ミニチュア革ベストのリアルバージョンキーケース


前回公開したミニチュアレザーベストに続き、今回は「リアルバージョン」です。

完成したモノがこちらです。


 

型紙は前回と同じものを使います。


 

ホンモノの革ベストの色は黒が多いので今回は黒い革で作ります。

型紙を丸ギリや銀ペンで革に写し、


 

カットします。

キーホルダー金具とフック金具を使ったので前回のような取り付けパーツは入りません。


 

型紙にホックや革ひもを通す穴を写します。


 

床面とコバをトコノールで磨いておきます。


 

縫い目を開ける菱目打ちのラインと肩のところは、マルチステッチンググルーバーの溝掘りします。


 

ベースの革が加工できました。


 

周囲全体に飾りステッチを縫います。


 

フロントホックは二個付けました。


 

キーホルダー金具をカシメで留めます。


 

後ろに吊り下げ用のフックを取り付け。


 

左右のつなぎの革ひもにはターコイズとウッドビースをあしらえます。


 

完成しました。


 


 

背中のところにはハーレーのピンバッチを付けてみました。


 

フロントホックを開けると鍵が三本付けられます。


 

前回のシンプル、ヌメ革バージョンと並べてみました。


 


 

調子に乗ってさらに小さいミニミニバージョンも作ってみました。


 


 

たまにはこういうお遊び的なレザークラフトも楽しいですね。


 
 ※ レザークラフトをやるなら手縫いセットとレーシングポニーは必需品です。