ウォレットホルダーの作り方

ウォレットホルダー製作記
私のレザークラフト作品、第二作目として製作を開始したのはウォレットホルダーです。

そいういえばこれは「ウォレットケース」と言うのか、「ウォレットホルダー」というのか、どちらが一般的なんでしょうね。

まさか「ウォレットポーチ」とかとは言わないでしょうね。

早速ですが、まずは完成写真です(妻用ですが私が着けたています)。

ウォレットホルダー

中に入れるウォレットは、去年の夏にモーターサイクルショーの賞品であたってもらったコレ↓です。

ウォレット

財布の中身(紙幣や現金)を入れなくてもかなり厚めなので、革パンツやジーンズのポケットにそのままでは入らないのでウォレットホルダーが必要になります。

実はこのケース、妻へのホワイトデーのプレゼントの予定です。

私が使っているロングウォレットは、ハーレーが納車になった時に妻からプレゼントでもらったモノをずっと愛用しているので、今回の賞品のこちらは妻用にするつもりです。

もうじきホワイトデーなのと、来週妻が友人と北海道旅行に行くので、その時に持って行けるように作り始めました。

  一番時間がかかるのが、デザインを決める事でです。

古いカレンダーを型紙にして何枚もパターンを起こしました。

そして最終的に決定したのがこのデザインです。

このウォレットの特徴である厚い留め部分を逃がしたY字型のデザインで、ウォレットチェーンを使わなくても落ちないように上からホックで留める形にしました。

自作ウォレットケース

デザインが決まったら厚手の工作用紙で型紙を作ります。

自作ウォレットケース

革の銀面に目打ちで型を写します。

自作ウォレットケース

カッターで切り抜きます。

自作ウォレットケース

トコノールで床面(裏側)のケバ立ちをおさえます。

自作ウォレットケース

銀面(表側)はピュアホースオイルで磨いておきます。

先に塗っておくと作業中に汚れがつくのを防止できます。

自作ウォレットケース

コバを磨きます。

最初に水を付けてプレススリッカーで磨き、その後でトコノールを綿棒で少しずつ付けて磨きます。

自作ウォレットケース

底革は二重にしてその間にY字革と留め革を通して留めます。

このすき間の穴の太さは、何種類か試してみて決めました。

自作ウォレットケース

自作ウォレットケース

あとは各パーツの縁かがりをして縫い合わせれば完成です。

まずはパーツの周囲の縁をかがります。

ウォレットホルダー

初めて革ひもを使った「ステッチ」というのをやってみました。

これだけは工具セットの中に無かったので、ステッチ用の革ヒモと革レース用の針を買ってきました。

前面パーツのすべての周囲にステッチを施して、コンチョホックも取り付け済みです。

ホックの裏側には、中に入れたウォレットが傷つかないように、薄く削いだ革を貼っておきました。

ウォレットホルダー

この後、各パーツを手縫いで縫っていきます。

waletcase2-03.jpg

ステッチの時も、手縫いの時もレーシングポニーがあって大助かりです。

だいぶ形になってきました。

後は裏革を二重に貼り合せて縁を縫って、ベルトループ部分を縫い付け、最後に全体のコバ磨きをすれば完成です。

ウォレットホルダー

そして出来上がったのがこちらです。

ウォレットホルダー

裏側は極力出っ張りを無くし、ぶら提げ易くしました。

ベルトポーチ部分の仕上がりが今ひとつですが、高速走行中とかに外れて落ちる事の無いように、ホック留めにせず、縫い付けました。

しかも独立した二本ラインとして安全性を高めたつもりです。

ウォレットホルダー

ウォレットの形に合わせてアーチ状にしています。

ウォレットホルダー

この状態のウォレットにはまだお札や小銭、カードが入っていません。

それらが入るとさらに厚みが増すので、対処出来るようなサイズにしました。

ウォレットホルダー

私が使っている標準的なサイズのロングウォレットと比べると、一回りサイズが大きく特に厚みがかなりあります。

ウォレットホルダー

今回のウォレットケースは、材料費が約5千円程度で、製作には二日間かかりました。

まだヌメ色なので、これからエイジングを施していく楽しみがあります。

満足いく仕上がりで、これならホワイトデープレゼントとして、妻も喜んでくれるでしょう。

 ※ レザークラフトをやるなら手縫いセットとレーシングポニーは必需品です。