スーベルカッターを自作の青砥で研ぐ


レザーカービングをやるときに必要なスーベルカッター。

スーベルカッターは買ってきたそのままでも、一見刃が付いているようには見えて、実はまだ十分研げていない状態なのです。

砥石で研いでさらに「青砥」と呼ばれるもので研ぐことで、はじめてスムーズに革に切れ込みを入れることが出来るのです。

私も私も初めて使ったときは、ちゃんと研がずにやってしまったので、きれいにカット出来ずカクカクした切れ目になってしまいました。

 
今回はスーベルカッターの研ぎ方を紹介します。

■ 砥石で研ぐ

買ったばかりのスーベルカッターなら刃こぼれもしていないし、大きく角度が狂っていることもないでしょう。

それでもやはり刃は十分ついていません。

その上長く使っていたり、いい加減に研いだ結果刃先に丸まっていたり段がついてしまっていることもあります。

そんな時はまずは包丁などを研ぐ砥石で研ぎます。

砥石の目の粗さ・細かさは刃の状態によって選びます。

刃こぼれしてしまったような時は荒砥から、そこまででなければ中砥か仕上砥でいいでしょう。

ここで大事なことは「スーベルカッターの刃と砥石の角度を一定にして研ぐ」と言うことです。

でもなかなか素人には難しい作業です。

そんな時に便利なのが「角度調整器」です。

右下にあるのがそれです。

1000円くらいで購入出来ます。


 
スーベルカッターの刃先の部分だけ外してこの角度調整器に差し込んで、希望する角度に固定して砥石の上で転がすだけで、常に一定の角度を保って研ぐことが出来るすぐれモノです。

一般的にはスーベルカッターの刃の角度は30度くらいにするようなので、それに合わせて調整してみましょう。

購入した角度調整器を横からみて「A・B・Cの三角形」とすると、Aが刃先が接する点、Bは角度調整器のローラーが砥石に接する点、Cは角度調整器の根元になります。

これは角ACBが直角で、刃先の角CABを30度とする直角三角形です。


 
三辺の長さは、BC=1とすると、AB=2、AC=√3になります。

この角度調整器の場合、BCの長さを測ってみると25mmでした。

そうなると、ABの長さを50mmにするか、ACの長さを43.3にすれば、刃先の角度を30度に研げることになります。


 
Cのところのネジをゆるめて長さを調整します。

 
砥石で研ぐときは、砥石を水に沈めて十分吸わせておきます。

それから角度調整器に差し込んだスーベルカッターの刃を砥石にあてて、一定のリズムで研いでいきます。


 
少し研ぐと研汁と呼ばれるモノ(昔は砥クソなんていってましたね)が出てきます。

これがあった方が研ぎがすすみますが、最後の仕上げの段階では流してしまっても大丈夫です。

スーベルカッターの刃の表裏両面を同様に研ぎます。

 
この段階でもかなり切れる刃になったと思いますが、さらに鋭利に仕上げます。

その際に使うのが「青砥」と呼ばれるものです。

これは板に貼った牛革の床面(ザラザラした方)にパフ仕上げに使われる青棒という研磨剤を塗りつけたもので、これに擦りつけて刃先を磨くのです。

男性なら床屋さんで顔剃りをやってもらうとき、ひげそりを革のベルトに擦りつけてから髭をあたってくれるのを経験した事があると思いますが、あれも革でナイフを研いでいるのです。

 
青砥も販売されているものありますが、簡単なものなので自作してみました。

適当なサイズの板を用意して、これに両面テープか接着剤で革を貼り付けます。


 
この時、片面には床面が出るように、裏面には銀面(つるつるした革の表面)が出るように貼ります。

そして床面の方には青棒を塗ります。


 
青棒はホームセンターで売っていますが、お店によってはダイソーなどの100円均一でもおいてあります。

青砥は柔らかいとはいえ固形なのでそのままでは床面にうまく塗れません。

ここで機械油などを床面に指で塗り伸ばしてから青棒をこすり付けるようにすり込みます。

今回、たまたま機械油がなかったので妻のツゲ串用のツバキ油を使っちゃいました。

使い方は簡単です。

最初は、砥石で研いだスーベルカッターの刃を青棒を塗った床面の方に平らに当て、手前に何度か引きます。

前後に動かすのではなく、一方向に引くだけです。


 
刃の表裏を同回数研ぎます。

これが出来たら、刃先に付いた青棒のカスを拭き取ります。

次に銀面を貼った方に刃先をあて、同様に手前に引いて研ぎます。


 
ある程度研げたら、革の端材にあててみて切れ味をチェックして不十分なら追加して研ぎます。

下の写真は研ぎの段階によるスーベルカッターの切れ味の違いです。

それぞれ直線とS字を描いてみました。


 
一番左は買ってきた状態のもの。

カットした跡はかなりガタガタしています。

 
二番目は砥石で研いだもの。

直線はまっすぐになりましたが、S字はまだカクカクしています。

 
三番目は青砥の表裏で研いだものです。

S字カーブもかなりなめらかになりました。

 
一番右はその後も青砥だけで何度かこすって研いだものです。

左のものと同じくらいに力加減でカットしたつもりですが、スゥーーっと刃先が革に吸い込まれていくように深くカットされました。

これならフェザーカットもうまく出来そうです。

少し研ぐだけでこんなに違いが出るものなのですね。

 

 
 ※ レザークラフトをやるなら手縫いセットとレーシングポニーは必需品です。