも揃っています。

旧軽でも人気のCHURCH STREET。 中にはいろんなお店があります。

名前のとおり、奥には聖パウロカトリック教会があります。

そういえばこのCHURCH STREETをはじめ旧軽銀座の中のトイレは100円などの有料トイレが多いですね。
無料トイレをお探しなら旧軽銀座入り口西側にある旧軽井沢公衆トイレ(無料)がオススメです。

この隣にあるのが町営の駐車場で、以前私もこちらに停めましたが、料金は最初の1時間は400円で2時間は600円(夏季は700円)です。

軽井沢を楽しんだのであとにします。
アウトレットの横を進み、帰りは行きとは違う碓氷バイパス経由にします。

帰って来てから知ったのですが、上信越道は10月16日13時に碓氷軽井沢ICと国道18号を結ぶアクセス道路が通行できるようになったことから通行止め区間を碓氷軽井沢ICから佐久IC間に変更した為、碓氷軽井沢ICから乗れるようになっていたようです。
でも私達が通過したのは12時前だったのギリギリまだ不通でした。

渋滞しているとあった碓氷バイパスですが山間部の区間は、トラックやバスなども多く走っているものの登りは登坂車線もあるので渋滞することはなく順調に流れていました。

山から降りてきて鉄道文化むらの先にある、峠の釜飯で有名なおぎのやにはバイクも大勢来ているようでした。

そしてこの先からは、松井田妙義ICから上信越道に乗る車の列で2.5キロほど渋滞が出来ていました。 ここは結構並びましたね。
途中、長野の千曲川方面の災害派遣に向かう自衛隊の車両が通って行きました。

ようやく松井田妙義ICへの交差点になりました。
今回はこのまま高速に乗らずもう一箇所回るところがあります。

それがこちらの群馬県立自然史博物館です。
ネットで見て、県立博物館としては恐竜などの展示の内容が充実しているとあったので行ってみたかったのです。

これは透明板の下に、アメリカで行われていた発掘風景を再現したものです。

実物大の動くテラノサウルス。

数多くの恐竜の骨格展示、その数は国立の博物館にも劣るものではないでしょう。

この日は小学生の生徒たちが学習体験に来ていて熱心に調べていました。

群馬の自然に関する展示も豊富でした。

広いスペースできれいな博物館でした。

帰りは富岡ICから上信越道に乗り、関越へと進みました。
今回はハーレーのグループもよく見かけました。

こちらはご夫婦でしょうか、二台でキャンプ道具満載で走っていました。

今回のルートマップです。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2019年10月9日 水曜日

病院行かずにタンデムツーリング

今日は、先日受けたCT検査の結果を聞きに病院に行く予定でした。 少し前から体調で気になる事があり胃カメラに続いての検査でした。

で、このCT検査の時に事件が起こったのです! 
というのは少しオーバーですが、今までやったCT検査では造影剤を使った事がなかったので特に自己申告はしませんでしたので今回初めて造影剤注射での検査になりました。 注射を打たれてすぐにちょっと吐き気ではないのですがゲップのような感じになりました。
その後15分か20分の検査の後、病院で会計待ちをしていたら、体の何箇所かで蚊に刺されたようなかゆみと発疹が出来てきました。 「この病院内に蚊がいるのかな?」と悠長に考えていたのですが段々その箇所が増えてきたので、再度CT検査室のスタッフに申し出ると「それ、造影剤のアレルギー反応です!」と言われ中和用の注射をされました。
予定外に医師による診察を受け、「30分くらい病院内で様子を診て、もっとひどくなるようだったらステロイド注射をします。 今後は造影剤注射は一切無しにしてください」との事でした。
そのあとは特に腫れもすこしずつ落ち着いてきたので問題なく帰宅しました。

そんな事のあったCT検査の結果を、仕事休みの今日聞きに行く予定にしていました。
でも昨日から天気予報で「明日はとても気持ちのいい秋晴れの天気」と言われちゃったら、病院そっちのけでバイクに乗りたくなっちゃいますよね。
まあ検査結果はもう少し後で聞きにいけばいいので今日はツーリングです!

家を出るころは風が少し強く肌寒いくらいでしたので、私もタンデムの奥さんも今シーズン初めての春秋用のウェアになりました。

まずはいつもの道の駅あしがくぼです。

平日でもこれだけ天気がいいとバイクがいっぱいです。
バイク駐車場だけでなく歩道の上もいっぱいでした。
今日はすれ違うバイクも多く、積極的に手を振ってYaei!してきましたが、多くのライダーさんが笑顔で応えてくれていたのが印象的でした。 やはりツーリング日和の気候になるとライダーもみんな気分がいいんでしょうね。

道の駅で落ちていたクリです。
ここでは今回もナスやキュウリ、原木シイタケなんかを買ってきました。
観光バスで来ていたオバちゃんの団体さんも、バスに戻ってきたのをみたら皆さんいっぱい野菜を買っていましたね。

ここに来る直前では24度くらいになっていた気温も、山かげに入ると21度台にさがってくると少し寒いですね。

秩父のみそ豚丼で有名な野さかも、開店15分後にはこれだけの行列が出来ていました。

次に立ち寄ったのは道の駅あらかわ。
このルートも毎回同じ、ワンパターンです。

バイクを停めていると隣の年代モノのFLHハーレー乗りのライダーから声を掛けられました。
荷物満載でいかにもキャンプ、という様子でしたが昨日のキャンプの帰りに、これから中津川から日窒鉱山の場所で行かれる予定だそうです。
初めて行かれるそうでしたので路面の事を聞かれましたので「全面舗装されていますよ」と答えておきました。
私も以前、奥さんとタンデムでこの中津川金山志賀坂線を走った事がありましたが結構な山道でした。
でもたしか、今は路面悪化でR299号線の志賀坂峠までは通り抜け出来なかったようですと伝えました。

その後、道の駅両神温泉に向かいました。
ここのバイク駐車場も、土日はともかく平日でこれだけバイクが停まっているのも珍しいですね。

ここで今日の目的の「栗」を買ってきました。
9月の終わりに来た時もここで栗を買ったのですが、半分は渋皮煮にして、ケーキやパンを作ってもらい、残りの半分は栗ごはんになりました。
その美味しさが忘れられず、二回目の購入となりました。

そろそろお腹も空いてきたのでお昼にします。
今回はこの道の駅のすぐ脇になるお店「あづまや」さんに行ってきました。 ここは前回ここに来た時に奥さんが気になっていたそうです。
お店の外には「わらじカツ丼」ののぼりがあるだけでメニューとかは出ていません。 お店の中の様子もわからなかったのですがとにかく入ってみました。

お店は年配のご主人と奥様の二人で切り盛りしている定食屋さんでした。
メニューはこんな品揃えとなっていました。

注文したものが出てくる前にネットでチェックするとまずまずの評価のようです。 コメントには「ボリュームたっぷり」というのが目立ちました。
そして実際に出てきたのが、こちらはウチの奥さんが頼んだわらじカツ丼です。 肉は厚くはないとはいえかなりのボリュームです。
私の手の平より大きなカツが二枚。 注文を受けてから厨房でご主人が肉を叩いていました。
手前の黄色いのはカラシです。

こちらは私のモツ煮定食。 写真ではわかりにくいですがとにかくモツの量が多かったですね。

さすがに奥さんのわらじカツは2枚完食は難しかったので、お持ち帰り用のパックをいただきました。
料理を運んで来た時にお店の奥さんから「食べきれなかったお持ち帰りパックがありますよ」と言われていました。

お腹がいっぱいになったところで出発です。
こちらの交差点から、直進すると新しい皆野のバイパスで、右折すると秩父市街に向かいます。

秩父の街に入り、武甲山に向かって左手には道の駅ちちぶがあります。

帰りも最後に道の駅あしがくぼに立ち寄ります。
ここの食堂では、秩父のグルメ「わらじカツ丼」と「豚の味噌漬け丼」の「ミックス丼」というのがありました。 一度に二度おいしいそうなので今度食べてみようかな。

いつも食後に食べるソフトもメニューが増えていました。
以前は夏、そして土日限定でしたが今は通年でやっているようです。

今回はこちらの横瀬町産緑茶のソフトです。

ようやく秋の訪れがやってきているようですね。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2019年10月3日 木曜日

ハーレーのインパネのトリム交換と今までの自作パネルの変遷

私のハーレー、FLSTCヘリテイジ・ソフテイル・クラシックにはヤッコカウルとインナーパネルを後付けでカスタムしています。
そのインパネのメーター縁取りのトリム・ラインはメタリックレッドのワイターで囲っています。

しばらくこの状態で乗っていましたがそろそろ飽きてきたので作り変えることにしました。
今回使ったのもコチラの「自由自在」、カラーはメタリックブラックで太さ3.2mmのものです。 3m巻のモノですべてのトリムを作ることが出来ました。
まあ、ハーレーに乗っている方はこんなふうにDIYで作らず、純正オプションのものでカスタムすることでしょう。


 

完成した姿がこちらです。
もともと、バイク自体が黒とメッキのカラーのものなのでインパネも同じカラーリングになって一体感が出たでしょう。

このインパネの中に取り付けてある各パーツは、すべて私がDIYで自作したもので、ハーレー純正のオプションは一切使っていません。

一応、説明すると、左上から
 ・レーダー探知機 : 待受画面がいろいろ選べますが、デジタルスピードメーターにしています。
            探知機は北海道ツーリングでも役立ってました。
 ・タコメーター : デイトナ製のハーレー仕様のデザインのモノ。
           ヤッコカウルを付ける前から使っていました。
 ・時計 : ハーレーはタンク上のスピードメーターを切り替えて時計になりますが、見にくいので別に付けました。
 ・電圧計 : このインナーパネルや冬場の電熱ヒーターウェアなど、電気を使っているのでその確認用です。
 ・温度計 : デジタルで灼熱や冬の路面凍結確認用などです。
 ・メディアオーディオ : SDカードやブルートゥース、FM/AMラジオ対応です。
              雨が降ってきたら前面にカバーを付けます。
              音声はインナーカウル左右のスピーカーから出力します。
 ・フロントドラレコスイッチ : ハーレー前面に付けたアクションカメラでツーリング動画やドラレコ用として使っているものの録画開始と停止が出来るようにしています。
 ・ドラレコインジケーター : ドラレコの録画時に点灯します。
 ・パネル電源リセットスイッチ : 夏場の高温時など、レーダー探知機やバイク用ナビがフリーズした時に一時的に電源を落としてリセット出来ます。


  

ところでこのFLSTCは元々はヤッコカウルはなく、脱着式の大きなクリアのウインドスクリーンだけでした。 そのため前方路面などの見通しは良かったのですが少しさびしい感じでした。

ツーリングに必要なバイク用ナビとタコメーターだけを付けた状態です。

その後、一緒にツーリングに行かせていただいた先輩の方がヘリテイジにヤッコカウルを付けているのを見て、私もやりたくなりました。
取り付けるためには、「ツーリングモデル用のヤッコカウルを購入し、加工する」方法か、「キジマ製で出ているヘリテイジ用のヤッコカウルを購入する」の二つの方法がありましたが、私は後者のキジマ製を購入しました。
納車から1年3ヶ月後の2009年のことです。
これなら取り付けステーなどもヘリテイジ用に出来ており、ノーマルのウインドシールドと同様に工具無しで脱着出来るからです。

ハーレーを前から見ればヤッコカウルが付いてウルトラ系のようにカッコ良くなりましたが、ライダー側のインナーは何も無いのでスカスカの状態です。

やはりこのままでは寂しいので、ヤッコカウルを付けてから1年後に、インナーカウルを自作することにしました。
まずはダンボールで試作して形状を検討しました。

平面パネル状ですがメーターなどを組み込めるように中央にボックスを付けています。

実際にベニヤ板をカット、加工しています。

このパネルにはタコメーターの他に、レーダー探知機と電圧計、温度計を組み込みました。

パネルの前面にはレザーとシルバーのラインテープを貼って仕上げました。 ヤッコカウルとの隙間がアリアリですね。

そしてその1年後、平面過ぎるパネルをもう少しレベルアップしたくて、立体になるように作り変えました。

前作より隙間を少し減らし、さらに左右にオーディオ用のスピーカーも組み込めるようにしました。

制作途中の段階です。 パネル自体は三段階に立体化しています。 パネル左右端は塩ビ板を曲線状に曲げて取り付け、隙間が自然になるようにしました。

完成した状態です。
ハンドル左側に見える、黒いステーの先のスイッチとインジケーターランプは、ハーレーの前面に付けた動画撮影用のビデオユニットの電源と録画開始/停止スイッチです。

その2年後の2012年、やはりインナーカウル自体のDIYでの自作ではそうしてもチープ感を払拭出来ないので、最終目標であったハーレーのウルトラ用のインナーカウルを購入しました。 年式によって多少形状の違いがあるようで、私の付けているキジマ製のヤッコカウルにジャストフィットするか十分検討しました。

まずはすべてのメーター用の穴にぴったり合うように黒のシボ付き塩ビ板をそれぞれのサイズに丸くカットして取り付けました。
左右のスピーカー穴は黒のパンティングアルミ板を付けました。 そして雨にも対応するように裏側を防水処理しました。
ウルトラ用のインナーカウルはそのままではFLSTCヘリテイジには取り付け出来ませんでしたので、干渉する「フロントフォークに当たる足」の部分と一番下のメーター穴の一部をカットしました。
また、キジマ製のヤッコカウルにビス留め出来るように裏側にステーを自作しています。

これでヤッコカウルにもぴったり合って、ハーレーにもカンタンに脱着出来るカウルが出来ました。

各種パーツを取り付けてテストしている状態です。

この自作段階から、レーダー探知機を新しいモノに変えてデジタルスピードメーター化しました。
またインナーカウル中央下の所は収納ケースでダミー蓋になっています。
バイク用ナビも変わっています。

純正のインナーパネルを付けた半年後、メーターのトリム枠をこの赤いメタリックの針金を使って自作しました。


 

完成したのがコチラの状態です。 どうせトリム枠を付けるなら「自作」というのがわかるようにオプションではほとんど見ないカラーを選んでみました。

その2年後の2014年8月、カーステレオを取り付けました。

そして昨年2018年8月、カーオディオを現在のメディアタイプに交換。

今までのオーディオより小型軽量化を図りました。


 

そして今回のトリム枠のカラー変更での作り変えとなったのです。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




プロフィール

メカ好きおじさん写真

メカ好きおじさん

・41年前原付、中型二輪取得
・CB50で東北野宿一周
・250cc四国・九州3週間5万円野宿
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロード
・KAWASKI2スト最後に降りる
・16年ブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCにペアライド中


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

twitterlogoツイッター、やってます!
twitterlogoインスタグラム、やってます!