Count per Day
  • 1314今日の閲覧数:
  • 1460昨日の閲覧数:
アーカイブ
カテゴリー
2021年3月3日 水曜日

ジムニーのバックソナーの断線修理

JB64Wジムニーには、後退時に障害物との接近がわかるようにバックソナーを付けてあります。
これは30年くらい前の初代パジェロに乗っていた頃から同じものを継続して使っています。

バックギアに入れた時に障害物までの距離が、
 60cm以内なら「ピッ・ピッ・ピッ」
 40cm以内なら「ピー・ピーピー」
 20cm以内なら「ピッ~~」
と三段階のブザーで教えくれます。

ミツバ製のBack Allright C01Bという商品でかなり昔に販売は終了しています。

今はもっと安い価格でセンサーもコーナーごとの四個で距離も数値で表示されるものが販売されています。
でもそのほとんどはセンサー部はバンパーに大きな穴を開けてそこに差し込むタイプになっています。
愛車、特に新車だとバンパーの穴開けは勇気が要りますので躊躇しちゃいます。
その点このBack Allrightのセンサーは両面テープで貼るだけなので気軽に設置できるのが最大のメリットです。
こういうセンサータイプのものがあれば、後付けで付けたいユーザーにもっとアピール出来ると思うのですけどね。


    

ジムニーへの取り付けはリアのコンビネーションランプユニットを外してストップランプからバック時の電源を取っています。

ところが最近になってバックして駐車する際にどうも鳴る機会が減ってきたような気がしました。

リアの床下ボックスに収めたユニットを確認すると、左右二系統あるセンサーのコネクターの片方の線が外れていました。

こういう断線の修理はカンタンです。
コネクタの金属製接続パーツは爪で白いケースに留まっているので尖ったもので爪を押しながら取り出します。

芯線とケーブルは折り曲げて留めているのでこれを開いて再度電工ペンチで固定してやります。

はんだごても使わずに修理完了です。
屋外作業なので電源を取り回さずに済んでよかったです。

ユニットにコネクタを差し込みます。

JB64Wのリア床下ボックスの中にユニットを収めて終了です。
念の為バックにギアを入れて停めたまま、センサーに近づいてみてちゃんと音が鳴るか確認しました。


    


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2021年3月2日 火曜日

ジムニーJB64Wni取り付けたタイヤチェーン

3月になって雪国以外ではタイヤチェーンの出番は少ないことでしょう。

先日スキーに出かけた際に「冬用タイヤ装着規制」があってジムニーJB64Wのタイヤにチェーンを使ってきました。

今まで乗って来たクルマでは、35年前初代パジェロの時代にはMUDandSNOWタイヤでしたが、軽井沢で泊まった朝にかなりの雪が降ってさすがの四輪駆動車でもタイヤだけではスリップしてしてしまい、慌てて自動車パーツ屋を探して小型トラック用の金属ハシゴチェーンを買って事なきを得ました。
このタイプのチェーンは駆動力は一番ありますが横滑りがすごく坂道で怖い思いをしました。 それに乗り心地は最悪でした。

その後のRVR、パジェロイオ、三代目パジェロ、ジュークに乗っていた時は非金属チェーンを使っていました。

ところで今乗っているJB64Wジムニーのタイヤサイズは「175/80R16」です。

これに合う非金属チェーンはそう多くありません。

今まで使ってきた非金属チェーンの中では、装着脱着のしやすさと雪道での走行安定性では「バイアスロン」が一番性能が素晴らしくオススメです。
今回もバイアスロンを探しました。

ネットで資料を探すと「QE12」というタイプが適合するようでした。

(注意)似た品番で「QE12L」というのがありますがこちらは違いますので注意してください。


私が買った時には現行品の他に2016年に製造を終了した製品も販売されていました。 価格を見ると半分から1/3と大きく開きがありました。
あまり古いモノはプラスチック部分の劣化が心配ですが未使用、未開封品ならまあ大丈夫でしょう。

ということでネットで購入しました。

さすがにケースはかなり大きめで狭いジムニーの荷室では少しかさばります。

中には左右のチェーンとロックするハンドル2個(1個は予備または二人で左右のタイヤを同時作業用?)、腕カバー付きのイボ付き軍手、それに作業説明用のDVDまで付いてきました。

以前の製品にはタイヤの適合表に「175/80R16」は載っていません。

でも2018年11月にメーカーのサイトで、
  適合タイヤサイズに追加サイズがありましたのでお知らせいたします。
  ●追加タイヤサイズ 175/80R16(175R16)
  ●対象機種
   バイアスロンクイックイージー QE12 <夏冬>
  平成30年7月発売のスズキ・ジムニーに装着可能となりました。
と正式に適合することが表明されました。

以前、雪道に遭う前に装着テストした時の画像です。

装着するには、まず赤いアームの部分を広げてスパイクが打ってある面を上にしてこの形にタイヤの横に並べます。

そのままの向きでタイヤの後ろ側にずらします。

最初につなぐのはこの赤い丸と青い丸の部分です。

片側をくるっと回しながらスパイク面が外側になるようにタイヤに沿って持ち上げます。

タイヤとタイヤハウスの間の隙間の大きな四輪駆動のジムニーなら作業の手が入りやすくて楽ですね。

反対側も同様に持ち上げてくるとタイヤの奥で赤と青丸の部分が近づいてきます。

左右から引っ張ってこの二箇所を押し付けると自動的にハマってロックします。

ロック出来た部分のタイヤ外側の赤丸の穴にアームをスライドさせながら差し込みます。

チェーンを手間に引っ張りながら引き出し、タイヤ下にあるアーム部分を接続出来るように近づけます。

この赤い部分にロックハンドルを差し込み、右回しでアームを縮めてロックします。

同様にあと2箇所の赤い部分もロックして作業完了です。

最後に再度各部が確実にロックされているか、チェーンがタイヤの真ん中にうまくフィットしているか確認します。

ここからは今回のスキーで実際に雪道になる前に「冬用タイヤ装着規制」になったので作業した時のものです。

たとえ四輪駆動車のジムニーでもスタッドレスタイヤを履いていないと通行させてもらえません。

事前に練習してあれば、実際の装着時間はケースからチェーンを取り出した後は片側「1、2分!」で作業出来ちゃいます。

昔のハシゴ金属チェーン時代には、ジャッキアップしたりクルマを動かしたりして作業に手間取ったのに比べると雲泥の差です。

今回は結局たいした雪が路面になくて本格的な雪面走行のテストにはなりませんでした。

帰りは駐車場でチェーンを外して帰りました。 チェーンの取り外しだけは接続部が外しやすい位置に来るようにクルマを動かしたり、外れたチェーンを取り出すのにもう一度クルマを動かす必要があるの装着よりは少しだけ時間がかかりますが、それでも左右の脱着で5分はかからないでしょう。

雪道走行する機会が多いならスタッドレスタイヤや金属チェーンという選択肢もありますが、今のバイアスロンは装着、脱着が圧倒的に楽になったの絶対にオススメですね。




ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2021年3月1日 月曜日

スキーに行ってきました

5年ぶりにスキーに行ってきました。

ずいぶん滑っていなかったけど、体は覚えているもんですね。

天気も良くて最高でした。

以前はインバウンドのお客さんたちが大勢いてゲレンデも混んでいたけど今回は空いていて気持ちよく滑れました。

でもお客さんが少ないせいか、リフトやレストランが一部運休、休止中のところもあったのは残念。

ウェアに付いた雪の結晶を撮ろうとおもったけどなかなか難しいですね。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2021年2月24日 水曜日

バイクのETCは将来使えなくなるのか 2022年問題と2030年問題

今のツーリングでは距離を稼いだり時間短縮するために高速道路利用は必須ですね。
タンデムツーリングでも高速道路の二人乗りが解禁されてからは利用する機会が増えました。

そんな時に便利、というか無いと困るのがETCです。
私のハーレーにも納車の時からETCを取り付けてあります。 もちろん自動車の方にもETCがあります。

でもこのETC装置ですが、規格が変わり来年2022年の12月から機種によっては利用できなくなるんです。 さらに9年後の2030年にはもう一段の変更が待っています。

実際に私のハーレーやジムニーで使っているETCがこの先も使い続けることが出来るかどうか気になります。
私なりに調べてみることにしました。

一応、私もJA1コールのアマチュア無線の資格を持つ身で多少は電波や電気の事はわかるつもりですが、個人で調べたことなので絶対とはいえない内容もあるかもしれません。

まずはETCの2022年問題からです。

総務省の電波利用ホームページに「無線設備のスプリアス発射の強度の許容値」というサイトがあります。
https://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/others/spurious/index.htm

生活環境における不要な電波をできるだけ減らす事を目的として、無線設備のスプリアス発射の強度の許容値が変わり、今までの基準よりより厳しくなって不要な電波(スプリアス)を出している無線機器の使用を規制するというものです。

わかりやすく書くとETCも無線機器にあたり料金所の機器と電波でやり取りをしているのですがその際に必要の無い周波数帯の電波(これがスプリアスです)が発射されているのですが、2022年12月からはそれが許される基準が厳しくなるのです。
2005年12月からその基準値が適用されていたのですが経過措置として2022年11月30日まで旧許容値つまり甘い基準での適用が可能となっていました。 そしてその猶予期限が来年2022年11月末に切れるという事です。

実際には2022年以降も今使えている新基準が適用されていないETCがすぐに使えなくなる、料金所を通過出来なくなるのでは無いと思われますが、それでも基準値を超えるスプリアスを出しているので「電波法違反」となってしまうのです。

ところでバイクで利用されているETCで2022年以降、使えなくなるのはどの機械でしょうか。

国土交通省のサイトによると全国の高速道路でバイクのETCが利用できるようになったのは2006年11月1日からのようでした。
https://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/06/060921_3_.html

その時に販売されていた二輪車用のETCは主にJRC日本無線製のもので、アンテナ分離型の「JRM-11」とアンテナ一体型の「JRM-12」でした。
私の2008年ハーレーに搭載しているのも「JRM-11」です。

この古い二機種についてJRC日本無線ではサイトに
 「弊社製のすべてのETC/ETC2.0車載器は、新スプリアス規格に対応しており、 2022年12月1日以降もご使用いただけます。」となっていて安心出来ます。
JRC製はETC2.0対応の「JRM-21」を2016年から販売していますが、こちらも2022年以降の使用は問題ありません。

またこの他の二輪車用ETCとしてはMITSUBAミツバが8機種ほど販売しているようですが、もともとミツバ製は2010年の販売開始なので既に新規格が適用されて以降の製品なので新スプリアス規格に対応しています。

ということでまずはこれらの機種をお使いの方ならETCの2022年問題はクリアしているようです。

さて次に2030年問題の方です。

国土交通省は2017年10月に「ETCにおいてお客様の決済情報を将来にわたり安全に保護するため、セキュリティ規格の変更を予定しています。
将来実施されるセキュリティ規格の変更に対応した新セキュリティ対応車載器の販売が開始されています。」と発表しています。

変更の理由については「昨今の情報機器の能力向上に伴うセキュリティ脅威の増大への備えとしてセキュリティ機能を向上させるためです。現時点で、現行のセキュリティ(車載器、カード)において問題が発生したわけではありません。」

また変更時期については「具体的な時期は未定ですが、現行のセキュリティ(車載器、カード)に問題が発生しなければ最長で2030年頃までとなる予定です。ただし、セキュリティに問題が発生した場合は、変更時期が早まる可能性があります。」となっています。

国土交通省のサイトに「セキュリティ規格の変更について」と「新・旧セキュリティ対応車載器の識別方法」が掲載されています。
https://www.mlit.go.jp/road/yuryo/etc/security/index.html

規格の認識方法は、

新規格に対応している機器は
・車載器管理番号が「1」から始まっています。
・カード挿入口付近に「●●●」マークが印字されている
・ETC2.0車載器で「■」マークの印字がない

一方新規格に対応していない機器は、
・車載器管理番号が「0」から始まっている
・カード挿入口付近に「●●●」マークが印字されていない
・ETC2.0ではカード挿入口付近に「■」マークが印字されている

実際に私のハーレーのETCの機器をチェックしてみました。

車載器管理番号は「0」から始まっていました。
うーん残念ながらこのETCは2030年には使えなくなるようです。

まあその頃私は72歳、ハーレーに乗り続けているでしょうかね。

ジムニーで使っているETCの機械はこちらです。
こちらの方がもっと古く、車載器管理番号は同じく「0」から始まっていました。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2021年2月22日 月曜日

暖かかったのでバイクに乗って撮影会

三寒四温とはよく言ったものですね。
今日は5月並みのあたたかさ。

昼からは家の用事があったので午前中だけバイクに乗って愛車の写真を撮ってきました。

9時過ぎの気温は18度、その後もさらに上がっていきました。

駐車場に停めてハーレーをいろんな角度からパシャ!パシャ!

普段撮らないようなアングルで撮ってみるのも楽しいかも。

ついでにエキパイのつなぎ目や各部に問題がないかもチェックして車体のまわりを見ていきます。

今年の夏、新型コロナが落ち着いてたら、また北海道ツーリングに行きたいねと奥さんと相談しています。

私のFLSTCハーレーも2008年製、今年で13年経ちましたがまだまだメッキの部分などの輝きも衰えていません。

乗ってるメカ好きおじさんも負けずに衰えないようにしたいですね。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2021年2月19日 金曜日

VIS-WIDEによる渋滞考慮ルートはツーリングに向いているか

先日の名栗湖、有間ダムへのツーリングに行った時のことです。

いつもは自分で決めたコースを通って走っているのですが、新しく載せたGorillaナビはプローブ情報をVICS-WIDEで使って渋滞を避けたルートを選んでくれます。
今回はそのルートを選んで走ってきました。

そのルートは住宅街、市街地を抜けて行くのですが、たしかに自動車は多少多いものの渋滞はしていませんでした。
途中からは成木街道に入り小さな小川沿いののんびりしたルートに入ってホッとしました。
そして距離も多少短く到着時刻もいつも私が通るルートより少しだけ早く着くことができました。

でも。。。

市街地を通るルートで道幅はそれほど広くなくまわりは民家があるので歩道を歩いている人や車道を走る買い物の自転車などもかなり多かったようです。

一方、いつも私が通るルートは倉庫が立ち並ぶルートや民家の少ない郊外の道で、同じ片側一車線でも道幅はトラックの往来が多いのに合わせて広くなっています。

VICS-WIDEでの渋滞考慮ルートは渋滞も避けて到着時刻も早くて、自動車などで「移動」として走るには適しているのでしょう。

でもツーリングはただ早く着くことを目的としているのではなく、その道中のルート、まわりの環境や雰囲気も大いに影響してきます。

今回のツーリングでも結局帰りのルートはいつもの馴染みのコースで帰ってきました。

渋滞を避けるだけでなくツーリングを楽しむためにはナビのルートだけを頼りにするのではなく、自分で好きに選ぶことが大切だということを改めて感じました。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2021年2月16日 火曜日

有間ダムは今日も晴れ

名栗湖に向けてソロツーリング。

いつものルートで走らずに新しいナビの示すルートで行ってみました。
市街地を抜け西武鉄道の踏切で待っていると特急列車のラビューが通過していった。 こういう風景に出会うのも新しいルートならでは。

今回は成木街道経由で行くみたいです。

水の少ない川と朽ちている小屋、ジオラマの世界のようです。
苔むしたガードレールをミニチュアで再現するとしたらどうやったらいいんだろう。

市街地よりこういう風景の方が走っていてツーリングっぽくて好きです。

気温が低いせいでしょうか、川面から霧のように上がってきています。

もう少しで有間ダムです。
最後の坂の法面崩壊の復旧現場ですが、ようやく信号が付いて片側交互通行になりました。
以前来た時に無理やり対向車が来て狭い道ですれ違いに苦労したことがあったのでよかったです。
路面もまだ未舗装ですが少しだけ平らにならしてありました。

快晴のダムの上、気温は13度でしたが風が強くて少しさむかったですね。

昨日の雨のせいか水かさが多かったです。
空の青と湖の蒼の対比がきれいです。

スマホで撮った写真です。

アプリで加工したらイラスト的にいい感じ。

土曜日とかはバイクが多かったようですが今日はあまりいなかったです。

やっぱりこの角度の写真が好きです。

メットとのバックシャン。

少し降りてきてノーラ名栗に来ました。

ステージ改修とグランピングフィールドの造成工事をやっていました。

この河原ももう少し暖かくなるとキャンプやBBQの方で賑わうことでしょう。

以前来た模型のお店「道楽ぼーず」はこの先です。

この奥がお店です。
ちょっと変わった場所にありますよね。

お昼ころには気温も18度を超えて暖かくなってきました。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2021年2月15日 月曜日

2月の秩父ツーリングはやっぱり寒かった

先週、奥さんとタンデムでツーリングに行ってきました。 今年初の秩父です。
富士山も真っ白ですね。

この日は天気が良かったのはいいのですが気温は低く、出発するときは5度、その後8度から9度くらいまでは上がってきましたがそれでも一桁台、寒かったですね。

いつもの道の駅あしがくぼですが、寒いとバイクもそう多くありません。

まあ、この時期あしがくぼに来る方は氷柱を目的に観に来るのでしょうから寒いはずです。
受付場所は以前より道の駅よりになっていたんですね。
過去に何度か見学していたのでもう行かなくていいかな。

私達以外には1チームだけツーリングの方がいらっしゃいました。

そうそうしばらく来なかったら歩道と車道の堺に柵が出来ていました。

バイクの歩道進入禁止のためですね。
歩道にバイクが停まっていると歩きにくいですし、特に視覚障害者誘導用ブロックの上に停めてあると危険ですね。
私も以前は歩道に停めていたので多いに反省します。

秩父のシンボル武甲山の上の方には雪が残っています。

今日のツーリングは、購入したGorillaナビCN-G1400VDのテストを兼ねています。

今までの5インチナビに比べると圧倒的に大きな7インチナビは地図がすっごく見やすいです。
画面の明るさは変わらないので晴天のときにはやはり見にくくなりますが、それでも道路や地名が大きく表示されるのでその分確認しやすくなっています。

またVICS-WIDEによる渋滞表示、渋滞考慮ルート案内ですが、インナーカウルの中に仕込んだT型フィーダーアンテナでもバッチリ電波を捉えて5分置きに情報を取得していました。
さすがに山のかげに入ってしまうとFM電波が届きにくくなりますがそんな場所は渋滞もあまりないので問題ありませんでした。
自動車で使っているカーナビはパイオニア製でこちらはスマホと連携してプローブ情報を得て渋滞を把握していますが、そのルート案内よりこちらのPanasonic製のゴリラナビのルートの方が的確に渋滞を避けて効率的な案内をしてくれるようです。

お昼は豚みそ丼かわらじカツ丼を食べるつもりでしたが、お腹がすいてきたので道の駅あらかわのいつもの鈴廣庵さんでいただきました。
こちらのお店ではスタッフのお姉さまがたとすっかり顔なじみになっています。

この日はシンプルにラーメンとみそぽてとでした。

朝よりは多少寒さが和らいできたので天気がいい分、気持ちよく走れます。

ミューズパークもこの時期は花が咲いていないので散策する人も少なめです。

梅園もまだまだ先のようです。

秩父公園橋はいつ通っても絵になりますね。

帰りの道の駅あしがくぼもやはりバイクはあまりいなかったですね。

コロナが落ち着いて、暖かくなってまた楽しく走れる日が早く来てほしいものです。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2021年2月6日 土曜日

ジムニーJB64WのバッテリーをPanasonicカオスに交換した

先日、ジムニーで出かける時にエンジンをかけようとしたらセルの回る音が力なくて二度スイッチを押さないと始動出来ませんでした。

納車してから2年4ヶ月ですがもうバッテリーが弱ってしまったのでしょうか。
あまり遠出はせずに週1、2度近所に買い物に行くくらいなのが原因でしょうか。
純正で使用しているのは古川バッテリーです。

バッテリー直で電圧を測ると12.1Vでした。 この状態だと充電状態は半分を切っているでしょう。

せめて3年はもって欲しかったですが出先でトラブルになっても困るので交換することしました。

実はバッテリー交換する以外にジャンプスターターを購入するということも検討しました。
上がってしまったバッテリーでも接続すればエンジン始動が可能で、一台持っていればジムニー以外にもハーレーでも使えていいかなと思いました。
でもそれでも常にジャンプスターターを充電しておこなければならないし、ジムニーとハーレーでいちいち載せ替えるのも面倒そうなのでやっぱりバッテリー交換することに決めました。

バッテリーを交換する方法は、1)ディーラーで交換する、2)カー用品店で交換あるいはバッテリーだけ買って自分で交換、3)ネットで購入して自分で交換するのいずれかです。
ディーラーでジムニーのバッテリー交換を依頼すると工賃込みで18,000円から2万円超えしかも性能的には今載っているのと同等のもののようです。
カー用品で購入すれば工賃は1000円以下でバッテリー自体ももう少し安いようです。
ネットで購入すればかなり安く手に入りますが、外したバッテリーの廃棄方法が気になりました。 でもネットショップによっては無料で廃棄バッテリーの引き取りもやってくれるようです。

ここでさらに悩んでしまいました。
ジムニーJB64Wに載せているバッテリーは55B24Lというものです。 性能ランクが55相当、短側面のサイズはB規格、長側面の長さ24cmで端子のプラスがL(左)側です。
同じ性能の55クラスだと5,000円くらいからあるのですが、ネットで調べると多くの方がPanasonicの青いCAOS(カオス)の80クラスのもの一択で交換しているようです。
私動力や使用可能年数などの性能がすぐれているようです。
価格的には1万円程度でした。

結局、このPanasonicのカオスバッテリー80B24L/C7をネット購入しました。
14時までの注文なら当日発送で翌日到着で、廃棄バッテリーも無料で引き取りしてくれます。

目が覚めるような青いボディ、端子のキャップと運びやすいように取っ手が付いています。
3年間の保証書も付いています。

上面にはインジケーターがあって「良好」「充電不足」「要交換」が簡易的に判断出来るようになっているのが便利です。

ここからはバッテリーの交換方法です。

使用するのは10mmのスパナ、これはバッテリー端子専用の赤い絶縁カバーの付いたものです。
念の為ゴム付き手袋をして作業します。

最初に外すのは必ず「マイナス端子」からです。
このナットを緩めます。

ナットは完全に取り外さずにこの程度ゆるめればOKです。 外してしまうともしエンジンルーム内に落としてしまうと取り出すのが面倒なので注意します。
ゆるんだら接続している端子をゆすりながら外します。

念の為、外したマイナスケーブルにはエンジンやボディに触れないように手袋をかぶせておきます。

次にプラス側端子のカバーをめくってナットを緩めます。

同じように外したら手袋でカバーします。

最後にバッテリー本体を固定しているステーを外します。
ナット2個を緩めるのですがネジを切ってあるステーが長くてソケットレンチが使えません。

ここも10mmスパナを斜めに掛けてゆるめます。

右側(エンジンルーム中央側)の方は横に渡してあるステーは穴になっています。 このナットも外さずにゆるめた状態にしてバッテリーを載せている台のところにL字型に引っ掛けている部分がはずせればOKです。

左側の方はステーに切り欠きがあるのでタップを切った長いステーはずらせて外します。 下部のところのフック部分を外します。

バッテリーは12、3kgあって重たいので落とさないように慎重に取り出します。

新しいバッテリーと並べて比べてみました。
サイズや端子の位置関係は同じです。

バッテリーを外したスペースには黒いトレーが載っています。 けっこう汚れていますね。

取り出してキレイにした後、断熱のために薄めのウレタンを敷いておきます。

バッテリー自体にも寒い冬場の効果を期待して断熱材を巻いておきます。 これって実際の効果があるのか気休め程度なのかどちらでしょうね。

取っ手を持って新しいバッテリーを取り付けます。

バッテリーがセット出来たら取っ手は不要なので外します。
根本の左右の部分をつまんでロックを外しながら下にずらせば取っ手が取れます。

バッテリーをステーで固定します。
長いネジのL字型下部を取付部に引っ掛けてからナットを締めます。
あまり強く締めすぎるとボディに負担が掛かるので注意します。

バッテリーの端子のカバーをひねって外します。
後で使うので取っておきます。

ターミナル端子の取り付けは必ず「プラス側」から行います。
カバーを外してナットを締めます。 このナットも締めすぎないようにします。

最後に「マイナス端子」にケーブルを接続します。

全体に歪みにゆるみがないかチェックして作業完了です。

テスターでバッテリー直の電圧を測ると、、12.3V! 低いですね。

車内でエンジンをかけずにアクセサリーだけONにしてみると13.5Vを示しています。 この違いはなぜ?

エンジンを始動すると14.2Vまで上がりました。
これなら大丈夫そうですね。

エンジンの始動性向上、オーディオの音質向上もうたっているPanasonicのCAOSバッテリーですが、その効果はわかりません。
だって私は車内で音楽、聞かないからです。

ところでバッテリー交換のために外すとAV機器などのメモリーがリセットされてしまうので、交換時にはバックアップ電源を接続するのがおすすめとか。
でも実際にはカーナビのメモリーや2つのレーダー探知機、前後のドライブレコーダーがリセットされること無く作動しました。

スズキのジムニーの説明書にはバッテリー交換時にはパワーウインドウスイッチのリセットが必要になるとありました。
やり方は、運転席側のスイッチを下に押し下げて全開にした後、今度は上に上げて全閉になった後もさらに2秒間押したままにするというものです。

最後に廃棄バッテリーの処理方法です。

端子にはカオスバッテリーから外した赤と黒のカバーを付けておきます。

返却するには納品されてきた箱に入れて送り返します。
箱にしまうときはこの向きに入れないとうまく蓋が締まりません。

納品されてきた時に付いてきた返却用の配送伝票に自分の住所、氏名を書いて貼って送ります。
佐川急便で送りますが、自宅から電話やネットで集荷依頼してもいいし、営業所に持ち込んでも可能です。

思ったよりカンタンで安くバッテリー交換が出来ました。

このPanasonicのCAOSバッテリーはうまく使えば6年くらい使えるそうなのでコスパは高そうですね。



ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




2021年2月4日 木曜日

ボタンが反応しなくなったリモコンを100均のテープで修理する

ビデオのリモコンのいくつかのボタンを押しても反応しなくなった奥さんからの報告。
まったく反応しないところや、ボタンを爪で強く押さないと反応しないところがあるそうです。

最近のAV機器は本体で操作することはほとんど無くてリモコンを使うのが当たり前になっています。

新しいリモコンも、メーカー別に設定されているものがあってそれを購入すればカンタンですが、今までにもビデオ以外でもテレビやエアコンなどのリモコンを修理してきたので今回もサクッと直しちゃいましょう。
修理方法はどのリモコンもほとんど同じです。

この方法でリモコンが壊れるかもしれませんので自己責任でお願いします。
新しいリモコンを購入するつもりでしたらダメ元でトライしてみてください。

最初にリモコンのどのボタンが反応していないかをチェックします。
機器を起動させて操作しながらでもいいのですが、もっとカンタンな方法があります。
それはリモコンの発光部から出る光を確認する方法です。
肉眼で見ても光っているところはわかりませんが、デジカメやスマホの画面を通して見るとパルスで光っているのがわかります。
すべてのボタンを押して、光っていないボタンや強く押さないと光らない場所を確認してメモしておきます。

それではリモコンを分解します。
たいていは2、3箇所の小さなネジで留まっていますのでこれを外します。

ケースはサイドの爪で留まっているので隙間に指の爪や薄いカードなどを差し込んで少しずつ広げて殻割りします。

ケースが分解できたらまずは基盤の方を確認します。
緑色の基盤に黒いカーボンで電極がプリントさえていると思いますがここが汚れていないかチェックします。
汚いようでしたら綿棒にアルコールやベンジンなどを染み込ませてかるく拭いておきます。 綿棒が黒くなったら汚れている証拠です。
強くこすり過ぎないようにします。
たまにジュースなどをこぼしたり濡れていることもありました。

本格的に修理するのに使うのは「アルミテープです」
このテープは100円均のお店でも売られているので手に入りやすいと思います。

いくつかのボタンがセットになった黒いシリコンのシートになっています。 ボタンを押すとシートの裏側の黒い部分が先程の基盤のラインに触れて電気が流れて先端が光って操作出来るという仕組みです。
ここにうまく電気が流れなくなるのでボタンを押しても反応しなくなっているのです。

アルミテープをハサミでカットして、ボタンシートの裏の反応しない部分に貼っていきます。
写真の右側のようにボタンの大きさに合わせてだいたいのサイズで結構です。

あとは元通りに組み立てれば修理完了です。

これですべてのボタンが軽く押しただけで反応するようになりました。


ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




プロフィール

メカ好きおじさん写真

メカ好きおじさん

・40年前原付、中型二輪取得
・CB50で東北野宿一周
・250cc四国・九州3週間5万円野宿
・38都道府県制覇
・XL250オフ後、再度オンロード
・KAWASKI2スト最後に降りる
・16年ブランク後リターン
・50歳で大型二輪免許取得
・ハーレーFLSTCにペアライド中

ブログランキングに参加中です
気に入ったらポチお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

twitterlogo
ツイッター、やってます!