革ひものつなぎ方



レザークラフトで、作品の周囲を豪華に魅せる革ひもによるステッチですが、途中で革レースが足りなくなることがあります。

そんな時に役に立つ「革ひものつなぎ方」です。

短くなった元の革ひもと、追加する革ひもをそのまま接着すると革の厚み分だけふくらんで見苦しくなります。

そのためにそれぞれの革を斜めに削いで薄くしてつなぎます。

革を削ぐには専用の「革包丁」もありますが、革ひものように細く短い部分だけなら普通の工作用カッターでも十分加工できます。



もう一方も反対向きに削いだら、



ボンドで貼り合わせます。

この時は手芸用(木工)ボンドではなく、ゴム系ボンド(G17等)がいいです。



こんな感じになります。

あとはそれまでと同様に、革レース用の針に革ひもをはさんでかがっていけばOKです。

 ※ レザークラフトをやるなら手縫いセットとレーシングポニーは必需品です。