スマホケースの作り方(黒ver)


携帯電話からスマートフォンに替えて以来ずっと、不便に思っていたのが持ち運びの問題です。

私は、ビジネスでもプライベートでも、あるいはバイクに乗る時でも、携帯やスマフォは腰のベルトに下げておきたい派です。

若い人のようにジーンズのポケットに入れたりバッグに入れておくのはどうもダメみたいです。

でも私のスマホ、 Xperia acro はipodや他のスマホに比べても大きい(長い)し、重たいのです。

ベルト用のケースもちょうど合うサイズのものが無くて困っていました。

今まではデジカメのケースにいれていましたけどどうにもカッコ悪いので、「無いものは自分でつくるしかない」という事で、レザークラフトで自作する事にしました。

まずはイメージスケッチと設計図を書きます。

レザークラフトでスマートフォンケースをつくる

それに基づいて工作用紙で実寸の型紙を作って検証します。

この段階でサイズや仕様をいろいろ変えて検討します。

レザークラフトでスマートフォンケースをつくる

形が決まったら牛皮にマーキングします。

レザークラフトでスマートフォンケースをつくる

必要なパーツをカットします。

レザークラフトでスマートフォンケースをつくる

皮の裏面はケバ立ちを抑え、スマートフォンが出し入れしやすいように、トコノールを塗っておきます。

レザークラフトでスマートフォンケースをつくる

と、あとはひたすら縫うだけなので写真は省略です(というか、縫い始めると夢中になって写真を撮っていませんでした)

ところで、これを縫っている時に針が折れてしまいました。

今までにも何度か折れてしまった事があるので、針を買う時にお店のスタッフに方に伺いました。

穴の通りが悪くて針が抜けにくい時は、針の一番太いところは糸を通した根本ではなく、真ん中あたりが太いのでそこで革をグリグリとやって引く抜くのがいいそうです。

それでも抜きにくい時はやっとこのようなものでまっすぐ引き抜くそうです。

今まで私は糸を通したところでグリグリやっていたので一番折れやすいところだそうです。

やはりまだまだ初心者です。

さて、いきなり完成写真です。

レザークラフトでスマートフォンケースをつくる

ワンポイントのバイクのヘッドはどうでしょうか。

ベルト通しは落ちないように、ホックタイプではなく縫い付けてあります。

レザークラフトでスマートフォンケースをつくる

蓋部分は最初、マグネットキャッチにしようかと思ってパーツを買っておいたのですが、磁力がスマフォに与える影響が不明なのでベルクロにしました。

レザークラフトでスマートフォンケースをつくる

サイズ的にはちょっと大きかったですが、着信時や駅の改札でモバイルスイカとしてすぐに出し入れするには、これくらいゆとりがあってもいいかなと思っています。

シンプルなデザインなので、ビジネス時に使ってもなんとかOKかなと思っています。

実際にすでに数日使っていますが、使い勝手はまずまずです。

仕上がり的には65点くらいですが、便利にはなりました。

 
 ※ レザークラフトをやるなら手縫いセットとレーシングポニーは必需品です。