ヌメ革の二つ折り財布


 


 
ここのところ、「ロングウォレット」「ウォレットチェーン」「ハーフウォレット」「スマホケース」と、どちらかというとオフの時間、遊びの時に使うモノばかり手がけてきました。

ここらでちょっと志向を代えてビジネスシーンでも使えるものを作ってみました。

それがこの「ヌメ革の二つ折り財布」です。


 

この手のものは色つきのオイルレザーなどの革で作ることが多いようですが、出来上がりが手作りっぽく見えないので、今回はあえて手作り感を演出するためにいつもと同じヌメ革を使いました。

 

デザイン、仕様は特に奇をてらわず、オーソドックスなものとしました。

中仕切り付きの札入れ、5カ所のカードポケット、ホックボタンで留められるコインポケットです。

まず形と構造を考えてサイズを入れた型紙を作りました。


 


 


 

実際の型紙のPDFファイルは下記からダウンロード出来ます。

  型紙は、コチラ です。

大きさは小さい割にパーツ点数はけっこうあります。

 @財布外側

 A札入れ上部内側

 B札入れ中仕切り

 Cカード&コインベース

 DカードポケットA

 EカードポケットB

 Fカードポケットベース

 Gコインポケット

 Hコインポケットフラップ

 Iコインポケットフラップ裏

 Jコインポケットベース

これだけの型紙が必要になります。

使った革の厚みですが、@財布外側 だけは丈夫なものを使いたかったので、1.8mmのものを使用。

A札入れ上部内側 は、裏打ちするだけなので0.5mmのもの、それ以外はすべて1.0mmを使いました。

一番革が重なる部分の厚みを考えるとこれでも厚いくらいですが、これ以上薄いとラフに厚かった時に傷みが出そうなのでこれで作りました。

上記の型紙の中で、EカードポケットB のパーツだけは同じものを3枚作ります。

 

これを工作用紙で型紙にして革に乗せ、周りか角ポイントを鉄筆でなぞって型を写します。


 

この時私は、ケース外側などの角丸のところはこの段階では直角のままカットしておきます。

あとで重ねる他のパーツと一体化したときに一緒に角丸にカットした方が同じサイズで出来るのでこの方法をとっています。

革を裁ちナイフか大型カッターでカットします。


 

 

最初のそれぞれのパーツの床面と、あとでは処理できないコバの部分にトコノールを塗って処理しておきます。


 

他のパーツと接着する部分にはできるだけトコノールが付かないようにします。

後でヤスリで削りおとしてもいいのですが、この段階で対処できるものはやっておきまうs。

そして銀面の方にはピュアホースオイルを塗って、作業中の汚れをつきにくくします。

 

最初にカードポケットを縫っていきます。

カードポケットは一番下の前面DカードポケットAとその上の三枚のDカードポケットBの合計四枚のパーツを、Fカードポケットベースに縫います。

一番下になる上のパーツの底辺部分を縫います。


 

いつもは目立たないように白いスヌース糸を使いますが、今回は縫い目も一つのデザインにする意味で濃い茶色の細い糸を使い、縫い目もいつもの4mmではなく3mmの細かいピッチにしました。

DカードポケットAとEカードポケットBの底辺がすべて縫えたら、右端の部分だけを縫います。

その前のここの段差をヤスリでならして平らにしておきます。

左側はほかのパーツと接着してから縫います。

 

同様に他のパーツも順に縫います。

コインポケットを作ります。

今回は折りたためるデザインにしたのでちょっと複雑な形になっています。

型紙どおりにつくっても、革の厚みや曲げた時の状況でうまく収まらないこともあるので、現物合わせで重なり部分のサイズを調整します。

Gコインポケット の角になる部分を45度に折って、角が直角になるようにして折り目を強く擦って定着させます。


 

ここにHコインポケットフラップ 当ててみてうまく重なるかダブルっているところが無いかチェックします。


 

まず、Iコインポケットフラップ裏 に穴を開けジャンパーホックを打ち込みます。

そしてそれが隠れるようにHコインポケットフラップ と重ねて接着します。

このフラップのパーツにコインポケット を縫います。


 

 

財布外側、中仕切り、インナーパーツセットが出来たら、これらを縫い合わせます。


 

ここまでシンプルなデザインで作ってきましたが、財布の表面もヌメ革のツルッとしたままで味気ないし手作り感が出ていません。

せっかく私が作るので今まで作ったロングウォレットやスマホケース同様、パイソン柄の立体飾りを追加しました。

 

サイズが違うので曲げた状態でサイビノールで接着して仮止めします。


 

その後で菱目打ちで穴を開けて塗っていきます。

最後に全周囲のコバを平らにならした後で半丸に仕上げて完成です。

 

出来上がった二つ折り財布です。


 

一見、うまく出来たようですがパイソン柄の型紙を作った際、取り付ける位置を間違えたので縦横比が逆になってしまいました。

財布の外形に合わせて横長に作るべきでした。

パーツが出来たから気がついたのですが、作り直すのが面倒なのでそのまま付けちゃいました。

 

開いたところです。


 

札入れの中仕切りも付いています。


 

コインポケットも大きく開くので小銭も探しやすいです。


 

厚みはちょっと厚め。


 


 

最近、一ヶ月ちょっとの間に作った作品です。

けっこういろいろ作ってますね。


 

 

今回の反省点と、次に二つ折り財布をつくる際の改良点

 ・外形サイズ(@財布外側)の縦の長さは、95mmでなく3mmほど低い92mmでもよさそう

 ・カード&コインベースのサイズは実際には213mmで作ってしまったので、開いたところの写真でわかるようにあまり平らに開かなくなってしまった。

  もう少しのばして220mmくらいでいいと思う(→ 型紙は修正済みです)

 ・全体の厚みがありすぎたので、まずはパーツ点数を減らすために、例えばFカードポケットベースとJコインポケットベースは、Cカード&コインベースと共用の設計にしたらどうか。

  また DカードポケットA、EカードポケットBや Gコインポケットを1mm厚で作ったが、少し漉いて0.8mmくらいにしたらどうか

 ・すべてのパーツを貼り合わせてから菱目打ちで縫い穴を開けたが、厚すぎるのと段差があるため菱目打ちが垂直に打てずに穴が直線にならずに不揃いになってしまった。

  あらかじめ財布外側パーツに穴を開けておき、貼り合わせた後は菱目打ちではなく、ひしキリで出来るだけまっすぐに開けたらどうか

 

そのほかにもまだまだ改良する余地がありそうです。

まあ、実際につかってみればとりあえずは実用になりそうなのでヨシとしましょうか。

 


   


 
 ※ レザークラフトをやるなら手縫いセットとレーシングポニーは必需品です。