レーシングポニーを自作


工具セットを買ってからなぜかそれだけで満足してしまって、実際の作品づくりにはちっとも着手していませんでした。

これではイカン!と一念発起。

本格的にレザークラフトを始めるつもりで、さてさてほかの人はどんな風に作っているのか調べようと主って、いろんな人のブログを見ていたらみなさん手縫いをする時に「レーシングポニー」という道具を使っているようです。

革の手縫いは素材の革を体の正面に持ってきて、2本の糸で両手を使って左右に引っ張りながら締め上げていきます。

その時に、革の作品を挟んで自立させ、両手で持たないで済むようにする道具です。

製品として販売されているものもあり、3千円台から3万円台までいろいろです。

でも構造的には単純なものなので自作する事にしました。

こちらが完成した私のレーシングポニーです。

ステーの根元の所で前後に傾けたり、左右に向きを変える事も出来ます。

腕の部分とベース板はビスで軽く固定するだけにして、首の部分が回るようにしてあります。

こうすると返し縫いの時、楽かなと思っています。

racingpony00.jpg
 
それでは製作工程を紹介します。

最近でこそ同じように「レーシングポニーの作り方」を紹介するサイトがかなり増えてきましたが、これを作った頃は参考になるサイトはそんなに多くはありませんでした。

それにほかの方が自作されて紹介されているものの中には、加工が難しそうで初心者の方には敷居が高そうなものもありました。

かっこいいレーシングポニーを作る事が目的ではなくて、レザークラフトが便利に出来ればいいだけなので、作り方は簡単な方がいいですよね。

私のは出来るだけ少ない部品と、木材カットなどものこぎりだけで出来る直線カットとして難しい加工は省き簡単にできるもの、そして何より「出来るだけ安く」( ← ココ大事です!)を目指したつもりです。
材料は、木材と留める金具、それに保護用の塗料(ニス)です。

腕の部分の木材はホームセンターの端材として売られていたモノで10円×2本、ベースになる台の部分は家にあった、昔スノコをばらした時のもの。

固定用のボルト(これは1本単位で買ったもので150円くらい)

(あとでボルトを手で締めやすいように「ノブスター」というのを追加購入(100円くらい)しました)

一番高かったのは塗装に使った水性ニス(577円)です(笑;

機能に関係ないニスを除けば、総額300円もしていません。

racingpony01.jpg
 
サイズについては、椅子に座って足の間に立てて、縫いたい革に対して腕の高さが90度くらいに曲がるのにちょうどいいところで決めました。

と、カッコよくいいましたが、実は端材の長さに適当に合わせただけです。

ただ、この高さはかなり重要なようで、あまり高すぎると長時間の作業で腕が疲れてくるようです。

構造は左右の垂直に立つ腕の上部を角材の角が邪魔にならないように丸くします。

挟む部分だけ、少し内側にはみ出させ、ここに作品の革に傷つけないように、革を貼っておきます。

ここも、「革」「フェルト」「コルク」などどれが一番使いやすいのか、試してみたいですね。

あとで貼り替えが出来るように両面テープで留めておきます。

左右の腕の間には、スペースの木材を挟み、腕の中ほどに穴を開けてボルトを通し、蝶ネジで手で締められるようにしました。

ベースとの接続部分も当初案(下写真)ではただ回転するだけの予定でした。

racingpony05.jpg
 
しかし、レザークラフトをやっていてレーシングポニーを自作したいろんな人のブログを見ている内に、前後に傾ける事が出来た方が便利そうだったので急遽、設計変更です。

racingpony06.jpg
 
ボルトの頭は腕の中に六角形の穴を彫刻刀で削り、空回りしないようにしてあります。

racingpony02.jpg
 
もしナット用に六角形の穴を掘るのが面倒なら、少し大きめの丸い穴を開けてコレ「ツメ付きナット」を打ち込む方法もあります。


 

 
全体の加工が済んだら、動きを確認した後で一度バラバラにして、水性ニスで塗装しておきます。

生成のままで、木材の色が変化していくのを楽しむのいいですが、塗装しないと木部が柔らかいので傷ついたり、汚れすぎるので塗装仕上げにしました。

racingpony03.jpg
 
racingpony04.jpg
 
最後に組立てて完成です。

気のせいか最近レーシングポニーを作られた方のネット記事を見ると、ノブスターを使っている方が多いような。。。

私の記事も参考にされているのかな、なんてうぬぼれてますね。

実際に私がこのレーシングポニーの製作記事を書く以前のネットでは、ノブスターを使ったレーシングポニーの記事は見あたりませんね。

でもこの記事以降は多くの方がノブスターを使っているようです。

ところでお問い合わせの多かった「設計図」?を載せておきます。

まあ、それほどたいそうなものではないですが、参考にしてください。

レーシングポニーの図面
 
  同じもののよりきれいなPDFデータは、下のところからダウンロード出来ます。
  ↓
コチラ

  作った当初は「腕の部分はもう少し太い方がよかったかな」「ベースの足はすのこをそのまま使ったからこのサイズになったけどもう少し厚みのあるしっかりした板がよかったかな」とも思いました。

でも実際に何度も使っているうちに「このサイズでよかった」と思えてきました。

あまり大きく太く頑丈に作ると、足ではさんで支えることを考慮すると不便です。

腕が太すぎるのも、糸を取り回すのにひっかかってしまう事があります。

大きすぎるのも普段使わない時には邪魔です。

特に私のは足下の部分が折れ曲がるので畳んでしまえるので便利です。

あとから取ってつけたような感想ですが(笑)、でもとっても重宝しています。

  【関連パーツ】

レーシングポニーを作った時に使った「ノブスター」についてです。

knobstar01.jpg
 
「こんなモノはもう知ってるよ」という方はスルーしてください。

革を挟む強さを調節するのにボルトを締めて行うのですが、いちいちレンチを使って締めたり緩めたりするのは不便です。

そんなケースはいろいろな場面にあって、手でボルトやネジやビスを締めたり出来るようにしたものがいくつかあります。

日常生活の中では、オフィス用の椅子の高さを調整するのに、座面の下の支柱を固定しているボルト、手で閉められるようになっています。

そんなボルトを「ノブボルト」と言います。

小さなモノでは、パソコンのケースを開け閉めしやすくするビスや家具にも使われているものがあります。
knobstar011.jpg
  一般的に、左は「ローレットビス」、右は「ユリヤネジ」と呼ばれています。

ちなみに、大きなネジを「ボルト」、小さいのを「ビス」と言いますが、その境界はどのサイズなんでしょうかね?

DIYでボルトやネジを手で締める時によく使うのは「蝶ナット」です。
knobstar02.jpg
 
今回の私の自作レーシングポニーでも、支柱下部の首振り部分に使用しました。

もっと微妙な調整や力強く締める時に使う「ノブボルト」を簡単に出来るのが、「ノブスター」と言われるアタッチメントパーツです。

knobstar03.jpg
 
ネジの頭を納めて、手で回せるようにする黒い本体と、オレンジ色のキャップがセットになっています。
(キャップの色は他にもブルーもあるようです)

使い方は簡単。 ボルトを黒い本体に差込ます。
knobstar04.jpg
 
奥までキッチリ入ったら、オレンジ色のキャップでカバーするだけです。
knobstar05.jpg
 
裏から見るとこんな感じです。
knobstar06.jpg
 
お店では、こんな感じで売られていました。
knobstar07.jpg
 
使う時に気をつけるのは、ボルトサイズに合った「ノブスター」を選ぶという事。

今回、私の例では「M8」用のものを選びました。

値段も80円から140円くらいと、かなり安いパーツですが、役立ち度は高いですね。

私のレーシングポニーでも、強く締めすぎて革に傷を付けないように微妙な調整が出来て助かっています。

 
【ノブスターに糸が絡まないように改良】

多くの方から「ノブスターで調整出来るのは便利だけど糸が引っかかるのが困る」という意見をいただきました。

そこで対策として、端切れの革でカバーしてみました。

ノブスターが覆い隠せるサイズの革(私の場合は5cm×13cm)の革の上部を両面テープでレーシングポニーの腕に貼って、下のところは太めの輪ゴムで閉じておきます。


 
めくるとこんな感じです。


 
ノブスターを回して作品を固定するときはちょっと面倒ですが、頻繁に回すものでもないし何より糸が絡まない方が便利なのでよしとしましょう。


 
こんな一手間ですが、もっと早くやっておけば良かったです。

 
 

 ※ ここで紹介したノブスターは、下記のサイトでも購入出来ます。

  

 ※ レザークラフトをやるなら手縫いセットとレーシングポニーは必需品です。