スマホケースの作り方(Type1)


初めに、今回作ったスマートフォン用のレザーケースを紹介します。

smafocleathercase2-01.jpg

右側に蓋の部分だけがあります。 コレが今回作ったレザーケースの「工夫したワンポイント」です。

携帯電話の時と違って、スマホになってからはその大きさゆえ、持ち運びのケース選びに迷います。

はじめの頃に使っていたのは、黒いソフトレザーを使って自作したケースです。

スマホケース

縦型でベルトに通すタイプで、今でもバイクに乗る時にコレを使っています。

その後で購入したのが、黒いハードタイプレザーのケースです。

スマホケース

後ろのクリップ部が回転するので、縦型にも横型にも出来ます。

スマホの中でも大きめのXperia acro でも問題なく収まり、ビジネスの時にはもっぱらこれを使っています。

なぜ、ビジネス用のケースが気に入っているのに、バイクに乗る時はそれを使わないのか?

その理由はベルトへの固定方法にあります。

クリップタイプのホルダーは、ズボンのベルトをした後からでも簡単に差し込めて便利なのですが、簡単に付けられる(はめられる)という事は、簡単に外れるという事になります。

バイクで走行中、ふとしたはずみでスマホが落ちたら大変です。

実際に、バイクから降りて座って休憩したり、しゃがんで作業している時、ももに押されて外れてしまう事がありました。

それで、以前作った黒いソフトレザーのケースなら、ベルト通し部がループになっているので外れる事がないのでこれを使っていました。

ただ仕事でも使えるようにと黒いソフトタイプにしたので、ハーレーに乗っている時には似合っているとはいえずあまりカッコよくありません。

そこでバイクに乗っている時にも使えるようなスマホケースを、レザークラフトで作ってみることにしました。

前フリがずいぶんと長くなりましたが、ここから製作レポートです。

レザークラフトでいつも一番時間がかかって悩むのが「デザイン」です。

どういうデザインにしたらカッコよく見えるか、オリジナルっぽく出来るかのアイデアがなかなか出てきません。

自作スマホレザーケース

仕様も、ケースの縁取りを糸で縫うのか、それとも革ヒモを使ったステッチにするのか、蓋の留め方はホックかヒモか、マグネット。

そして一番の悩みどころは一番目立つ蓋の部分のデザインです。

今回もいろいろ悩みましたが、その画期的(?笑)な解決方法を考え、実践してみました。

その内容はまたあとで報告します。

製作の最初は、図工用の方眼紙で試作用の型紙を起こす所から始まります。

これを革に写し、カッターで切り抜きます。

自作スマホレザーケース

主なパーツはこんな感じですが、ほかにもいくつか細かい革パーツを切り出します。

カットした革は、まず裏側(トコ面)に「トコノール」を塗って「プレススリッカー」で伸ばして毛羽立ちを抑えるとともに平滑に、そして表面を固めて強くします。

自作スマホレザーケース

表側(銀面)には「ピュアホースオイル」をやわらかい布を使って刷り込んでおいて保護しておきます。

自作スマホレザーケース

刷り込んだ直後は塗りムラがありますが、時間が経てばわからなくなります。

この段階で後から作業がしにくくなるコバ部分を磨いておきます。

この時も「トコノール」を使います。

自作スマホレザーケース

本体を収めるパーツや蓋、ベルト通しの部分の折り返しにクセをつけておきます。

縫い合わせてからでは磨きにくくなる部分のコバを組立前に仕上げておきます。

最初にコバの部分を水で濡らして、コバ磨きのスティックや余った革(手前の折り曲げた小さな革です)で力を入れてこすって形を整えながら丸く仕上げていきます。

その後でトコノールをコバに塗ってさらに磨き上げます。

レザークラフト、バイク用スマホケース

ホック類は最初に打ち込んでおきます。

レザークラフト、バイク用スマホケース

縫う場所の目安にフチから3mmのところに「マルチステッチンググルーバー」を使って溝を作っていきます。

さらに本体前面上部にはデザイン用の溝を端から4mmのところにつくります。

レザークラフト、バイク用スマホケース

縫う場所にはあらかじめ「菱目打ち」で穴を開けておきます。

いよいよ縫い始めです。

各パーツをレーシングポニーにはさんで固定して作業をすすめます。

レザークラフト、バイク用スマホケース

最初に本体前面部に、別に作ったホック部のパーツを縫います。

何も考えずに一心不乱におこなうこういう単純作業は、けっこう好きだったりします。

次に本体後ろ部にベルトループを縫い付けます。

レザークラフト、バイク用スマホケース

ケース裏の上部にあるこの二つのホックが今回の特徴です。

本体前面部と後ろ部のフチを接着した後、周囲をぐるりと縫っていきます。

立体的になりますが、レーシングポニーではさんで固定すれば縫いやすくなります。

縫い終わったら二枚の革の周囲をヤスリで削って平らにならし、さらに縁落としをした上でコバを磨いておきます。

レザークラフト、バイク用スマホケース

フラップ(蓋)部分にホックを付け、周囲は革ヒモをダブルステッチで縁取っていきます。

レザークラフト、バイク用スマホケース

先端にはコインのコンチョホックをつけます。

ケース本体は、一度革を水で濡らしてやわらかくして、適当な大きさの板を中に入れて型を付けます。

レザークラフト、バイク用スマホケース

このまま一晩おいて固めます。

これで完成です。

製作時間は、仕事が終わって帰宅、夕食後の数時間で二日間で仕上げました。

レザークラフト、バイク用スマホケース

レザークラフト、バイク用スマホケース

フラップ部分のデザインは、以前作ったウォレットホルダーとお揃いにしてみました。

ベルトループを多少下目に付けたのは、スマホが長いのであまりベルトより下に吊るしてしまうと、タンデムでバイクに乗っている時に、モモに当たるのを避けるためです。

レザークラフト、バイク用スマホケース

そしてこのスマホケース最大の特徴は「フラップ(蓋)の部分が簡単に付け替えできる」事です。

レザークラフト、バイク用スマホケース

ベースとなるスマホを入れる部分とフラップの部分はホック留めとなっているので、フラップ部分だけ追加して作れば、違う見た目のケースに簡単に変更出来ます。

smartphonecase2-18.jpg

そうして作ったのが、こちらのタイプのフラップです。

レザークラフト、バイク用スマホケース

形はシンプルなスクエアをベースにしたもので、そこに窓を開け特徴ある黒い革をあてがってあります。

レザークラフト、バイク用スマホケース

本当はパイソン(ニシキヘビの革)を入れたかったのですが、ジャケット(上着)の内側で使う事もあるのでこすれてウロコ部分がはがれてきそうだったのであきらめました。

コインコンチョの先には妻のアイデアを採用してビーズ付きの紐を下げてみました。

フラップの部分を変えただけでだいぶ印象が変わったと思います。

皆さんならどちらのデザインのフラップが気に入るでしょうか?

レザークラフト、バイク用スマホケース

レザークラフト、バイク用スマホケース

このスマホケースならバイクに乗っている時に使っても落ちる心配がないので安心出来ます。

【追記】  コンチョを付け替えて、さらにハーレーロゴを入れてみました。

smartphonecase21-03.jpg


 
 ※ レザークラフトをやるなら手縫いセットとレーシングポニーは必需品です。